「イベント」 2013年12月のニュース一覧

2013年12月24日(火) 09:00 [イベント]

創作踊りにぎやかに/PTA芸能まつり

17団体が舞台発表/結束と連携強化再確認


ダイナミックな踊りで観客の目を引き付けた砂川小・中PTAの「肝高の阿麻和利」=22日、マティダ市民劇場

ダイナミックな踊りで観客の目を引き付けた砂川小・中PTAの「肝高の阿麻和利」=22日、マティダ市民劇場

 第10回宮古地区PTA芸能まつり(主催・同連合会)が22日、マティダ市民劇場で開かれた。各単位PTAから単独や合同による17団体が出演し、趣向を凝らした演技を披露。舞台発表を通してPTAの結束をさらに高めるとともに、学校や地域との連携を強化し子供たちの健やかな成長を支えていくことを再確認した。

(全文を表示…)

2013年12月22日(日) 09:00 [イベント]

もうすぐクリスマス/カママ嶺公園

光に包まれコンサート


10団体が出演して冬のイベントを盛り上げた=21日、カママ嶺公園

10団体が出演して冬のイベントを盛り上げた=21日、カママ嶺公園

 カママ嶺公園で21日、イルミネーションコンサートが開かれた。子どもから大人まで10団体が出演して歌や演奏、踊りを披露し、会場広場をクリスマスの雰囲気一色で包み込んだ。

(全文を表示…)

2013年12月15日(日) 09:00 [イベント]

1日も早い復興を/下地児童館母親ク

フリマや舞台発表で盛況/フィリピン支援フェス


フィリピン支援フェスタで踊る子どもたち=14日、下地農村環境改善センター

フィリピン支援フェスタで踊る子どもたち=14日、下地農村環境改善センター

 「被災地のために」。下地児童館母親クラブ(藤原菜穂美会長)が14日、先月の台風30号で甚大な被害を受けたフィリピンを支援するチャリティーフェスタを開催した。会場となった下地農村環境改善センターには多くの市民が来場し、フリーマーケットで洋服や食器を買ったり、舞台発表を楽しんだりしながら被災地の復興を願った。

(全文を表示…)

2013年12月8日(日) 09:00 [イベント]

11団体が活動の成果/市育成連絡協

伝統芸能など堂々と/市子連子ども祭り盛況


11団体が日ごろの活動の成果を堂々と発表した。写真は和太鼓を披露する新風太鼓子ども会の皆さん=7日、下地農村環境改善センター

11団体が日ごろの活動の成果を堂々と発表した。写真は和太鼓を披露する新風太鼓子ども会の皆さん=7日、下地農村環境改善センター

 宮古島市子ども会育成連絡協議会主催の第7回市子連子ども祭りが7日、下地農村環境改善センターで行われた。11団体の子どもたちが舞台で躍動、日ごろの活動の成果を堂々と発表して表現力を高めた。

(全文を表示…)

2013年12月8日(日) 09:00 [イベント]

活動成果を展示・販売/みやこ福祉会まつり

買い物客でにぎわう


多くの市民が訪れ花の苗やパンを買い求めた=7日、みやこ学園

多くの市民が訪れ花の苗やパンを買い求めた=7日、みやこ学園

 第12回みやこ福祉会まつりが7日、みやこ学園と山中農村公園で開かれた。花の苗や焼き立てパンなどが展示・販売され、多くの買い物客でにぎわった。

(全文を表示…)

2013年12月2日(月) 19:10 [【特集】イベント・行事, イベント, 特集, 産業・経済]

みゃ~くのすぐりむぬ一堂に/産業まつり大盛況

「出会い・ふれあい・感動!みゃーくぬすぐりむぬ」をテーマに、第36回宮古の産業まつり(主催・同まつり実行委員会)が30日、ダイワドライビングスクール跡地(ぱいながまホール隣)で開幕した。初日から多くの市民が訪れ、宮古の特産品をはじめ友好交流都市の静岡県藤枝市、新潟県上越市板倉区、福島県西会津町の県産品を買い求めた。

 

実行委員の下地義治会長(右から4人目)や下地敏彦市長(同3人目)がテープカットを行い祭りの幕を開けた

実行委員の下地義治会長(右から4人目)や下地敏彦市長(同3人目)がテープカットを行い祭りの幕を開けた


 

サトウキビ品種の展示コーナーは毎年大人気。多くの農家が訪れて各品種の特徴を調べた

サトウキビ品種の展示コーナーは毎年大人気。多くの農家が訪れて各品種の特徴を調べた


 

静岡県藤枝市はレタスやシイタケを安値で販売。売り手と買い物客の交流も

静岡県藤枝市はレタスやシイタケを安値で販売。売り手と買い物客の交流も


 

真っ赤なリンゴが大人気。福島県西会津町の物産

真っ赤なリンゴが大人気。福島県西会津町の物産



卵の黄身に何本の爪楊枝を立てられるのかを競うコーナー。20本以上立てる親子もいた

卵の黄身に何本の爪楊枝を立てられるのかを競うコーナー。20本以上立てる親子もいた


サトウキビを絞ってその場で黒糖に。来場者がその美味に舌鼓を打った

サトウキビを絞ってその場で黒糖に。来場者がその美味に舌鼓を打った


初日から多くの市民が訪れ「すぐりむぬ」を買い求めた。写真は焼きたてパンの販売コーナー=30日、ダイワドライビングスクール跡地

初日から多くの市民が訪れ「すぐりむぬ」を買い求めた。写真は焼きたてパンの販売コーナー=30日、ダイワドライビングスクール跡地


 

四ツ竹の使い方を教わる市民

四ツ竹の使い方を教わる市民



 

んまがぬ家の高校生店長は自信作「ひんやり麺」を販売。このコーナーでは「んま麺グランプリ」も実施されている

んまがぬ家の高校生店長は自信作「ひんやり麺」を販売。このコーナーでは「んま麺グランプリ」も実施されている



サトウキビ絞りの実演も見学できる

サトウキビ絞りの実演も見学できる




袋に詰め放題のシイタケ。「誰よりも多く入れるんだ」

袋に詰め放題のシイタケ。「誰よりも多く入れるんだ」


静岡県藤枝市の「藤娘」も来島し自慢の特産品をアピール

静岡県藤枝市の「藤娘」も来島し自慢の特産品をアピール




毎年大人気のクルマエビ串焼きコーナー。今年も多くの来場があった

毎年大人気のクルマエビ串焼きコーナー。今年も多くの来場があった



 

たくさんの子どもが挑戦した「木の実クラフト」づくり

たくさんの子どもが挑戦した「木の実クラフト」づくり



特設ステージで元気いっぱいの踊りを披露する久松中学校の生徒

特設ステージで元気いっぱいの踊りを披露する久松中学校の生徒




「来場待ってます!」笑顔いっぱいの高校生

「来場待ってます!」笑顔いっぱいの高校生




北海道コーナーでは「とうきびチョコ」などの菓子が勢いよく売れた

北海道コーナーでは「とうきびチョコ」などの菓子が勢いよく売れた




伊舎堂さくらさんはミニライブを披露

伊舎堂さくらさんはミニライブを披露



就農青年クラブのトマトや島ネギの苗も大人気

就農青年クラブのトマトや島ネギの苗も大人気

特別支援学校のイモを買い求める市民

特別支援学校のイモを買い求める市民

オクラのつかみ取りコーナー。「一本でも多く取るわよ!」

オクラのつかみ取りコーナー。「一本でも多く取るわよ!」

好天恵まれプレー満喫
  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2013年12月
    « 11月   1月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2