「行雲流水」 2015年3月のニュース一覧

2015年3月31日(火) 08:55 [行雲流水]

「21世紀を生きる」(行雲流水)

 21世紀には、平和で、だれもが人間らしく豊かに暮らせる世界への進歩が期待された。ところが、世界は混沌として、争いは絶えず、個人の尊厳が軽視される傾向にある

(全文を表示…)

2015年3月28日(土) 08:55 [行雲流水]

「権利の濫用」(行雲流水)

 春分の日を境に前後3日間の7日間を春の彼岸という。今年は3月21日が春分の日で、その前後18日から24日までの彼岸もあけた。当たり前に廻りくる季節だ。庭先で群れて一斉に薄紫の花を咲かせて楽しませてくれたリュキュウコスミレは爪の間に嵌(はま)るほどの小さな種子を開いて見せたが、今はその種の莢と花や種子を育てた葉が残るだけだ。その葉も夏になれば枯れてしまう

(全文を表示…)

2015年3月24日(火) 08:50 [行雲流水]

「郷の音」(行雲流水)


 そう遠くない昔、私たちの祖先は、恋愛の場でも、お祝いの席でも、アヤグの旋律に即興で歌詞をつけて歌い、想いを伝えあっていた。また、旋律さえも歌う人のアレンジで歌うことがあった

(全文を表示…)

2015年3月19日(木) 08:00 [行雲流水]

「遊び心」(行雲流水)

 中城城址の入り口に大城という集落がある。道路沿いには花や焼き物が並び、道行く人の目を楽しませている。老人クラブに似た「花咲爺の会」の活動成果だという

(全文を表示…)

2015年3月17日(火) 08:55 [行雲流水]

「自由からの逃走」(行雲流水)

 エーリッヒ・フロムは第2次大戦後の世界に大きな影響を与えた思想家として知られている。彼の代表作『自由からの逃走』は、ヒトラーの全体主義に世界が震撼(しんかん)している最中に書かれたもので、自由から逃避しようとする大衆心理がナチスなどの全体主義の温床だとして、自由の危機を訴え、現代文明における自由の意味を説いている

(全文を表示…)

2015年3月14日(土) 08:55 [行雲流水]

「川崎少年事件」(行雲流水)

 3月11日、東日本大震災4周年。午後9時ラジオのスイッチを入れるとNHKの「震災4年特集」が流れていた。大津波で子や孫をなくした親や祖母の悲しみ、悔しさの手紙を朗読するアナウンサーの静かな声が聞こえてきた。父や母を失った子の親を想う手紙も紹介される

(全文を表示…)

2015年3月10日(火) 08:55 [行雲流水]

「マッサン」(行雲流水)

 NHKの連続テレビ小説『マッサン』の評判がいい。視聴率も高く、ウイスキーの売り上げが伸び、関連する歌もヒットしているという。ヒーローのマッサンは、不器用で、どこか脇が甘いが、日本でウイスキーを造るという夢に向かって、一途に情熱を燃やす男である

(全文を表示…)

2015年3月5日(木) 08:55 [行雲流水]

「宮古人のルーツ」(行雲流水)

 総合病院の医師は多忙のようだ。若い医師は、初診者と向き合うのでもなく、パソコンを見ながら質問して短時間で診断(中間)をくだす。昔の医者は、爪の色を診たり、顔色をうかがったりして時間をかけて診察していたものだが

(全文を表示…)

2015年3月3日(火) 08:55 [行雲流水]

「卒業式」(行雲流水)

 3月1日(日)、県立高等学校の卒業式が各高校で行われ、卒業生たちは、家族の見守るなか、恩師や在校生の祝福と激励を受け、希望を胸に新たな世界へ羽ばたいていった

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成29年1月1日現在

    宮古島市 54,083 人
    26,984 人
    27,099人
    世帯数 25,869軒
    多良間村 1,182 人
    635 人
    547 人
    世帯数 527 軒
  • 天気


  •  

    2015年3月
    « 2月   4月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2