「地域・暮らし」 2015年3月のニュース一覧

2015年3月31日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

新入児童にランドセルカバー/宮古島署で贈呈式

まもる君鉛筆セットも


(写真左から)瑞慶山署長、宮里会長、田場所長、村上主事、上原社長と平良副署長=30日、宮古島署

(写真左から)瑞慶山署長、宮里会長、田場所長、村上主事、上原社長と平良副署長=30日、宮古島署

 新入学児童交通安全ランドセルカバーと宮古島まもる君鉛筆セットの贈呈式が30日、宮古島署(瑞慶山力署長)で行われた。宮古島署と地区交通安全協会(宮里敏男会長)から、黄色いランドセルカバーと、魅輝舗(上原日出史社長)から鉛筆セットそれぞれ670人分が県教育事務所(田場秀樹所長)に贈呈された。贈呈された品は教育事務所から各学校の新入児童に配布される。

(全文を表示…)

2015年3月31日(火) 09:00 [地域・暮らし]

笑顔で登校してね/交通安全母の会

新入生にマスコット寄贈


島尻支部長(手前右)から宮國教育長(手前左から3人目)に交通安全マスコットが寄贈された=30日、市役所城辺庁舎

島尻支部長(手前右)から宮國教育長(手前左から3人目)に交通安全マスコットが寄贈された=30日、市役所城辺庁舎

 県交通安全母の会宮古支部の島尻清子支部長らは30日、市役所城辺庁舎を訪れ宮國博教育長に、会員が手作りした「交通安全マスコット」654個を4月から入学する新入生全員に寄贈した。

(全文を表示…)

2015年3月31日(火) 09:00 [地域・暮らし, 政治・行政]

あすから離島割適用/那覇-宮古航空路線

片道8050円に/市「住民カード取得を」


 県の離島住民等交通コスト負担軽減事業で、あす1日から那覇-宮古の航空路線運賃が片道8050円に低減される。1月に民事再生法手続きを申請したスカイマーク(SKY)が同路線で長期運休に入ったことを受けての措置。制度を利用するためには離島住民カードが必要になる。窓口となる市では、同カードの取得を呼び掛けている。

(全文を表示…)

2015年3月31日(火) 09:00 [地域・暮らし]

赤いポスト可愛がってね/狩俣マッチャーズ

子供たちが命名 「まちゃごろう」「まちゃこ」


店の前に設置されたポストに名前を付けて記念撮影する狩俣地区の子供たち=29日、狩俣マッチャーズ

店の前に設置されたポストに名前を付けて記念撮影する狩俣地区の子供たち=29日、狩俣マッチャーズ

 狩俣マッチャーズ(池間等志社長)はこのほど、同店前に昔ながらの赤いポストを設置、29日に命名式を行い、地域の人たちにお披露目した。ポストの名前は子供たちが考え、男の子は「まちゃごろう」、女の子は「まちゃこ」と名付けた。設置したポストは狩俣小学校から借用した。ハガキなど郵便物の投函(とうかん)はできないが、同店では「店のシンボル的存在として客を呼び込んでほしい」と期待している。

(全文を表示…)

2015年3月27日(金) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

好評「シークヮーサーのタレ」

29日からあたらす市場で試食会/高校生が新商品を開発、発売


商品開発に取り組んだ山口愛夢さん(左)と荷川取春佳さん=24日、んまがぬ家

商品開発に取り組んだ山口愛夢さん(左)と荷川取春佳さん=24日、んまがぬ家

 地元高校生が加工生産した「シークヮーサーのタレ」が、試食販売で100本以上も売れるなど関心を集めている。29日から31日まではあたらす市場で行われるイベントで来場者に試食してもらい、新商品をPRすることになっている。

(全文を表示…)

2015年3月27日(金) 09:00 [地域・暮らし]

川満、平良さんを功労表彰/地域雇用創造協

「んまがぬ家」取り組み評価


長濱副市長(中央)から表彰状を授与された川満さん(左)と平良さん=26日、市平良庁舎

長濱副市長(中央)から表彰状を授与された川満さん(左)と平良さん=26日、市平良庁舎

 高校生仕事クラブ「高校生カフェんまがぬ家」功労賞授与式が26日、市平良庁舎で行われた。宮古島地域雇用創造協議会の会長を務める長濱政治副市長から授与された。2013年の開業当時から店舗運営、経営に取り組んできた川満香織さん(宮古総合実業高校3年)と平良美歌さん(同)に功労賞が授与された。調理、接客、商品開発などで活躍してきたことが評価された。

(全文を表示…)

2015年3月25日(水) 09:00 [地域・暮らし]

大橋実現に万歳三唱/沖縄伊良部島郷友会

500人集い盛大に敬老会


敬老会で伊良部大橋の実現を祝し万歳三唱する郷友ら=22日、宜野湾市内のホテル

敬老会で伊良部大橋の実現を祝し万歳三唱する郷友ら=22日、宜野湾市内のホテル

 【那覇支社】沖縄伊良部島郷友会(島尻忠明会長)の敬老会が22日、宜野湾市内のホテルで催され、70歳以上の高齢者の長寿と健康を願い約500人の郷友らが出席した。1956(昭和31)年の初開催以来、今年で60回の節目を迎えた。

(全文を表示…)

2015年3月25日(水) 09:00 [地域・暮らし]

凰陽さん名取に合格/日本舞踊藤間流凰太郎会

名取試験に合格した喜びを報告する凰陽さん=23日、宮古毎日新聞社

名取試験に合格した喜びを報告する凰陽さん=23日、宮古毎日新聞社

 日本舞踊藤間流凰太郎会(平良下里、藤間凰太郎会主)の藤間凰陽さん(本名・根路銘藤香さん)がこのほど、藤間流家元・藤間勘右衛門氏宅(東京)で行われた名取免状試験に合格した。凰陽さんは23日、宮古毎日新聞社を訪れ、名取の免状を受けた喜びを報告した。

(全文を表示…)

2015年3月25日(水) 09:00 [地域・暮らし]

アダンでアンディーラ作り/いけまシマ学校

サニツ向け昔ながらに


手本のアンディーラを見て語り合う参加者=24日、池間島離島振興総合センター

手本のアンディーラを見て語り合う参加者=24日、池間島離島振興総合センター

 いけま福祉支援センター(前泊博美理事長)が運営するいけまシマ学校(儀間利津子校長)は24日、第11回「アンディーラ(網袋)を編む」を実施した。お年寄りら20人が参加し、昔から伝わる魚介類や農作物を入れるアンディーラを完成させた。4月21日に当たるサニツ(旧暦3月3日)と呼ばれる浜下りで活用する予定。

(全文を表示…)

2015年3月25日(水) 09:00 [スポーツ, 地域・暮らし]

下地君は地域の誇り/西城総務会、応援する会

バスケ優秀選手に激励金


西城学区総務会と応援する会が下地流星君(中央)に激励金を贈った=23日、西城中学校

西城学区総務会と応援する会が下地流星君(中央)に激励金を贈った=23日、西城中学校

 西城学区総務会と未来のオリンピック選手を応援する会は23日、バスケットボールのジュニアオールスター県代表に選抜された下地流星君(西城中)に激励金を贈った。それぞれ「下地君は地域の誇り。ますますの活躍を」と励ました。

(全文を表示…)

2015年3月24日(火) 09:00 [地域・暮らし]

海中展望型客船「モンブラン」回航

「オオバンマイ」にどっと


菓子類を投げ込む「オオバンマイ(大判振る舞い)に熱狂する市民ら=22日、平良港第3埠頭、写真下は四国の香川県から回航した海中展望型レストラン客船「モンブラン」

菓子類を投げ込む「オオバンマイ(大判振る舞い)に熱狂する市民ら=22日、平良港第3埠頭、写真下は四国の香川県から回航した海中展望型レストラン客船「モンブラン」

 佐良浜のはやて(本社・伊良部、川平三秀代表)は22日、四国の香川県から旅客定員300人乗りの海中展望レストラン客船「モンブラン」(総トン数650㌧、1500馬力、佐久川清修船長ら乗組員8人)を平良港に回航させた。大勢の市民らが、佐良浜でオオバンマイ(大判振る舞い)と呼ばれる伝統儀式に参加するためにどっと訪れた。市民らが逆さにした傘や発砲スチロールの空箱を頭上に上げて構える中、乗組員らが船上から菓子類を威勢良く投げ込んだ。参加者らは「こっちに投げて」と熱狂。岸壁いっぱいに縁起の良い笑顔が広がっていた。宮古では本格的なクルーズ船の導入は初めて。

(全文を表示…)

2015年3月22日(日) 09:00 [イベント, 地域・暮らし]

キビ刈りお疲れさま/下地でぶがりのーす演芸会

力強い太鼓演舞を披露する子供たち=21日、下地農村環境改善センター

力強い太鼓演舞を披露する子供たち=21日、下地農村環境改善センター

 長い製糖期間の疲れを癒やしてもらおうと、下地地区地域づくり協議会(川満省三会長)は21日、下地農村環境改善センターで第8回ぶがりのーす演芸会を開催した。子供から大人までが参加。舞台の趣向を凝らした太鼓演舞などを満喫し、心身をリフレッシュした。

(全文を表示…)

2015年3月20日(金) 09:00 [地域・暮らし]

60種類の焼き立てパン販売/マックスバリュ宮古南店

「ベーカリー」加え新装開店


60種類の焼き立てパンが販売される店内=19日、マックスバリュ宮古南店

60種類の焼き立てパンが販売される店内=19日、マックスバリュ宮古南店

 改装を進めていたマックスバリュ宮古南店は、新たにマックスベーカリーを加え、きょう20日午前9時にリニューアルオープンする。

(全文を表示…)

2015年3月17日(火) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

アーサ採取で組合員加入/「警告書」が背景か

市民10人が漁協に申請


 漁業権を取得し、海岸に自生している海藻の一種「ヒトエグサ」(宮古方言・アーサ)を採取、販売しようと、一般市民10人が宮古島漁業協同組合(粟国雅博組合長)に組合員加入の申請を行っていることが分かった。今年1月、アーサ採取中の一般市民が「漁業法に抵触し漁業権を侵害した」として、宮古島海上保安署から「警告書」を受けたことが背景にあると見られる。宮古島、伊良部、池間の3漁協は旧暦の3月3日「サニツ」(今年は4月21日)を控えていることから、アーサの採取を含む漁業権について、市民に理解を求める統一見解を近日中にも示す予定だ。

(全文を表示…)

2015年3月12日(木) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

城間克子さんがピアノ寄贈/ストリートピアノプロジェクト第1号

伊良部「てぃだの郷」に設置


長濱委員長(左から2人目)から感謝状が贈られ喜ぶ城間さん(右)=11日、伊良部のホテルてぃだの郷

長濱委員長(左から2人目)から感謝状が贈られ喜ぶ城間さん(右)=11日、伊良部のホテルてぃだの郷

 伊良部字仲地に住む城間克子さんが、古くなったピアノの命をよみがえらせて地域振興・活性化のために活用してくださいと、ストリートピアノプロジェクト宮古島実行委員会(長濱隆委員長)に11日、寄贈した。伊良部のホテル「てぃだの郷」(猪子立子代表)でお披露目が行われた。長濱委員長が城間さんに感謝状を贈ると、関係者らが大きな拍手を送った。

(全文を表示…)

2015年3月11日(水) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

家、車など獅子で厄払い/城辺比嘉

旧二十日正月祭で豊年祈願


2頭の獅子がリフォームされた家の厄払いをした=10日、城辺比嘉

2頭の獅子がリフォームされた家の厄払いをした=10日、城辺比嘉

 城辺比嘉自治会(砂川雅一郎会長)の「旧二十日正月祭」が旧暦1月20日に当たる10日、比嘉集落で行われた。2頭の獅子がリフォームされた家や、大型農機具を購入した人の家を回って厄を払った。地域住民は公民館に集まってクイチャーを踊り、向こう1年の豊作と無病息災を祈願した。

(全文を表示…)

2015年3月11日(水) 09:00 [地域・暮らし]

手作り弁当で英気養う/高校入試昼食

家族が受験生を激励


午後からの試験に向け、手作り弁当で緊張をやわらげる受験生と家族ら=10日、宮古高校

午後からの試験に向け、手作り弁当で緊張をやわらげる受験生と家族ら=10日、宮古高校

 県立高校一般入試初日が行われた10日の昼、入試会場となった市内各高校の校庭や体育館では受験生を家族らが手作り弁当で激励する、宮古島の風物詩とも言える光景が見られた。受験生は午後からの試験に向け、愛情のこもった弁当と家族からの励ましで英気を養っていた。

(全文を表示…)

2015年3月8日(日) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

旧十六日祭にぎわう/親族で後世の正月祝う

親族が集まり墓前で感謝の祈りを捧げる与那覇さんら=6日、伊良部池間添

親族が集まり墓前で感謝の祈りを捧げる与那覇さんら=6日、伊良部池間添

 旧暦1月16日に当たる6日、市内各所の墓地は旧十六日祭(ジュウルクニツ)を祝う家族連れで混雑した。先祖の墓前に親族一堂が集まり、皆が元気であることを報告するとともに、今年1年の健康を願った。持参した多くの料理を供え、後世(グソー)の正月を祝った。

(全文を表示…)

2015年3月6日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

きょう「十六日祭」

市内スーパー 買い物客でにぎわう


十六日祭に供える和菓子詰め合わせなどを買い求める客ら=5日、市内の大型スーパー

十六日祭に供える和菓子詰め合わせなどを買い求める客ら=5日、市内の大型スーパー

 きょう6日は旧暦1月16日に当たる、あの世の正月「ジュウルクニツ(十六日祭)」。宮古の家庭によっては仏壇に果実や菓子、豚肉・魚料理などのごちそうを供え、ご先祖さまに無病息災や子孫繁栄を祈る。

(全文を表示…)

2015年3月6日(金) 09:00 [地域・暮らし]

雪だ!気持ちいい!/池間添児童館の園児

北海道からの贈り物に笑顔


初めての雪に触れて飛び切りの笑顔を見せる子供たち=5日、池間添児童館

初めての雪に触れて飛び切りの笑顔を見せる子供たち=5日、池間添児童館

 伊良部佐良浜の池間添児童館(池原トミ館長)に5日午後、北海道から雪が届いた。子供たちは初めて見る雪に大興奮。「雪だ!とても気持ちいい」などと歓声を上げた。

(全文を表示…)

2015年3月6日(金) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

火の用心を呼び掛け/園児たちが防火パレード

拍子木を鳴らしながら火の用心を呼び掛ける園児たち=5日、西里通り

拍子木を鳴らしながら火の用心を呼び掛ける園児たち=5日、西里通り

 幼年・少年防火クラブパレードが5日、平良の目抜き通りで行われ、園児たちが拍子木を「カチカチ」と鳴らしながら火の用心を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2015年3月4日(水) 09:00 [地域・暮らし]

新たな撮影スポットに/伊良部島

親泊浜から大橋景観


新たな撮影スポットとして人気のある親泊浜=伊良部

新たな撮影スポットとして人気のある親泊浜=伊良部

 伊良部の親泊浜が新たな撮影スポットとして注目を集めている。伊良部大橋と手前に見えるサメの背ビレに似た廃船の残骸、アダンの木を絡めた被写体が一幅の絵のようだ。

(全文を表示…)

2015年3月1日(日) 09:00 [地域・暮らし, 社会・全般]

鮮魚販売3倍以上に/伊良部大橋開通から1カ月

郷土料理店もツアー客で満席


取れたてのカツオやマグロを買い求めに訪れた家族連れら=28日、佐良浜漁港

取れたてのカツオやマグロを買い求めに訪れた家族連れら=28日、佐良浜漁港

 伊良部大橋開通から1カ月を迎えた28日、伊良部への移動時間の短縮から経済効果の兆しが見えつつある。伊良部漁協のその日に水揚げされた鮮魚販売は3倍以上の売り上げ、地域のレストランや食堂は利用客が3~4倍に急増するなど、地域活性化が浸透し定着の様相を見せている。

(全文を表示…)

2015年3月1日(日) 09:00 [地域・暮らし]

島野菜を見直そう

みゃーく・ワークショップ/全4回講座終了


「島野菜を食卓へ」と題して行われたみゃーく・ワークショップの最終講座=28日、平良・腰原公民館

「島野菜を食卓へ」と題して行われたみゃーく・ワークショップの最終講座=28日、平良・腰原公民館

 宮古島市文化協会(大城裕子会長)主催の「みゃーく・ワークショップ」が28日、平良の腰原公民館で開かれた。今回は「島野菜を食卓へ」と題し、家庭菜園(宮古方言・カフツ)の良さや、自分が生まれ育った環境に根差した食べ物を改めて見つめ直して、農業とは何か、健康とは何かを探った。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2015年3月
    « 2月   4月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2