2014年4月9日のニュース一覧

2014年4月9日(水) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

トウガン1玉100円で販売

4月10日にキャンペーン


会見で「とうがんの日」キャンペーンをアピールする新城武一郎委員長(中央)=8日、あたらす市場前

会見で「とうがんの日」キャンペーンをアピールする新城武一郎委員長(中央)=8日、あたらす市場前


 あす4月10日は「とうがんの日」。宮古地区とうがんの日キャンペーン実行委員会は同日、JAファーマーズマーケットあたらす市場でトウガン1玉を100円で販売する。実行委員会が8日の会見で告知し、多くの来場を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2014年4月9日(水) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

年間で40万391人/2年連続40万人超は達成

13年度入域観光客数


 宮古島市は7日、2013年度の入域観光客数が40万391人だったと発表した。前年度と比較すると1万3263人(3・21%)の減となったものの、2年連続で年間40万人超の記録を達成した。市観光商工局では、市の観光振興基本計画で目標に掲げる年間50万人達成に向け、今後は旅行会社に直接、宮古島を売り込む活動が必要との考えを示す。

(全文を表示…)

2014年4月9日(水) 09:00 [地域・暮らし]

伝統祭祀から災害学ぶ/電通がナーパイ視察

津波防災アクション


砂川自治会役員に話を聞く電通の松島俊輔さん(左から3人目)=8日、城辺砂川の上比屋山

砂川自治会役員に話を聞く電通の松島俊輔さん(左から3人目)=8日、城辺砂川の上比屋山


 広告代理店大手の電通が8日、城辺砂川地区の津波よけ神事「ナーパイ」を視察した。同社は東北大学などと連携して独自の防災アクションを展開。今回の視察では、地域の災害の歴史と防災意識を調べた。

(全文を表示…)

2014年4月9日(水) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

牛用飼料トン2000円下げ/JAおきなわ

県内製造全銘柄 平均6万3000円で販売


牛用飼料価格引き下げを発表するJAおきなわの砂川博紀理事長(中央)ら=7日、那覇市のJA会館

牛用飼料価格引き下げを発表するJAおきなわの砂川博紀理事長(中央)ら=7日、那覇市のJA会館


 【那覇支社】JAおきなわ(砂川博紀理事長)は7日、那覇市のJA会館で会見し、牛用飼料価格を1㌧当たり2000円引き下げ、県内製造の全18銘柄を平均6万3000円で販売すると発表した。県飼料協同組合(沖縄市)の牛用飼料工場が3月末に完成し、4月からの製造出荷に伴う措置。

(全文を表示…)

2014年4月9日(水) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

新商品「ドレッシング」開発/ばんずの会

マンゴーなどで製造、市長が試食


伊山会長(左端)が下地市長に新商品のドレッシングを披露した=8日、市役所平良庁舎

伊山会長(左端)が下地市長に新商品のドレッシングを披露した=8日、市役所平良庁舎


 「まるごと宮古島」を統一ブランドで加工特産品の開発を進めている市内の「ばんずの会」の伊山國昭会長らは8日、市役所平良庁舎を訪ね、下地敏彦市長に新鮮なマンゴーなどで製造した新商品「ドレッシング」5種類を初めて披露した。

(全文を表示…)

2014年4月9日(水) 09:00 [地域・暮らし]

「津波よけて」と祈り/城辺砂川でナーパイ

神歌とクイチャー奉納


クイチャーを踊りながら津波よけの祈りを捧げる女性=8日、城辺砂川

クイチャーを踊りながら津波よけの祈りを捧げる女性=8日、城辺砂川

 津波よけを願う城辺砂川の伝統祭祀「ナーパイ」が8日、同地区の上比屋(ウイピャー)山とその周辺で行われた。女性は厳かな雰囲気の中で神歌を奉納。ダティフ(ダンチクと呼ばれている竹に似た植物)の棒を立てて回り、「津波をよけて」と祈願した。男たちは船こぎの模倣儀礼で津波よけと五穀豊穣、航海安全の祈りを捧げた。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年9月1日現在

    宮古島市 54,764 人
    27,606 人
    27,158 人
    世帯数 27,737 軒
    多良間村 1,131 人
    604 人
    527 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2014年4月
    « 3月   5月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2