「行雲流水」 2013年12月のニュース一覧

2013年12月28日(土) 08:55 [行雲流水]

「日の丸」(行雲流水)

 今年もあと3日で暮れる。年の瀬の慌ただしさやにぎわいが街中でも家庭でも感じられなくなって久しい。祖国復帰前まで社会は貧しかったが正月を迎える家々では一年の埃を払い、飾り物をそろえ自家製の鏡餅をこしらえたものだ

(全文を表示…)

2013年12月26日(木) 08:55 [行雲流水]

「民主国家」(行雲流水)

 民主国家においては国の主権は言うまでもなく国民にある。国の主権が国民にあるというこの自由と平等に根づいた思想は民主主義と称され今日幾つかの例外国をのぞけば世界の各国は民主主義によって成りたっているはず

(全文を表示…)

2013年12月24日(火) 08:55 [行雲流水]

「第9交響曲」(行雲流水)

 師走。世界中でベートーベンの第9交響曲「合唱」が演奏されている。この曲は、フランス革命の理念である「自由・平等・博愛」に強く影響されたドイツの詩人シラーの詩「歓喜に寄す」に曲をつけたものである

(全文を表示…)

2013年12月21日(土) 08:55 [行雲流水]

「再任用制度」(行雲流水)

 仕事があまりない地域では役所が大きな雇用の場となっている。宮古島市も例外ではなく、市職員採用試験には例年400人を超える申し込みがあり、約20倍という狭き門だ。本土からの受験者も多く、景気に左右されない安定した仕事として人気が高いのは昔も今も同じだ

(全文を表示…)

2013年12月19日(木) 08:55 [行雲流水]

「歳末助け合い」(行雲流水)

 「一隅を照らす、これすなわち国宝なり」(最澄)。一人ひとりがそれぞれの持ち場で全力を尽くすことで社会全体が明るく照らされる、という意味であろう。今の言葉で言う「生命の尊さ」、「奉仕の精神」、「共生の思想」が込められているように思える

(全文を表示…)

2013年12月17日(火) 08:55 [行雲流水]

「この一年」(行雲流水)

 この一年を振り返って、世の中の気になる動きを拾ってみた


▼社会の弱肉強食によるゆがみを是正して、経済的再配分による「最大多数の最大幸福」を図ることが政府に課された要諦である。そのためには、累進課税と雇用の安定が不可欠である。しかし、低所得者に重くのしかかる逆累進性の消費税率の引き上げと非正規雇用者の増加で、市民の生活は厳しくなる一方である

(全文を表示…)

2013年12月14日(土) 08:55 [行雲流水]

「特定秘密保護法」(行雲流水)

 昨年の12月、「決められない政治」の批判を受けて民主党野田政権は衆議院を解散。総選挙になった。結果、自民党の歴史的な勝利で安倍内閣が誕生して1年。自民党は夏の参議院議員選挙でも圧倒的な議席を確保。国民は国の政策決定権を自民党に委ねたわけだ

(全文を表示…)

2013年12月10日(火) 09:00 [行雲流水]

「三木清」(行雲流水)

 パスカルは書いた。「人間は一茎の葦に過ぎない。自然のなかで最も弱いものである。だが、考える葦である」。確かに人間は広大な宇宙を、考えることで、あるいは意識で満たしている

(全文を表示…)

2013年12月5日(木) 08:55 [行雲流水]

「師走」(行雲流水)

 今年は観測史上最強の台風が発生、フィリピンのビサヤ地区に大きな被害をもたらした。レイテ島タクロバンでの最大瞬間風速は105㍍だったという。宮古島市防災計画では85㍍を想定しているようだが、見直す必要はないかどうか気になる

(全文を表示…)

2013年12月3日(火) 08:55 [行雲流水]

「普天間基地問題」(行雲流水)

 連合国は第2次世界大戦の処理方針として「領土不拡大の原則」を宣言していた。従って日本が、サンフランシスコ条約第3条が無効になる国際連合に加盟した時点において、速やかに沖縄の祖国復帰を実現すべきであった

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成29年6月1日現在

    宮古島市 53,993 人
    26,943 人
    27,050人
    世帯数 26,146軒
    多良間村 1,189 人
    641 人
    548 人
    世帯数 531 軒
  • 天気


  •  

    2013年12月
    « 11月   1月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2