「産業・経済」 2014年8月のニュース一覧

2014年8月30日(土) 09:00 [産業・経済]

コーラル株 無償譲渡へ

市の持ち株を沖縄製粉に/民間活力で再生図る


コーラル・ベジタブル社=下地字川満

コーラル・ベジタブル社=下地字川満

 宮古島市はこのほど、アロエベラを中心に加工販売する第3セクター「コーラル・ベジタブル」(社長・下地敏彦市長、下地字川満)の全ての持ち株を沖縄製粉(竹内一郎社長、那覇市)に無料で譲り渡すことを決めた。9月3日開会の市議会9月定例会に「財産の無償譲渡」についての議決を求める議案を提出する。赤字額が累積していることから、民間活力を生かした会社経営に移し再生を図りたい考えだ。

(全文を表示…)

2014年8月29日(金) 09:00 [産業・経済]

子牛頭数 減少の一途/肉用牛競り

素牛生産力に課題/背景に農家の高齢化


 JAおきなわ宮古家畜市場の肉用牛競りに上場される子牛(素牛)頭数の減少に歯止めがかからない。2014年1月の初競りから8月競りまでの上場頭数を前年の実績と比較すると227頭も減少。子牛1頭平均価格が50万円台に達する現行の相場からはじく影響額は1億1400万円にも及んでいる。13年は年間販売高30億円を達成して勢いに乗る宮古地区の肉用牛産業だが、素牛生産力の面で課題が見え始めた。

(全文を表示…)

2014年8月29日(金) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

津山市観光と物産展/宮古島市の姉妹都市

きょうからサンエーで


DVDのPRをする、みーや(左)と津山市観光キャラクターのかっぱのごんちゃん(右)=28日、市役所平良第2庁舎

DVDのPRをする、みーや(左)と津山市観光キャラクターのかっぱのごんちゃん(右)=28日、市役所平良第2庁舎

 宮古島市の姉妹都市、津山市の「観光と物産展」がきょう29日から31日までの3日間、サンエーショッピングタウン宮古衣料館前で開催される。初日29日は午後3時からの開催で、午後8時まで同市の物産等の展示即売会を催す。

(全文を表示…)

2014年8月28日(木) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

「せつ丸」が初入港/平良港

那覇-高雄に航路新設/南西海運の新造貨物船


多くの人たちが「せつ丸」を見学した=27日、平良港

多くの人たちが「せつ丸」を見学した=27日、平良港

 南西海運の新造貨物船「せつ丸」(3409㌧)が27日朝、平良港に初入港した。多くの関係者が出席し、新造船の就航を祝うとともに航海安全を祈願した。航路は新たに台湾・高雄を加えた那覇-宮古-石垣-基隆(台湾)-廈門(アモイ・中国)-高雄(台湾)にそれぞれ就航する。全長107・2㍍、全幅15・8㍍で乗組員数は船長以下10人。同日は一般公開も行われ、親子連れなどが普段はなかなか見られない船内を興味深そうに見て回った。

(全文を表示…)

2014年8月28日(木) 09:00 [産業・経済]

14年産葉タバコ 販売額23億4400万円/買い入れ終了

平均キロ単価2089円の高値/品質向上し収量補う


平均キロ単価は2089円の高値が付いた今期産葉タバコの鑑定=27日、日本たばこ産業宮古葉たばこ取扱所

平均キロ単価は2089円の高値が付いた今期産葉タバコの鑑定=27日、日本たばこ産業宮古葉たばこ取扱所

 宮古地区(宮古島市と多良間村)の2014年産葉タバコの買い入れが27日午前、終了した。総販売額は23億4400万円で前期に比べて約2000万円減少した。平均キロ単価は2089円の高値が付いた。反収(10㌃当たりの収量)は192㌔、同代金は40万682円だった。今期産葉タバコは前期同様、収量は目標値に届かなかったが品質面で補う実績となった。

(全文を表示…)

2014年8月27日(水) 09:00 [産業・経済]

新観光ビジネス検討

伊良部大橋開通向け/新規事業開発検委


今後の取り組みなどを確認した委員会=26日、市役所伊良部庁舎

今後の取り組みなどを確認した委員会=26日、市役所伊良部庁舎

 来年1月完成予定の「伊良部大橋開通に伴う域外流入人口の増加を地域経済の活性化につなげる調査検討事業」をテーマに伊良部商工会(大浦貞治会長)は26日、市役所伊良部庁舎で第一回地域内資金循環等新事業開発検討事業推進委員会を開いた。役員選任で委員長に大浦会長を選出した。

(全文を表示…)

2014年8月27日(水) 09:00 [産業・経済]

チャーター便就航へ/FDA

年末年始 名古屋・静岡・宮古


年末年始の直行チャーター便の運航を発表するFDAの青山修一部長(左から2人目)と長浜政治副市長(右から2人目)ら=26日、県庁

年末年始の直行チャーター便の運航を発表するFDAの青山修一部長(左から2人目)と長浜政治副市長(右から2人目)ら=26日、県庁

 【那覇支社】地域航空会社のフジドリームエアラインズ(FDA、須川恒次社長)は26日、名古屋・静岡ー宮古島間に直行チャーター便を12月27日から来年1月5日の年末年始に再度運航すると発表した。

(全文を表示…)

2014年8月19日(火) 09:00 [イベント, 産業・経済]

マグロの解体に歓声

海の恵みを再認識/「パヤオの日まつり」にぎわう
大物キハダマグロ35㌔の解体ショーは訪れた人たちの目を釘付けにした=17日、伊良部漁協

大物キハダマグロ35㌔の解体ショーは訪れた人たちの目を釘付けにした=17日、伊良部漁協

 「第8回パヤオの日(8月8日)まつり」(主催・宮古地区パヤオ管理運営委員会、共催・伊良部漁協、宮古島漁協、池間漁協)が17日、伊良部漁協の特設会場を中心に行われた。夏休み期間中ということもあり。親子連れや観光客らが多数参加し、マグロの解体ショーやカツオの一本釣り体験など趣向を凝らしたイベントを楽しんだ。また、大物カツオが1匹1000円で販売され、約2㌧のカツオが1時間程度で完売となった。そのほか、式典も行われ、関係者らがパヤオに感謝しながらこれからの豊漁を祈願した。

(全文を表示…)

2014年8月17日(日) 09:00 [産業・経済]

1億2800万円の黒字/JA宮古 13年度決算

購買、販売など好調推移/組合員招き感謝の集い


JAおきなわ宮古地区の事業報告を受ける組合員ら=16日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

JAおきなわ宮古地区の事業報告を受ける組合員ら=16日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

 JAおきなわ(砂川博紀理事長)は16日午後、宮古地区各支店合同の事業報告会と感謝の集いを地区本部で開いた。平良、城辺、上野、下地、伊良部、多良間と営農センターの損益を合計した宮古地区の2013年度決算では、前年度比5000万円増の1億2800万円の当期剰余金を計上した。信用、購買、販売などの主要5部門で黒字を出す事業運営だった。

(全文を表示…)

2014年8月15日(金) 09:00 [産業・経済]

出荷協にJA理事長賞/あたらす市場生産者大会

年間売上目標達成で


砂川理事長(手前左)から金一封を受け取る仲宗根会長(同右)=14日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

砂川理事長(手前左)から金一封を受け取る仲宗根会長(同右)=14日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 第9回JAファーマーズマーケットみやこあたらす市場生産者大会(主催・あたらす市場出荷協議会)が14日、JAおきなわ宮古地区本部大ホールで開かれた。2013年度の実績報告や14年度の事業計画などが説明されたほか、販売金額が高かった生産者4人を表彰。年間売上が目標を上回ったことから、JAおきなわの砂川博紀理事長から同協議会に理事長賞が贈られた。

(全文を表示…)

2014年8月15日(金) 09:00 [産業・経済]

来年、宮古で県畜産共進会/宮古地区農業振興会総会

市長「宮古牛ブランド化」に意欲


新年度予算などを承認した宮古地区農業振興会=14日、JA宮古地区機械化営農センター

新年度予算などを承認した宮古地区農業振興会=14日、JA宮古地区機械化営農センター

 宮古地区農業振興会(会長・下地敏彦市長)の総会が14日、JA宮古地区機械化営農センターで開かれた。下地市長をはじめJAおきなわ宮古地区本部、宮古製糖、沖縄製糖の関係者らが参加し、2013年度収支決算など4議案を承認した。13年度畜産関係は全国的に素牛不足で子牛価格が高値で推移し、販売頭数は前年より232頭減の7064頭だが、販売金額は前年と比べ4億7000万円増の31億9000万円の実績を上げた。

(全文を表示…)

2014年8月14日(木) 09:00 [産業・経済]

キビの夏植え始まる/機械化や手作業で

天候に恵まれキビの苗の植え付けが始まっている=13日、市内の西辺地区

天候に恵まれキビの苗の植え付けが始まっている=13日、市内の西辺地区

 宮古島の各地でサトウキビの夏植え作業が始まっている。各生産農家は、1年半後の収穫に向け、1本1本に豊作の願いを込めて植え付けている。

(全文を表示…)

2014年8月13日(水) 09:00 [産業・経済]

売上高、過去最高の5億円/JAあたらす市場

前年比54・1%増
野菜販売が1億7400万円/店舗新築移転が奏功


売上高が過去最高の5億円に達したあたらす市場=平良西里

売上高が過去最高の5億円に達したあたらす市場=平良西里

 JAおきなわが運営するファーマーズマーケットみやこ「あたらす市場」の2013年度事業実績がまとまった。売上高は過去最高の5億980万円で前年に比べて54・1%伸びた。年間の来客者は32万3866人で1日当たりの平均来客者は900人だった。JAは店舗の新築移転に伴う立地条件の向上によって売り上げ、客足ともに急伸したと分析、引き続き「地産地消」を推進して農家所得の向上につなげる方針だ。

(全文を表示…)

2014年8月13日(水) 09:00 [産業・経済]

資材店舗を移転建設/JA平良支店

規模は現施設の3・5倍
旧あたらす市場跡地に/農薬や肥料の使い方指導も


JA平良支店の購買店舗が建設される宮古地区本部東側=平良西里

JA平良支店の購買店舗が建設される宮古地区本部東側=平良西里

 JAおきなわ平良支店の購買(資材)店舗が、宮古地区本部の東側に建設されることが決まった。同支店の金融店舗に隣接する県道マクラム通り線の拡幅事業に伴い、購買店舗部分を新築移転して拡充を図る。新しい施設は現施設の3・5倍の規模になる。今年度中に着工する予定だ。

(全文を表示…)

2014年8月12日(火) 09:00 [産業・経済]

カツオ、マグロ大漁続き/一本釣り漁船

佐良浜漁港に活気


マグロ・カツオは氷詰めのコンテナで鮮度保持される=11日、佐良浜漁港

マグロ・カツオは氷詰めのコンテナで鮮度保持される=11日、佐良浜漁港

 今月に入り、伊良部漁協(漢那一浩組合長)所属のカツオ一本釣り漁船3隻の大漁が続いている。11日までにカツオ・マグロを計約70㌧水揚げし、船主や乗組員らは大喜びだ。

(全文を表示…)

2014年8月10日(日) 09:00 [産業・経済]

2年連続の2億円超/伊良部漁協

2013年度鮮魚取扱実績


パヤオからのカツオ・マグロを水揚げする漁師ら=佐良浜漁港(資料写真)

パヤオからのカツオ・マグロを水揚げする漁師ら=佐良浜漁港(資料写真)

 伊良部漁協(漢那一浩組合長)はこのほど、2013年度鮮魚類取扱実績をまとめた。それによると、カツオやキハダマグロなどの取扱総量が879㌧、取扱総額2億1154万円。総額は2年連続2億1000万円を超えた。

(全文を表示…)

2014年8月9日(土) 09:00 [産業・経済]

今期産マンゴー 32.6%増の126トン/5割以上加工用へ

JA取扱量 品質管理に課題も


見込み量を上回るマンゴーが搬入されているJAおきなわ農産物集出荷施設=(資料写真)

見込み量を上回るマンゴーが搬入されているJAおきなわ農産物集出荷施設=(資料写真)

 JAおきなわの宮古島産マンゴー取扱量が7日現在126㌧に達し、見込み量を大きく上回っている。この段階で前期比32・6%増の実績だ。ただ、搬入されるマンゴーの5割以上が規格外の加工品用として処理されており、品質の面で課題を残す。JA宮古地区営農センター農産部では「今年は特に病害虫被害のマンゴーが多い」と指摘し、品質管理の徹底を促している。

(全文を表示…)

2014年8月8日(金) 09:00 [産業・経済]

家畜共済加入率74%/農業共済事業推進協

13年度事業報告など承認


参加者らを激励する砂川会長=7日、JAおきなわ宮古地区機械化営農センター

参加者らを激励する砂川会長=7日、JAおきなわ宮古地区機械化営農センター

 宮古地区農業共済事業推進協議会(会長・砂川栄市県農業共済組合理事)が7日、JAおきなわ宮古地区機械化営農センターで開かれた。参加者らは、家畜共済事業、畑作物共済事業、園芸施設共済事業が盛り込まれている2013年度事業報告および14年度事業推進計画・実施方策を承認した。

(全文を表示…)

2014年8月7日(木) 09:00 [産業・経済]

イネヨトウ根絶へ/キビ糖業振興会

来年春本島で一斉防除


来年の一斉防除を確認した原料員の関係者ら=6日、JAおきなわ宮古地区本部

来年の一斉防除を確認した原料員の関係者ら=6日、JAおきなわ宮古地区本部

 サトウキビの害虫イネヨトウを根絶しようと、宮古地区さとうきび糖業振興会(会長・下地敏彦市長)は6日、JAおきなわ宮古地区本部2階大ホールで宮古島イネヨトウ防除原料員説明会を開いた。沖縄製糖や宮古製糖のキビ原料員など約80人が参加。宮古本島で来年2~3月ごろに初めて実施される一斉防除に向けての取り組みを確認した。防除対象面積や防除費用については、今後県・国と調整した上で決定する方針。

(全文を表示…)

2014年8月6日(水) 09:00 [産業・経済]

県畜産共進会 来年は宮古開催

36年ぶり、地元要請実る/宮古牛の全県アピールへ


県畜産共進会の宮古島市開催が決まった=(写真は先月25日に開かれた市畜産共進会の様子)

県畜産共進会の宮古島市開催が決まった=(写真は先月25日に開かれた市畜産共進会の様子)

 県内で生産された肉用牛の改良技術を競う県畜産共進会の種畜部門肉用牛審査が2015年の11月に宮古島市で開催されることが決まった。同市での開催は1979年以来36年ぶり。市や畜産関係団体による要請が実った。宮古和牛改良組合の砂川栄市組合長は「宮古の牛を全県にPRできる絶好の機会だ」と歓迎、共進会開催に伴う一層の肉用牛振興に期待を込めた。

(全文を表示…)

2014年8月5日(火) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

「農家が誇り持てる形で」/TPP交渉

キビ生産実情を再確認/江藤農水副大臣が来島


江藤農水副相(右)が来島し、製糖工場やキビ農家などを視察し、サトウキビの生産実態などのヒアリングを行った=4日、沖縄製糖

江藤農水副相(右)が来島し、製糖工場やキビ農家などを視察し、サトウキビの生産実態などのヒアリングを行った=4日、沖縄製糖

 江藤拓農林水産副大臣が来島し、4日は宮古のサトウキビ農家などの実情把握と現在交渉が進められている環太平洋連携協定(TPP)での「砂糖」の重要品目の扱いについて、宮古での視察とヒアリングなどを行った。

(全文を表示…)

2014年8月3日(日) 09:00 [産業・経済]

プレオープンで「サンブンノイチ」上映/パニパニシネマ

品川監督が舞台あいさつ


下地社長(左)から贈られた記念品を手に撮影に応じる品川監督=2日、よしもと南の島パニパニシネマ

下地社長(左)から贈られた記念品を手に撮影に応じる品川監督=2日、よしもと南の島パニパニシネマ

 よしもと南の島パニパニシネマ(旧シネマパニック宮古島)のプレオープン上映会が2日、同館で行われた。同館はデジタルプロジェクターを導入。沖縄国際映画祭に取り組む「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」からネーミングライツ(命名権)支援協賛を受け、新たな映画館として生まれ変わった。

(全文を表示…)

2014年8月3日(日) 09:00 [産業・経済]

超音波で繁殖管理/肉用牛

妊娠の有無も測定


種付けの時期など超音波を使って調べるデモンストレーションが行われた=2日、平良西原のダイワ牧場

種付けの時期など超音波を使って調べるデモンストレーションが行われた=2日、平良西原のダイワ牧場

 超音波で肉用牛の種付けの時期や妊娠の有無を測定する機器のデモンストレーションが2日、平良のダイワ牧場で行われた。宮古獣医科医院代表で獣医師の内田直也さんが同機器を使って測定し、精度の高い情報を紹介した。内田さんは「生産管理をコントロールするという点で生産農家の役に立ちたい」と話した。

(全文を表示…)

2014年8月1日(金) 09:00 [産業・経済]

最上級宮古牛に舌鼓/食べる集い

70人がブランド化決意


笑顔で宮古牛を食べる砂川代表理事理事長(左)ら=7月30日、JAおきなわ宮古地区本部

笑顔で宮古牛を食べる砂川代表理事理事長(左)ら=7月30日、JAおきなわ宮古地区本部

 JAおきなわ宮古地区本部が主催する「おいしい宮古牛を食べる集い」が7月30日午後、同本部のホールで開かれた。関係団体の代表ら約70人が最上級の宮古牛の美味に舌鼓を打ち、ブランドの確立に向けて決意を新たにした。

(全文を表示…)

2014年8月1日(金) 09:00 [産業・経済]

2棟目の完成祝う/ピースアイランド

10階建て98室、大浴場も


オープンしたホテルピースアイランド宮古島市役所通り

オープンしたホテルピースアイランド宮古島市役所通り

 ホテルピースアイランド宮古島市役所通りが市役所平良庁舎隣に完成。31日にオープニングセレモニーが開かれ、多くの関係者が参加し宮古島では2棟目となる同ホテルの完成を祝った。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2014年8月
    « 7月   9月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2