2015年2月10日のニュース一覧

2015年2月10日(火) 09:00 [教育・文化]

「先輩」から宮古の歴史学ぶ/福嶺中

羽地寿さん(宮古島農林水産センター長)が講話


羽地さんは後輩たちに宮古の歴史などを語った=9日、福嶺中学校

羽地さんは後輩たちに宮古の歴史などを語った=9日、福嶺中学校

 福嶺中学校(饒平名和枝校長)で9日、進路学習会が開かれた。同校卒業生で沖縄総合事務局宮古島農林水産センター長の羽地寿さんが講師に招かれ「~先輩から後輩へ~ぷからす ぷからす」と題して講話した。城辺を中心に宮古の歴史などを紹介。福嶺小の児童6人と全校生徒14人は、興味津々に聞き入っていた。

(全文を表示…)

2015年2月10日(火) 09:00 [教育・文化]

久貝君(宮工3年)ら3人に決定/教育の日模範児童・生徒

市教委が発表、15日に表彰


教育の日模範児童・生徒表彰受賞者を発表し、市民大会への来場を呼び掛ける宮國教育長(中央)=9日、市役所城辺庁舎

教育の日模範児童・生徒表彰受賞者を発表し、市民大会への来場を呼び掛ける宮國教育長(中央)=9日、市役所城辺庁舎

 今年度の宮古島市教育の日模範児童・生徒表彰の受賞者が、東小6年の平良文果さん、平良中3年の仲宗根沙也さん、宮古工業高3年の久貝勇介君に決まった。市教育委員会は9日に会見を開き、受賞者を発表するとともに、15日にマティダ市民劇場で開かれる「宮古島市の教育を語る市民大会」への多数の来場を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2015年2月10日(火) 09:00 [政治・行政]

6.6%減の343億円/市15年度予算案

ごみ処理施設整備減など要因/一括交付金でドーム施設建設


 宮古島市は9日、2015年度一般会計当初予算案を発表した。総額は343億3000万円で、前年度当初予算に比べ24億1800万円(6・6%)減少した。ごみ処理施設整備事業や学校建設などが前年度比22億4000万円減少したことが要因。主な事業は市制施行10周年記念事業に1480万円、伊良部大橋開通で離島航路廃止に伴う船舶会社社員らの当面の生活費など渡船廃止見舞い金交付事業など。一括交付金(事業費ベース)は20億円を計上、ハード事業は池間地区津波避難施設整備事業やドーム型のスポーツ観光交流施設建設など、ソフト事業は選手派遣補助金交付事業などに充てる。

(全文を表示…)

2015年2月10日(火) 09:00 [教育・文化]

息の合った演奏響かす/全宮古吹奏楽祭

9団体が練習成果披露


9団体が出演し日ごろの練習の成果を披露した全宮古吹奏楽祭=8日、マティダ市民劇場

9団体が出演し日ごろの練習の成果を披露した全宮古吹奏楽祭=8日、マティダ市民劇場

 第28回全宮古吹奏楽祭(主催・宮古地区吹奏楽連盟)が8日、マティダ市民劇場で行われた。小学生からOBまでの9団体が参加し、日ごろの練習の成果を披露した。

(全文を表示…)

2015年2月10日(火) 09:00 [教育・文化]

「子供の良き援助者に」/みつば保育園

創立50周年記念子育て講演会


子どもに対して大人は「抑圧する」のではなく、「良き援助者」となることを呼び掛けた講演会=7日、平良カトリック教会聖堂

子どもに対して大人は「抑圧する」のではなく、「良き援助者」となることを呼び掛けた講演会=7日、平良カトリック教会聖堂

 みつば保育園(島尻末子園長)の創立50周年記念事業「子育て講演会」が7日、平良カトリック教会聖堂で開催された。「モンテッソーリ教育が育む新しい子ども平和~ダメという前に大人ができる援助とは~」の演題でエンジェルハウス研究所の田中昌子所長が講話した。会場には園児の保護者らが詰め掛け、モンテッソーリ教育の子育てについて学んだ。

(全文を表示…)

2015年2月10日(火) 09:00 [教育・文化]

ストレス解消法を学ぶ

市児童家庭課・幼稚園教諭など対象に/いむらきよしさんが講演会


いむらさんが軽快なトークで参加者たちのストレスを発散させた講演会=8日、伊良部公民館

いむらさんが軽快なトークで参加者たちのストレスを発散させた講演会=8日、伊良部公民館

 保育や教育にかかわる人を対象にした市福祉保健部児童家庭課主催の「いむらきよし講演会」が8日、伊良部公民館で行われた。講演会には保育士や幼稚園教諭らが参加し、いむらさんの軽快なトークと「個性心理學」による人間関係の心理分析で自分と相手の性格と相性を知ることで相手の存在を受け入れ、ストレスを解消する方法を学んだ。

(全文を表示…)

2015年2月10日(火) 08:55 [行雲流水]

「立春」(行雲流水)

 去る2月4日は立春であった。この立春から立夏までのことを「春」と呼ぶ。従ってこの日が春の第一日目である。時候的には、「大寒」から「立春」までは一年のうちで最も寒い季節であり、立春を過ぎると少しずつ寒さが緩み始め、春の気配が忍びよってくる

(全文を表示…)