2014年3月のニュース一覧

2014年3月31日(月) 09:00 [社会・全般]

人的資源活用し旅満喫/市民ボランティアが介助

障害者や高齢者がツアーで来島


宮古島に初めて訪れたお年寄りや車椅子利用者ら(写真後方右から2人目が市民ボランティアの与儀さん。前列右端がツアー企画・添乗員の宮川さん=30日、宮古空港

宮古島に初めて訪れたお年寄りや車椅子利用者ら(写真後方右から2人目が市民ボランティアの与儀さん。前列右端がツアー企画・添乗員の宮川さん=30日、宮古空港

 身体障害者や高齢者を対象にした旅行ツアーで30日、熊本から5人が来島した。車椅子や入浴の介助は市民ボランティアと市社協職員がサポートする。参加者のリハビリや生きがいにもつなげることが目的で、企画した旅行会社は「障害者や高齢者が安心して旅行できるような人的サポートの輪が広がり、誰でも旅行が楽しめる社会づくりにつながれば」と意義を話した。

(全文を表示…)

2014年3月31日(月) 09:00 [産業・経済]

製糖2工場、操業を再開

終了時期なお流動的


一定程度の原料を確保して操業を再開させた宮古製糖城辺工場=城辺砂川

一定程度の原料を確保して操業を再開させた宮古製糖城辺工場=城辺砂川

 宮古本島内製糖2工場は30日、一時的に停止していた操業を再開した。天候の回復で原料不足が一定程度解消されたため。ただ、終了時期はなお流動的だ。

(全文を表示…)

2014年3月31日(月) 09:00 [地域・暮らし]

ススキ使いほうき作り/防犯協会、宮古島署主催

昔ながら、子供たち体験


ススキを使ったほうきを作る参加者たち=30日、東川根自治会館

ススキを使ったほうきを作る参加者たち=30日、東川根自治会館

 宮古島地区防犯協会と宮古島警察署主催によるススキを使ったほうき作り体験が30日、東川根自治会館で開かれた。多数の家族連れなどが参加し、地域の年配者から昔ながらのほうきの作り方を学んだ。

(全文を表示…)

2014年3月31日(月) 09:00 [社会・全般]

「肥満がリスク高める」/豊見城中央病院

心疾患の予防法紹介/宮古で市民公開講座


講演を熱心に聞く来場者たち=30日、市中央公民館大ホール

講演を熱心に聞く来場者たち=30日、市中央公民館大ホール

 豊見城中央病院(豊見城市)による市民公開講座「心臓治療最前線 心臓の病気」が30日、市中央公民館大ホールで開かれた。同病院の新崎修循環器内科部長、山内昭彦心臓血管外科部長、嶺井陽心臓リハビリテーション指導士・理学療法士が心臓病の治療や再発予防などについて講演を行った。

(全文を表示…)

2014年3月31日(月) 09:00 [教育・文化]

小さい春みつけた/春休み親子俳句吟行会

指折り数え「五・七・五」/仲座さんら5人が特選


「五・七・五」。指折り数えて俳句を詠む子供たち=30日、カママ嶺公園

「五・七・五」。指折り数えて俳句を詠む子供たち=30日、カママ嶺公園

 2014春休み親子俳句吟行会(主催・宮古ジュニア俳句育成会)が30日、平良のカママ嶺公園や市働く女性の家(ゆいみなぁ)で行われ、25人の子供が思い思いの俳句を詠んで日本文化に触れた。「円虹」主宰の山田佳乃さんが審査し、仲座望さん(宮高2年)ら5人が特選に輝いた。

(全文を表示…)

2014年3月31日(月) 09:00 [社会・全般]

琉球文化生かしケアを/看護大宮古島教室

高齢者ケア研記念講演


沖縄の高齢者ケアについて学ぶ参加者=30日、県立看護大

沖縄の高齢者ケアについて学ぶ参加者=30日、県立看護大

 沖縄高齢者ケア研究会記念講演(主催・県立看護大学)が30日、同大学と同大宮古島教室(県立宮古病院内)をインターネットで結び、同大学の野口美和子元学長を講師に迎えて行われた。宮古島教室には看護師や高齢者介護に携わる関係者ら約10人が参加し、高齢者介護の現状などについて学んだ。同講演は沖縄高齢者研究会設立を記念して「豊かな琉球文化としての高齢者ケア発見」と題して行われた。

(全文を表示…)

2014年3月31日(月) 08:55 [人生雑感]

「悲しみは、人の心に優しさを与え、人を魅力ある人格者に育てる」

沖縄国際大学名誉教授 福里盛雄


1 人の優しさと人格はその人の心の悲しみがつくり出す


 小林一茶は、「やせがえる負けるな一茶これにあり」。「われと来て遊べや親のないすずめ」の俳句を残した江戸後期の有名な俳人である。彼は、俳人として名を後世の人々に知られる反面、不幸で孤独な悲しみの人であったと言えるのではないでしょうか。彼は農家の長男として生まれましたが、3歳のとき、母親が死去し、14歳のとき、最愛の祖母とも死別する。15歳で江戸に出て俳句を始めました。50歳で故郷に帰り結婚し、4人の子供をつくるが、生まれた4人の子と妻も死去します。62歳で再婚するが離婚、64歳で3度目の結婚をするが、翌年大火災で自宅が類焼し、焼け残りの蔵で仮住居をします。そして、まもなく65歳で死亡しました(三浦綾子「100の希望155頁」参照)。

(全文を表示…)

2014年3月30日(日) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

原料不足で操業停止/製糖2工場

終了時期は流動的


稼働を停止して原料搬入のみを行った製糖工場=29日、下地上地の沖縄製糖宮古工場

稼働を停止して原料搬入のみを行った製糖工場=29日、下地上地の沖縄製糖宮古工場


 宮古本島内製糖2工場は29日までに、操業を一時的に停止させた。原料不足が要因。両工場とも30日には稼働させる方針だが、天候と原料搬入量をにらみながら判断する。近年、急速に進む機械刈りだが、天候に左右されて原料不足を招くという課題がくっきりと浮かび上がった。操業終了時期は両工場とも流動的。

(全文を表示…)

2014年3月30日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

まとめ買いの需要増/家電買い替える市民も

市内スーパー


消費税の増税を控えまとめ買いをする市民が増えている=29日、市内スーパー

消費税の増税を控えまとめ買いをする市民が増えている=29日、市内スーパー


 4月1日から消費税が8%に上がる。週末のスーパーや家電店は現行税率のうちに商品を買い求めようとする市民でにぎわいを見せた。市内各スーパーは「まとめ買い」セールを実施するなどして駆け込み需要に対応。値札の張り替え準備を含めて、1日の消費税増税に備えている。

(全文を表示…)

2014年3月30日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

「日本一」をさらに美しく/200人が前浜ビーチ清掃

観光協会


約200人のボランティアらが参加して行われたビーチクリーンアップ活動=29日、与那覇前浜ビーチ

約200人のボランティアらが参加して行われたビーチクリーンアップ活動=29日、与那覇前浜ビーチ


 与那覇前浜ビーチクリーンアップ活動(主催・宮古島観光協会)が29日、ボランティア約200人が参加して行われた。参加者たちは青空の下で旅行口コミサイトの日本法人トリップアドバイザー(本社・東京)で2年連続国内のベストビーチ1位に輝いた前浜ビーチの美化活動に汗を流した。

(全文を表示…)

2014年3月30日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

最高章の受章祝う/宮古土地改良区

「関係者の団結の結果」


金章受章を祝し乾杯する参加者たち=28日、七原コミュニティーセンター

金章受章を祝し乾杯する参加者たち=28日、七原コミュニティーセンター


 宮古土地改良区(仲間克理事長)の第55回全国土地改良功労者表彰団体の部金章受章祝賀会が28日、七原コミュニティーセンターで開かれた。関係者らが参加し、最高章の受賞を祝った。

(全文を表示…)

2014年3月30日(日) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

優勝記念銘板の除幕式/佐良浜中

沖縄大会制覇で活躍


新銘板(左端)の除幕式を行う関係者ら=29日、佐良浜中学校

新銘板(左端)の除幕式を行う関係者ら=29日、佐良浜中学校


 佐良浜中学校(根路銘敢校長)の校庭に建立されている「栄光の碑」で29日、男子バレーボール部の優勝記念銘板設置除幕式が行われた。根路銘校長、西原豪父母会長、キャプテンの上原優人君らが幕を引いて、はめ込まれた新銘板を披露した。参加者らから大きな拍手が起こり、昨年活躍した選手らをたたえた。

(全文を表示…)

2014年3月30日(日) 09:00 [教育・文化]

6年連続「金賞」の音色響く/定期演奏会を催す

北中吹奏楽部


生徒たちにOBも加わり金管アンサンブルが披露された=29日、マティダ市民劇場

生徒たちにOBも加わり金管アンサンブルが披露された=29日、マティダ市民劇場


 北中学校(亀濱敏郎校長)吹奏楽部の定期演奏会が29日、マティダ市民劇場で開かれた。会場は昨年7月に開催された県吹奏楽コンクールで、6年連続6回目の「金賞」を受賞した同校生徒たちが奏でる美しい音色に包まれた。

(全文を表示…)

2014年3月30日(日) 08:55 [美ぎ島net]

美しい海、残すためにできること/宮古島海の環境ネットワーク

まず捨てることを止めよう/出前授業で子どもたちの意識改革
 

 宮古島の海が好きで移住したIターン家族を中心に2011年結成された「特定非営利活動(NPO)法人「宮古島 海の環境ネットワーク」(春川淳代表理事)。定期的に海岸清掃を企画、運営サポート、海の環境保全のために各種海洋調査を企画、地域の子ども向け環境教育から出張授業までさまざまな取り組みで、海の環境を守り、次世代に美しい海(宝)を残したいと活動する。特に3月はおきなわサンゴ礁ウイーク(1日~9日)があり、会員の勉強会や親子観察会などが行われ、島の人たちへの周知を図った。

(全文を表示…)

2014年3月30日(日) 08:55 [ニュースウィークリー]

3月23日~3月29日

ニュースウィークリー
3月23日~3月29日


経済対策で宮古を視察/西村内閣府副大臣

 西村康稔内閣府副大臣(経済財政政策・TPP・防災等担当)は22日、宮古地域の経済情勢などを視察するため来島した。宮古島市は同日、下地島空港で、かねてから市が県あて要望している「下地島総合防災訓練複合施設(仮称)」の設置に関する要請書を提出した。(3月23日掲載)

(全文を表示…)

2014年3月29日(土) 09:00 [教育・文化]

洗練された踊りで魅了

第1回みゃーくぬかぎ華フェスタ/宮婦連主催


洗練された踊りを披露する宮古婦人連合会の役員ら=28日、マティダ市民劇場

洗練された踊りを披露する宮古婦人連合会の役員ら=28日、マティダ市民劇場

 「第1回みゃーくぬかぎ華フェスタ」(主催・宮古婦人連合会、後援・市、市教育委員会)が28日、マティダ市民劇場で開かれた。沖縄本島や宮古島で開催された各種イベントで最優秀賞などを受賞した個人・団体が出演し、観客らを魅了した。

(全文を表示…)

2014年3月29日(土) 09:00 [教育・文化]

来間中 64年の歴史に幕

住民参加し閉校式/生徒3人、来月から下地中へ


500人の卒業生を輩出し、64年の歴史に幕を下ろした来間中学校の閉校式=28日、来間小中学校体育館

500人の卒業生を輩出し、64年の歴史に幕を下ろした来間中学校の閉校式=28日、来間小中学校体育館

 「ありがとう。そしてさようなら」-。来間中学校(知念安則校長)の閉校式が28日、来間小中学校体育館で行われ、500人の卒業生を輩出した同校は64年の歴史に幕を下ろした。最後の卒業生となった砂川進一君や同校の閉校に伴い4月から下地中学校に通う國仲翔太君、古波蔵恵太君、伊禮二千花さんが同校の閉校を惜しみながらも、来間島で育ち学んだことに誇りを持って新たな環境で飛躍すること誓った。

(全文を表示…)

2014年3月29日(土) 09:00 [社会・全般]

前浜、下地島地区が候補/県広域公園建設地

検討委9案から絞る/5月下旬に最終決定


県広域公園候補地となった前浜地区=28日、与那覇前浜

県広域公園候補地となった前浜地区=28日、与那覇前浜

 【那覇支社】県内で唯一県営公園のない宮古地区への整備を協議する宮古広域公園(仮称)計画検討委員会(委員長・池田孝之琉球大学名誉教授)の第2回会合が28日、県庁で開かれ、昨年の初会合で提示された宮古圏域の9カ所の公園候補地のうち、下地の前浜地区と伊良部の下地島地区の2カ所を全委員の総合評価により絞り込んだ。5月下旬に開催する第3回会合で、用地取得の可能性や安易性などの適地条件を踏まえた上でこのうちの1カ所を最終選定する。

(全文を表示…)

2014年3月29日(土) 09:00 [社会・全般]

大会を盛り上げて/トライ大会

琉球セメントが協賛金


松田取締役営業部長(左から2人目)が大会長の下地市長に贈った=28日、市役所平良庁舎

松田取締役営業部長(左から2人目)が大会長の下地市長に贈った=28日、市役所平良庁舎

 4月20日に開催される第30回全日本トライアスロン宮古島大会を盛り上げようと、琉球セメント(西村聰代表)は28日、大会長の下地敏彦市長に協賛金50万円を贈呈した。

(全文を表示…)

2014年3月29日(土) 09:00 [社会・全般]

安全運営で成功を/サンエーがトライに協賛金

南風原店長(左から2人目)が大会長の下地市長に手渡した=28日、市役所平良庁舎

南風原店長(左から2人目)が大会長の下地市長に手渡した=28日、市役所平良庁舎

 4月20日に開催される第30回全日本トライアスロン宮古島大会を成功させてくださいと、サンエー(上地哲誠代表)は28日、大会長の下地敏彦市長に協賛金100万円を贈った。

(全文を表示…)

2014年3月29日(土) 09:00 [地域・暮らし]

交通安全願いお守り/南学区婦人会

南小の新入生に贈る


お守りマスコットを屋嘉比校長(右)に贈呈した砂川会長(中央)と伊波副会長=28日、南小学校

お守りマスコットを屋嘉比校長(右)に贈呈した砂川会長(中央)と伊波副会長=28日、南小学校

 南学区婦人会の砂川政笑会長と伊波節子副会長が28日、南小学校で2014年度新入生の交通安全を願い作った「お守りマスコット」を屋嘉比邦昭校長に贈呈した。

(全文を表示…)

2014年3月29日(土) 08:55 [行雲流水]

「太陽光発電」(行雲流水)

 一昔前までは、民家の屋根からニョキッと突き出たコンクリートの柱が目を引いた。父は「将来、2階建てを造る準備だ」と教えてくれた。しばらくしてそれが「未来筋」と呼ばれていることを知り、その語源の響きとそれが持つ意味が夢を膨らませてくれた

(全文を表示…)

2014年3月28日(金) 09:00 [環境・エコ]

小型EV試作車を披露/宮古島市

ブランド車製作始動/新たな産業創出に期待


小型EV試作車の除幕をした(左から)真栄城議長、富山会長、下地市長と金城代表理事=27日、市平良庁舎

小型EV試作車の除幕をした(左から)真栄城議長、富山会長、下地市長と金城代表理事=27日、市平良庁舎

 宮古島市(下地敏彦市長)は27日、2012年度から関係団体と連携し進めてきた、市小型電気自動車事業化モデル実証事業の試作車完成披露式典を市平良庁舎1階ロビーで行った。小型電気自動車(小型EV)の試作車は、ものづくりネットワーク沖縄が設計。宮古島で組み立てた。この事業は島しょ型スマートコミュニティー実証事業の一環として取り組まれており、製造業のぜい弱な宮古島における人材育成、知見蓄積や小型EV製造を通した新たな産業創出などに期待が持たれている。市は14年度に宮古島オリジナル車両の製作と走行、試験を目指す。

(全文を表示…)

2014年3月28日(金) 09:00 [社会・全般]

沖電、新規20件を保留/太陽光発電

接続限界量超え

市が継続導入を要請/全国では初の事例


下地市長(右)が沖縄電力の島袋離島事業部長(左)に太陽光発電設備の継続導入について要請した=27日、平良庁舎市長室

下地市長(右)が沖縄電力の島袋離島事業部長(左)に太陽光発電設備の継続導入について要請した=27日、平良庁舎市長室

 沖縄電力(大嶺滿社長)が宮古島市での太陽光発電の新規接続を保留していることが27日明らかとなった。下地敏彦市長は同日同社に対し、同発電設備の継続的な導入を求める要請書を提出した。同社取締役離島事業部の島袋清人部長が要請書を受け取った。同社は既に買電を開始している1万㌔㍗分と買い取り接続を許可した7700㌔㍗分については買い取りを継続するが、今月10日現在、新規申し込みのあった20件については接続を保留にしている。再生可能エネルギー固定買い取り制度施行後、接続保留になったケースは全国でも初の事例だという。

(全文を表示…)

2014年3月28日(金) 09:00 [産業・経済]

一斉防除の回数増へ/市農水部

池間島の野ネズミ対策


池間島の野ネズミ被害対策などが報告されたさとうきび技術員会=26日、県宮古合同庁舎

池間島の野ネズミ被害対策などが報告されたさとうきび技術員会=26日、県宮古合同庁舎

 宮古島市農林水産部農政課は、サトウキビを食い荒らす野ネズミ被害が深刻化している池間島での新年度の一斉防除を13年度より2回多く5回行うことを、26日の宮古地区さとうきび技術員会(平良正彦会長)で報告した。池間島の5回は宮古島の年1回より4回多い。2~3カ月に1回程度定期的に行うことで、生息密度の大幅低減を目指す。

(全文を表示…)

2014年3月28日(金) 09:00 [社会・全般]

金章に宮古土地改良区/全国土地改良功労者表彰

水まつりなどの活動評価


賞状を手に笑顔の仲間理事長(左から2人目)と前田所長(同3人目)=27日、県宮古農林水産振興センター

賞状を手に笑顔の仲間理事長(左から2人目)と前田所長(同3人目)=27日、県宮古農林水産振興センター

 宮古土地改良区(仲間克理事長)が第55回全国土地改良功労者表彰の団体の部で、最高章の金章を受章した。27日に前田幹男県宮古農林水産振興センター所長を訪ね、受章報告をした仲間理事長は「章は関係機関の皆さんの指導と協力のおかげ。(4月に理事長の任期が終わるが)はなむけにもらったような感じで、大変喜んでいる」と笑顔だった。

(全文を表示…)

2014年3月28日(金) 09:00 [地域・暮らし]

平良で1時間に52・5㍉/宮古島市

今年最多の雨量観測


激しい雨の影響で道路に水がたまり、車は水しぶきを上げて走行していた=27日午前10時50分すぎ、北給油所前交差点

激しい雨の影響で道路に水がたまり、車は水しぶきを上げて走行していた=27日午前10時50分すぎ、北給油所前交差点

 宮古島市では27日午前、移動性の高気圧と、南からの高気圧による気圧の谷と、南西からの湿った気流の影響で大気の状態が不安定になり、雷を伴う激しい雨が降った。

(全文を表示…)

2014年3月28日(金) 09:00 [社会・全般]

「訓練の存続困難」/下地島空港

利活用案、公募で選定へ/県検討会議


下地島空港の今後の利活用案を協議する「宮古圏域空港の利活用に関する検討会議」=27日、県庁

下地島空港の今後の利活用案を協議する「宮古圏域空港の利活用に関する検討会議」=27日、県庁

 【那覇支社】下地島・宮古両空港の今後の利活用を協議する、県の「検討会議」(座長・末吉幸満土木建築部土木整備統括監)は27日、県庁で最終会合を開き、下地島空港を訓練飛行場とする単独使用の存続は困難と判断した。4月中にも県内外のコンサルタント会社やシンクタンクなどに公募で同空港の利活用を提案してもらい、その中から選定する。5月に組織再編した新しい協議機関を設ける予定だ。

(全文を表示…)

2014年3月28日(金) 08:55 [はばたけあすの顔]

もうすぐ小学生/南幼稚園3組

男子18人、女子12人


南幼稚園3組

南幼稚園3組

 平成25年度のクラス紹介も今回の南幼稚園(屋嘉比邦昭園長)3組で終了だ。


 去る20日に南幼稚園でも修了式が行われ、多くの父母の見守る中、3組のみんなも先生やおともだちと別れのあいさつをし、思い出多い幼稚園を巣立った。

(全文を表示…)

2014年3月28日(金) 08:55 [私見公論]

宮古の肉用牛振興について考える②/砂川 辰夫

先輩方のノウハウ活かせ
私見公論87


 宮古の和牛繁殖経営における改良は、県・家畜改良事業団・民間の種雄牛や他県からの雌牛導入等で、増体・資質等の改良は三代から四代・五代層にさかのぼり、少なくとも血統の改良は全国レベルまで達したと思っている。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年7月1日現在

    宮古島市 54,698 人
    27,554 人
    27,144 人
    世帯数 27,615 軒
    多良間村 1,141 人
    608 人
    533 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2014年3月
    « 2月   4月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2