「行雲流水」 2014年5月のニュース一覧

2014年5月29日(木) 08:55 [行雲流水]

「不法投棄」(行雲流水)

「不法投棄」(行雲流水)


 廃棄物の不法投棄が続いているのだろうか。県の調査によると、宮古島に残存する不法投棄物は県全体の63%を占めているという(5月15日付本紙報道)

(全文を表示…)

2014年5月27日(火) 08:55 [行雲流水]

「黒田官兵衛」(行雲流水)

 ドラマ『軍師黒田官兵衛』のプロデューサーの中村高志氏は「大河ドラマの醍醐味(だいごみ)は、一年を通して人間をあらゆる角度から描き、人生を生き切ることの素晴らしさを伝えることにある」と書いている

(全文を表示…)

2014年5月24日(土) 08:55 [行雲流水]

「教科書問題」(行雲流水)

 沖縄県が教科書問題で迷走している。法律を守るというごく当たり前のことをこれほどの問題にしてしまう沖縄の教育行政責任者の在り方に疑問を覚える。ことの発端は、八重山でおこった。2011年夏、石垣市・与那国町・竹富町で構成する八重山地区教科書採択協議会は中学校で使用する公民教科書を育鵬社(いくほうしゃ)版とした

(全文を表示…)

2014年5月20日(火) 08:55 [行雲流水]

「久貝勝盛帰国」

 日本の政府開発援助を一元的に行う国際協力機構(JICA)からラオスに派遣され、国立ラオス大学で自然科学科の生物教師として学生の指導に当たると共に、生物教員の知的向上のためのサポートを行った久貝勝盛氏が2年の任期を終えて帰国した

(全文を表示…)

2014年5月17日(土) 08:55 [行雲流水]

「フラダンス」(行雲流水)

 映画「フラガール」は福島県いわき市の炭鉱町を舞台にした秀作だ。石炭から石油への移行の波が押し寄せ、閉山に追い込まれている中、女性たちが町の危機を救おうとフラサークルを立ち上げた。「北国の町を常夏の楽園に変えよう」。実現までには紆余(うよ)曲折があったが、フラにはまったくの素人が猛特訓を経て、感動的なダンスを披露するラストシーンは圧巻だった

(全文を表示…)

2014年5月15日(木) 08:55 [行雲流水]

「人・農地プラン」(行雲流水)

 離島の基幹作物サトウキビは台風に比較的強く、高齢者が容易に栽培できる利点がある。だが農家の高齢化が進むと、やがて耕作放棄地が増えるであろう

(全文を表示…)

2014年5月13日(火) 08:55 [行雲流水]

「母の日」(行雲流水)

 三好達治の詩にあるように、「海」という字の中には「母」がある。またフランス語では母(m●(●はeの上に′)re)の中に海(mer)がある。母は海、生命のふるさと、深くて広い。嵐も吹けば虹も出る

(全文を表示…)

2014年5月10日(土) 08:55 [行雲流水]

「梅雨入り」(行雲流水)

 昔、シュウマンボウシュウと大人たちが言っていた。しとしと降る長雨のことだと子供ながら理解していたが、小満・芒種のことだと気づいたのはずっと後になってからである。農家は長雨に入る前に大豆の取り入れを急いだ。季節の流れの中で人々が暮らしていた時代である

(全文を表示…)

2014年5月3日(土) 08:55 [行雲流水]

「市の予算」(行雲流水)

 「アメリカがくしゃみをすると日本が風邪をひく」は、日米の経済動向を皮肉ったものだ。これは一例だが、さまざまな事例を他の表現に置き換えて紹介すると、分かりやすくなることがある

(全文を表示…)

2014年5月1日(木) 08:55 [行雲流水]

「エコと観光」(行雲流水)

 宮古島市は、「エコ」のブランド化を推進するという。環境・エネルギー問題に取り組んでいる活動そのものが地域資源になるとの考えだ。特に、エコと観光を結びつけた視点を評価したい

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成29年12月1日現在

    宮古島市 54,096 人
    27,018 人
    27,078 人
    世帯数 26,261軒
    多良間村 1,171 人
    631 人
    540 人
    世帯数 527 軒
  • 天気


  •  

    2014年5月
    « 4月   6月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2