「産業・経済」 2015年2月のニュース一覧

2015年2月28日(土) 09:00 [産業・経済]

高温期に細い枝づくりを/マンゴー経営管理技術研修会

一山アドバイザーが講話


マンゴーの開花期以降の栽培管理について助言する一山幸博さん=27日、県宮古合同庁舎

マンゴーの開花期以降の栽培管理について助言する一山幸博さん=27日、県宮古合同庁舎

 2014年度経営管理技術研修会が27日、県宮古合同庁舎で開かれた。JAおきなわ南部地区営農センター果樹技術顧問で経営構造専門アドバイザーの一山幸博さんがマンゴーの開花期以降の栽培管理方法について助言。「高温の10月までに枝をつくること。この時期に細い枝をつくることで寒くなると花芽分化が促進される」と話した。チャノキイロアザミウマなどの病害虫防除に関しては「強い農薬は満開後一気に使用した方が良い」と勧めた。

(全文を表示…)

2015年2月28日(土) 09:00 [イベント, 産業・経済]

音楽で観光発展に寄与/Mアイランド推進協発足へ

5月末にイベント開催


音楽イベントで宮古島観光の発展に寄与するNPOの立ち上げを発表する江川氏(中央)と砂川社長(右)、金城支社長=27日、平良西里のホテル

音楽イベントで宮古島観光の発展に寄与するNPOの立ち上げを発表する江川氏(中央)と砂川社長(右)、金城支社長=27日、平良西里のホテル

 宮古島で音楽イベントを開催することで観光の発展に寄与することなどを目指すNPO「ミュージックアイランド宮古島推進協議会」の発足が決定。その第一弾として5月末にイベントが開かれる。代表理事となる予定のミュージシャンで宮古島観光大使を務める江川ゲンタ氏らが27日、会見を開き、設立趣旨などを発表し、趣旨賛同者は会員となるよう呼び掛けた。

(全文を表示…)

2015年2月27日(金) 09:00 [産業・経済]

28日から無料、割引実施/ウィルコム沖縄

10周年で記念キャンペーン


10周年記念キャンペーンPRのポスターを手にする仲本社長(右)、中央は坂元さん、左は中山総務部長=26日、本社

10周年記念キャンペーンPRのポスターを手にする仲本社長(右)、中央は坂元さん、左は中山総務部長=26日、本社

 ウィルコム沖縄(本社・那覇市、仲本栄章社長)は営業開始10周年を記念した「10(テン)キューキャンペーン」を28日~3月31日まで実施する。PHSの新規契約者にガラケー基本使用料(月額1381円)を3年間無料にするなど、沖縄限定で実施する。26日、宮古毎日新聞社を訪れた仲本社長は「10年で契約台数は約14万台になった。キャンペーンを通して、10年のご愛顧と感謝の気持ちを伝えたい」と話した。

(全文を表示…)

2015年2月27日(金) 09:00 [産業・経済]

岸壁の早期整備など柱/「歓迎ムード」促進も

クルーズ客船誘致で方針/連絡協で承認


岸壁の早期整備など、大型クルーズ客船の受け入れが課題となっている(資料写真)

岸壁の早期整備など、大型クルーズ客船の受け入れが課題となっている(資料写真)

 第1回宮古島クルーズ客船誘致連絡協議会(会長・下地敏彦市長)が26日、平良港マリンターミナルビルで開かれ、岸壁の早期整備や「歓迎ムード」の機運の促進などハード、ソフト面での誘致強化に向けた方針案が承認された。下地市長は「主体となる各組織の中で、具体論を論議して協議会に上げてほしい」と述べ、官民一体となった誘致活動に積極的に取り組んでいく考えを示した。

(全文を表示…)

2015年2月24日(火) 09:00 [産業・経済]

宮古島をのんびり楽しく/ゆくるプロジェクトが始動

「島の春」満喫プラン提供



市の担当課職員らが観光客に「ゆくるプロジェクト」のチラシやマップを手渡して取り組みをアピールした=23日、宮古空港

市の担当課職員らが観光客に「ゆくるプロジェクト」のチラシやマップを手渡して取り組みをアピールした=23日、宮古空港

 一足早い「島の春」の楽しみ方を提案する宮古島市の観光プロモーション事業「ゆくるプロジェクト」が23日にスタートした。来月22日まで。初日は宮古空港で午前中の便で訪れる観光客らに宮古島観光協会や宮古島市の担当職員、JTB沖縄のメンバーがプロジェクト内容を説明するチラシや「プロジェクトMAP」を配布し、今の宮古島における楽しく、くつろいだ過ごし方を紹介した。

(全文を表示…)

2015年2月24日(火) 09:00 [産業・経済]

中層型浮き魚礁2基設置/宮古近海

伊良部漁協と佐良浜漁業集落


設置前の中層型浮き魚礁(浮き球は緑色)=20日、佐良浜漁港

設置前の中層型浮き魚礁(浮き球は緑色)=20日、佐良浜漁港

 伊良部漁協(漢那一浩組合長)と佐良浜漁業集落(国頭和則代表)は23日、宮古近海に人工の浮力体でマグロやカツオ、シイラなどの回遊魚を集める中層型浮き魚礁2基を設置した。今後の優れた漁場形成が期待されている。

(全文を表示…)

2015年2月23日(月) 09:00 [地域・暮らし, 産業・経済]

ITで地域活性目指す

シンポジウムや基調講演開く/県情報産業振興課など主催


「新しい地域活性への挑戦」の演題で講話する志水さん=20日、県宮古合同庁舎

「新しい地域活性への挑戦」の演題で講話する志水さん=20日、県宮古合同庁舎

 「ITがもたらす宮古島の未来について考える」をテーマに「宮古島×ITシンポジウム」(主催・県情報産業振興課など)が20日、県宮古合同庁舎で開催された。基調講演では、宮古島でITワーク推進と地域活性に取り組む「リチャージ」の志水哲也社長がインターネットの普及により離島でもいろいろな仕事や働き方が可能になっていることを紹介。都会にはない宮古島の魅力を活用した仕事の創出や、そこで働く人材育成の必要性などについて講話した。

(全文を表示…)

2015年2月20日(金) 09:00 [産業・経済]

子牛1頭平均56万円/2月競り

前月を8000円上回る


子牛、成牛合わせ525頭が上場された2月肉用牛競り=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

子牛、成牛合わせ525頭が上場された2月肉用牛競り=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

 JAおきなわ宮古家畜市場の2月期肉用牛競りが19日、同家畜市場で開かれた。子牛1頭当たりの平均価格は56万1762円で前月を8094円、前年同月を6万3672円それぞれ上回った。平均キロ単価は2243円で、前月比25円高、年年同月比253円高だった。1頭当たりの最高額は去勢が85万4280円、雌は67万2840円。

(全文を表示…)

2015年2月19日(木) 09:00 [産業・経済]

「エコの島」の未来展望/スマートコミュニティー事業

ビジネスモデルを構築/シンポジウムで意見交換


新たなエネルギー需給システムの構築とスマートコミュニティー形成の可能性を探ったシンポジウム=18日、宮古島市中央公民館

新たなエネルギー需給システムの構築とスマートコミュニティー形成の可能性を探ったシンポジウム=18日、宮古島市中央公民館

 島嶼(とうしょ)型スマートコミュニティー形成の可能性を探るシンポジウムが18日午後、宮古島市中央公民館で開催された。実証報告ではエネルギーの「見える化」や省エネ、需要家に電力の消費調整を依頼するデマンドレスポンス(DR)を柱とするビジネスモデルの提案があった。有識者らパネリストと会場の市民は「エコの島」の未来を展望し、島内における新たなエネルギー受給システム構築の可能性を探った。

(全文を表示…)

2015年2月18日(水) 09:00 [産業・経済]

最高賞向け好成績/サトウキビ競作会

反収8・7㌧、糖度14・1度/下地さんの株出しを測定


約40人が参加して全刈り作業で汗を流した=17日、城辺福里

約40人が参加して全刈り作業で汗を流した=17日、城辺福里

 県糖業振興協会の2014-15年期サトウキビ優良事例調査(競作会)の宮古地区全刈り作業が17日、城辺福里にある地区代表の下地澄子さんのほ場で行われた。関係団体から約40人が参加して株出しのサトウキビを収穫。測定の結果、反収8・7㌧、糖度14・1度と好成績を収めた。競作会での最高賞受賞に向けて弾みがつく実績となった。結果は4月に発表される。

(全文を表示…)

2015年2月17日(火) 09:00 [産業・経済]

イタチザメなど18匹駆除/池間島

漁業被害対策で実施


駆除されたサメ=16日、池間漁港

駆除されたサメ=16日、池間漁港

 池間漁港に16日、駆除されたサメ18匹が水揚げされた。国や県、市の補助を受けて池間漁業集落(勝連見治代表)が実施した2014年度離島漁業再生支援事業。今年度が最終だが、市などはサメによる漁業被害の対策を図るため引き続き実施する予定だ。

(全文を表示…)

2015年2月15日(日) 09:00 [産業・経済]

春ウコンの収穫本格化/沖縄長生薬草本社

下地社長「宮古は栽培に適する」


小型トラクターを使って春ウコンの収穫が行われている=14日、平良鏡原地区

小型トラクターを使って春ウコンの収穫が行われている=14日、平良鏡原地区

 沖縄長生薬草本社(本社・南城市、下地清吉社長)は宮古島市で春ウコンの収穫を行っている。錠剤や顆粒などにして本土や中国、韓国、台湾などの海外向け出荷する計画。下地社長は宮古島市城辺出身で「宮古の土はウコンの栽培に適している」と話す。将来的には栽培面積を拡大、収量100㌧を目指し、今後増大すると見られる海外からの需要に対応する計画だ。

(全文を表示…)

2015年2月12日(木) 09:00 [産業・経済]

年金やマネープランで講話

琉銀がセミナー開催


年金の仕組みなどについて説明する青山氏=10日、市中央公民館研修室

年金の仕組みなどについて説明する青山氏=10日、市中央公民館研修室

 琉球銀行主催の「年金の仕組みとマネープランセミナー」が10日、市中央公民館研修室で開かれた。社会保険労務士の青山喜佐子氏が「どうなる? わたしの年金」、琉球銀行営業統括部の東江嵩氏が「これからのマネープランを考えよう」をテーマに講話した。

(全文を表示…)

2015年2月11日(水) 09:00 [産業・経済]

那覇-宮古 離島割は8000円

SKY運休で制度適用/県、関係予算に7億円計上


4月以降に実施される離島割引は離島住民にとって朗報となる=宮古空港(資料写真)

4月以降に実施される離島割引は離島住民にとって朗報となる=宮古空港(資料写真)

 県が4月以降、航空路線の那覇-宮古の運賃で、現在適用が保留されている離島割引を実施する方向で最終調整に入った。民事再生法手続きを申請したスカイマーク(SKY)が3月29日から長期運休に入ることを受けての措置。県は2015年度当初の関係予算案に6億9000万円を計上しており、那覇-宮古の運賃は片道8000円程度に落ち着く見通しだ。SKYの運休で懸念された住民負担は一定程度軽減される。

(全文を表示…)

2015年2月8日(日) 09:00 [産業・経済]

外国人受入れで意見交換/県地域観光協会会長会議

各地域での取り組みなどについて意見を交わす参加者たち=6日、市平良下里のホテル

各地域での取り組みなどについて意見を交わす参加者たち=6日、市平良下里のホテル

 2014年度第4回沖縄県地域観光協会等会長会議(主催・沖縄観光コンベンションビューロー)が6日、市平良下里のホテルで開かれた。宮古島観光協会が伊良部島で行っている海をテーマとしたツーリズム事業について報告したほか、各地域での外国人観光客受け入れ態勢整備に向けた取り組み状況などについて発表し、意見を交わした。

(全文を表示…)

2015年2月8日(日) 09:00 [産業・経済]

糖度13・86度、品質は上昇/宮糖城辺工場

操業1カ月、4万㌧余搬入/多良間14・58度と高水準


製糖操業1カ月を迎えた宮古製糖城辺工場。品質は上昇を続けている=7日、城辺砂川

製糖操業1カ月を迎えた宮古製糖城辺工場。品質は上昇を続けている=7日、城辺砂川

 宮古製糖の城辺工場と多良間工場がそれぞれ操業1カ月を迎えた。品質は右肩上がりで上昇しており、城辺工場の平均糖度は13・86度で8割以上の原料(サトウキビ)が基準糖度をクリアしている。一方の多良間工場の糖度は14・58度と高水準を維持している。今期のサトウキビは豊作型。宮古地区全体で34万㌧の生産量が見込まれている。

(全文を表示…)

2015年2月7日(土) 09:00 [産業・経済]

沖糖が操業3日間休止

悪天候影響で ハーベスター稼働低下


キビを積んだトラックも見えずひっそりとなった沖糖宮古工場=6日午前

キビを積んだトラックも見えずひっそりとなった沖糖宮古工場=6日午前

 沖縄製糖宮古工場(下地上地)は6日から8日までの3日間、操業を一時休止する。悪天候でハーベスターの稼働が低下し、原料のサトウキビの確保が難しいことが原因。同工場は「天気の回復を見ながら9日から再開したい」と話している。同工場は5日午前で原料搬入をストップしたが、宮古製糖城辺工場の搬入は続いている。

(全文を表示…)

2015年2月6日(金) 09:00 [産業・経済]

大橋活用がカギに/宮古圏域離島観光振興会議

開通後の課題を共有


宮古圏域の観光振興に向けて意見を交わした第2回会議=5日、県宮古合同庁舎

宮古圏域の観光振興に向けて意見を交わした第2回会議=5日、県宮古合同庁舎

 2014年度第2回宮古圏域離島観光振興会議が5日、県宮古合同庁舎で開かれた。行政機関と観光協会の担当者らが参加し、観光振興をテーマに意見を交わした。中でも伊良部大橋の開通は大きな話題に。伊良部島、下地島における受け入れ体制の拡充などについて課題を共有した。

(全文を表示…)

2015年2月6日(金) 09:00 [産業・経済]

宮古で「ご当地WAON」発行へ/イオン琉球

地域貢献型で地元還元も


地域貢献型の宮古島ご当地WAONの発行について説明する末吉会長(奥左)=5日、市役所平良庁舎

地域貢献型の宮古島ご当地WAONの発行について説明する末吉会長(奥左)=5日、市役所平良庁舎

 イオン琉球の末吉康敏会長が5日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね今年の夏ごろまでに宮古島で地域貢献型の「ご当地WAON」カードの発行に向けて現在準備を進めていることを報告した。このカードで支払われた金額の0・1%は市に寄付され、地域づくりや子供たちの教育、スポーツ活動などにも活用できることから下地市長はできるだけ早く発行するよう求めた。

(全文を表示…)

2015年2月6日(金) 09:00 [産業・経済, 社会・全般]

那覇-宮古線 大幅値上げを否定/JTA・ANA

SKY撤退後の対応説明


SKY撤退後の那覇-宮古線の運賃について、大幅な値上げは行わない考えを示す内間取締役(左)とJTA宮古営業所の中山正明所長=5日、宮古毎日新聞社

SKY撤退後の那覇-宮古線の運賃について、大幅な値上げは行わない考えを示す内間取締役(左)とJTA宮古営業所の中山正明所長=5日、宮古毎日新聞社

 日本トランスオーシャン航空(JTA、本社・那覇市、丸川潔社長)の内間康貴取締役が5日、宮古毎日新聞社を訪ね、那覇-宮古線の運賃について、民事再生法の適用を申請したスカイマーク(SKY)が同路線から撤退した後も、同社参入前の運賃に戻すことはせず、一部の便で数百円程度の値上げを行うにとどめることを明らかにした。全日空(ANA)も同日、本紙の取材に対し、現時点で運賃変更の計画はないと語った。

(全文を表示…)

2015年2月5日(木) 09:00 [産業・経済]

宮工が最優秀賞/電気情報科

IT津梁まつりソフトウエア部門


宮里校長(左)に受賞を報告した(左2人目から)根間君、亀浜君と友利教諭=4日、宮古工業高校

宮里校長(左)に受賞を報告した(左2人目から)根間君、亀浜君と友利教諭=4日、宮古工業高校

 宮古工業高校(宮里幸利校長)で4日、同校電気情報科がIT津梁まつり2015(県商工労働部情報産業振興課など主催)のソフトウエア部門で最優秀賞を受賞した報告会があった。開発したアンドロイド端末用の宮古島方言辞書のアプリケーション(アプリ)が選ばれた。同まつりのソフトウエア部門での最優秀賞は初めて。また、アプリを紹介する学生プレゼン部門では優良賞を受賞した。報告会にはアプリを開発した電気情報科の生徒5人を代表して根間勇喜君(3年)と亀浜大樹君(同)と同科の友利悟教諭が出席した。

(全文を表示…)

2015年2月5日(木) 09:00 [産業・経済]

キビの害虫減少に結束/フェロモン防除開始式

フェロモンチューブ設置作業に向け全員でガンバロウ三唱を行った=4日、平良の福山公民館

フェロモンチューブ設置作業に向け全員でガンバロウ三唱を行った=4日、平良の福山公民館

 サトウキビに被害を及ぼすイネヨトウの個体数減少に向け、「イネヨトウ宮古島全島フェロモン防除開始式」(主催・宮古地区さとうきび糖業振興会)が4日、福山公民館で開かれた。県、市、キビ生産農家、さとうきび生産組合、沖縄製糖、宮古製糖など関係者ら約100人が参加し、防除開始の周知徹底を図った。

(全文を表示…)

2015年2月4日(水) 09:00 [産業・経済]

はやて クルーズ船運航へ/船底に海中展望ラウンジ

八重干瀬周遊海婚など計画/4月スタート目指す


 伊良部大橋の開通を受け、宮古島と伊良部島間の一般旅客定期航路事業を終了した「はやて」(川平三秀社長)はこのほど、船底に海中展望ラウンジを装備したクルーズ船(総㌧数619㌧、最大定員300人)を購入し、4月以降に八重干瀬ツアーなどを行う計画進めている。川平社長は「県内でも珍しいクルーズ船で宮古島の美しいサンゴが見える『アクアラウンジ』が装備されているので八重干瀬の素晴らしいサンゴも楽しめると思う」と話した。

(全文を表示…)

2015年2月4日(水) 09:00 [産業・経済]

「民事再生は非常に厳しい」/宮古島マリン社取締役会

取締役会開催前にマスコミには撮影が許可された=3日、平良港ターミナルビル

取締役会開催前にマスコミには撮影が許可された=3日、平良港ターミナルビル

 宮古島市などが出資する第三セクターの宮古島マリンターミナル社(社長・下地敏彦市長)は3日、平良港ターミナルビルで第51回取締役会を開いた。取締役会は非公開で行われ、終了後、下地市長は「第三セクター等経営検討委員会からの報告書の内容について説明を行った。民事再生するには非常に厳しい内容だった」と現時点での経営の考えを示した。

(全文を表示…)

2015年2月3日(火) 09:00 [産業・経済]

葉タバコ植え付け始まる

苗良好、豊作を祈願



15年産葉タバコの植え付けが始まった=2日、平良松原

15年産葉タバコの植え付けが始まった=2日、平良松原

 2015年産葉タバコの植え付け作業が始まっている。生産農家は順調に生育した苗をマルチ張りされた畑に植え付け、今期産の豊作に期待を込めている。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2015年2月
    « 1月   3月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2