2014年1月10日のニュース一覧

2014年1月10日(金) 09:00 [社会・全般]

県、HPで対象商品を掲示/アクリ社冷凍食品問題

宮古の量販店は自主回収 


市内量販店では昨年12月30日までに全商品を自主回収し、店内に告知文書などを掲示している=9日、市内量販店内

市内量販店では昨年12月30日までに全商品を自主回収し、店内に告知文書などを掲示している=9日、市内量販店内

 マルハニチロホールディングスの子会社アクリフーズ群馬工場(群馬県大泉町)で製造された冷凍食品から農薬マラチオンが検出され、健康被害が出ている問題で、県生活衛生課は9日までに対象商品の一覧をホームページに掲載し県民への注意と返品方法の案内を行っている。また、宮古島市内の各量販店では、昨年12月30日までに対象商品のすべてを自主回収しているが、購入した客に対し返品を促すポスターを店頭掲示するなどして告知している。

(全文を表示…)

2014年1月10日(金) 09:00 [地域・暮らし]

インフル患者数が急増/宮古保健所

予防対策呼び掛け


 宮古管内でのインフルエンザ患者報告数が第1週(昨年12月30日~1月5日)の一定点医療機関当たり6・25人となり、前週(昨年12月23~29日)の1・25人に比べ急増していることが県宮古福祉保健所のまとめで分かった。同所では年末年始で多くの人の移動があり、それに伴いインフルエンザウイルスが広がったのではないかと指摘し予防対策を呼び掛けている。


 患者数を年代別で見ると30歳代が8人と最も多く、次いで20歳代6人、5~9歳4人、0~4歳、80歳代ともに2人などで、3人の入院患者の報告もある。


 同所では20歳以上の割合が高まっていることや高齢者の患者が報告されていることから今後、感染が広がる恐れもあるとして手洗いやうがいの励行、マスクの着用など十分な注意を呼び掛けている。


 一定点医療機関当たり 一つの医療機関に1週間で何人の患者が訪れたかを知る方法。宮古地区では人口比から、インフルエンザについては四つの医療機関が指定されている。この医療機関の平均患者数が宮古地区における目安となる。保健所では、1週間での患者数が一定点当たり10人を超えると注意報を発令している。

2014年1月10日(金) 09:00 [産業・経済]

消費電力100%自活/来間島

再生可能エネ実証開始/関係者集い成功祈念


実証事業開始を祝いテープカットを行う関係者たち=9日、下地来間の蓄電池設備

実証事業開始を祝いテープカットを行う関係者たち=9日、下地来間の蓄電池設備

 県の事業の一環として行われている宮古島市来間島再生可能エネルギー100%自活実証事業の開始式が9日、下地来間の蓄電池設備で行われた。下地敏彦市長や地元自治会長、事業関係者らが出席。テープカットを行い運用開始を祝うとともに、事業の成功を祈念した。

(全文を表示…)

2014年1月10日(金) 09:00 [社会・全般]

40%が緊急性低い/110番受理件数宮古島署管内

昨年3225件、前年比197件減/路上寝含む「泥酔者」が430件


通報に対処する署員=9日、宮古島署通信室

通報に対処する署員=9日、宮古島署通信室

 10日の「110番の日」を前に、宮古島警察署(宮城英眞署長)は7日、昨年1年間の同署管内の110番受理件数と状況を発表した。受理件数は3225件で前年と比べ197件減少した。このうち「要望・苦情・相談」が497件で全体の15・41%、「各種照会」が875件で27・13%となり、緊急性を伴わないものが半数近くを占めた。

(全文を表示…)

2014年1月10日(金) 09:00 [産業・経済]

1万人定住計画が始動/ユニマットグループ

既存ホテルの改修に着手


 宮古島市上野で南西楽園リゾートを運営するユニマットグループの「リタイアメント・コミュニティー宮古島」事業が動き出した。主に団塊の世代を対象に高級分譲や賃貸住宅を整備する計画で、将来的には1万人の定住を目指す。すでにリゾートホテルのブリーズベイマリーナやアラマンダの一部を分譲・賃貸住宅とする改修工事に着手しており、2月末から入居が始まる。リゾート型のリタイアメント・コミュニティー整備は国内初。


 同グループは「1万人の街づくり」をテーマに同計画を策定。当面は分譲や賃貸住宅の整備を行い、将来的にはマンションを建設するなどして定年を迎えた団塊世代を呼び込む。


 全国的にも例がないリゾート型のリタイアメント・コミュニティーの強みを最大限に生かす。南岸の雄大な自然に囲まれたコミュニティーを前面に打ち出して団塊の世代や富裕層に豊かな環境をアピール。飲食店やショッピングモール、医療機関も充実させて永住できる環境を整える方針だ。


 改修工事は、第1期としてアラマンダに16室を分譲、ブリーズベイには分譲10、賃貸17戸を整備する。同グループによると、すでに予約が入っており、2月末から入居が始まるという。


 同グループは過去20年以上にわたって南岸リゾート開発を手掛けてホテルやゴルフ場を整備。今回のリタイアメント・コミュニティーの整備によって一層の誘客と定住の促進を図る。

2014年1月10日(金) 09:00 [教育・文化]

島の産業、キビ刈りに挑戦/多良間村

宮古市の児童・生徒8人


機敏な動きでキビの葉をそぎ落としていた子供たち=9日、多良間島

機敏な動きでキビの葉をそぎ落としていた子供たち=9日、多良間島

 【多良間】多良間で体験交流活動を展開している岩手県宮古市の児童生徒8人は9日、サトウキビの手刈りに挑戦。かまでキビの根元を刈り取り、葉をそぎ落とし、トラックに積み込みやすいように山積みにした。住民らは、児童生徒たちの奮闘に感動した表情を見せていた。

(全文を表示…)

2014年1月10日(金) 08:55 [はばたけあすの顔]

お正月楽しかったよ/平一幼稚園2組

男子14人、女子12人


平一幼稚園2組

平一幼稚園2組

 平一幼稚園(乾 邦夫園長)2組は「お年玉たくさんもらったよ、貯金してる」「本土に旅行したよ」「なべパーティー楽しかった」と笑顔で年末年始を振り返りつつ元気に3学期をスタートした。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年7月1日現在

    宮古島市 54,698 人
    27,554 人
    27,144 人
    世帯数 27,615 軒
    多良間村 1,141 人
    608 人
    533 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2014年1月
    « 12月   2月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2