「行雲流水」 2014年6月のニュース一覧

2014年6月28日(土) 08:55 [行雲流水]

「蛙」(行雲流水)

 梅雨が明けた。平年より3日、去年より15日も遅い梅雨明けだと沖縄気象台は告げた。梅雨時の日本の風情は紫陽花のカタツムリ、田んぼの蛙に象徴されるが、宮古島では趣が違う。カタツムリはなじみのあるものだが、蛙はほとんど目につくことがない

(全文を表示…)

2014年6月26日(木) 08:55 [行雲流水]

「屋良覚書」(行雲流水)

 思い込みは、一人歩きしがちだ。下地島飛行場の建設時に政府が発出した文書(いわゆる「屋良覚書」)には、「軍事使用は認めない」と明記してあるものとばかり思い込んでいた

(全文を表示…)

2014年6月24日(火) 08:55 [行雲流水]

「慰霊の日」(行雲流水)

 「慰霊の日」は、沖縄戦の実相を直視し、平和の誓いを新たにする日である。各高校でも、関連図書や資料の展示のほか、それぞれの仕方で行事が取り組まれた

(全文を表示…)

2014年6月17日(火) 08:55 [行雲流水]

「万国之津梁」(行雲流水)

 沖縄の歴史を語るとき、「万国津梁(しんりょう)」という言葉が好んで使われる。「世界の架け橋」という意味で、海外に雄飛する沖縄の象徴としてよく引用される。2000年、先進国の首脳が世界の諸問題を協議した「九州・沖縄サミット」の会場は名護市部瀬名にある「万国津梁館」であった。沖縄平和賞の授賞式もここで行われる。知事室には「万国津梁の鐘」の銘文を書き写した書が掲げられている

(全文を表示…)

2014年6月14日(土) 08:55 [行雲流水]

「中国の尖閣意識」(行雲流水)

 世界経済フォーラム、スイスのジュネーブに本部を置き活動の理念は「世界の現状改善に取り組む」ことである、とされている。スイスの経済学者クラウス・シュワブの設立した任意団体であるが、巨大な組織と影響力は計り知れない

(全文を表示…)

2014年6月12日(木) 08:55 [行雲流水]

「知識と経験」(行雲流水)

 以前、台風15号が強い勢力を保ったまま沖縄、九州、中国地方を縦断したことがあった。沖縄の停電は1日だけだったが、九州・中国地方では全面復旧に1カ月かかった

(全文を表示…)

2014年6月10日(火) 08:55 [行雲流水]

「ふるさと」(行雲流水)

 長田弘に詩集『人生の特別な一瞬』がある。詩人の鋭い感性は、日常のごくありふれた、なにげない光景にも、特別な一瞬、秘められた真実をみる

(全文を表示…)

2014年6月7日(土) 08:55 [行雲流水]

「W杯サッカー」(行雲流水)

 サッカー日本代表の歴史といわれる「ドーハの悲劇」「ジョホールバルの歓喜」「マイアミの奇跡」。当時を知る人たちには鮮明な記憶として刻まれているはずだ。そのサッカー大会の最高峰「ワールドカップ(W杯)」がいよいよ12日からブラジルで開幕する。日本は5大会連続5回目の出場。これまでの最高成績は2002年と10年のベスト16だ。今回はそれを上回る成績を目指すことから、いやが上にも期待が高まる

(全文を表示…)

2014年6月3日(火) 08:55 [行雲流水]

「教えること、学ぶこと」(行雲流水)

 「教えるとは希望を語ること、学ぶとは誠実を胸に刻むこと」。この言葉は現代フランス最大の詩人と言われるルイ・アラゴンの詩の中に出てくる言葉である

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成29年7月1日現在

    宮古島市 54,040 人
    26,974 人
    27,066人
    世帯数 26,197軒
    多良間村 1,185 人
    639 人
    546 人
    世帯数 528 軒
  • 天気


  •  

    2014年6月
    « 5月   7月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2