「地域・暮らし」 2014年4月のニュース一覧

2014年4月30日(水) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 社会・全般]

「親の仕送りで生活」自立にはほど遠く

宮古島市14年度予算を家計に置き換え


 宮古島市は2014年度当初予算(一般会計)を年間に必要な生活費500万円の家計に置き換えて算出した。それによると、自ら稼いだ給料(市税)は60万円、臨時収入(負担金・使用料など)30万円で、足りない分は親からの仕送り(地方交付税、各種交付金など)に頼っている。ローンを組んだり、預貯金を取り崩したりするなど、自立にはほど遠いのが実情だ。

(全文を表示…)

2014年4月30日(水) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

琉球大学宮古島分校、あす開講

初日は養護教諭対象に講座


サテライト教育システムのデモンストレーション。宮古島キャンパス開設式典で披露された=24日、市中央公民館

サテライト教育システムのデモンストレーション。宮古島キャンパス開設式典で披露された=24日、市中央公民館


 宮古島市中央公民館に開設された琉球大学のサテライト宮古島キャンパスがあす1日午後、開講する。初日は琉大医学部保健学科が新人養護教諭のための実務サポート講習を開く。インターネットで双方向のやり取りが可能な「サテライト教育システム(ビデオ会議システム)」を活用し、宮古島キャンパスに講座の内容を配信する。2014年度は二つの授業と九つの講座が行われる予定だ。

(全文を表示…)

2014年4月30日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

観光客でにぎわう/宮古各地の海岸

ゴールデンウイーク 3日から4連休


シュノーケリングを楽しむ観光客たち=29日、新城海岸

シュノーケリングを楽しむ観光客たち=29日、新城海岸


 ゴールデンウイーク(GW)は29日、国民の祝日「昭和の日」となり宮古島の海辺はシュノーケリングを楽しむ観光客らでにぎわった。30日、5月1、2日を挟んで3日からは4連休に入る。日並びの良いGW終盤は観光客の利用するレンタカーがどっと増え、家族と休日を過ごす子供たちの歓声が各地で響きそうだ。

(全文を表示…)

2014年4月30日(水) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

スライダーに歓声/リフレッシュパーク

児童招きプレオープン


ウオータースライダーを滑る子供たち=29日、リフレッシュパーク

ウオータースライダーを滑る子供たち=29日、リフレッシュパーク


 うえのドイツ文化村にあるプール「リフレッシュパーク」は29日、5月3日のグランドオープンを前にプレオープンとして上野小学校の児童をプールに招待。子供たちは友だちと一緒に泳いだり、ウオータースライダーを滑っては歓声を上げた。

(全文を表示…)

2014年4月24日(木) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

夢を語る活動決意/就農青年クラブ総会

14年度の活動方針など承認


14年度の活動方針などを承認した総会=23日、宮古農村青少年教育センター

14年度の活動方針などを承認した総会=23日、宮古農村青少年教育センター

 宮古地区就農青年クラブ連絡協議会(宮平浩幸会長)は23日、2014年度の定期総会を宮古農村青少年教育センターで開いた。総会では「就農青年の絆を深め、生産技術を高め、地域農業活性化に挑め」とする活動目標を確認。14年度の活動方針には青年農業者相互のネットワーク拡充や組織活動の活性化などを盛り込んだ。役員改選も行い宮平会長を再選した。

(全文を表示…)

2014年4月24日(木) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政, 産業・経済]

生産量38万㌧の達成を/さとうきびの日

緑肥のヒマワリを播種


土づくりのため緑肥のヒマワリの種をまく参加者=23日、平良福山

土づくりのため緑肥のヒマワリの種をまく参加者=23日、平良福山


 4月の第4日曜日は「さとうきびの日」。宮古地区農業振興会は23日午後、平良福山のサトウキビ畑で緑肥になるヒマワリの種まきを行い、地区全体生産量38万㌧の達成を誓った。
 「さとうきびの日」は生産振興が狙い。県内全域で増産キャンペーンが実施されており、県全体生産量の約4割を占める宮古地区でも毎年行われている。

(全文を表示…)

2014年4月20日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

デイゴの落ち葉でハート

保健所庭に自然のアート


満開のデイゴと落ち花の「ハートマーク」がトライ選手を魅了=19日、宮古福祉保健所

満開のデイゴと落ち花の「ハートマーク」がトライ選手を魅了=19日、宮古福祉保健所


 宮古福祉保健所の入り口にある大きなデイゴの木が真っ赤な花を咲かせ、青空の下でその美しさを際だたせている。さらに、落ち花を集めて地面にはハートマークが描かれ、見る人の目を楽しませている。

(全文を表示…)

2014年4月20日(日) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

伊良部にリゾートホテル着工

ヴィラタイプ、大橋開通見据え


伊良部島で一戸建てヴィラタイプの高級リゾートホテルがこのほど着工した(写真は完成予想図。南西リゾート提供)

伊良部島で一戸建てヴィラタイプの高級リゾートホテルがこのほど着工した(写真は完成予想図。南西リゾート提供)


 伊良部島で一戸建てヴィラタイプの高級リゾートホテルがこのほど着工した。独立した八つのコテージにプールと東屋付き。専属のバトラーを配置し、地元食材を使った料理でもてなすなど最高のサービス提供を目指す。来年2月完成予定で、ヴィラタイプのリゾートホテルは伊良部島では「ヴィラブリゾート」に次いで2番目。

(全文を表示…)

2014年4月20日(日) 09:00 [イベント, スポーツ, 地域・暮らし]

花文字やゲートで歓迎/トライアスロン

下地、上野の職員が設置


毎年設置されるフラワーボード。「ワイドー」の花文字で選手を激励=19日、下地上地

毎年設置されるフラワーボード。「ワイドー」の花文字で選手を激励=19日、下地上地


 第30回全日本トライアスロン宮古島大会に出場する選手を励ますフラワーボードや博愛ゲートが、このほど完成した。けさ20日に号砲、3種目200・195㌔のトライアスロンに挑む選手を後押しする。

(全文を表示…)

2014年4月20日(日) 09:00 [イベント, スポーツ, 地域・暮らし]

頭上に輝け花冠/保育士30人が手作り

トライアスロン大会


出場選手の完走を願いながら花冠を作る保育士の皆さん=19日、市総合体育館

出場選手の完走を願いながら花冠を作る保育士の皆さん=19日、市総合体育館


 きょう20日に開催される第30回全日本トライアスロン宮古島大会に向け、毎年恒例となっている上位100人に贈られる花冠の手作り作業が19日午後、市総合体育館で行われた。市内の法人保育園で働く保育士約30人がボランティアで参加し、シダにスターチスの花を編み込む花冠約100個を丁寧に作り上げた。今年で30年の歴史を刻む今年の大会に出場する全選手の完走と健闘を願い花冠を完成させた。


 この日完成した花冠は、トライアスロンの3種目200・195㌔を完走した選手のうち、上位100人に贈られる。ゴール後、選手たちの頭上に輝いて「強人」の称号となる貴重な贈り物だ。
 過去には完走者全員分の花冠を作っていたが、近年はシダの不足で100個に限定されている。


 第30回大会用の花冠づくりには、市内10カ所の保育園から約30人が参加した。何度も参加している人は手際よく作業を進め、初めての参加者にも丁寧に作り方を教えていた。
 参加者たちはシダをきっちりと編み込みながらピンク、黄色、紫のスターチスの花も一緒に編み込み、それぞれが世界に一つの花冠を作り上げていた。


 みつば保育園の垣花昭子さんは20回以上花冠づくりに参加。「今年は30回目の節目の大会。私たちが一生懸命に作ったこの花冠を目指して選手たちにはぜひ100番以内のゴールを目指してほしい」と笑顔で話した。


 2回目の参加という東保育所の伊志嶺幸代さんは「まだ慣れないので一つ作るのに30分くらいかかってしまう。でも、その分の思いが込められている。選手の皆さんには宮古島の美しい自然を楽しみながら感動のゴールを目指して頑張ってほしい」とエールを送った。


2014年4月19日(土) 09:00 [地域・暮らし]

空港内に初夏の雰囲気/初の鯉のぼり掲揚式

掲揚式では、園児たちの手作りバルーン鯉のぼりと一緒に大きな鯉のぼり3匹が掲揚された=18日、宮古空港ロビー

掲揚式では、園児たちの手作りバルーン鯉のぼりと一緒に大きな鯉のぼり3匹が掲揚された=18日、宮古空港ロビー

 トライアスロンやゴールデンウイークなど、これから観光客が増加するシーズンとなることから、宮古空港で18日、こどもの日イベントとして初めての鯉のぼり掲揚式が行われた。

(全文を表示…)

2014年4月16日(水) 09:00 [地域・暮らし]

交通安全マスコット贈呈/母親クラブが下地小に

与那覇校長(左端)に交通安全マスコットを手渡す下地児童館母親クラブのメンバー=15日、下地小学校

与那覇校長(左端)に交通安全マスコットを手渡す下地児童館母親クラブのメンバー=15日、下地小学校

 市下地児童館母親クラブ(上地知子代表、会員38人)は15日、下地小学校(与那覇止校長)に、新1年生の登下校の安全を願い交通安全「無事にカエル君」マスコット30個を贈呈した。

(全文を表示…)

2014年4月12日(土) 09:00 [地域・暮らし]

「交通ルール守ろう」/城辺小交通少年団

5、6年生が結成式


結成式を行った城辺小交通少年団=11日、城辺小学校体育館

結成式を行った城辺小交通少年団=11日、城辺小学校体育館

 城辺小学校(濱川宗和校長)の5、6年生で構成される交通少年団の結成式が11日、同校体育館で開かれた。

(全文を表示…)

2014年4月11日(金) 09:00 [地域・暮らし]

元気に「おはよう」/宮古島署、防犯協会

あいさつ、声掛け運動


カエルの着ぐるみに迎えられ、笑顔で登校する児童ら=10日、北小正門前

カエルの着ぐるみに迎えられ、笑顔で登校する児童ら=10日、北小正門前

 宮古島署員や宮古島地区防犯協会のメンバーら約15人が10日、北小学校正門前で児童生徒の見守り活動の一環として「あいさつ、声かけ運動」を実施した。カエルやトラの着ぐるみも登場し、登校してくる児童に「おはようございます」と声を掛けた。子供たちも元気な声で「おはようございます」とあいさつを返していた。

(全文を表示…)

2014年4月9日(水) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

年間で40万391人/2年連続40万人超は達成

13年度入域観光客数


 宮古島市は7日、2013年度の入域観光客数が40万391人だったと発表した。前年度と比較すると1万3263人(3・21%)の減となったものの、2年連続で年間40万人超の記録を達成した。市観光商工局では、市の観光振興基本計画で目標に掲げる年間50万人達成に向け、今後は旅行会社に直接、宮古島を売り込む活動が必要との考えを示す。

(全文を表示…)

2014年4月9日(水) 09:00 [地域・暮らし]

伝統祭祀から災害学ぶ/電通がナーパイ視察

津波防災アクション


砂川自治会役員に話を聞く電通の松島俊輔さん(左から3人目)=8日、城辺砂川の上比屋山

砂川自治会役員に話を聞く電通の松島俊輔さん(左から3人目)=8日、城辺砂川の上比屋山


 広告代理店大手の電通が8日、城辺砂川地区の津波よけ神事「ナーパイ」を視察した。同社は東北大学などと連携して独自の防災アクションを展開。今回の視察では、地域の災害の歴史と防災意識を調べた。

(全文を表示…)

2014年4月9日(水) 09:00 [地域・暮らし]

「津波よけて」と祈り/城辺砂川でナーパイ

神歌とクイチャー奉納


クイチャーを踊りながら津波よけの祈りを捧げる女性=8日、城辺砂川

クイチャーを踊りながら津波よけの祈りを捧げる女性=8日、城辺砂川

 津波よけを願う城辺砂川の伝統祭祀「ナーパイ」が8日、同地区の上比屋(ウイピャー)山とその周辺で行われた。女性は厳かな雰囲気の中で神歌を奉納。ダティフ(ダンチクと呼ばれている竹に似た植物)の棒を立てて回り、「津波をよけて」と祈願した。男たちは船こぎの模倣儀礼で津波よけと五穀豊穣、航海安全の祈りを捧げた。

(全文を表示…)

2014年4月8日(火) 09:00 [地域・暮らし]

「ジージー」と鳴くイワサキクサゼミ/池間島

緑の葉の上で鳴いていたイワサキクサゼミ=5日、池間島(撮影・伊良波彌記者)

緑の葉の上で鳴いていたイワサキクサゼミ=5日、池間島(撮影・伊良波彌記者)

 初夏を告げる在来種イワサキクサゼミが5日、宮古島の広範囲で「ジージー」と鳴いているのが確認された。セミの仲間では日本最小で最も早い時期に鳴く。

(全文を表示…)

2014年4月4日(金) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済, 社会・全般]

「宮古島空港市場」オープン/コーラル社

自社製品のほか無農薬野菜も


コーラル社の直売店「宮古島空港市場」が関係者のテープカットでオープンした=23日、宮古空港

コーラル社の直売店「宮古島空港市場」が関係者のテープカットでオープンした=23日、宮古空港


 市が出資する第3セクター「コーラル・ベジタブル社」(社長・下地敏彦市長)の宮古空港直売店「宮古島空港市場」が23日、オープンした。オープンセレモニーには、真栄城徳彦市議会議長、宮古空港ターミナルビルの下地義治社長(宮古島商工会議所会頭)ら来賓が訪れ、同店の開店を祝った。式辞で下地市長は「わが社の製品の良さや宮古特産品を県内外に広くアピールし、会社再生に向け社運を懸けて取り組む所存。本来の会社理念である農家所得の向上に向けて店舗運営に力を注いでいきたい」とあいさつした。

(全文を表示…)

2014年4月4日(金) 09:00 [地域・暮らし]

延べ1万人超が利用/市伊良部公民館

住民1人当たり2回


地域住民に親しまれている市伊良部公民館=3日、伊良部

地域住民に親しまれている市伊良部公民館=3日、伊良部

 市伊良部公民館の2013年度利用者数は延べ1万983人で、前年度と比べ1214人減った。14年2月末の伊良部の人口は5610人で、1人当たりの利用は2回。同公民館では「各種サークルによる大ホールでの発表会が少なかったことや和室利用減、米寿祝い利用減が全体の利用者数減になった」と要因を分析している。

(全文を表示…)

2014年4月4日(金) 09:00 [地域・暮らし]

漁港前広場が供用開始

佐良浜住民の憩いの場に


供用を開始した佐良浜漁港前広場=3日、佐良浜

供用を開始した佐良浜漁港前広場=3日、佐良浜

 市(下地敏彦市長)が旧伊良部離島振興センター跡地で整備を進めていた通称佐良浜漁港前広場が1日、供用開始した。東屋2棟と公衆トイレが整備され、今後地域住民の憩いの場やレクリエーションの場として人気を集めそうだ。既存のカツオモニュメントが見やすい場所に移設され、住民の視線を引いている。

(全文を表示…)

2014年4月3日(木) 09:00 [地域・暮らし]

サニツ、潮干狩り満喫

家族連れでにぎわう


サンゴ礁で潮干狩りを楽しむ市民ら=2日、池間島西側のイラ干瀬

サンゴ礁で潮干狩りを楽しむ市民ら=2日、池間島西側のイラ干瀬

 宮古の伝統行事「サニツ(浜下り)」に当たる旧暦3月3日の2日、家族連れらが干上がった浜辺やサンゴ礁に繰り出し、潮干狩りでにぎわった。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2014年4月
    « 3月   5月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2