「教育・文化」 2015年2月のニュース一覧

2015年2月28日(土) 09:00 [イベント, 教育・文化]

4月に「とうがにあやぐ大会」

3民謡協会主催で初開催/3月から出場者募集


「とうがにあやぐ大会」の概要を説明し、多くの応募を呼び掛けた第1回大会を主幹する沖縄宮古民謡協会の渡真利会長(中央)と関係者=27日、本社

「とうがにあやぐ大会」の概要を説明し、多くの応募を呼び掛けた第1回大会を主幹する沖縄宮古民謡協会の渡真利会長(中央)と関係者=27日、本社

 宮古島市制施行10周年記念として「第1回とうがにあやぐ大会」が沖縄宮古民謡協会(渡真利久信会長)、宮古民謡協会(川満健功会長)、宮古民謡保存協会(久貝哲雄会長)の主催で4月26日に開催される。開催を前に3協会の関係者が27日、本社を訪れ大会概要を説明し、出場者の応募を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2015年2月27日(金) 09:00 [教育・文化]

最高倍率は1・06倍(宮総実フードクリエイト)/県立高校入試

最終志願状況 学力試験は3月10、11日


15年県立高校入試最終志願状況

15年県立高校入試最終志願状況

 【那覇支社】県教育庁(諸見里明教育長)は26日、2015年度県立高校一般入学者選抜(高校入試)の最終志願状況を発表した。宮古地区では2校4学科で定員を上回る志願があった。最も志願倍率が高かったのは宮古総合実業高校食と環境科フードクリエイトで1・06倍だった。推薦入学者内定者4人を除く一般入学定員16人に対し17人が志願した。

(全文を表示…)

2015年2月25日(水) 09:00 [教育・文化]

さらなる俳句作りに期待/伊志嶺Jr育成会会長

図書カード贈り激励


伊志嶺会長(手前中央)と一緒に記念撮影する関係者ら=24日、福嶺小学校

伊志嶺会長(手前中央)と一緒に記念撮影する関係者ら=24日、福嶺小学校

 このほどNHK全国俳句大会ジュニア(幼児)の部で特選に選ばれた新城武蔵(むさし)君(5)=福嶺幼稚園=と、同じく入選に選ばれた砂川碧李(あおい)さん(5)=同=を激励するため、宮古島ジュニア俳句育成会(伊志嶺亮会長)は24日、福嶺小学校で図書カード贈呈式を行った。伊志嶺会長が2人に贈り、さらなる俳句作りに期待を込めた。

(全文を表示…)

2015年2月23日(月) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

「大人が襟を正そう」/青少年の健全育成

7人が活動内容を発表


7人の発表者が青少年健全育成活動を報告した=21日、宮古島市中央公民館

7人の発表者が青少年健全育成活動を報告した=21日、宮古島市中央公民館

 2014年度青少年育成活動報告会(主催・宮古島市青少年育成市民会議)が21日午後、市中央公民館で開かれた。四つの中学校区と宮総実、宮古島署、市教育委員会の代表が活動内容を報告した。宮古島署の平良美由紀さんは家庭内教育の充実を訴え。飲酒や喫煙の防止に向けては「私たち大人がしっかりと線引きしなければならない」などと指摘し、子供が非行行為に走らないよう大人が襟を正すことの重要性を説いた。

(全文を表示…)

2015年2月21日(土) 09:00 [教育・文化]

自然の恵みを体験/西辺小児童

大浦湾でアーサ収穫


養殖用の網に絡みついたアーサの収穫を行う児童たち=20日、平良大浦湾

養殖用の網に絡みついたアーサの収穫を行う児童たち=20日、平良大浦湾

 西辺小学校(砂川栄作校長)の全児童65人は20日、平良大浦湾の恵みを受けて青々と育った養殖アーサ(和名・ヒトエグサ)の収穫体験を行った。

(全文を表示…)

2015年2月21日(土) 09:00 [教育・文化]

途上国での取り組み紹介/大橋開通記念講演会

医療ボランティア・与座氏


与座氏の話に聞き入る参加者たち=20日、伊良部公民館

与座氏の話に聞き入る参加者たち=20日、伊良部公民館

 宮古島出身の形成外科医で発展途上国での国際医療ボランティアに取り組む与座聡氏による講演会(主催・伊良部商工会ほか)が20日、伊良部公民館で伊良部大橋開通を記念して開かれた。与座氏は、厳しい状況下で行ってきた手術や、ボランティアを続ける理由などを紹介した。

(全文を表示…)

2015年2月19日(木) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

「ホーイホーイ」と厄払い/国の重要無形民俗文化財

上野野原で「サティパロウ」


パーントゥの面をかぶった子供を先頭に子供や女性たちが集落を練り歩いた「野原のパーントゥ」=18日夕、上野野原集落

パーントゥの面をかぶった子供を先頭に子供や女性たちが集落を練り歩いた「野原のパーントゥ」=18日夕、上野野原集落

 上野野原集落に古くから伝わる厄よけのための祭祀(さいし)「サティパロウ(里はらい)」が旧暦12月最後の丑(うし)の日に当たる18日に行われた。パーントゥの仮面をかぶった子供を先頭に、頭と腰にクロツグとセンニングサを巻いた女性たちが集落内を練り歩き厄をはらった。

(全文を表示…)

2015年2月19日(木) 09:00 [教育・文化]

渡慶次さんの大臣賞たたえる/優秀教職員表彰

宮高教員有志が祝賀会


文科省大臣表彰を祝す花束の贈呈を受けて笑顔を見せる渡慶次晃さん=14日、市内レストラン

文科省大臣表彰を祝す花束の贈呈を受けて笑顔を見せる渡慶次晃さん=14日、市内レストラン

 優秀教職員として文科省大臣表彰を受賞した宮古高校教諭の渡慶次晃さんを祝う会がこのほど、市内レストランで開かれた。学校やスポーツ団体から関係者多数が参加し、文科省表彰を祝いつつ渡慶次さんの指導力をたたえた。重量挙げ競技で同校生徒を全国優勝に導いた渡慶次さんは「多くの出会いに恵まれて今の自分がある」と感謝。「これからも自分にできることを続けていく」と語った。

(全文を表示…)

2015年2月18日(水) 09:00 [教育・文化]

厳かに祈年祭/宮古神社

祝儀舞踊など奉納


祝儀舞踊「とうがにあやぐ」が奉納された=17日、宮古神社

祝儀舞踊「とうがにあやぐ」が奉納された=17日、宮古神社

 宮古神社(渡慶次馨宮司)で17日、今年1年の五穀豊穣、国の繁栄、世の平安を祈る大祭「祈年祭」が厳かに執り行われた。市民らが参加。琉球舞踊穂花会が祝儀舞踊「とうがにあやぐ」を奉納した。

(全文を表示…)

2015年2月18日(水) 09:00 [教育・文化]

アーサの収穫体験/宮総実

低水温で青々と育つ


アーサ収穫を体験する生徒と関係者ら=17日、平良の大浦湾アーサ養殖場

アーサ収穫を体験する生徒と関係者ら=17日、平良の大浦湾アーサ養殖場

 宮古総合実業高校(伊志嶺秀行校長)の食と環境科フードクリエイトコース2年生20人が17日、平良の大浦湾アーサ(和名ヒトエグサ)養殖場でアーサ収穫体験を実施した。生徒たちは収穫を通して養殖業の大切さを実感し、次年度の課題研究の主原料であるアーサについて知識を深めた。

(全文を表示…)

2015年2月17日(火) 09:00 [教育・文化]

市の小学学力、全国水準に/「オール宮古で推進」確認

市教育の日で市民大会/基調講演やフリートークなど
積極的な意見が交わされた公開トーク=15日、マティダ市民劇場

積極的な意見が交わされた公開トーク=15日、マティダ市民劇場

 「宮古島市教育の日」の15日、マティダ市民劇場で「宮古島市の教育を語る市民大会」(主催・市教育委員会、共催・市、宮古教育事務所)が開かれた。昨年4月に行われた全国学力・学習状況調査結果で、市の小学生の学力が全国水準に達していることが明らかにされた。参加者らは、スローガン「オール宮古で教育推
地元の高校生

地元の高校生

進」に取り組んでいくことを再確認した。基調講演、公開フリートーク「夢実現」など趣向を凝らしたイベントが併催され、将来の教育や夢を展望した。


 教育の充実と発展を図ることを目的に、毎年2月の第3日曜日が「教育の日」と制定されている。市民が子供たちに対する教育について考え、語り、行動する契機の日とされる。


 東小学校マーチングバンドによる「ブラジル」「君の瞳に恋してる」の演奏で幕開けした。


 主催者を代表して宮國博教育長は「五つの課題である『学力向上の取り組み』『教育研究所の充実』『子育て支援の充実』『教育関連施設の整理と機能の充実』『学校規模適正化』に向け取り組んでいく」と決意を新たにし、学校現場で学力向上の取り組んでいる効果を評価した。


 下地敏彦市長は「私は、次代を担う子供たちの健全な育成に向けた取り組みが、宮古島市の将来を大きく左右するものと考えている。昨年4月に実施された全国学力・学習状況調査において、宮古島市の小学生の学力は、全国水準に達し、大躍進を遂げたことは素晴らしい快挙。子供たちは『やれば出来る』ということを見事に証明してくれた」とたたえ、さらなる学力向上に期待を込めた。


 次いで宮古教育事務所の田場秀樹所長が「人材を以て資源となす」という言葉を強調し、今後とも家庭・学校・地域が一体となって取り組んでいくことに期待を寄せた。


 宮古島出身で「ライオンの子ホールディングス社長の末広尚希さんが「島育ちの教育論~だから自分をあきらめるな~」と題して基調講演した。この中で、三つのこころとして「愛するこころ」「あきらめないこころ」「感謝するこころ」の大切さを取り上げた。


 また「宮古の人頭税は『あきらめないこころ』の運動から廃止された」と先人の強い心を強調した。


 公開フリートークでは、「夢実現」をテーマに宮古出身の大学生4人と地元の高校生5人がパネリストで参加した。末広さんがコーディネーターを務めた。


 伊良部高校3年の浦崎凛さんは「伊良部は人口が減少し、子供の人口も少ない。将来はお世話になった人に恩返ししたい。そのために看護大学を目指して勉強しており、看護師と保健師の資格を取って伊良部島に帰りたい」と夢を語った。

2015年2月17日(火) 09:00 [教育・文化]

世界一への挑戦語る/豊見城あずささん

空手の形も披露/北中教育講演会


豊見城さんの形に見入る生徒たち=16日、北中学校体育館

豊見城さんの形に見入る生徒たち=16日、北中学校体育館

 北中学校(宮国敏弘校長)で16日、「教育の日教育講演会」が開かれた。多良間島出身で空手世界選手権で優勝経験のある豊見城あずささんが講師を務め、「世界一への挑戦」と題し自身の経験を紹介するとともに、空手の形を披露した。

(全文を表示…)

2015年2月15日(日) 09:00 [教育・文化]

スマフツの魅力体感/みゃーく・ワークショップ

佐渡山、ケナンさんが講話/市文化協会主催


会場には多くの参加者が訪れミャークフツの魅力を体感したワークショップ=14日、腰原公民館

会場には多くの参加者が訪れミャークフツの魅力を体感したワークショップ=14日、腰原公民館

 宮古島市文化協会主催の「みゃーく・ワークショップ(文化体験型講座)」の第2回目の講座が14日、腰原公民館で開催された。会場にはスマフツの魅力を体感しようと多くの市民が詰め掛け、んきゃーん塾主宰の佐渡山政子さんと宮古語研究者のセリック・ケナンさんの講話内容に聞き入った。

(全文を表示…)

2015年2月14日(土) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

盛島さん(城辺小6年)に県会長賞/税に関する絵はがきコン

法人会女性部連絡協主催


友利部会長(左)から県法人会連合会女性部会連絡協議会長賞の表彰伝達を受けた盛島さん(中央)と濱川校長=13日、城辺小学校

友利部会長(左)から県法人会連合会女性部会連絡協議会長賞の表彰伝達を受けた盛島さん(中央)と濱川校長=13日、城辺小学校

 沖縄宮古法人会の2014年度「税に関する絵はがきコンクール」で同法人会長賞を受賞していた城辺小6年の盛島朱夏さんの作品がこのほど、県法人会連合会女性部会連絡協議会主催の選考会で同協議会長賞を受賞した。その表彰伝達式が13日、城辺小学校で行われ、沖縄宮古法人会の友利ヒロ子女性部会長から盛島さんに賞状が手渡された。

(全文を表示…)

2015年2月14日(土) 09:00 [教育・文化]

最高は宮総実フードクリエイト1.13倍/宮古地区

宮高理数科は1.05倍/県立高校入試初回志願状況


15年度県立高校最終志願者

15年度県立高校最終志願者

 【那覇支社】県教育庁(諸見里明教育長)は13日、2015年度県立高校一般入試の初回志願状況を発表した。宮古地区4校のうち、2校4学科で定員数を上回った。志願倍率が最も高かったのは宮古総合実業食と環境科フードクリエイトコースの1.13倍で、一般入学定員16人に対し、18人が志願した。宮高理数科は1.05倍で、推薦入学内定者24人を除いた一般入試の定員56人に対し、59人が志願した。一般入試の学力試験は来月10、11の両日に実施される。

(全文を表示…)

2015年2月14日(土) 09:00 [教育・文化]

「クバものがたり」が開幕/総合博物館

暮らしを支えていた民具


クバガサやクバの葉扇などをアピールする博物館職員=13日、市総合博物館

クバガサやクバの葉扇などをアピールする博物館職員=13日、市総合博物館

 市総合博物館(長濱修館長)で13日、第28回企画展「クバものがたり」が幕開けした。かつて暮らしを支えていた民具などが数多く展示され、当時の生活の一端を知る上で貴重な展示となる。3月10日まで。

(全文を表示…)

2015年2月14日(土) 09:00 [教育・文化, 社会・全般]

問題行動をゼロに/高校生の生徒指導標語

優秀賞の5人を表彰


生徒指導標語で優秀賞を受賞した(左から)善平彩楓さん、狩俣優美さん、宮城聖也君、狩俣匡志君、砂川大楓君。右は生徒指導連絡協議会の宮里会長=13日、宮古工業高校

生徒指導標語で優秀賞を受賞した(左から)善平彩楓さん、狩俣優美さん、宮城聖也君、狩俣匡志君、砂川大楓君。右は生徒指導連絡協議会の宮里会長=13日、宮古工業高校

 宮古地区高校生徒指導連絡協議会は13日、地区内5校から集めた生徒指導に関する標語の中で、優秀賞を受賞した生徒5人を表彰した。5人は飲酒、喫煙などを防止するための標語を書き、高校生による問題行動ゼロに向けて決意を新たにした。同協議会および校長会、県立学校PTA連合会は5人の標語を記したクリアファイルを制作し、地区内の全生徒に配布した。

(全文を表示…)

2015年2月13日(金) 09:00 [教育・文化]

「校長便り」を一冊に

知念さん、来間幼小へ寄贈


知念さんが子供たちに贈り喜ばせた=12日、来間幼小学校

知念さんが子供たちに贈り喜ばせた=12日、来間幼小学校

 来間幼小中学校前校長の知念安則さんが在職中に発行していた、園長・校長便り「是っ校長」をこのほど製本し、12日、同幼小学校(池村敏弘校長)に15冊寄贈した。

(全文を表示…)

2015年2月13日(金) 09:00 [教育・文化]

国仲さん(宮総実)最優秀賞/水産高校意見・体験発表

読書の必要性を訴え


水産高校の意見・発表大会で最優秀賞を受賞した国仲真未さん=12日、宮古総合実業高校

水産高校の意見・発表大会で最優秀賞を受賞した国仲真未さん=12日、宮古総合実業高校

 県水産高校意見・発表大会がこのほど、沖縄水産高校で行われ、宮総実1年の国仲真未さんが最優秀賞を受賞した。国仲さんは自身の体験を踏まえて読書の必要性を訴え。「本を読むということは無駄なことではない」と表現力豊かに発表して高い評価を得た。

(全文を表示…)

2015年2月13日(金) 09:00 [教育・文化]

願書受け付け始まる/県立高校一般入試

試験は来月10、11日


午前9時の受け付け開始から各中学校の担当教諭ら受付会場に訪れ手続きを済ませていた=12日、宮古高校

午前9時の受け付け開始から各中学校の担当教諭ら受付会場に訪れ手続きを済ませていた=12日、宮古高校

 3月10、11の両日に実施される高校入試を控え、県立高校で12日から願書受け付けが一斉に始まった。受験まで1カ月を切り、受験生たちは本番に向け、ラストスパートに入っている。 願書受付は13日の午後4時まで行われ締め切り後、各校の倍率を示す初回志願状況が発表される予定。

(全文を表示…)

2015年2月12日(木) 09:00 [教育・文化]

文化体験型講座始まる/市文化協全4回開催

衣食住の変遷学ぶ/初回は上布保持団体代表が講話


新里代表の講話を聞く参加者たち=11日、腰原公民館

新里代表の講話を聞く参加者たち=11日、腰原公民館

 宮古島市文化協会(大城裕子会長)が「温故知新~島の自然と文化を味わう」をテーマに全4回、開催する講座「みゃーく・ワークショップ」の第1回が11日、腰原公民館で開かれた。宮古上布保持団体の新里玲子代表が「今に生かす手わざの味わい」と題し、宮古島の衣文化について講話。参加した市民約40人は宮古上布の歴史などを学んだ。主催者は「文化体験型講座」と位置付けている。

(全文を表示…)

2015年2月12日(木) 09:00 [教育・文化]

学校にシステム構築を/インクルーシブ教育

モデル協力校が実践報告


モデル協力校の教諭がインクルーシブ教育の実践報告を行った=10日、県宮古合同庁舎

モデル協力校の教諭がインクルーシブ教育の実践報告を行った=10日、県宮古合同庁舎

 障害者の権利に関する条約に基づくインクルーシブ教育システムの推進を目的とする宮古地区インクルーシブ教育システム実践成果報告会(主催・宮古教育事務所)が10日、県宮古合同庁舎で開かれた。学校教諭が参加し、モデル協力校の実践報告を聞きながら同教育システムの必要性について理解を深めた。

(全文を表示…)

2015年2月11日(水) 09:00 [教育・文化]

合格の喜びを報告/宮総実生活福祉科

看護師学校・食物調理検定


食物調理技術検定1級に合格した(前列左から)長嶺さん、荷川取さん、来間さん、(後列右から)川満さん、平良美歌さん、平良志緒里さんと担当教諭の下地ひろみ教諭=10日、宮古総合実業高校

食物調理技術検定1級に合格した(前列左から)長嶺さん、荷川取さん、来間さん、(後列右から)川満さん、平良美歌さん、平良志緒里さんと担当教諭の下地ひろみ教諭=10日、宮古総合実業高校

 宮古総合実業高校生活福祉科3年の佐久川愛香さんがこのほど埼玉県にある正看護師専門学校に、来間桃花さんら7人は全国高校家庭科食物調理技術検定1級に合格した。10日に同校で報告会見が開かれ、合格した生徒が喜びを語った。

(全文を表示…)

2015年2月11日(水) 09:00 [教育・文化]

福里さん(宮高3年)ら39個人、11団体表彰/県教育庁

重量挙げ全国優勝を評価


2014年度県児童生徒等表彰式で表彰された福里悠さん=9日、県庁講堂

2014年度県児童生徒等表彰式で表彰された福里悠さん=9日、県庁講堂

 【那覇支社】県教育庁(諸見里明教育長)の「2014年度県児童生徒等表彰式」が9日、県庁講堂で開かれ、スポーツ活動部門の宮古高校3年の福里悠(はるか)さんら39人、11団体が表彰された。

(全文を表示…)

2015年2月10日(火) 09:00 [教育・文化]

「先輩」から宮古の歴史学ぶ/福嶺中

羽地寿さん(宮古島農林水産センター長)が講話


羽地さんは後輩たちに宮古の歴史などを語った=9日、福嶺中学校

羽地さんは後輩たちに宮古の歴史などを語った=9日、福嶺中学校

 福嶺中学校(饒平名和枝校長)で9日、進路学習会が開かれた。同校卒業生で沖縄総合事務局宮古島農林水産センター長の羽地寿さんが講師に招かれ「~先輩から後輩へ~ぷからす ぷからす」と題して講話した。城辺を中心に宮古の歴史などを紹介。福嶺小の児童6人と全校生徒14人は、興味津々に聞き入っていた。

(全文を表示…)

2015年2月10日(火) 09:00 [教育・文化]

久貝君(宮工3年)ら3人に決定/教育の日模範児童・生徒

市教委が発表、15日に表彰


教育の日模範児童・生徒表彰受賞者を発表し、市民大会への来場を呼び掛ける宮國教育長(中央)=9日、市役所城辺庁舎

教育の日模範児童・生徒表彰受賞者を発表し、市民大会への来場を呼び掛ける宮國教育長(中央)=9日、市役所城辺庁舎

 今年度の宮古島市教育の日模範児童・生徒表彰の受賞者が、東小6年の平良文果さん、平良中3年の仲宗根沙也さん、宮古工業高3年の久貝勇介君に決まった。市教育委員会は9日に会見を開き、受賞者を発表するとともに、15日にマティダ市民劇場で開かれる「宮古島市の教育を語る市民大会」への多数の来場を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2015年2月10日(火) 09:00 [教育・文化]

息の合った演奏響かす/全宮古吹奏楽祭

9団体が練習成果披露


9団体が出演し日ごろの練習の成果を披露した全宮古吹奏楽祭=8日、マティダ市民劇場

9団体が出演し日ごろの練習の成果を披露した全宮古吹奏楽祭=8日、マティダ市民劇場

 第28回全宮古吹奏楽祭(主催・宮古地区吹奏楽連盟)が8日、マティダ市民劇場で行われた。小学生からOBまでの9団体が参加し、日ごろの練習の成果を披露した。

(全文を表示…)

2015年2月10日(火) 09:00 [教育・文化]

「子供の良き援助者に」/みつば保育園

創立50周年記念子育て講演会


子どもに対して大人は「抑圧する」のではなく、「良き援助者」となることを呼び掛けた講演会=7日、平良カトリック教会聖堂

子どもに対して大人は「抑圧する」のではなく、「良き援助者」となることを呼び掛けた講演会=7日、平良カトリック教会聖堂

 みつば保育園(島尻末子園長)の創立50周年記念事業「子育て講演会」が7日、平良カトリック教会聖堂で開催された。「モンテッソーリ教育が育む新しい子ども平和~ダメという前に大人ができる援助とは~」の演題でエンジェルハウス研究所の田中昌子所長が講話した。会場には園児の保護者らが詰め掛け、モンテッソーリ教育の子育てについて学んだ。

(全文を表示…)

2015年2月10日(火) 09:00 [教育・文化]

ストレス解消法を学ぶ

市児童家庭課・幼稚園教諭など対象に/いむらきよしさんが講演会


いむらさんが軽快なトークで参加者たちのストレスを発散させた講演会=8日、伊良部公民館

いむらさんが軽快なトークで参加者たちのストレスを発散させた講演会=8日、伊良部公民館

 保育や教育にかかわる人を対象にした市福祉保健部児童家庭課主催の「いむらきよし講演会」が8日、伊良部公民館で行われた。講演会には保育士や幼稚園教諭らが参加し、いむらさんの軽快なトークと「個性心理學」による人間関係の心理分析で自分と相手の性格と相性を知ることで相手の存在を受け入れ、ストレスを解消する方法を学んだ。

(全文を表示…)

2015年2月8日(日) 09:00 [教育・文化]

みやこ少年少女合唱団が40周年

関係者集い記念式典/団員ら合唱劇で喜び表現


結成40周年記念演奏会でオリジナル合唱劇「アナと雪の女王」を披露する団員。笑顔いっぱい歌った=7日、マティダ市民劇場

結成40周年記念演奏会でオリジナル合唱劇「アナと雪の女王」を披露する団員。笑顔いっぱい歌った=7日、マティダ市民劇場

 みやこ少年少女合唱団の結成40周年記念式典と定期演奏会が7日、マティダ市民劇場で開かれた。歴代の団長やOB、その他多くの市民が来場し、40年の歩みを振り返りながら音楽による情操教育の充実に向けて決意を新たにした。演奏会では団員が躍動、オリジナル合唱劇を披露して結成40年の喜びを表現した。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2015年2月
    « 1月   3月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2