「社会・全般」 2014年5月のニュース一覧

2014年5月31日(土) 09:00 [社会・全般]

9月6日に県総合防災訓練

2000人規模、大地震想定/下崎で実施


県総合防災訓練の概要を確認した地元会議=30日、市中央公民館

県総合防災訓練の概要を確認した地元会議=30日、市中央公民館

 2014年度県総合防災訓練の地元(宮古島市、多良間村)会議が30日、市中央公民館で開かれた。関係団体の代表らが参加し、同訓練を9月6日に平良の下崎ふ頭で実施することを決めた。当日は2000人規模の訓練を予定、宮古島近海の大地震を想定する。県の総合防災訓練が宮古島市や多良間村で実施されるのは09年以来5年ぶり。

(全文を表示…)

2014年5月31日(土) 09:00 [社会・全般]

5団体21人を功労表彰/防犯協会定期総会

14年度事業計画など承認


防犯功労で表彰をうけた皆さんと前川会長(中列左)、平良署長(同右)=30日、市内レストラン

防犯功労で表彰をうけた皆さんと前川会長(中列左)、平良署長(同右)=30日、市内レストラン

 宮古島地区防犯協会2014年度第60回定期総会が30日、市内のレストランで行われ、13年度の事業経過、決算と14年度の事業計画、予算案などが全会一致で承認された。ちゅらさん運動を推進する▽子供や女性が安心できる街づくりを推進する-など7項目を重点に、安全で安心して生活できる宮古圏域づくりに取り組む旨の宣言を決議した。

(全文を表示…)

2014年5月31日(土) 09:00 [社会・全般]

十字絣生産追いつかず/宮古織物協同組合

販売好調、右肩上がり/組合員への協力呼び掛け


宮古織物事業協同組合は14年度の通常総会を開催した=30日、市伝統工芸品センター

宮古織物事業協同組合は14年度の通常総会を開催した=30日、市伝統工芸品センター

 国指定重要無形文化財の「宮古上布(十字絣)」の売り上げが近年、著しく大きな伸びを見せ、市場からの引き合いに応じられない状況になっていることが30日、分かった。同日、市伝統工芸品センターで開かれた宮古織物事業協同組合(代表理事・長濱政治副市長)の2014年度通常総会で明らかになった。同組合の上原則子専務理事は「12、13年度と生産数が減少しているが、組合員が一致団結し、この好機に生産拡大に努めて頂きたい」と呼び掛けた。

(全文を表示…)

2014年5月31日(土) 09:00 [社会・全般]

10年ぶり1億円突破/シルバー人材セ総会

伊良部で就業機会開拓へ


2013年度収支決算などを承認した総会=30日、市中央公民館

2013年度収支決算などを承認した総会=30日、市中央公民館

 宮古島市シルバー人材センター(國仲清正理事長)の定時総会が30日、市中央公民館で開かれた。会員ら多数が参加し、2013年度収支決算など4議案を承認した。13年度の受注契約金額(公共・民間含む)は前年度より約2000万円多い1億1680万円の好実績を上げた。1億円を突破したのは2003年度以来、10年ぶり。来年1月の伊良部大橋開通予定を見据え、今年6月から伊良部地区で初めて就業機会の開拓事業を展開していく方針。

(全文を表示…)

2014年5月31日(土) 09:00 [社会・全般]

不法投棄ごみを撤去/テレビなど廃棄物2.9㌧

宮古福祉保健所管内 県下一斉パトロール


参加者らが不法投棄された廃棄物の撤去作業を行った=30日、平良狩俣地区の不法投棄現場

参加者らが不法投棄された廃棄物の撤去作業を行った=30日、平良狩俣地区の不法投棄現場

 「全国ごみ不法投棄監視ウイーク」(5月30日~6月5日)に伴う2014年度ごみ不法投棄等県下一斉パトロール(主催・沖縄県)が県内各地で行われた。宮古福祉保健所管内では、市や宮古島警察署などの関係機関から約30人が参加。平良狩俣の世渡橋南の県道230号線沿いの茂みに不法投棄されたごみの撤去を実施した。この日撤去された廃棄物の量は約2900㌔にのぼった。

(全文を表示…)

2014年5月30日(金) 09:00 [社会・全般]

食中毒ゼロ活動へ/食品衛生協会宮古支部総会

14年度収支予算案など承認


14年度収支予算案などを審議する総会=29日、市内ホテル

14年度収支予算案などを審議する総会=29日、市内ホテル

 一般社団法人沖縄県食品衛生協会宮古支部(砂川靖夫支部長)の2014年度総会が29日、市内のホテルで開かれた。経常収益計を前年度比127万円減の411万8000円、経常費用計を77万9620円減の460万8380円とする14年度の収支予算案などを承認した。

(全文を表示…)

2014年5月30日(金) 09:00 [社会・全般]

「得た知識を実践へ」/吉川、西森氏が講演

倫理経営講演会開く


会員や企業の代表ら110人が講演会に出席し、講師の話に耳を傾けた=28日、市内のホテル

会員や企業の代表ら110人が講演会に出席し、講師の話に耳を傾けた=28日、市内のホテル

 宮古島倫理法人会(砂川幸男会長)が主催する2014年度「倫理経営講演会」が28日夕、市内のホテルで開かれた。「繁栄の法則~倫理経営のすすめ~」と題して倫理研究所法人局スーパーバイザーの西森義信氏が講演した。また、「今しかない~即行、即止~」との演題で倫理経営インストラクターの吉川和江氏が事業体験報告を行った。会場は会員や企業の代表者ら110人が訪れ、両氏の講話に熱心に耳を傾けた。

(全文を表示…)

2014年5月30日(金) 09:00 [社会・全般]

14年4月末少年補導 飲酒は増加/市青少年問題協

不良行為、全体数減/市青少年問題協が意見交換


青少年問題について意見交換をした第1回協議会=29日、市平良庁舎

青少年問題について意見交換をした第1回協議会=29日、市平良庁舎

 2014年度市青少年問題協議会(会長・下地敏彦市長)の第1回協議会が29日、市平良庁舎で開催された。協議会に先立ち、長濱政治副市長が同協議会委員14人に下地市長からの委嘱状を交付した。任期は2年。協議会では宮古島署生活安全課少年係長の大城隆警部補が、管内の少年非行概況を説明した。委員は少年非行の実態を踏まえ、健全育成するための社会環境づくりなどで意見交換をした。 宮古島署によると、14年4月末までに不良行為の補導人数は234人(暫定値・延べ人数)で、前年同期と比べ144人減少しているが、飲酒に関しては54人と4人増加している。

(全文を表示…)

2014年5月29日(木) 09:00 [社会・全般]

宮國さんに表彰状/沖縄行政評価事務所

相談委員としての活動評価


表彰状の伝達を受けた宮國京子さん(中央左)=28日、市役所平良庁舎

表彰状の伝達を受けた宮國京子さん(中央左)=28日、市役所平良庁舎

 沖縄行政評価事務所長の表彰状伝達式が28日、市役所平良庁舎で行われ、2005年度から市担当の行政相談委員を務めている宮國京子さんに表彰状が伝達された。宮國さんは「これからも市民の声をたくさん聞いて行政に届けたい」と活動の充実に意欲を示した。

(全文を表示…)

2014年5月29日(木) 09:00 [社会・全般]

定期総会と懇親会催す/沖縄南秀同窓会

200人集い旧交温める


2014年度の定期総会と懇親会を催した沖縄南秀同窓会=27日、那覇市のイベントホール

2014年度の定期総会と懇親会を催した沖縄南秀同窓会=27日、那覇市のイベントホール

 【那覇支社】沖縄本島在住の宮古高校卒業生(旧制宮中、宮高女を含む)で構成する沖縄南秀同窓会(波平勇夫会長)の2014年度定期総会・懇親会が27日、那覇市のイベントホールで催され、約200人の会員が参加して互いの旧交を温め合った。総会では2013年度活動・収支報告や14年度活動・予算案を全会一致で承認した。

(全文を表示…)

2014年5月29日(木) 09:00 [社会・全般]

準備会の設置など確認/宮原小統廃合

課題解消に向け協議/地域代表など対象に説明会


スムーズな統合に向け市教委が保護者や地域の代表らと意見を交換した説明会=27日、とびとり会館(宮原公民館)

スムーズな統合に向け市教委が保護者や地域の代表らと意見を交換した説明会=27日、とびとり会館(宮原公民館)

 2015年度に鏡原小学校に統廃合される予定の宮原小学校の保護者と婦人会など地域の代表を対象にした市教育委員会(宮國博教育長)の説明会が27日夜、とびとり会館(宮原公民館)で行われた。参加者からは学校が変わることによって予想される子供たちへの各種影響などについて質問が出された。今後、スムーズな統合を目指して保護者、地域の代表と市教委による準備会を設置して前向きな協議を進めていくことも確認した。

(全文を表示…)

2014年5月29日(木) 09:00 [社会・全般]

『歌の原初へ』を出版/居駒明大教授

狩俣の神歌と神話研究


狩俣集落の神歌と神話の関係について研究した「歌の原初へ」を上梓した居駒永幸教授=28日、宮古島の神と森を考える会事務局

狩俣集落の神歌と神話の関係について研究した「歌の原初へ」を上梓した居駒永幸教授=28日、宮古島の神と森を考える会事務局

 明治大学経営学部教授で、約26年間にわたり狩俣集落の神歌と神話について研究を続けている居駒永幸氏(文学博士・日本古代文学専攻)が4月に「歌の原初へ~宮古島狩俣の神歌と神話~」(出版元・おうふう)を上梓した。同書は全372ページで、居駒氏の長年にわたる狩俣集落での研究論文と講演録、エッセーに加え、「狩俣の神歌キーワード」などで編集構成されている。

(全文を表示…)

2014年5月28日(水) 09:00 [社会・全般]

機敏な動きで救助作業/市消防本部

県大会向け展示訓練


県大会に出場する隊員たちがこれまでの訓練の成果を披露した=27日、宮古島市消防本部

県大会に出場する隊員たちがこれまでの訓練の成果を披露した=27日、宮古島市消防本部

 30日に県消防学校で行われる第38回県消防救助技術指導会に向け、関係者を招いた展示訓練が27日、市消防本部で行われた。宮古地区代表として出場する同本部の隊員が日ごろの訓練の成果を披露。息の合った機敏な動きで救助作業に取り組む隊員に、同署の署員や見学者から大きな拍手が送られた。

(全文を表示…)

2014年5月28日(水) 09:00 [社会・全般]

制度導入時の2倍に/ふるさと納税13年度

各種行事でのPR奏功/「敬老祝い金」などへ活用


 宮古島市への「ふるさと納税寄付金」が2013度は56件、金額にして1738万3000円となり、制度が始まった08年度以降、件数としては2倍に増えていることが市財政課のまとめで分かった。市では「関東、関西ふるさと祭りなどの各種イベントやトライアスロン、ビーチバレーなどの大会でのPR活動が効果を上げているのではないか」と話している。寄付金は、スポーツ器具や施設の備品購入、「敬老祝い金」などに活用されている。

(全文を表示…)

2014年5月28日(水) 09:00 [社会・全般]

市に残余財産を委譲/下地玄信育英会

歴史ある奨学金給付事業に幕


與座理事長(手前左)から下地市長に残余財産の基金目録が贈呈された=27日、市平良庁舎

與座理事長(手前左)から下地市長に残余財産の基金目録が贈呈された=27日、市平良庁舎

 下地玄信育英会の與座勇吉理事長と池間徳全事務局長は27日、市平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、同育英会が昨年11月30日で解散したことを報告し、育英会の基金である残余財産4091万1544円を市に寄贈した。同育英会は1975(昭和50)年に財団法人として設立。宮古の人材育成事業に大きな貢献を果たした同育英会の長い歴史に幕が下ろされた。基金寄贈式には宮國博教育長、佐平博昭教育委員長らが同席した。

(全文を表示…)

2014年5月27日(火) 09:00 [社会・全般]

地域振興助言で協定書/沖縄公庫、宮古島市、多良間村

金融機関のノウハウ活用


(写真左から)譜久山理事長、下地市長、伊良皆村長が、おのおの協定書に署名し、助言業務の締結を行った=26日、沖縄公庫宮古支店

(写真左から)譜久山理事長、下地市長、伊良皆村長が、おのおの協定書に署名し、助言業務の締結を行った=26日、沖縄公庫宮古支店

 沖縄振興開発金融公庫(譜久山當則理事長)は26日、「宮古地域の振興に係る助言業務に関する協定書」を宮古島市、多良間村の2市村と取り交わし締結式を行った。下地敏彦市長、伊良皆光夫村長、譜久山理事長が協定書に署名し、協定書を取り交わした。

(全文を表示…)

2014年5月25日(日) 09:09 [社会・全般]

公文書としては初の発見/宮古旧軍文書に「慰安所」明記

林教授(関東学院大)軍法会議書類で明らかに


上野野原に建立されている「アリランの碑」。同碑から数百メートル離れた松林のそばに慰安所があったとの証言がある=23日、上野野原

上野野原に建立されている「アリランの碑」。同碑から数百メートル離れた松林のそばに慰安所があったとの証言がある=23日、上野野原

 沖縄戦当時、宮古島に旧日本兵が通っていた「慰安所」があった事実を裏付ける公文書が初めて発見された。これまで、宮古島の慰安所の存在は戦争体験者や慰安婦の証言などで知られていたが、その存在が明記されている公文書が明らかになるのは初めて。関東学院大学経済学部の林博史教授が研究資料として厚生労働省に情報公開請求した「軍法会議報告」文書の中から見つけた。

(全文を表示…)

2014年5月24日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

3歳児就寝時間 10時台が約半数/宮古島市

県内で最も遅い/「夜更かしは肥満のもと」


 県小児保健協会がとりまとめた2012年度の「乳幼児健康診査報告書」によると、宮古島市における3歳児の就寝時間は県内で最も遅く、夜更かしの地域であることがわかった。報告書によると県平均では午後9時台の就寝が49・2%で約半数を占めるのに対し、宮古島市は1時間遅い午後10時台が48・6%(県平均は37・4%)と約半数を占めた。平良保健センターでは「夜更かしは子供の成長を抑え、さらに肥満にもつながる。宮古島のがんずう長寿を取り戻すためにも子供のころから規則正しい生活が必要」と呼び掛けている。

(全文を表示…)

2014年5月24日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

熱中症対策など学ぶ/市消防本部

「くれよん」子育て講座


参加した親子は熱性けいれんや心肺蘇生法などについて学んだ=23日、市消防本部

参加した親子は熱性けいれんや心肺蘇生法などについて学んだ=23日、市消防本部

 宮古島市つどいの広場「くれよん」が子育て講座の一環として毎年行っている第7回目の救急法(熱性けいれん・熱中症・心肺蘇生)および消防署見学が23日、市消防本部で行われた。

(全文を表示…)

2014年5月24日(土) 09:00 [社会・全般]

「人を生かす経営」訴え/中小企業家同友会ブロック研修

加藤さん(エイベックス会長)が基調講演/行動ベクトルの共有促す


加藤さんの経営理念と姿勢を吸収する参加者=23日、宮古島市内のホテル

加藤さんの経営理念と姿勢を吸収する参加者=23日、宮古島市内のホテル

 中小企業家同友会全国協議会九州・沖縄ブロックの第8回支部長・支部活動研修交流会と第19回さきしま経営フォーラムが23日、2日間の日程で始まった。初日は、愛知中小企業家同友会代表理事でエイベックス社会長の加藤明彦さんが基調講演を行い、人づくりに重点を置く「人を生かす経営」を訴え。「経営者と社員が行動のベクトルを合わせ、仕事の必要性について認識を共有することが非常に重要だ」と語った。

(全文を表示…)

2014年5月24日(土) 09:00 [社会・全般]

企業や団体に感謝/トライ大会成功で「集い」

下地会頭の音頭で乾杯し、協力企業などに感謝した=22日、市内ホテル

下地会頭の音頭で乾杯し、協力企業などに感謝した=22日、市内ホテル

 第30回全日本トライアスロン宮古島大会の地元協力企業・関係団体への「感謝の集い」が22日、関係者らが多数参加して市内のホテルで開催された。宮古島商工会議所の下地義治会頭の音頭で乾杯し、協力企業や団体に感謝した。

(全文を表示…)

2014年5月24日(土) 09:00 [社会・全般]

50周年記念史を作成/県ロック協会

高校、図書館への寄贈申し出


下地市長(右手前)に記念史を手渡す喜屋武氏(左)=23日、市長室

下地市長(右手前)に記念史を手渡す喜屋武氏(左)=23日、市長室

 沖縄県ロック協会(宮永英一会長)の喜屋武幸雄事務局長らが23日、市役所平良庁舎の下地敏彦市長を訪ね、沖縄ロック界の歴史をまとめた「オキナワンロック50周年記念史」の作成を報告。市内の高校や図書館などに寄贈する考えを伝えた。

(全文を表示…)

2014年5月23日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

60年前の宮古写す

上野野原の基地に勤務/元軍人のダンガンさんが来社



60年ぶりに宮古を訪れ当時を懐かしんだダンガンさん(左)。右はダンガンさんの息子=20日、本社

60年ぶりに宮古を訪れ当時を懐かしんだダンガンさん(左)。右はダンガンさんの息子=20日、本社

 1954年当時に上野野原の米軍レーダー施設で働いていた元軍人がこのほど、宮古島市を訪れた。60年ぶりの来島で、20日には宮古毎日新聞社を訪れた。自身が撮影した当時の島の風景や住民などのカラー写真を見せ「自分の好きだった場所に戻ってきたような気がする」と話した。

(全文を表示…)

2014年5月23日(金) 09:00 [社会・全般]

下地米蔵会長らを再任/県建設業協会通常総会

14年度事業計画など承認


県建設業協会の2014年度表彰式で賞状を受けた大米建設の下地米蔵社長(右)と石垣永健常務(左)=21日、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

県建設業協会の2014年度表彰式で賞状を受けた大米建設の下地米蔵社長(右)と石垣永健常務(左)=21日、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

 【那覇支社】県建設業協会は21日、那覇市内のホテルで第65回通常総会を開き、任期満了に伴う役員改選で下地米蔵会長(大米建設社長)らを再任した。総会では2013年度事業・決算報告や14年度事業計画・予算案を全会一致で承認した。

(全文を表示…)

2014年5月22日(木) 09:00 [社会・全般]

税知識の普及推進/宮古法人会が定期総会

今後の活動に向け決意を新たにする湧川会長=20日、市内ホテル

今後の活動に向け決意を新たにする湧川会長=20日、市内ホテル

 沖縄宮古法人会(湧川弘範会長)の定期総会が20日、市内のホテルで開かれ、2013年度決算報告を承認した。会員らは、新年度の活動に向け、決意を新たにした。

(全文を表示…)

2014年5月22日(木) 09:00 [社会・全般]

「宮古島夜曲」作詞家の娘が来島

清水さん「父の情熱的な気持ち知った」


宮古島を初めて訪れた鏑木さんの娘千恵子さん=21日、宮古島市

宮古島を初めて訪れた鏑木さんの娘千恵子さん=21日、宮古島市

 終戦直後から「宮古島のヒット曲」として多くの人に口ずさまれてきた「宮古島夜曲」の作詞家、鏑木(かぶらぎ)隆一さんの娘清水千恵子さん(群馬県在)がこのほど、宮古島市を訪れた。1983年4月、慰霊祭のため宮古島に来た鏑木さんの様子を報じた宮古毎日新聞を手にした清水さんは「父が情熱的な気持ちを持っていたということを改めて知った思いです」と話した。


 「宮古島夜曲」は「千鳥なぜ啼(な)く月の浜 伊良部通いの舟が行く-」の出だしで知られる。


 当時は、作った人が判明されず、作詞・作曲とも「不詳」とされていたが、83年1月のNHKのど自慢全国放送で「宮古島夜曲」を聞いた鏑木さんが「昭和20年1月、宮古島平良町にて」作ったことを証明するコピーを当時の平良市企画室に送付。38年ぶりに作詞したのは鏑木さんということが判明した。


 鏑木さんは、群馬県出身で平良宮原に駐屯していた輜重兵(しちょうへい)第28連隊第一中隊に所属。
 しばらくして「演芸班」に移り、宮古各地にいる兵隊を慰問するようになった。


 歌は慰問をする中で生まれ、「平良の病院でたむろしていた時、ちらちら浮かぶ伊良部島の灯を見て、故郷を想いながら書いた」という。


 鏑木さんは17年前に亡くなったが、娘の清水さんは「歌が大好きで、家でもいろいろな歌を歌っていました。『宮古島夜曲』は家族を思い出して書いたと思う」と振り返った。


 清水さんは「宮古島夜曲」の1番までは歌えると言い「父が歌っていたことを聞いて覚えたかも知れない」と語った。


 清水さんは21日に本社を訪れ、38年ぶりに宮古島を訪れた父が亡き戦友の慰霊碑の前で「宮古島夜曲」を歌ったことを紹介した新聞を手に「父が書いた『宮古島夜曲』の島はどんな所なのか、詩を口ずさみながら、ずっと頭に描いていた」と話した。


 清水さんは4人きょうだいの末っ子で、「帰ったらきょうだいで父の事をいろいろ話してみたい。新聞のコピーは何よりのお土産になった」と笑顔だった。

2014年5月22日(木) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

初給料で母校に恩返し/特支学校卒の平良君

パン160個プレゼント


初給料で母校にパン160個をプレゼントした平良君(左)。右は生徒を代表して受け取った沼田貴吉君=21日、宮古特別支援学校

初給料で母校にパン160個をプレゼントした平良君(左)。右は生徒を代表して受け取った沼田貴吉君=21日、宮古特別支援学校

 宮古特別支援学校を今年3月に卒業した平良雄飛君(18)は21日、母校にパン160個をプレゼントした。平良君は、パン製造の技術などを学ぶ就労継続支援事業所「アダナス」で働いている。平良君が「初めて給料をもらいました。私がつくったおいしいパンを食べてください」と手渡すと、後輩たちは「ありがとうございます」と大喜びだった。

(全文を表示…)

2014年5月22日(木) 09:00 [社会・全般]

宮古の主要施設を視察/美ぎ島美しゃ市町村会

伝統工芸センターなど


苧麻を使用した手すき和紙の製造工程を視察する(写真左から)伊良皆村長、中山市長、外間町長、川満町長=21日、上野野原の市伝統工芸品センター

苧麻を使用した手すき和紙の製造工程を視察する(写真左から)伊良皆村長、中山市長、外間町長、川満町長=21日、上野野原の市伝統工芸品センター

 宮古、八重山圏域の2市2町1村の首長らで組織する美ぎ島美しゃ(かぎすまかいしゃ)市町村会(会長・下地敏彦宮古島市長)のメンバーらは21日、宮古島市内の主要施設や伊良部大橋建設現場などを視察した。

(全文を表示…)

2014年5月21日(水) 09:00 [社会・全般]

夜間の運転に注意を/宮古島署

「蒸発現象」など再現/交通事故防止で講習会


交通事故の未然防止につなげようと行われた夜間の安全運転講習会=19日夕、宮古自動車学校

交通事故の未然防止につなげようと行われた夜間の安全運転講習会=19日夕、宮古自動車学校

 宮古島署は19日夕、夜道を安全に運転し交通事故の未然防止につなげようと、地域で交通安全に携わっている人たちを対象にした講習会を宮古自動車学校で開いた。対向車のライトがまぶしくて歩行者が見えなくなったりする現象などを再現。参加した約40人に、夜間の運転は危険の発見が遅れがちになることから細心の注意を払うよう呼び掛けた。

(全文を表示…)

2014年5月21日(水) 09:00 [社会・全般]

自転車に鍵掛け宮工1位/カギスマ甲子園

施錠率95・1%で2連覇


下地市長(左)が宮古工業の連覇をたたえた表彰式=20日、宮古工業高校

下地市長(左)が宮古工業の連覇をたたえた表彰式=20日、宮古工業高校

 自転車などの窃盗犯罪抑止のため、宮古かぎすま安全なまちづくり協議会(会長・下地敏彦市長)が主催する「第2回カギスマ(鍵島)甲子園」で、宮古工業高校(宮里幸利校長)がトップの成績を収めて2連覇を達成した。

(全文を表示…)

1 / 3123
  • 宮古島の人口

    平成29年2月1日現在

    宮古島市 54,102 人
    26,994 人
    27,108人
    世帯数 25,898軒
    多良間村 1,189 人
    640 人
    549 人
    世帯数 530 軒
  • 天気


  •  

    2014年5月
    « 4月   6月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2