「美ぎ島net」 2013年12月のニュース一覧

2013年12月29日(日) 08:55 [美ぎ島net]

身近になった獅子文化/街中のシーサーたち

それぞれに歴史やエピソードが


海鮮酒家「中山本店」入り口(雌)

海鮮酒家「中山本店」入り口(雌)

海鮮酒家「中山本店」入り口(雄)

海鮮酒家「中山本店」入り口(雄)

 今や、シーサー=オキナワというイメージさえあり、優に県民権を得ているシーサー。門の両側には決まって大・中・小のシーサーが鎮座し家を守っている、らしい。スフィンクスや中国の石獅子、日本本土の狛犬などと同じく、源流は古代オリエントのライオンもしくは犬と伝えられている。沖縄県内に見られるシーサーは伝説の獣の像として建物の門や屋根、村落の高台などに据え付けられ、家や人、村に災いをもたらす悪霊を追い払う魔除けの意味をもつ。


 もともとは、単体でも設置されていたものだが、本土の狛犬の様式の影響を受けて阿吽像一対で置かれることが多くなった。阿吽の違いにより雄雌の別があり、おのおの役割があるとする説もあるが、研究文献などにそのような記述は見られず、近年になって創作された俗説である可能性が強いといわれる。それは、口の開いたシーサーが雄で右側に置かれ福を招き入れるとされ、口を閉じたシーサーが雌で左側に置き、あらゆる災難を家に入れないように守っているとされる。


 屋根獅子は瓦ぶきの中央辺りに一つだけ置かれる。庶民に瓦ぶきが許されるようになったのは明治以降のこと。古くは残った漆喰などで大工が独自に造ったといわれ、ユニークな形が多い。それ以前は、寺院や城の門、御嶽、貴族の墓陵、村落の出入り口などに設置されるのみだった。近年ではコンクリートや青銅製のものも増えた。また、最近では観光客を対象に各窯元でシーサー作り体験が盛んとなり庶民にとっても身近なものとなった。


 物言わぬシーサーたちだが、そこにはそれぞれ歴史やエピソードが隠されている。

2013年12月22日(日) 08:55 [美ぎ島net]

テーマパーク開発へ転換/西里大通り商店街振興組合

情報発信で商店街を活性化

西里通りを宮古島の縮図に


現在の西里通り。戦前戦後、島の商業地域として繁栄してきた

現在の西里通り。戦前戦後、島の商業地域として繁栄してきた

 戦前、戦後西里大通りは宮古島のメインストリートとして繁栄して来た。現在では、ライフスタイルや交通事情の変化でコンビニや郊外大型店への買い物客流出傾向が著しくなり、ずいぶんと様相が変わった。1983年に設立した「西里大通り商店街振興組合」は、通りの活性化を求め、道路拡幅事業など地域開発を国や県に要請してきた。ところが、県道は16㍍の拡幅が基本とされ、3年前の要請に対し県は「白紙に戻す」という回答だった。商店街振興組合(38軒、羽地昇子理事長)は視点を大きく変更してテーマパークとしての商店街開発に乗り出すことになった。羽地理事長は「歴史、文化、環境などを網羅した宮古島の縮図のような通り会にしたい」と意気込む。

(全文を表示…)

2013年12月15日(日) 08:55 [美ぎ島net]

生涯スポーツに「注目の的」/吹矢レクリエーション宮古島

認知度高める「吹き矢」/脳トレ、リハビリ、認知症予防に


吹矢レクリエーション宮古島の会員ら

吹矢レクリエーション宮古島の会員ら

 複式呼吸で健康と美容、ストレス解消、仲間づくりなどの効果がもたらされるとして認知度が高まってきた「レクリエーション吹き矢」。今年1月から公民館サークル活動などで知られるようになり、現在20人の愛好者が和気あいあいと吹き矢を楽しんでいる。普及活動に力を入れるのは日本吹矢レクリエーション協会公認指導員の齋藤司さん(61)。9日、平良老人福祉センターで開かれた吹矢レクリエーション宮古島の「クリスマス交流会」では、会員らが吹き矢を楽しみながら仲間たちとの交流を深めた。

(全文を表示…)

2013年12月8日(日) 08:55 [美ぎ島net]

地域挙げてフリマや舞台発表/下地児童館母親クラブ

14日、「母親クラブ」手作りフェスタ/フィリピン台風30号災害支援チャリティーフェスタin下地


祭り成功に向け児童館に足を運ぶ役員たち。右が藤原会長

祭り成功に向け児童館に足を運ぶ役員たち。右が藤原会長

 沖縄県地域活動連絡協議会「みらい子育てネット」の傘下にある宮古島市下地児童館「母親クラブ」(藤原菜穂美会長)は、活動の一環として台風災害に見舞われたフィリピンの人たちに義援金を送ろうと、14日午前11時から下地農村環境改善センターで「チャリティーフェスタ in下地」を開催する。来間真利子館長は「下地は特にフィリピンから嫁いでいる女性が多く地域活動も積極的なことから、同市民として支援していきたい」と話し、協賛団体は、下地保育園・幼稚園・小・中学校、来間幼小中学校、入江保育園・学童クラブ、下地総合スポーツセンター、下地フラサークルなど、地域を挙げて開催される。(佐渡山政子)


「母親クラブ」とは


 「まちの子は みんなわが子」を合言葉に、子どもたちの健全育成のために地域ぐるみでボランティア活動する組織。活動は「親子や世代間の交流」「児童養育に関する研修」「児童事故防止」「児童福祉の向上」「日曜児童館利用」など、児童館の中に併設されたクラブ。下地児童館母親クラブは、1997年にスタート、最初、読み聞かせの会など地域の母親たちを中心に活動が広がっていった。


フェスタの取り組みは


 今回の「フィリピン台風30号災害支援チャリティーフェスタ」の開催は、母親クラブのメンバーでもある砂川ジュディさんからの報告で、みんなで支援したいと母親クラブが動き出した。学校や地域に呼び掛け実現の運びとなった。藤原会長は「フリーマーケットや屋台で捻出した義援金を送ることで、せめて子どもたちが温かいクリスマスを迎えることができたら」と話し、何度も話し合いを重ね手作りのフェスタにしたいと意気込む。
 11時からスタートするフリーマーケットは衣類や靴、カバン、瀬戸物など数々で、10円から販売される。正午からスタートする屋台では、やきそば、たこ焼き、豚汁、フライドポテト、アメリカンドッグ、おにぎりセットの他、フィリピン料理も販売される。
 午後からの舞台発表では、幼・小・中校生をはじめスポーツクラブやフラサークルの演目に加え、フィリピンの民族芸能も数多く紹介される。

  • 宮古島の人口

    平成31年3月1日現在

    宮古島市 54,225 人
    27,176 人
    27,049 人
    世帯数 26,929 軒
    多良間村 1,169 人
    628 人
    541 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2013年12月
    « 11月   1月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2