2014年10月31日のニュース一覧

2014年10月31日(金) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化, 社会・全般]

和太鼓の鼓動響かす/迫力の演舞で観客魅了

「鼓童」宮古公演


迫力の太鼓の演舞で観客を魅了した鼓童の宮古公演=29日、マティダ市民劇場

迫力の太鼓の演舞で観客を魅了した鼓童の宮古公演=29日、マティダ市民劇場

 新潟県佐渡島を拠点に国内外で活動を行っている太鼓芸術集団「鼓童」の交流公演(主催・同公演実行委員会)が29日、マティダ市民劇場で開催された。会場には多くの観客が訪れ、鼓童のメンバー7人の力強い和太鼓の演舞に魅了された。
 「鼓童」は12年前にも宮古島で公演を行ったことがあり、今回は、市民からの強い要望を受けた市文化協会が「鼓童」に働きかけて実現した。



 交流公演とは、太鼓の魅力や太鼓を打つ楽しさを知ってもらうことなどを目的に開催。9月23日にスタートした今回の交流公演は宮古公演が千秋楽となった。
 今回は「鼓童」に在籍する約30人のメンバーから選ばれた7人が和太鼓を含め、演奏する楽器の紹介をしながら太鼓と和楽器の音色を会場に響かせた。


 詰め掛けた観客は、会場全体に響き渡る和太鼓の音を体に感じながらそれぞれの演奏に聴き入っていた。
 「鼓童」は、和太鼓を中心に和楽器、唄、踊りなど伝統芸能の新しい境地を切り開く活動を展開している。
 常にパイオニアとして太鼓界をリードし、1981年からスタートした「ひとつの地球」をテーマにした世界ツアーは現在までに46カ国で3700回行われた。


 また、2012年からは歌舞伎俳優の坂東玉三郎氏を芸術監督に招いて創作活動を行っている。

2014年10月31日(金) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化, 社会・全般]

へき地の特性生かそう/県教育研究大会

5年ぶりの宮古大会開幕


県内各地から教育関係者らが参加し開幕したへき地教育研究大会宮古大会=30日、市中央公民館

県内各地から教育関係者らが参加し開幕したへき地教育研究大会宮古大会=30日、市中央公民館

 「育てよう結いの心 高めよう確かな学び へき地の子供たちの夢・実現に向けて」を大会スローガンに第47回県へき地教育研究大会宮古大会が30日、2日間の日程で開幕した。初日は開会行事の全体会が市中央公民館で行われた。宮古を含む県内各地から教育関係者らが参加し、へき地教育のさらなる振興発展に向け、意見を交換し合った。また、全体会後には七つの小中学校で公開授業も行われた。きょう31日は課題別分散会などが行われる。

(全文を表示…)

2014年10月31日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

最高齢の砂川さん表彰

城辺社協デイサービス敬老会


饒平名副会長(右)から最高齢表彰を受ける砂川さん=30日、城辺社会福祉センター

饒平名副会長(右)から最高齢表彰を受ける砂川さん=30日、城辺社会福祉センター


 市社会福祉協議会城辺支所(下地信広支所長)のデイサービス「城辺生きいき教室」と「通所介護ぐすくべ」を利用する高齢者約130人を対象とした敬老会が30日、城辺社会福祉センターで開かれた。さまざまな余興で利用者の長寿を祝ったほか、最高齢の砂川マツカマさんを表彰した。


 会の冒頭、下地支所長は「敬老会を迎えることができただけで人生の勝利者。ますます長生きして、後輩を指導してほしい」と呼び掛けた。市社会福祉協議会の饒平名建次副会長は「城辺は長寿の町。みんな元気で素晴らしい顔をしている。これからも元気に活動してほしい」とあいさつした。


 数え年で106歳を迎えた砂川さんは、饒平名副会長から賞状を受け取ると、「皆さんのおかげで表彰されることができた。うれしいいです」と感想を語った。


 そのほか、砂川幼稚園と西城幼稚園の園児がかわいい踊りを披露したほか、職員らがさまざまな余興を行い、会を盛り上げた。

2014年10月31日(金) 09:00 [政治・行政]

下地、喜納、翁長、仲井真氏が立候補

知事選告示、選挙戦突入


 任期満了に伴う第12回県知事選挙は30日、告示され17日間の選挙戦に突入した。投開票は11月16日。立候補したのは届け出順に、元防災・郵政民営化担当相の下地幹郎氏(53)=新・無=、元参院議員の喜納昌吉氏(66)=新・無=、前那覇市長の翁長雄志氏(64)=新・無・社民、共産、生活、社大支持=、現職で3期目を目指す仲井真弘多氏(75)=現2・無・自民推薦=の4氏。

(全文を表示…)

2014年10月31日(金) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

最優秀賞に申、赤嶺さん

県商業高校英語スピーチコン


最優秀賞に輝いた申さん(手前右)と赤嶺さん(同左)と入賞者の皆さん=30日、マティダ市民劇場

最優秀賞に輝いた申さん(手前右)と赤嶺さん(同左)と入賞者の皆さん=30日、マティダ市民劇場


 初めての宮古島開催となる「第31回県商業高校英語スピーチコンテスト」(主催・県商業教育研究会)が30日、マティダ市民劇場で開催された。県内の高校で商業を学ぶ生徒たちが日ごろの英語学習の成果を披露し、「レシテーションの部」の最優秀賞には浦添商業の申瞭さん、「スピーチの部」では具志川商業の赤嶺なのこさんがそれぞれ選ばれた。2人は来年1月に東京で開催される全国大会に派遣されることも決定した。

(全文を表示…)

2014年10月31日(金) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

伊良部大橋活用がカギ

宮古経済界 懇談会で意見交換


宮古の経済振興について意見を交わしたワイドー懇談会=30日、市内ホテル

宮古の経済振興について意見を交わしたワイドー懇談会=30日、市内ホテル


 沖縄振興開発金融公庫と宮古の経済界の代表らが意見交換する宮古経済ワイドー懇談会が30日、市内ホテルで開かれた。出席者の多くが伊良部大橋開通後の観光振興にスポットを当てて意見を述べた。沖縄公庫の譜久山當則理事長は「伊良部島に観光客を足止めする施設、サービス、商品が必要になる」と述べ、大橋開通効果に伴う一層の経済振興に期待を寄せた。

(全文を表示…)

2014年10月31日(金) 08:55 [はばたけあすの顔]

遊びの天才たち/西城幼稚園(4、5歳児)

男子11人、女子8人


西城幼稚園(4、5歳児)

西城幼稚園(4、5歳児)

 「(ブロックで)階段を作ったよ」「ぼくのものは機械だ」(男の子たち)。西城幼稚園(小谷優園長)の園児は遊びの天才たちだ。大きな積み木で「隠れ家」を作ったりもしている。女の子たちは「ままごと遊び」に夢中。担任の下地典子先生は「想像力がとても豊か。釣ってきた魚を使った料理は面白い」とほほえんだ。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年9月1日現在

    宮古島市 54,764 人
    27,606 人
    27,158 人
    世帯数 27,737 軒
    多良間村 1,131 人
    604 人
    527 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2014年10月
    « 9月   11月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2