「環境・エコ」 2014年11月のニュース一覧

2014年11月23日(日) 09:00 [環境・エコ]

下地中を環境緑化表彰/豊見城市で育樹祭開催

育樹祭で表彰された久高校長(右端)と伊良皆会長(中央)、県緑化推進委員会長の喜納県議会議長(左端)=22日、豊崎海浜公園

育樹祭で表彰された久高校長(右端)と伊良皆会長(中央)、県緑化推進委員会長の喜納県議会議長(左端)=22日、豊崎海浜公園

 【那覇支社】「未来へと 豊かな緑が 響(とよ)むまち」を大会テーマにした2014年度緑の育樹祭(主催・県緑化推進委員会、豊見城市)が22日、豊見城市の豊崎海浜公園で行われ、緑の少年団や国、県、市町村農林関係者、企業・団体など約700人が参加した。

(全文を表示…)

2014年11月21日(金) 09:00 [環境・エコ]

下地中が準特選/14年度緑化コン学校環境緑化の部

「台湾の森」造成など評価


「学校環境緑化の部」で準特選に選ばれた下地中学校の校庭と生徒ら=17日、下地中学校(写真提供・下地中)

「学校環境緑化の部」で準特選に選ばれた下地中学校の校庭と生徒ら=17日、下地中学校(写真提供・下地中)

 沖縄県緑化推進委員会主催の2014年度緑化コンクールの「学校環境緑化の部」で下地中学校(久高三彦校長)が準特選に選ばれた。表彰式は22日に豊見城市の豊崎海浜公園で行われる全島緑化県民運動の中で行われる。

(全文を表示…)

2014年11月7日(金) 09:00 [環境・エコ]

いまだ干上がったまま/大野山林の池

改善要請から9カ月/野鳥の会「早期の着工を」


昨年夏以降、水が枯渇した状況になっている人工貯水池の一つ竜の池。緊急対策として古い浴槽を設置し職員が水を補給して野鳥の水飲み場を確保している=6日、大野山林内

昨年夏以降、水が枯渇した状況になっている人工貯水池の一つ竜の池。緊急対策として古い浴槽を設置し職員が水を補給して野鳥の水飲み場を確保している=6日、大野山林内

 平良の大野山林内で野鳥の水飲み場の目的で整備された3カ所の人工貯水池が昨夏の長期干ばつなどの影響で干上がっているとして、宮古野鳥の会(仲地邦博会長)など5団体が、今年1月に下地敏彦市長に改善を要請した。しかし、9カ月経った現在でもそのままの状況となっており、要請した団体からは「早期に対策を図らなければ、再生は不可能になる」と危機感を募らせている。市は、現場の状況などから改修工事には莫大な予算が掛かると見て、「精査が必要」としている。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成31年3月1日現在

    宮古島市 54,225 人
    27,176 人
    27,049 人
    世帯数 26,929 軒
    多良間村 1,169 人
    628 人
    541 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2014年11月
    « 10月   12月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2