「美ぎ島net」 2014年1月のニュース一覧

2014年1月26日(日) 08:55 [美ぎ島net]

初のオリジナル創作劇、きょう上演!/ 宮古島市こども劇団

アイデンティティーに目覚めていく現代っ子たち



 

 

 2012年4月に設立された「宮古島市こども劇団」(下地敏彦団長)。演劇を通し人格の形成を図り、社会性を身につけることなどを目指す。また、潜在能力を引き出せるよう支援していくことで子どもたちの心の成長を望むもの。同年8月と翌年3月に立ち上げ公演が行われ、30人余の子どもたちが伸び伸びと、宮古島バージョン「ゆうたっちょの中学生日記」が上演され演劇に対する子どもたちの意識が芽生えた。あれから1年4カ月、第1回オリジナル創作劇「はしり星にのって~あの空となり 海となり」(作・いずみ凜/演出・杉本孝司)が、きょう、マティダ市民劇場で2回公演(午後1時・午後4時開演)、子どもたちの成長ぶりが期待される。

(全文を表示…)

2014年1月12日(日) 08:55 [美ぎ島net]

おむすびにぎる左右の手の平に/第10回「芸能まつり」

学校と父母、地域間の交流の場/宮古地区PTA連合会


 宮古地区PTA連合会(狩俣勝成会長)は、学校、父母、地域との連携を束ねる組織。36の単Pがそれぞれの活動を通し、子どもたちの健全な教育環境の整備に努める。通称、宮P連の年間の主な行事は、1月の書き初め競書大会を皮切りに4月の宮P広報紙コンクール、5月の定期総会、7月の単P対抗ソフトバレーボール大会、11月の童話・お話・意見発表大会、12月の芸能まつり(隔年)と続く。行事は、会長を中心に役員会(34人)の会議で決議される。昨年10月には、第58回九州ブロックPTA研究大会が沖縄本島で行われ、宮古からも130人が参加した。大会では「親から子へ、未来を切り開く<じんぶん>(知恵)、他者を思いやる<美ら心>を伝え、家族の絆を深め、豊かな心を育む家庭づくりに務める」など五つの決議が成された。狩俣会長は「活動は多忙な面もあるが、人との交わりや子育てに学ぶことなど、得るものが多い」と話す。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成31年3月1日現在

    宮古島市 54,225 人
    27,176 人
    27,049 人
    世帯数 26,929 軒
    多良間村 1,169 人
    628 人
    541 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2014年1月
    « 12月   2月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2