「社会・全般」 2015年2月のニュース一覧

2015年2月27日(金) 09:00 [社会・全般]

県大会で優勝、全国へ/自動車整備技能競技大会

宮古初、下地・古波蔵ペア


平良支部長(手前中央)と一緒に報告する下地さん(右)、古波蔵さん(左)と関係者ら=26日、本社

平良支部長(手前中央)と一緒に報告する下地さん(右)、古波蔵さん(左)と関係者ら=26日、本社

 県自動車整備技能競技大会(主催・県自動車整備振興会、県自動車整備商工組合)がこのほど、浦添市で開かれ、宮古から出場した富士自動車整備センターの下地則充さん(36)と池村自動車整備工場の古波蔵聖公さん(33)のペアが優れた技術を発揮し、見事優勝した。宮古からの優勝は初めて。10月に東京で開かれる全国大会への出場予選を兼ねていることから、2人は県代表としての出場権を獲得した。

(全文を表示…)

2015年2月27日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

岡山の桃の花贈る/JTAが市内保育園に

金城支社長(奥右)らから園児に桃の花束が贈られた=26日、おおぞら南保育園

金城支社長(奥右)らから園児に桃の花束が贈られた=26日、おおぞら南保育園

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は3月3日の桃の節句を前に、岡山県の西大寺の協力を得て「桃の花」を県内各地に届けており、宮古地区でも26日、おおぞら南保育園などの各施設に桃の花が贈られた。

(全文を表示…)

2015年2月26日(木) 09:00 [社会・全般]

下地島空港で消火、救出訓練/70人参加

航空機炎上を想定


炎上する航空機に放水訓練をする消防職員=25日、下地島空港

炎上する航空機に放水訓練をする消防職員=25日、下地島空港

 2014年度下地島空港航空機事故消火救難総合訓練(主催・県下地島空港管理事務所)が25日、同空港のエプロンで行われた。宮古島市消防本部、下地島空港施設など12の関係機関から約70人が参加し、航空機事故による火災発生を想定して連携と協力体制を確認した。

(全文を表示…)

2015年2月26日(木) 09:00 [社会・全般]

人命救助たたえる/多良間小の児童4人

宮古島署が感謝状


人命の救助に貢献して感謝状の贈呈を受けた児童ら=24日、多良間小学校

人命の救助に貢献して感謝状の贈呈を受けた児童ら=24日、多良間小学校

 【多良間】宮古島警察署は24日、多良間小3年の久志舞香さんら4人が人命救助活動に貢献したとして感謝状を贈呈した。同署の平良英俊署長が直接感謝状を手渡してたたえた。

(全文を表示…)

2015年2月26日(木) 09:00 [社会・全般]

盛島明長伝(復刻改訂版)を寄贈

胸像移転実行委が市教委に


下地会長(手前左)から宮國教育長(同右)に本の目録が贈呈された=25日、市役所城辺庁舎

下地会長(手前左)から宮國教育長(同右)に本の目録が贈呈された=25日、市役所城辺庁舎

 盛島明長胸像移転実行委員会(下地常之会長)と南秀同窓会(仲地清成会長)は25日、市役所城辺庁舎に宮國博教育長を訪ね「盛島明長伝」(復刻改訂版)を宮古島市立の小中学校と図書館などに計83冊寄贈した。

(全文を表示…)

2015年2月25日(水) 09:00 [社会・全般]

家庭や学校、病院の連携重要/子を守る会県支部

心臓病医療で講演や体験発表


講演と体験発表が行われた心臓病医療講演会=22日、宮古病院講堂

講演と体験発表が行われた心臓病医療講演会=22日、宮古病院講堂

 全国心臓病の子どもを守る会沖縄県支部(親川武司支部長)は22日、宮古病院で「医療講演会」を開いた。心臓病患者と向き合ってきた2人の医師が、これまでの経験を通して日常生活や学校生活で気を付けることや、最新の心臓手術を紹介した。先天性心臓病の子供を持つ家族らが参加。講演を通して心身ともに健やかに育つよう家族や学校、病院がそれぞれ連携していくことの大切さを再認識した。

(全文を表示…)

2015年2月25日(水) 09:00 [社会・全般]

「おいしい」と太鼓判/宮古製糖

下地市長に黒糖贈呈


下地敏彦市長(中央)に黒糖を贈呈した安村勇社長(左)と長濱哲夫専務(右)=24日、市役所平良庁舎

下地敏彦市長(中央)に黒糖を贈呈した安村勇社長(左)と長濱哲夫専務(右)=24日、市役所平良庁舎

 宮古製糖の安村勇社長と長濱哲夫専務は24日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、今期産の黒糖12㌔を贈った。試食した下地市長は「おいしい」と舌鼓を打ち宮糖に感謝した。

(全文を表示…)

2015年2月25日(水) 09:00 [社会・全般]

船舶津波対策要領を承認/宮古地区海上防災対策協

津波対策などについて述べる会長の山本宮古島海上保安署長=24日、平良港湾合同庁舎

津波対策などについて述べる会長の山本宮古島海上保安署長=24日、平良港湾合同庁舎

 宮古地区海上防災対策協議会(会長・山本雅司宮古島海上保安署長)の定例会議が24日、平良港湾合同庁舎1階で開かれた。関係機関から約40人が参加し、議題「平良港船舶津波対策要領の改正」を全会一致で承認した。今後改正行動指針に基づき、万が一の場合の対策を展開していく。宮古の他の港でも新しい要綱は活用される方針。

(全文を表示…)

2015年2月25日(水) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

イータックスの活用を/税務署

下地市長が電子申告/昨年は8割の市民が利用


e-Taxを使って電子申告をする下地敏彦市長=24日、市役所平良庁舎

e-Taxを使って電子申告をする下地敏彦市長=24日、市役所平良庁舎

 国税電子申告・納税システム「e-Tax」(イータックス)による申告セレモニーが24日、市役所平良庁舎であり、下地敏彦市長が2014年分の確定申告を行った。下地市長は「毎年利用しているがとにかく便利。多くの市民に利用してほしい」と話した。宮古島税務署管内におけるe-Tax等の利用率は好調に推移。13年分申告は全体の83・6%(国税庁HP作成書面申告を含む)の市民が利用している。

(全文を表示…)

2015年2月23日(月) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

「大人が襟を正そう」/青少年の健全育成

7人が活動内容を発表


7人の発表者が青少年健全育成活動を報告した=21日、宮古島市中央公民館

7人の発表者が青少年健全育成活動を報告した=21日、宮古島市中央公民館

 2014年度青少年育成活動報告会(主催・宮古島市青少年育成市民会議)が21日午後、市中央公民館で開かれた。四つの中学校区と宮総実、宮古島署、市教育委員会の代表が活動内容を報告した。宮古島署の平良美由紀さんは家庭内教育の充実を訴え。飲酒や喫煙の防止に向けては「私たち大人がしっかりと線引きしなければならない」などと指摘し、子供が非行行為に走らないよう大人が襟を正すことの重要性を説いた。

(全文を表示…)

2015年2月23日(月) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

地下ダムトンネルを見学/なかばり振興協議会

30人参加「素晴らしい工法」


トンネル工事現場を見学する参加者ら=東仲宗根添

トンネル工事現場を見学する参加者ら=東仲宗根添

 仲原地下ダム高水排水施設の見学会(主催・なかばり益々ぷからす振興協議会)が22日、東仲宗根添のトンネル工事現場で行われた。市民ら約30人が参加。参加者は共催した鴻池組・大米JVの現場責任者らから工事概要の説明を受けた。その後、坑内に入り、トンネル工法やそれが果たす役割、そこに走るトロッコなどを見学し、地下ダムなどについて学んだ。

(全文を表示…)

2015年2月21日(土) 09:00 [社会・全般]

現場の安全性など確認/宮古労基署など

年度末官民合同パトロール


牧山の配水池工事現場を視察する安全指導員ら=20日、伊良部牧山

牧山の配水池工事現場を視察する安全指導員ら=20日、伊良部牧山

 2014年度末建設現場官民合同パトロール(主催・建設業労働災害防止協会県支部宮古分会)の出発式が20日、宮古建設会館で行われた。出発式後、宮古労働基準監督署の南隆功署長と同分会の安全指導員ら10人が、工事現場をパトロールし、足場の安全性や建設機械の自主点検を実施しているかなどを確認した。

(全文を表示…)

2015年2月20日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

雪だるまに歓声/下地保育所

北海道から10体届く


雪だるまに触る園児たち=19日、下地保育所

雪だるまに触る園児たち=19日、下地保育所

 下地保育所(川満直美所長)に19日、真冬の北海道から高さ約40㌢の雪だるま10体が届けられた。園児たち97人は、初めて目にする本物の雪だるまに「冷たーい」などと言いながら笑顔で触れた。

(全文を表示…)

2015年2月19日(木) 09:00 [社会・全般]

アーサ採ったらだめ

海保が「警告書」/「漁業権侵害」通報受け
お年寄りショック「昔からの慣習」


宮古の風物詩ともなっていたアーサ採り。高齢者がアーサ採りの最中に「警告書」を受け波紋が広がっている(資料写真)

宮古の風物詩ともなっていたアーサ採り。高齢者がアーサ採りの最中に「警告書」を受け波紋が広がっている(資料写真)

 宮古島の海岸などで自生する海藻の一種ヒトエグサ(宮古方言・アーサ)を採取したとして、宮古島海上保安署が市内に住む70代と80代の女性2人に「警告書」を出していたことが18日までに分かった。女性は昔から食用としてアーサを採取していたとして「こんなことは初めて」とショックを隠せない様子だ。海保は「漁協組合員から118番通報があった」と述べ「漁業法に抵触し漁業権を侵害したもので注意した」と話している。

(全文を表示…)

2015年2月17日(火) 09:00 [社会・全般]

AWWA一行が来島

11福祉事業所を視察/空港で歓迎式


福祉事業の視察に訪れたAWWAの一行と各事業所の施設長ら=16日、宮古空港

福祉事業の視察に訪れたAWWAの一行と各事業所の施設長ら=16日、宮古空港

 在沖米軍婦人福祉協会(AWWA)のメンバー17人が16日、福祉事業所視察などの目的で来島した。宮古島の受け入れ担当施設になっている、就労移行支援事業所「くこりもや」の下地克子所長はじめ、市内の福祉事業所の施設長らが宮古空港で歓迎式を行った。

(全文を表示…)

2015年2月17日(火) 09:00 [社会・全般]

確定申告がスタート

まもる君・まる子ちゃん イータックスをPR
早めの手続き呼び掛け/宮古島税務署


人事異動通知書を交付する森本署長=16日、宮古島税務署

人事異動通知書を交付する森本署長=16日、宮古島税務署

 2014年度分所得税の確定申告が16日からスタートした。宮古島税務署(森本定良署長)では国税電子申告・納税システム(e-Tax)の利用促進を目的に、「宮古島まもる君」と「宮古島まる子ちゃん」を「e-Tax特別推進官」に命じる人事異動通知書を交付。任期は確定申告期間の3月16日まで、管内各所に設置されている「まもる君」がたすきでe-TaxをPRする。

(全文を表示…)

2015年2月15日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

新鮮野菜はいかが/あけぼの学園

生産物即売会を開催


野菜などを買い求める来場者たち=14日、あけぼの学園

野菜などを買い求める来場者たち=14日、あけぼの学園

 知的障害者(児)支援施設のあけぼの学園(友利勝政園長)で14日、施設利用者が日ごろの作業で作った野菜や花、手工芸品などを販売する生産物即売会が開かれた。地域住民らが多数、訪れ、利用者たちの活動成果を買い求めた。

(全文を表示…)

2015年2月15日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

振り込め詐欺に注意を/安全なまちづくり協

佐良浜郵便局前で広報活動


悪質な詐欺の手口を紹介するチラシを配布して特殊詐欺への注意を呼び掛けた=13日、佐良浜郵便局前

悪質な詐欺の手口を紹介するチラシを配布して特殊詐欺への注意を呼び掛けた=13日、佐良浜郵便局前

 宮古かぎすま安全なまちづくり推進協議会は13日、佐良浜郵便局前で振り込め詐欺など特殊詐欺未然防止広報活動を行った。14日がバレンタインデーということもあり、市民にチョコレートも一緒にプレゼントし未然防止に理解と協力を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2015年2月14日(土) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

最優秀に「生クリーム紫あんぱん」/地域雇用創造主催

島の特産品化目指す/第1回スイーツコンテスト


第1回スイートコンテストで最優秀金賞に輝いた上地さん(左から4人目)と金賞の石垣さん(同2人目)、本村さん(同3人目)、石山さん(同5人目)=13日、市役所平良庁舎

第1回スイートコンテストで最優秀金賞に輝いた上地さん(左から4人目)と金賞の石垣さん(同2人目)、本村さん(同3人目)、石山さん(同5人目)=13日、市役所平良庁舎

 宮古島地域雇用創造協議会(会長・長濱政治副市長)の「第1回宮古島スイーツコンテスト2015」が13日、市役所平良庁舎1階ロビーで開催された。市民から応募された宮古島産紫イモペーストを使用したスイーツ8種類を市役所に訪れた市民が審査員となり試食した結果、富士製菓製パンの上地隆徳さんの作品「生クリーム紫あんぱん」が最優秀金賞に選ばれた。上地さんは「まさか選ばれると思っていなかったのでとてもうれしい」と笑顔で感想を述べた。

(全文を表示…)

2015年2月14日(土) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

盛島さん(城辺小6年)に県会長賞/税に関する絵はがきコン

法人会女性部連絡協主催


友利部会長(左)から県法人会連合会女性部会連絡協議会長賞の表彰伝達を受けた盛島さん(中央)と濱川校長=13日、城辺小学校

友利部会長(左)から県法人会連合会女性部会連絡協議会長賞の表彰伝達を受けた盛島さん(中央)と濱川校長=13日、城辺小学校

 沖縄宮古法人会の2014年度「税に関する絵はがきコンクール」で同法人会長賞を受賞していた城辺小6年の盛島朱夏さんの作品がこのほど、県法人会連合会女性部会連絡協議会主催の選考会で同協議会長賞を受賞した。その表彰伝達式が13日、城辺小学校で行われ、沖縄宮古法人会の友利ヒロ子女性部会長から盛島さんに賞状が手渡された。

(全文を表示…)

2015年2月14日(土) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

問題行動をゼロに/高校生の生徒指導標語

優秀賞の5人を表彰


生徒指導標語で優秀賞を受賞した(左から)善平彩楓さん、狩俣優美さん、宮城聖也君、狩俣匡志君、砂川大楓君。右は生徒指導連絡協議会の宮里会長=13日、宮古工業高校

生徒指導標語で優秀賞を受賞した(左から)善平彩楓さん、狩俣優美さん、宮城聖也君、狩俣匡志君、砂川大楓君。右は生徒指導連絡協議会の宮里会長=13日、宮古工業高校

 宮古地区高校生徒指導連絡協議会は13日、地区内5校から集めた生徒指導に関する標語の中で、優秀賞を受賞した生徒5人を表彰した。5人は飲酒、喫煙などを防止するための標語を書き、高校生による問題行動ゼロに向けて決意を新たにした。同協議会および校長会、県立学校PTA連合会は5人の標語を記したクリアファイルを制作し、地区内の全生徒に配布した。

(全文を表示…)

2015年2月8日(日) 09:00 [社会・全般]

9割以上が「満足」/主催者がアンケ結果公表

大橋開通記念「大漁まつり」


「大漁まつり」で披露されたマグロ解体ショー。多くの来場者から注目を集めた=1日、佐良浜漁港

「大漁まつり」で披露されたマグロ解体ショー。多くの来場者から注目を集めた=1日、佐良浜漁港

 宮古島観光協会と伊良部漁業協同組合で構成する「伊良部島海の暮らしツーリズム共同事業体」は6日、今月1~3日、伊良部大橋開通記念事業として佐良浜漁港で実施した「大漁まつり」の参加者アンケートの集計結果を公表した。それによると、9割以上の人が「満足」、「まあ満足した」と回答。来場者のうち7割は宮古島市内在住者だった。

(全文を表示…)

2015年2月6日(金) 09:00 [社会・全般]

ロックの魂、次世代へ/県ロック協会

宮古で育成プロジェクト/3月にライブ、講座開設も


ミュージックプロジェクトをアピールする宮永英一さん(中央)と喜屋武幸雄さん(左)。右は顧問の富永元順さん=5日、宮古毎日新聞社

ミュージックプロジェクトをアピールする宮永英一さん(中央)と喜屋武幸雄さん(左)。右は顧問の富永元順さん=5日、宮古毎日新聞社

 オキナワンロックを次世代へ引き継ぐプロジェクトが宮古島で動き出す。3月に沖縄ロック界の重鎮で宮古島市出身のかっちゃんこと川満勝弘さんほか、伝説のロックバンド「紫」のメンバーらが来島して記念ライブを開く。人材育成のためのロック講座も市内に開設する予定だ。一世を風靡(ふうび)したオキナワンロッカーたちが、ロックを志す若者の支援に全力で取り組む。

(全文を表示…)

2015年2月6日(金) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

那覇-宮古線 大幅値上げを否定/JTA・ANA

SKY撤退後の対応説明


SKY撤退後の那覇-宮古線の運賃について、大幅な値上げは行わない考えを示す内間取締役(左)とJTA宮古営業所の中山正明所長=5日、宮古毎日新聞社

SKY撤退後の那覇-宮古線の運賃について、大幅な値上げは行わない考えを示す内間取締役(左)とJTA宮古営業所の中山正明所長=5日、宮古毎日新聞社

 日本トランスオーシャン航空(JTA、本社・那覇市、丸川潔社長)の内間康貴取締役が5日、宮古毎日新聞社を訪ね、那覇-宮古線の運賃について、民事再生法の適用を申請したスカイマーク(SKY)が同路線から撤退した後も、同社参入前の運賃に戻すことはせず、一部の便で数百円程度の値上げを行うにとどめることを明らかにした。全日空(ANA)も同日、本紙の取材に対し、現時点で運賃変更の計画はないと語った。

(全文を表示…)

2015年2月4日(水) 09:00 [社会・全般]

園児たちが鬼退治/東保育所

交通安全祈願し豆まき


園児たちが投げつける豆を鍋ぶたで防御する赤鬼に扮した保育士=3日、東保育所

園児たちが投げつける豆を鍋ぶたで防御する赤鬼に扮した保育士=3日、東保育所

 「節分」の日の3日、東保育所(黒島由美子所長)で交通安全を祈願する豆まきが行われた。園児たちが鬼に扮(ふん)した保育士たちを目掛けて豆をぶつけ、鬼退治をして福を招くとともに、交通ルールを守り安全な1年間にすることを誓い合った。

(全文を表示…)

2015年2月4日(水) 09:00 [政治・行政, 社会・全般]

崖下ごみの撤去に着手/城辺友利

大量の不法投棄を確認/投棄者特定、市が指導へ


崖下に積み重なった大量のごみをかき出して撤去する作業員ら=3日、城辺友利

崖下に積み重なった大量のごみをかき出して撤去する作業員ら=3日、城辺友利

 海岸線の崖下に不法投棄されたごみの撤去作業が始まっている。対象現場は城辺の海岸線3カ所で、ごみの量は推定1350㌧。現在作業を行っている城辺友利の海岸線崖下には大量のごみが散乱しており、長年にわたって投棄されてきた形跡がくっきりと残されている。市は複数の投棄者の氏名と住所を特定、呼び出して指導する方針だ。

(全文を表示…)

2015年2月4日(水) 09:00 [社会・全般]

堤防やトイレに落書き/荷川取漁港

景観損ねる


堤防に書かれた落書きが景観を著しく損ねている=2日、平良・荷川取漁港内

堤防に書かれた落書きが景観を著しく損ねている=2日、平良・荷川取漁港内

 平良荷川取漁港の堤防や休憩室、トイレに多くの落書きが見つかり、景観を損ねている。同漁港を管理する県は警察に被害届けを提出する予定だ。宮古島署は周辺のパトロールを強化している。宮古農林水産振興センターによると、落書きは2年前から漁港内のトイレの壁などに見つかった。昨年末には、堤防に大きく書かれた英字などが確認されたため警察に報告した。

(全文を表示…)

2015年2月2日(月) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

路線バス 3社相互乗り入れ開始

平良港で乗り換え可能に/佐良浜-平良は大橋が結ぶ


各社が相互に乗り入れ、各路線への乗り換えが可能となった平良港バス停=1日、平良港

各社が相互に乗り入れ、各路線への乗り換えが可能となった平良港バス停=1日、平良港

 伊良部大橋開通に伴い、市内の路線バスは1日から一部経路変更と新路線の開設を実施。バス運行3社が乗り入れる結節地点となる新バス停が平良港のマティダ市民劇場裏に設置され、相互乗り入れがスタート。一つのバス停で各路線バスへの乗り換えが可能となったほか、これまでフェリーが運航していた佐良浜港-平良港間も伊良部大橋を通じてバスで結ばれた。

(全文を表示…)

2015年2月2日(月) 09:00 [社会・全般]

スローガンは「ミラクル」/宮古JC総会

神里理事長が所信表明


通常総会でJCソングを斉唱する会員ら=1日、市内ホテル

通常総会でJCソングを斉唱する会員ら=1日、市内ホテル

 宮古青年会議所(宮古JC)の第60回通常総会が1日、市内ホテルで開かれた。2015年度のスローガンは「新天地、新世界への入り口ミラクル宮古島明日のミラクルのために今日がんばろう」。第54代理事長に就いた神里裕哉氏(40)は「宮古島の発展のために知恵を合わせ、多くの人がミラクルを体験できる事業を行う。ミラクル宮古島で心豊かな夢かなう社会づくりをしていく」と所信を述べた。神里理事長の任期は今年12月31日まで。

(全文を表示…)

2015年2月2日(月) 09:00 [社会・全般]

御霊に悲願成就を報告/大橋開通

伊良部丸慰霊碑に関係者集う


伊良部丸沈没による被害者の御霊に関係者が伊良部大橋開通を報告した=1日、伊良部渡口の浜近くのカース海岸にある慰霊碑

伊良部丸沈没による被害者の御霊に関係者が伊良部大橋開通を報告した=1日、伊良部渡口の浜近くのカース海岸にある慰霊碑

 75年前に多くの犠牲者を出した「伊良部丸」沈没事故を受けて建立された慰霊碑に伊良部大橋開通という圏域住民の悲願達成を伝える報告会が1日、同碑が建立された渡口の浜近くのカース海岸で行われた。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成29年1月1日現在

    宮古島市 54,083 人
    26,984 人
    27,099人
    世帯数 25,869軒
    多良間村 1,182 人
    635 人
    547 人
    世帯数 527 軒
  • 天気


  •  

    2015年2月
    « 1月   3月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2