2015年2月4日のニュース一覧

2015年2月4日(水) 09:00 [社会・全般]

園児たちが鬼退治/東保育所

交通安全祈願し豆まき


園児たちが投げつける豆を鍋ぶたで防御する赤鬼に扮した保育士=3日、東保育所

園児たちが投げつける豆を鍋ぶたで防御する赤鬼に扮した保育士=3日、東保育所

 「節分」の日の3日、東保育所(黒島由美子所長)で交通安全を祈願する豆まきが行われた。園児たちが鬼に扮(ふん)した保育士たちを目掛けて豆をぶつけ、鬼退治をして福を招くとともに、交通ルールを守り安全な1年間にすることを誓い合った。

(全文を表示…)

2015年2月4日(水) 09:00 [産業・経済]

はやて クルーズ船運航へ/船底に海中展望ラウンジ

八重干瀬周遊海婚など計画/4月スタート目指す


 伊良部大橋の開通を受け、宮古島と伊良部島間の一般旅客定期航路事業を終了した「はやて」(川平三秀社長)はこのほど、船底に海中展望ラウンジを装備したクルーズ船(総㌧数619㌧、最大定員300人)を購入し、4月以降に八重干瀬ツアーなどを行う計画進めている。川平社長は「県内でも珍しいクルーズ船で宮古島の美しいサンゴが見える『アクアラウンジ』が装備されているので八重干瀬の素晴らしいサンゴも楽しめると思う」と話した。

(全文を表示…)

2015年2月4日(水) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

崖下ごみの撤去に着手/城辺友利

大量の不法投棄を確認/投棄者特定、市が指導へ


崖下に積み重なった大量のごみをかき出して撤去する作業員ら=3日、城辺友利

崖下に積み重なった大量のごみをかき出して撤去する作業員ら=3日、城辺友利

 海岸線の崖下に不法投棄されたごみの撤去作業が始まっている。対象現場は城辺の海岸線3カ所で、ごみの量は推定1350㌧。現在作業を行っている城辺友利の海岸線崖下には大量のごみが散乱しており、長年にわたって投棄されてきた形跡がくっきりと残されている。市は複数の投棄者の氏名と住所を特定、呼び出して指導する方針だ。

(全文を表示…)

2015年2月4日(水) 09:00 [社会・全般]

堤防やトイレに落書き/荷川取漁港

景観損ねる


堤防に書かれた落書きが景観を著しく損ねている=2日、平良・荷川取漁港内

堤防に書かれた落書きが景観を著しく損ねている=2日、平良・荷川取漁港内

 平良荷川取漁港の堤防や休憩室、トイレに多くの落書きが見つかり、景観を損ねている。同漁港を管理する県は警察に被害届けを提出する予定だ。宮古島署は周辺のパトロールを強化している。宮古農林水産振興センターによると、落書きは2年前から漁港内のトイレの壁などに見つかった。昨年末には、堤防に大きく書かれた英字などが確認されたため警察に報告した。

(全文を表示…)

2015年2月4日(水) 09:00 [政治・行政]

12日に懲罰の有無判断へ/市議会特別委

仲間、西里氏に資料提出依頼


仲間氏、西里氏への資料提供を確認した第4回特別委員会=2日、市役所平良庁舎

仲間氏、西里氏への資料提供を確認した第4回特別委員会=2日、市役所平良庁舎

 仲間賴信市議に対する処分要求に関する市議会の第4回特別委員会(嵩原弘委員長)が2日、市役所平良庁舎で開かれた。仲間氏と、同氏の処分要求を提出した西里芳明市議に対し、発言などの根拠となる資料提供を求めるとともに、文案の内容を全会一致で承認した。資料の提出期限は今月9日。同委員会は両氏から回答を得た上で、12日の委員会で仲間氏の発言が懲罰に値するかどうかを判断する方針。

(全文を表示…)

2015年2月4日(水) 09:00 [産業・経済]

「民事再生は非常に厳しい」/宮古島マリン社取締役会

取締役会開催前にマスコミには撮影が許可された=3日、平良港ターミナルビル

取締役会開催前にマスコミには撮影が許可された=3日、平良港ターミナルビル

 宮古島市などが出資する第三セクターの宮古島マリンターミナル社(社長・下地敏彦市長)は3日、平良港ターミナルビルで第51回取締役会を開いた。取締役会は非公開で行われ、終了後、下地市長は「第三セクター等経営検討委員会からの報告書の内容について説明を行った。民事再生するには非常に厳しい内容だった」と現時点での経営の考えを示した。

(全文を表示…)