「私見公論」 2014年5月のニュース一覧

2014年5月30日(金) 08:55 [私見公論]

旅の思い出/久貝 陽子

私見公論96


 24年ぶりに第二の故郷東京新宿に行きました。すっかり都会の暮らしを忘れ、のんびりした生活をしていますので、時の流れのはやさを感じ、足早々(パシャパシャ)と動き回りました。

(全文を表示…)

2014年5月23日(金) 09:00 [私見公論]

観光入域客数50万人突破に向けて(3)/下地信男

私見公論95


 平成25年度の本市への観光入域客数は40万391人となった。前年度に41万人余の過去最高記録を達成しただけにその数字には物足りなさを感じるというのが率直なところである。観光関係者の努力により40万人の大台はクリアしたものの、右肩上がりに勢いよく伸びないのは観光業界が地域間競争の激しい業界だからだ。日本国民の旅行回数は年平均1・5回と試算されているので、1年間に1億9千万人もの国民が旅行に出かけることになる。これらを全国の観光地がわが地域へ取り込もうとさまざまな手法でその獲得に必死となっている。本市に限らず、交流人口を増やして地域の活性化を図ろうとする地域にとっては、観光客の誘客は最大にして喫緊の課題であり、そこに最大限のエネルギーを注いでいる。

(全文を表示…)

2014年5月16日(金) 08:55 [私見公論]

PTA活動に母ちゃんパワーを/仲里宏美

私見公論94


 「会長は嫁がやります」


 役員決めで、姑がいきなり手を上げ宣言した。これは、14年前の幼稚園の入園式後の保護者会での出来事。これがきっかけになり、私は幼・小・中・高とPTAの役員をさせていただくことになった。現在もまだ現役継続中! 後日、姑に尋ねると、私と娘のために手を上げたそうだ。その頃沖縄本島から引っ越して来たばかりで、私にも娘にも知り合いがなく、何となく居心地が悪いような様子の私たちを慮(おもんぱか)り、知り合いを作るための方法だったようだ。姑の計らいは的中し、PTA活動を通して、同年代の子どもを持つ保護者と親しくなり、その祖父母や地域の方たちへとどんどん広がっていった。今、振り返ると姑に感謝している。

(全文を表示…)

2014年5月9日(金) 08:55 [私見公論]

「木を見て森を見ず」からの発想の転換③/長嶺 巖

日中漁業協定の廃止を目指して
私見公論93


 宮古島から東45マイル(約90㌔)沖縄本島の間に宮古島の約2倍程の大きな曽根が南北に横たわっている。水深は浅いところで28㍍、深いところで350㍍。氷河期以前は大陸とつながっていたともいわれている海域がある。池間のかつお漁船宝山丸がかつお釣にいって発見したことから宝山曽根と命名され海図に載っている。宝山曽根は昔から、マチ類、タイ類、ハタ類など高級魚の漁場として池間漁協や宮古島漁協所属の一本釣漁船が盛んに利用している好漁場である。

(全文を表示…)

2014年5月2日(金) 08:55 [私見公論]

「畜産農家の現状」/砂川辰夫

宮古の肉用牛振興について考える③
私見公論92


 毎月、セリ市場をのぞくと愕然とするやりきれない光景に出くわす。せっかく、立派に育て出荷したにもかかわらず、汚れたままや、削蹄されず糞がついたままの状態で、素知らぬ顔で出荷する畜主の心情が理解しがたい。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成31年3月1日現在

    宮古島市 54,225 人
    27,176 人
    27,049 人
    世帯数 26,929 軒
    多良間村 1,169 人
    628 人
    541 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2014年5月
    « 4月   6月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2