「産業・経済」 2014年9月のニュース一覧

2014年9月26日(金) 09:00 [産業・経済]

摘果で酵素ジュース/オルタナティブファーム宮古

マンゴーの付加価値PR


「ベビーマンゴーエッセンス」をPRする松本社長(前列左)と下地市長(同右)ら=25日、市役所平良庁舎

「ベビーマンゴーエッセンス」をPRする松本社長(前列左)と下地市長(同右)ら=25日、市役所平良庁舎

 農業生産法人オルタナティブファーム宮古(松本克也社長)がこのほど、宮古島産の未完熟マンゴー(摘果)を使った酵素ジュース「ベビーマンゴーエッセンス」の販売を開始した。海外を含めてすでに6000本を販売、各地で好評を博しているという。25日にジュースを試飲した下地敏彦市長は、マンゴーの高付加価値と可能性に期待を込めた。

(全文を表示…)

2014年9月25日(木) 09:00 [産業・経済]

肉用牛販売額 15億6800万円/14年度上半期実績

子牛平均は49万9900円/課題は上場頭数の減少


 JAおきなわ宮古地区畜産振興センターは24日までに、宮古、多良間両家畜市場の2014年度上半期(4~9月)に開かれた肉用牛競りの実績をまとめた。子牛1頭平均価格は前年度比4万4819円高の49万9983円、平均キロ単価は同比199円高の2014円といずれも高い値で推移している。成牛を含む全体の販売額は15億6800万円だった。高値取引が続く両市場だが、子牛上場頭数の減少が大きな課題として浮上している。

(全文を表示…)

2014年9月20日(土) 09:00 [産業・経済]

子牛平均は51万6754円/9月期肉用牛競り 

キロ単価2048円の高値


競り結果(宮古家畜)

競り結果(宮古家畜)

 JAおきなわ宮古家畜市場の2014年9月期肉用牛競りが19日開かれ、子牛の1頭平均価格は前月比1万3069円高の51万6754円の高値取引が成立した。平均キロ単価も2048円(同比67円高)と高い値が付いた。成牛を含む今月競りの売り上げは1億8383万円だった。

(全文を表示…)

2014年9月20日(土) 09:00 [産業・経済]

純利益1億419万円の黒字/宮古製糖

定時株主総会開く


宮古製糖は第55期定時株主総会を開き、全議案ともに全会一致で承認された=19日、JAおきなわ宮古地区本部

宮古製糖は第55期定時株主総会を開き、全議案ともに全会一致で承認された=19日、JAおきなわ宮古地区本部

 宮古製糖(安村勇社長)の第55期定時株主総会が19日、JAおきなわ宮古地区本部大ホールで開かれた。事業報告などを行い計算書類など4議案を全会一致で承認した。

(全文を表示…)

2014年9月19日(金) 09:00 [産業・経済]

市商業地、21年連続下落/14年地価調査結果

県平均は「上昇」に
最高基準値平良字西里 1平方㍍8万4000円


 【那覇支社】県企画部(謝花喜一郎部長)は18日、2014年県地価調査の結果(7月1日時点)を発表した。宮古島市の地価は昨年に引き続き宅地、商業地ともに下落または横ばいで、平均では21年連続して下落した。商業地は県内市町村で下落率2位となり、市内最高値の地価は前年からさらに1・2%下げた。市内商業地の最高額は平良字西里根間246番のサーティーワンアイスクリーム(筑登之屋)で、1平方㍍当たり8万4000円。93年のピーク時1平方㍍当たり28万円を境に連続して下落している。一方、県平均は21年ぶりに「上昇」に転じた。

(全文を表示…)

2014年9月18日(木) 09:00 [産業・経済]

民泊体験など実施/伊良部

海人ツーリズム予行演習


参加者らに西伊豆町の取り組みを説明する鈴木さん(右)=17日、伊良部漁協

参加者らに西伊豆町の取り組みを説明する鈴木さん(右)=17日、伊良部漁協

 伊良部島海の暮らしツーリズム共同事業体(伊良部漁協、宮古島観光協会)の「伊良部島・海人(インシャ)修行ツーリズム」予行演習が17日、3日間の日程で佐良浜で幕開けした。旅行型ツーリズムを提案し、来年1月31日の伊良部大橋開通以降の次年度より民泊事業と連動した本格的な六次産業(経営の多角化)体験のツーリズムを展開する。

(全文を表示…)

2014年9月6日(土) 09:00 [産業・経済]

経済効果3億8600万円/今年のロックフェス

来場者数ともに過去最高/りゅうぎん総合研究所試算
来年の開催は検討中


来場者数6469人、経済効果3億8600万円といずれも過去最高を更新した今年のミヤコ・アイランド・ロック・フェスティバル=6月21日、平良港トゥリバー地区

来場者数6469人、経済効果3億8600万円といずれも過去最高を更新した今年のミヤコ・アイランド・ロック・フェスティバル=6月21日、平良港トゥリバー地区

 ミヤコ・アイランド・ロック・フェスティバル実行委員会(野津芳仁委員長)は5日、市内ホテルで会見を開き、今年のイベント来場者数は6469人、りゅうぎん総合研究所が試算した経済効果は3億8600万円といずれも過去最高を更新したと発表した。来年の開催については「検討中」とした上で、継続開催に向け行政などにさらなる支援、協力を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2014年9月4日(木) 09:00 [産業・経済]

キビ生産量 31万5000㌧見込む/14-15年期

気象条件に恵まれ豊作/35万㌧超えの可能性も


地区全体で31万5000㌧の豊作が見込まれている14-15年期サトウキビ=3日、下地川満

地区全体で31万5000㌧の豊作が見込まれている14-15年期サトウキビ=3日、下地川満

 宮古島市と製糖各社は3日までに、宮古地区の第1回2014-15年期生産見込み量をまとめた。7月段階の調査で、宮古島市、多良間村を合わせた生産量は31万5000㌧が見込まれている。気象条件に恵まれていることが要因で、今後さらに収量は増える見通しだ。製糖工場では「今後の気象条件にもよるが、35万㌧に達する可能性は十分にある」と強調。今期のサトウキビは、豊作に向けて順調に生育している。

(全文を表示…)

2014年9月1日(月) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

市13年度一般会計決算 実質収支21億円の黒字

「財調基金」53億円/交付税削減へ歳出縮減課題
市債残高389億円


 宮古島市の2013年度一般会計の歳入決算額は396億6400万円、歳出決算額は373億7200万円で、歳入、歳出差引残額(22億9100万円)から翌年度に繰り越す財源(1億2100万円)を差し引いた実質収支額は21億7000万円の黒字となった。特別会計は各会計で黒字決算となり、一般・特別会計を合わせた実質収支額は21億9300万円を計上した。市の貯金に当たる財政調整積立基金は53億9100万円。借金に当たる市債残高は389億2400万円となった。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2014年9月
    « 8月   10月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2