「産業・経済」 2015年1月のニュース一覧

2015年1月30日(金) 09:00 [産業・経済]

スカイマーク3月末撤退/宮古空港発着

来月から1往復減便/入域観光客数にも影響


スカイマークのチェックインカウンター前には民事再生手続開始申し立てに関するお知らせが掲示されている=29日、宮古空港

スカイマークのチェックインカウンター前には民事再生手続開始申し立てに関するお知らせが掲示されている=29日、宮古空港

 民事再生法の適用を申請した国内3位の航空会社スカイマーク(SKY)の有森正和社長は29日、東京都内の本社で記者会見し、3月29日に宮古空港と石垣空港から撤退し、両空港と那覇を結ぶ路線を休止すると発表した。また、現在3往復6便運航している那覇-宮古便は2月から1往復(2便)減らし、2往復4便とする方針も示した。この発表を受け、伊良部大橋開通で入域観光客増にも期待が膨らんでいた宮古の関係者には衝撃が走った。

(全文を表示…)

2015年1月30日(金) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

撤退で驚きと困惑/SKY

運賃値上げに不安の声も


 民事再生法の適用を申請したスカイマーク(SKY)が3月29日に、宮古空港から撤退するとの発表に、宮古の関係者や市民から驚きと困惑の声が聞かれた。

(全文を表示…)

2015年1月29日(木) 09:00 [産業・経済]

静岡で中間養生へ/宮古島産海ぶどう

西光エンジニアリング 販路拡大に期待


海ぶどうの中間養生について説明する岡村社長(奥右)=28日、市役所平良庁舎

海ぶどうの中間養生について説明する岡村社長(奥右)=28日、市役所平良庁舎

 西光エンジニアリング(本社静岡県藤枝市)の岡村邦康社長が28日、市役所平良庁舎に長濱政治副市長を訪ね静岡県水産技術研究所で可能性調査を実施してきた「宮古島産海ぶどうの駿河湾深層水による中間養生」の中間報告を行い、十分に可能であることを報告した。これにより、宮古島産海ぶどうをより新鮮な状態で静岡を含む首都圏でも提供できるほか、販路拡大も期待できるとしている。

(全文を表示…)

2015年1月28日(水) 09:00 [産業・経済]

最低制限価格引き上げを/県建設業協宮古支部

市に95%の設定を要請


下地市長に要請文を手渡す県建設業協宮古支部のメンバー=27日、市役所平良庁舎

下地市長に要請文を手渡す県建設業協宮古支部のメンバー=27日、市役所平良庁舎

 県建設業協会宮古支部(長田幸夫支部長、会員企業67社)は27日、下地敏彦市長に建設工事における最低制限価格を現行の90%から95%に引き上げるよう要請した。下地市長は「検討している。どの程度かは明確にできないが引き上げる」と述べ、要請に応える考えを示した。

(全文を表示…)

2015年1月25日(日) 09:00 [政治・行政, 産業・経済]

冬場の誘客に体験提供/観光プロモ事業「ゆくる」PJ

説明会参加事業者を募集/市観光課・観光協会


会見で事業者に説明会参加を呼び掛ける観光課の川満尚貴氏(左)と観光協会の川満正寛氏=24日、市役所平良第2庁舎

会見で事業者に説明会参加を呼び掛ける観光課の川満尚貴氏(左)と観光協会の川満正寛氏=24日、市役所平良第2庁舎

 市観光課と宮古島観光協会は24日に会見を開き、「ゆくる」プロジェクトと名付けた観光プロモーション事業を2月23日から3月22日に実施することを発表。冬場の観光客誘致を目的に、観光客にさまざまな体験を提供する事業で、体験コンテンツや関連サービスの提供を希望する事業者を対象とする説明会を今月30日に開催することを説明した上で、多数の参加を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2015年1月23日(金) 09:00 [産業・経済]

製糖工場フル稼動/14-15年期操業

昼夜問わず圧搾作業


24時間フル稼動で操業を行っている製糖工場=21日、下地上地の沖縄製糖宮古工場

24時間フル稼動で操業を行っている製糖工場=21日、下地上地の沖縄製糖宮古工場

 サトウキビの2014-15年期製糖操業が順調に進んでいる。天候に恵まれて各工場とも24時間フル稼動で対応、昼夜を問わず圧搾作業を行っている。

(全文を表示…)

2015年1月23日(金) 09:00 [産業・経済]

生産農家が花つり作業/マンゴーの花咲く

15年産マンゴーの花が咲き始めている=22日、市内のマンゴー農園

15年産マンゴーの花が咲き始めている=22日、市内のマンゴー農園

 2015年産マンゴーの花が市内の農園で咲き始めており、生産農家が花つり作業を行っている。開花のピークは2月以降になる。

(全文を表示…)

2015年1月21日(水) 09:00 [産業・経済]

初競り最高71万9000円/多良間

子牛1頭平均51万円


「一番牛」が高値で取引され笑顔の伊良皆村長=19日、JAおきなわ多良間家畜市場

「一番牛」が高値で取引され笑顔の伊良皆村長=19日、JAおきなわ多良間家畜市場

 【多良間】多良間村の2015年肉用牛初競りが19日、JAおきなわ多良間家畜市場で開かれた。伊良皆光夫村長が引き連れて上場した「一番牛」は、湧川和子さん所有の「ともこ号」で、価格は71万9280円(消費税込み)となりこの日の最高値がついた。子牛1頭当たり平均価格は51万7346円で、前年を9万3629円上回る幸先良いスタートとなった。平均キロ単価は2277円で、同比469円高だった。

(全文を表示…)

2015年1月21日(水) 09:00 [産業・経済]

真栄城氏が専務退任/コーラル社

アロエ生産組合 臨時総会で報告


組合の今後の段取りが確認された臨時総会=20日、市役所下地庁舎

組合の今後の段取りが確認された臨時総会=20日、市役所下地庁舎

 宮古島市アロエベラ生産組合(砂川肇組合長)の臨時総会が、20日午後4時から市役所下地庁舎会議室で開かれ、役員改正案などが示されたほか、コーラル・ベジタブル社の真栄城忠之氏の専務退任が報告された。

(全文を表示…)

2015年1月20日(火) 09:00 [産業・経済]

一番牛87万円の最高額/15年初競り

2億8200万円の大商い/JAおきなわ宮古家畜市場
子牛1頭55万円


宮古の市場では最高価格の81万4000円(消費税含まない)で落札された「実男」号。下地市長が手綱を引いていた=19日、宮古家畜市場

宮古の市場では最高価格の81万4000円(消費税含まない)で落札された「実男」号。下地市長が手綱を引いていた=19日、宮古家畜市場

 JAおきなわ宮古家畜市場で19日、2015年初競りが開かれた。子牛1頭当たりの平均価格(消費税込み)は55万3668円で、前年初競りを7万1101円上回る高値で取引された。下地敏彦市長が一番牛の手綱を引いた「実男」号が87万9120円(消費税込み)で競り落とされ、宮古の初セリでは最高額を付けた。前年初競りの最高価格84万1050円(同)と比べ3万8070円高かった。市場はご祝儀相場に沸いた。総売上高は2億8246万円に上った。

(全文を表示…)

2015年1月20日(火) 09:00 [産業・経済]

鏡開きで景気づけ/宮古家畜市場、子牛初競り

鏡開きで今年1年の活況に期待を込めた=19日、宮古家畜市場

鏡開きで今年1年の活況に期待を込めた=19日、宮古家畜市場

 JAおきなわ宮古家畜市場で19日、2015年初競り式典が行われた。国会議員、JA、県、宮古島市などの関係者や生産農家らが参加。鏡開きでは、今年1年の活況に期待を込めて景気づけした。

(全文を表示…)

2015年1月18日(日) 09:00 [産業・経済]

平均糖度は14・34度/沖糖宮古が操業1カ月

原料の5割基準超え


高品質取引が続く沖縄製糖宮古工場の原料=17日、下地上地

高品質取引が続く沖縄製糖宮古工場の原料=17日、下地上地

 沖縄製糖宮古工場の2014-15年期サトウキビ製糖操業が週明けに操業1カ月を迎える。17日現在で原料(サトウキビ)4万2871㌧を搬入し、平均糖度は14・34度。5割が基準糖度(13・1~14・3度)を超えるなど高品質取引が続いている。農家が受け取る1㌧当たりのサトウキビ価格は国の交付金を含めて2万1799円。

(全文を表示…)

2015年1月18日(日) 09:00 [産業・経済]

農協観光 鳥取から87人宮古入り

今年のチャーター初便就航/スカイマークが5便運航


出迎えた職員らからガイドブックなどを受け取るツアー客=17日、宮古空港

出迎えた職員らからガイドブックなどを受け取るツアー客=17日、宮古空港

 JAグループの旅行会社・農協観光による今年最初のチャーター便が17日、宮古島に到着した。1、2月にスカイマーク(SKY)のチャーター機で計5便の運航を予定していて、初便では米子鬼太郎空港(鳥取)から87人が石垣を経由して宮古入り。1泊2日の日程で島内観光などを楽しむ。同社によるSKYチャーター便が宮古島に就航するのは今回が初となった。

(全文を表示…)

2015年1月17日(土) 09:00 [産業・経済]

乗降客数 過去最高の129万7000人/2014年

前年比3.3%の伸び/チャーター便就航など奏功


チャーター便を就航させたフジドリームエアラインズの航空機=2014年12月2日、宮古空港

チャーター便を就航させたフジドリームエアラインズの航空機=2014年12月2日、宮古空港

 宮古島市建設部空港課はこのほど、宮古空港における2014年の旅客搭乗者数をまとめた。定期・臨時便にチャーター便を含めた搭乗者は129万6784人で過去最高を更新、前年比で3・3%伸びた。那覇-宮古路線が好調に推移したことや、国内外のチャーター便就航が全体数を押し上げた。15年は那覇-宮古路線の増便が予定されているため、利用者はさらに伸びることが予想される。

(全文を表示…)

2015年1月17日(土) 09:00 [産業・経済]

谷口さん(宮古島漁協)ら3人に認定証/青年漁業士

総実高生も体験発表


増村統括監(右)から認定証書を受けた谷口さん(左)=16日、那覇市の水産会館

増村統括監(右)から認定証書を受けた谷口さん(左)=16日、那覇市の水産会館

 【那覇支社】漁業に取り組む活動の成果を発表する第20回県青壮年・女性漁業者交流大会(主催・県、県漁業協同組合連合会)が16日、那覇市の水産会館で開かれ、宮古地区など県内の漁業関係者ら約200人が参加した。

  (全文を表示…)

2015年1月16日(金) 09:00 [産業・経済]

原料糖を初出荷/宮糖城辺

初荷500㌧、安全輸送祈願


宮糖城辺の初荷となる原料糖が船倉に流し込まれた=15日、平良港

宮糖城辺の初荷となる原料糖が船倉に流し込まれた=15日、平良港

 宮古製糖(安村勇社長)城辺工場は15日、2014-15年産のサトウキビから生産した原料糖550㌧を初出荷した。平良港で初荷セレモニーが開かれ、宮糖や運搬業者の代表らが集まって製品の安全輸送を祈願した。

(全文を表示…)

2015年1月15日(木) 09:00 [産業・経済]

島外誘客活動スタート/宮古島観光協会ら

那覇で宮古観光アピール


ミス宮古島や関係者らが参加して宮古島観光をアピールした=14日、那覇市のパレットくもじ前広場

ミス宮古島や関係者らが参加して宮古島観光をアピールした=14日、那覇市のパレットくもじ前広場

 【那覇支社】宮古島観光協会(豊見山健児会長)とJ・TAP協力会宮古支部(平良勝之支部長)は14日、那覇市のパレットくもじ前広場で今年最初の島外での観光客の誘客活動をスタートさせた。

(全文を表示…)

2015年1月14日(水) 09:00 [産業・経済]

平均糖度13・87度に上昇/宮糖城辺工場、操業から1週間

8割のキビ、基準以上


キビが次々と搬入され活気づいている=13日、宮古製糖城辺工場

キビが次々と搬入され活気づいている=13日、宮古製糖城辺工場

 宮古製糖城辺工場は13日、2014-年期産サトウキビ製糖操業を7日に始めてからちょうど一週間を迎えた。操業初日の平均甘蔗糖度13・73度と比べて若干上昇し、13・87度の水準を推移した。全体の8割を超えるキビが基準(13・1度)以上を占めており、農家に明るい朗報となっている。

(全文を表示…)

2015年1月14日(水) 09:00 [産業・経済]

宮古島PRで誘客団が出発/JTB、KNT、JTA宮古会

那覇市内でチラシなど配布


宮古島の魅力をしっかりPRしようと気勢を上げる誘致団=13日、宮古空港

宮古島の魅力をしっかりPRしようと気勢を上げる誘致団=13日、宮古空港

 宮古島への観光促進を目的にJTB、近畿日本ツーリスト(KNT)、JTAP宮古会の一行約30人が13日、沖縄本島での宮古島PRのため出発した。それぞれの宮古会が主催し、宮古島観光協会の後援で実施する。14日はパレット久茂地前で宮古島観光ツアーのパンフレットを配布し、誘客を図る。

(全文を表示…)

2015年1月11日(日) 09:00 [産業・経済]

平均糖度14・99度/宮糖伊良部

操業1カ月、原料高品質


 宮古製糖伊良部工場の2014-15年期サトウキビ製糖操業は10日で開始1カ月を迎えた。累計の平均糖度は14・99度と高く、開始当初から高品質取引が続いている。農家が受け取る1㌧当たりのサトウキビ代金は2万3033円。

(全文を表示…)

2015年1月11日(日) 09:00 [産業・経済]

黒糖15㌧を初出荷/宮糖多良間

出荷式で安全輸送を祈願


今期産の黒糖15㌧が初出荷された=9日、宮古製糖多良間工場

今期産の黒糖15㌧が初出荷された=9日、宮古製糖多良間工場

 【多良間】宮古製糖多良間工場(来間春誠工場長)は9日、2014-15年産のサトウキビを原料にして作った黒糖500ケース(15㌧)を初出荷した。同日開かれた出荷式では製品の安全輸送を祈願した。

(全文を表示…)

2015年1月9日(金) 09:00 [産業・経済]

野菜初出荷、高値を祈願/15年初荷式

トウガンなど61㌧/目標販売額は8億9500万円


野菜、果樹の初出荷を祝い万歳三唱をする関係者=8日、JAおきなわ宮古地区農産物集出荷場

野菜、果樹の初出荷を祝い万歳三唱をする関係者=8日、JAおきなわ宮古地区農産物集出荷場

 宮古地区野菜・果樹生産出荷連絡協議会の2015年初荷式が8日午後、JAおきなわ宮古地区農産物集出荷場で開かれた。行政および農業団体から多くの関係者が参加し、初出荷を祝いながら高値販売を祈願した。初日はトウガンやゴーヤーなど合計61・3㌧を出荷した。今期の野菜・果樹出荷量は計2590㌧、販売額は8億9500万円を計画している。

(全文を表示…)

2015年1月9日(金) 09:00 [産業・経済]

農家手取り2万1767円/14-15年産サトウキビ

前期比213円の増額/交付金上昇など要因


 2014-15年産のサトウキビ価格が決まった。1㌧当たりの農家手取額は標準的な糖度(13・7度)で2万1767円となり、前期より213円の増額。国の交付金、原料代金ともに上昇したことが要因だ。

(全文を表示…)

2015年1月8日(木) 09:00 [産業・経済]

宮糖、製糖操業スタート/平均糖度13・73度

㌧当たり手取りは2万1774円


安村勇社長らがキビ束を圧搾ラインに投入し、製糖開始を告げた=7日、宮古製糖城辺工場

安村勇社長らがキビ束を圧搾ラインに投入し、製糖開始を告げた=7日、宮古製糖城辺工場

 宮古製糖城辺工場の2014-15年期サトウキビ製糖操業が7日から始まった。初日の糖度は13・73度と、基準糖度帯(13・1~14・3度)内の幸先の良い滑り出しとなった。また、トン当たり農家手取り額は2万1774円となった。同工場の生産量は10万5000㌧を見込み、製糖終了時期は3月中旬ごろを予定している。伊良部工場と多良間工場はすでに操業を開始している。

(全文を表示…)

2015年1月8日(木) 09:00 [産業・経済]

韓国から149人が来島/今年のチャーター初便

1、2月に8便就航


宮古へ到着したチャーター便の乗客たち=7日、宮古空港

宮古へ到着したチャーター便の乗客たち=7日、宮古空港

 1、2月に合計8便が就航するアシアナ航空による韓国からのチャーター便の第1便が7日、149人を乗せて仁川空港から宮古空港に到着。7泊8日の日程で、ゴルフや島内観光を楽しむ。空港では歓迎セレモニーが開かれ、三線演奏と横断幕で乗客を出迎えたほか、ガイドブックなどが配布された。

(全文を表示…)

2015年1月7日(水) 09:00 [産業・経済]

きょう今年の初便到着/韓国チャーター便

1、2月で8便運航/アシアナ航空


 2013年に初就航したアシアナ航空による韓国・仁川から宮古島へのチャーター便が今年1、2月に計8便、運航。その第1便がきょう7日午前11時40分に宮古空港へ到着する。

(全文を表示…)

2015年1月6日(火) 09:00 [産業・経済]

糖度14・5度 出足好調/宮古製糖

多良間工場の操業始まる


関係者がキビの束を投げ入れて今期の操業を開始させた=5日、宮古製糖多良間工場

関係者がキビの束を投げ入れて今期の操業を開始させた=5日、宮古製糖多良間工場

 【多良間】宮古製糖多良間工場は5日、2014-15年期のサトウキビ製糖操業を開始した。初日に搬入された原料は239㌧、平均糖度は14・5度で基準糖度(13・1~14・3度)を上回る高品質だった。多良間島における今期生産見込み量は2万1000㌧。

(全文を表示…)

2015年1月5日(月) 09:00 [産業・経済]

今期の粗糖を初出荷/宮糖伊良部工場

1000㌧を福岡へ


「第三優昭丸」の船倉に流し込まれる粗糖=12月29日、伊良部長山港

「第三優昭丸」の船倉に流し込まれる粗糖=12月29日、伊良部長山港

 昨年12月11日に2014-15年産サトウキビの操業を始めた宮古製糖伊良部工場(渡久山和男工場長)は同29日、キビから生産した粗糖1000㌧を福岡県博多区に向け初出荷した。初荷式で、宮古製糖の安村勇社長、渡久山工場長らは陸上・海上の安全輸送と無事故・無災害を願った。

(全文を表示…)

2015年1月5日(月) 09:00 [産業・経済]

きょうから製糖操業/宮糖多良間

生産見込み量は2万1000㌧


製糖操業に備えてキビ刈りが始まっている=4日、多良間島

製糖操業に備えてキビ刈りが始まっている=4日、多良間島

 宮古製糖多良間工場の2014-15年期サトウキビ製糖操業がきょう5日から始まる。今期の生産量は約2万1000㌧を見込んでいる。操業開始式は午後1時を予定している。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2015年1月
    « 12月   2月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2