「イベント」 2014年4月のニュース一覧

2014年4月24日(木) 09:00 [イベント, スポーツ]

セールに北風受けヨットレースがスタート



セールに北風を受け、帆走(セーリング)するレース=23日、平良港沖合

セールに北風を受け、帆走(セーリング)するレース=23日、平良港沖合

 琉球王朝杯第13回台琉友好親善ヨットレース(主催・同レース実行委員会、宮古島ヨットクラブ、八重山ヨット倶楽部)が23日、5日間の日程で幕開けした。国内外から11艇のヨットが出場し、平良港沖合を同日午後3時にスタート。セールに北風をいっぱい受け、第1レースの宮古島西方約133㌔に位置する石垣島まで帆走(セーリング)し、タイムを競った。宮古島からのスタートは2年ぶり。

(全文を表示…)

2014年4月21日(月) 23:14 [【特集】イベント・行事, イベント, スポーツ]

「ワイドー」 暑さ吹き飛ばせ

「暑い、暑い」「水、水」「ワイドー」「頑張れー」。沿道では選手たちとボランティアの声が飛び交った。コースには鮮やかな花や子どもたちのかわいい声援がパワーを注入。節目の大会に島中が沸いた。

 

「ワイドー」。花文字が選手を鼓舞

「ワイドー」。花文字が選手を鼓舞



2年ぶりのスイム競技に豪快な水しぶきを上げる選手

2年ぶりのスイム競技に豪快な水しぶきを上げる選手

 

 

スイム競技直前。腕にレースナンバー

スイム競技直前。腕にレースナンバー



来間大橋に掲げられた初夏を思わせる鯉のぼりの下をバイクで疾走する選手たち

来間大橋に掲げられた初夏を思わせる鯉のぼりの下をバイクで疾走する選手たち

「水、水」。選手への手渡しもタイミングばっちり

「水、水」。選手への手渡しもタイミングばっちり


地元の人たちと踊りで交流する首相夫人の安倍昭恵さん(前列中央)

地元の人たちと踊りで交流する首相夫人の安倍昭恵さん(前列中央)


道の草花に迎えられペダルをこぐ選手たち

道の草花に迎えられペダルをこぐ選手たち

最初のスイムを終え、いざバイクへ

最初のスイムを終え、いざバイクへ

 

サッカー少年たちの大応援団

サッカー少年たちの大応援団



シャワーで暑さ吹き飛ばせ

シャワーで暑さ吹き飛ばせ

沿道の花が選手たちの激戦を見守る

沿道の花が選手たちの激戦を見守る


全員完走願い「エイエイオー」と気勢

全員完走願い「エイエイオー」と気勢


最終のランへ。暑さとの勝負だ

最終のランへ。暑さとの勝負だ



 

子どもたちのかわいい応援に選手たちも力をもらう

子どもたちのかわいい応援に選手たちも力をもらう




力走する選手たちにメガホンで「頑張れー」

力走する選手たちにメガホンで「頑張れー」


熱い1日。ランは消耗戦の様相

熱い1日。ランは消耗戦の様相




暑さにバテ気味。ファイト

暑さにバテ気味。ファイト



 

長丁場のレース。おばあは座って応援するよ

長丁場のレース。おばあは座って応援するよ






暑い暑い暑い

暑い暑い暑い

コース沿いで天ぷら揚げ。お祭り気分で盛り上がる

コース沿いで天ぷら揚げ。お祭り気分で盛り上がる

好天恵まれプレー満喫

2014年4月20日(日) 09:00 [イベント, スポーツ]

30回大会きょう号砲/午前7時スイムスタート

トライアスロン宮古島大会


本番を翌日に控え、バイクを走らせる選手たち=19日、下地上地

本番を翌日に控え、バイクを走らせる選手たち=19日、下地上地


 スポーツアイランド宮古島を代表する一大イベント・全日本トライアスロン宮古島大会の第30回大会がきょう午前7時、与那覇前浜ビーチでのスイム競技からスタートする。今大会には男子1457人、女子190人の計1647人がエントリー。スイム3㌔、バイク155㌔、ラン42・195㌔の計200・195㌔のレースに挑む。

(全文を表示…)

2014年4月20日(日) 09:00 [イベント, スポーツ, 地域・暮らし]

花文字やゲートで歓迎/トライアスロン

下地、上野の職員が設置


毎年設置されるフラワーボード。「ワイドー」の花文字で選手を激励=19日、下地上地

毎年設置されるフラワーボード。「ワイドー」の花文字で選手を激励=19日、下地上地


 第30回全日本トライアスロン宮古島大会に出場する選手を励ますフラワーボードや博愛ゲートが、このほど完成した。けさ20日に号砲、3種目200・195㌔のトライアスロンに挑む選手を後押しする。

(全文を表示…)

2014年4月20日(日) 09:00 [イベント, スポーツ, 地域・暮らし]

頭上に輝け花冠/保育士30人が手作り

トライアスロン大会


出場選手の完走を願いながら花冠を作る保育士の皆さん=19日、市総合体育館

出場選手の完走を願いながら花冠を作る保育士の皆さん=19日、市総合体育館


 きょう20日に開催される第30回全日本トライアスロン宮古島大会に向け、毎年恒例となっている上位100人に贈られる花冠の手作り作業が19日午後、市総合体育館で行われた。市内の法人保育園で働く保育士約30人がボランティアで参加し、シダにスターチスの花を編み込む花冠約100個を丁寧に作り上げた。今年で30年の歴史を刻む今年の大会に出場する全選手の完走と健闘を願い花冠を完成させた。


 この日完成した花冠は、トライアスロンの3種目200・195㌔を完走した選手のうち、上位100人に贈られる。ゴール後、選手たちの頭上に輝いて「強人」の称号となる貴重な贈り物だ。
 過去には完走者全員分の花冠を作っていたが、近年はシダの不足で100個に限定されている。


 第30回大会用の花冠づくりには、市内10カ所の保育園から約30人が参加した。何度も参加している人は手際よく作業を進め、初めての参加者にも丁寧に作り方を教えていた。
 参加者たちはシダをきっちりと編み込みながらピンク、黄色、紫のスターチスの花も一緒に編み込み、それぞれが世界に一つの花冠を作り上げていた。


 みつば保育園の垣花昭子さんは20回以上花冠づくりに参加。「今年は30回目の節目の大会。私たちが一生懸命に作ったこの花冠を目指して選手たちにはぜひ100番以内のゴールを目指してほしい」と笑顔で話した。


 2回目の参加という東保育所の伊志嶺幸代さんは「まだ慣れないので一つ作るのに30分くらいかかってしまう。でも、その分の思いが込められている。選手の皆さんには宮古島の美しい自然を楽しみながら感動のゴールを目指して頑張ってほしい」とエールを送った。


2014年4月8日(火) 09:00 [イベント]

夏到来、初泳ぎだ/前浜で海びらき、4000人参加

ボランティアの合図で一斉に海に入る参加者ら=6日、与那覇前浜ビーチ

ボランティアの合図で一斉に海に入る参加者ら=6日、与那覇前浜ビーチ

 2014「海族まつり」のオープニングイベントとして位置づけられている、第36回サンゴの楽園未来まで集まれ遊ぼう宮古島の海びらき(主催・宮古島観光協会)が6日、下地の与那覇前浜ビーチで開催された。東洋一といわれる白砂の浜には、住民や観光客ら約4000人(主催者発表)が集った。子どもたちは合図と同時に一斉に海に入り、初泳ぎを楽しんだ。初泳ぎの参加者には「初泳ぎ証」が配布された。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2014年4月
    « 3月   5月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2