2013年12月22日のニュース一覧

2013年12月22日(日) 09:00 [地域・暮らし]

北海道と宮古の味覚一堂に/海中公園で初の物産フェア

エビのすくい取りなど人気


家族連れなどでにぎわっている「うまいものフェアー」=21日、宮古島海中公園

家族連れなどでにぎわっている「うまいものフェアー」=21日、宮古島海中公園

 北海道と宮古の物産を一堂に集めて21日、宮古島海中公園で「うまいものフェア」が始まった。31日まで。北海道のコーナーには毛ガニや生ズワイガニなど旬の味覚をはじめ約60種類の特産品を満載。宮古の物産はすくい取りさせているクルマエビや海ブドウ(有料)などが好評を博していた。

(全文を表示…)

2013年12月22日(日) 09:00 [スポーツ]

県学童野球大会が開幕/県下32チーム堂々の入場

佐渡山君(東小6年)が選手宣誓/宮古勢は東、南勝ち進む


県下各ブロック代表の32チームが集結。佐渡山君(東小6年)が高らかに選手宣誓を行った=21日、宮古島市民球場

県下各ブロック代表の32チームが集結。佐渡山君(東小6年)が高らかに選手宣誓を行った=21日、宮古島市民球場

 第117回(第30回古賀杯争奪)県学童軟式野球大会(主催・県野球連盟、琉球新報社)が21日、宮古島市で開幕した。県内の各地区ブロック大会を勝ち抜いた32チームが一堂に集結。市民球場での開会式に臨んだ。開会式では東少年ヤンキース主将の佐渡山大空君(東小6年)が選手宣誓した。初日の1回戦で宮古勢は東少年ヤンキースと南ファイターズが勝ち進んだ。

(全文を表示…)

2013年12月22日(日) 09:00 [教育・文化]

高江洲さん(久松中1年)ら優秀賞/明るい選挙啓発ポスター表彰式

ポスターコンクールで優秀賞に輝いた高江洲さん=20日、県庁1階県民ホール

ポスターコンクールで優秀賞に輝いた高江洲さん=20日、県庁1階県民ホール

 【那覇支社】2013年度明るい選挙啓発ポスターの表彰式が20日、県庁1階の県民ホールで行われ、高江洲美音さん(久松中1年)らが優秀賞を受賞し、県明るい選挙推進協議会(県明選協)の照屋寛之会長から賞状と記念品が贈られた。宮古地区からは高江洲さんのほか、優秀賞に新里奈々さん(鏡原小2年)、佳作に砂川乃愛さん(同5年)や吉原あやかさん(北中3年)、加藤里佳さん(上野中3年)がそれぞれ入賞した。

(全文を表示…)

2013年12月22日(日) 09:00 [イベント]

もうすぐクリスマス/カママ嶺公園

光に包まれコンサート


10団体が出演して冬のイベントを盛り上げた=21日、カママ嶺公園

10団体が出演して冬のイベントを盛り上げた=21日、カママ嶺公園

 カママ嶺公園で21日、イルミネーションコンサートが開かれた。子どもから大人まで10団体が出演して歌や演奏、踊りを披露し、会場広場をクリスマスの雰囲気一色で包み込んだ。

(全文を表示…)

2013年12月22日(日) 09:00 [教育・文化]

責任感の大切さ学ぶ/地域雇用創造協

高校生が成果や所感発表/地域にない企業訪問報告会


生徒たちは4班に分かれて、それぞれが訪問し体験した企業の内容を説明し学び得た成果や所感を報告した=20日、市中央公民館

生徒たちは4班に分かれて、それぞれが訪問し体験した企業の内容を説明し学び得た成果や所感を報告した=20日、市中央公民館

 宮古島地域雇用創造協議会(会長・長濱政治副市長)が主催した市内高校生による「地域にない職種企業への訪問」事業が11月18~23日に行われ、同事業に参加した高校生の体験報告会が20日夕、市中央公民館で開かれた。生徒らはA~Dの四つの班に分かれて、それぞれが訪問した企業の内容や職種、そこで体験して学び得た成果や所感などを報告した。同事業には市内の県立高校4校の生徒20人が参加した。

(全文を表示…)

2013年12月22日(日) 09:00 [教育・文化]

真太陽金管バンドに寄付/吹奏楽連盟など

25日の全国大会へ出場


寄付を受け取ったパートリーダーたち(前列)=21日、東小学校

寄付を受け取ったパートリーダーたち(前列)=21日、東小学校

 25日に兵庫県尼崎市で開催される第1回全日本小学生金管バンド選手権大会に出場する「宮古島真太陽金管バンドクラブ」(長浜靖団長)に21日、宮古地区吹奏楽連盟(長濱隆会長)、宮古小中学校音楽研究会(島袋正彦会長)、第60回平良中学校卒業生保護者有志会(多良間恵盛会長)、狩俣空調設備(狩俣勝成代表)から寄付金が贈呈された。

(全文を表示…)

2013年12月22日(日) 08:55 [花は島色]

棚原 芳和さん(58歳)/琉球民謡伝統協会神奈川支部長

古里で夢の公演叶う


棚原 芳和さん

棚原 芳和さん

 高揚した表情で「会場いっぱいに大輪の民謡・島唄の花を咲かせ、発表会が少しでも古里の未来につながる手助けになれば」とあいさつした棚原さん。「未来へつなぐ いにしえの唄心」をサブタイトルに11月、第4回芸能発表会in宮古島がマティダ市民劇場で開催された。賛助出演者など総勢100人余が舞台狭しと歌、踊りを披露し、観衆を楽しませた。

(全文を表示…)

2013年12月22日(日) 08:55 [ニュースウィークリー]

12月15日~12月21日

ニュースウィークリー
12月15日~12月21日


機械刈り全体の7割/宮古本島キビ収穫

 宮古本島の2013-14年産サトウキビで、収穫面積に占める機械刈りの割合が全体の69%になっていることが分かった。機械化が急速に進んでおり、農家の高齢化に伴う労働力不足が背景にある。トン当たりの機械(ハーベスター)刈り料金は4500円。(12月15日掲載)

(全文を表示…)

2013年12月22日(日) 08:55 [美ぎ島net]

テーマパーク開発へ転換/西里大通り商店街振興組合

情報発信で商店街を活性化

西里通りを宮古島の縮図に


現在の西里通り。戦前戦後、島の商業地域として繁栄してきた

現在の西里通り。戦前戦後、島の商業地域として繁栄してきた

 戦前、戦後西里大通りは宮古島のメインストリートとして繁栄して来た。現在では、ライフスタイルや交通事情の変化でコンビニや郊外大型店への買い物客流出傾向が著しくなり、ずいぶんと様相が変わった。1983年に設立した「西里大通り商店街振興組合」は、通りの活性化を求め、道路拡幅事業など地域開発を国や県に要請してきた。ところが、県道は16㍍の拡幅が基本とされ、3年前の要請に対し県は「白紙に戻す」という回答だった。商店街振興組合(38軒、羽地昇子理事長)は視点を大きく変更してテーマパークとしての商店街開発に乗り出すことになった。羽地理事長は「歴史、文化、環境などを網羅した宮古島の縮図のような通り会にしたい」と意気込む。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成31年4月1日現在

    宮古島市 54,060 人
    26,868 人
    27,192 人
    世帯数 27,148 軒
    多良間村 1,164 人
    626 人
    538 人
    世帯数 523 軒
  • 天気


  •  

    2013年12月
    « 11月   1月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2