「教育・文化」 2015年3月のニュース一覧

2015年3月29日(日) 09:00 [教育・文化]

宮原小の誇り、永遠に/閉校式行う

58年の歴史に幕/児童は鏡原小学校へ


宮原小の思い出を語る児童。集まった多くの関係者が58年の歴史を振り返った=28日、宮原小体育館

宮原小の思い出を語る児童。集まった多くの関係者が58年の歴史を振り返った=28日、宮原小体育館

 4月から鏡原小学校と統合する宮原小学校の閉校式が28日、同校体育館で行われた。地域住民をはじめ関係者の多数が出席し、58年の歴史を振り返りながら惜別の時を共有した。児童は思い出いっぱいの学校生活を振り返り、地域住民は学びの拠点の最後の瞬間を惜しんだ。自治会長の川満定秀さんは「学校はなくなるかもしれないが、私たちの心から消えることは永遠にない」と声を振り絞った。

(全文を表示…)

2015年3月28日(土) 09:00 [教育・文化]

日ごろの練習成果披露/平良中吹奏楽部定期演奏会

行進曲など力強く演奏


定期演奏会で部員たちは日ごろの練習の成果を披露した=26日、マティダ市民劇場

定期演奏会で部員たちは日ごろの練習の成果を披露した=26日、マティダ市民劇場

 平良中学校吹奏楽部(下地秀樹顧問)の第38回定期演奏会(主催・同部)が26日、マティダ市民劇場で開催された。部員たちはこれまで練習してきた成果を披露。吹奏楽部が奏でる、時には力強く、時には繊細な音楽に観客から大きな拍手が送られた。

(全文を表示…)

2015年3月28日(土) 09:00 [教育・文化]

宮原小、58年の歴史に幕/きょう閉校

羽美、楠生さんが門出/最後の卒業生を祝福


在校生や父母らでつくる花道を通って門出する卒業生。右から木曽羽美さん、豊見山楠生さん=27日、宮原小学校

在校生や父母らでつくる花道を通って門出する卒業生。右から木曽羽美さん、豊見山楠生さん=27日、宮原小学校

 「宮原小卒業生の誇りを胸に旅立ちます」-。2015年度から鏡原小学校と統合する宮原小学校(国仲克紀校長)で27日、最後の卒業式が行われた。卒業したのは木曽羽美(うみ)さんと豊見山楠生(なお)さん。2人は閉校の寂しさをかみしめながら夢の実現を誓って母校を巣立った。28日には閉校式が行われる。

(全文を表示…)

2015年3月27日(金) 09:00 [教育・文化]

グローバル化テーマに講話

村田学長(同志社大学)/協定書締結関連事業


「グローバル化時代の教育と地域の視点」をテーマに行われた講演会=26日、市中央公民館

「グローバル化時代の教育と地域の視点」をテーマに行われた講演会=26日、市中央公民館

 宮古島市と教育・研究交流を目的とした連携協力に関する包括協定を締結した同志社大学の村田晃嗣学長を講師に招いた講演会が26日、市中央公民館で行われた。村田学長は「グローバル化時代の教育と地域の視点」をテーマに講話し、グローバル化と国際化の違いについて説明。国が主役ではなく脇役となり、地球全域で同時進行に起こっている事象がグローバル化であることを訴えた。


 グローバル化について、村田学長は「どんな大国同士でも、限られた範囲で起こっている現象をグローバル化とは言わない。地球全域で同時進行で起こっている事象がグローバル化である」と説明した。


 また、国際化については「国と国の関係を考えるのが国際化、政府が主役で、国が前面に出ていかないといけない」と述べた。


 その上でグローバル化現象については「国境というのがどんどん敷居として弱いものになり、国も政府もコントロールできない形で人、物、情報、お金が国境を越えて自由に行き来し出す状況がグローバル化。目の前に起こっている現象を国際化とみるのかグローバル化とみるのかが重要」と述べた。


 そのほかにも「グローバル化では、政府や中央官庁が控えめな脇役となることが大切。たとえばこの問題については沖縄県や宮古島市、私たち同志社大学などがそれぞれが頑張って下さいと政府が立ち位置をはっきりすることが大切で、それが明確化していないのが今の日本におけるグローバル化の現状」と述べた。


 会場には、市の職員や市民、高校生らが詰め掛けて村田学長の講話内容に真剣な表情で聞き入っていた。

2015年3月27日(金) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

好評「シークヮーサーのタレ」

29日からあたらす市場で試食会/高校生が新商品を開発、発売


商品開発に取り組んだ山口愛夢さん(左)と荷川取春佳さん=24日、んまがぬ家

商品開発に取り組んだ山口愛夢さん(左)と荷川取春佳さん=24日、んまがぬ家

 地元高校生が加工生産した「シークヮーサーのタレ」が、試食販売で100本以上も売れるなど関心を集めている。29日から31日まではあたらす市場で行われるイベントで来場者に試食してもらい、新商品をPRすることになっている。

(全文を表示…)

2015年3月27日(金) 09:00 [政治・行政, 教育・文化]

市、同志社大と協定締結

学習活動支援し交流図る/市長と村田学長が署名


下地市長と(左)と村田学長が互いに署名し包括協定を締結した=26日、市役所平良庁舎

下地市長と(左)と村田学長が互いに署名し包括協定を締結した=26日、市役所平良庁舎

 教育と研究交流を目的とした宮古島市(下地敏彦市長)と同志社大学(村田晃嗣学長)による包括協定締結式が26日、市役所平良庁舎で行われた。下地市長と村田学長がそれぞれ協定書に署名し、同協定を締結した。今回の協定を機に市と大学側は、さらなる連携強化を図り学生と市民が互いに学び合うよりよい環境の構築に向けて取り組んでいくことを確認した。

(全文を表示…)

2015年3月26日(木) 09:00 [教育・文化]

アラフ遺跡出土品を移管/沖国大

「学校教育で生かして」


移管されたアラフ遺跡の出土資料が展示されている。右は宮國教育長、中央は江上さん=25日、市役所城辺庁舎

移管されたアラフ遺跡の出土資料が展示されている。右は宮國教育長、中央は江上さん=25日、市役所城辺庁舎

 城辺新城海岸近くのアラフ遺跡の出土遺物が25日までに、沖縄国際大学から宮古島市教育委員会に移管された。シャコガイ製の貝斧など移管された出土遺物は1万5000点に及ぶ。発掘調査を行った同大教授の江上幹幸さんは「学校教育の場で生かしてほしい」と話し、貴重な歴史資料の活用に期待を込めた。出土遺物の一部は市役所城辺庁舎に展示されている。

(全文を表示…)

2015年3月26日(木) 09:00 [教育・文化]

12幼稚園で預かり保育

4月から受け入れへ/市教委が要綱を決定


預かり保育の対象園

預かり保育の対象園

 子ども・子育て支援新制度への移行によって5歳児の午後の預かり先がなくなる「5歳児」問題で、宮古島市教育委員会は25日、市幼稚園預かり保育実施要綱を決定した。これにより4月から全園児を対象とする午後の預かり保育が実施される。平一、北、南、東など12園が受け入れる。保育料は月額5000円。

(全文を表示…)

2015年3月24日(火) 09:00 [教育・文化]

感性豊かに詠む

子ども俳句吟行会・かるた大会


楽しく俳句を詠む参加者ら=22日、市内のカママ嶺公園

楽しく俳句を詠む参加者ら=22日、市内のカママ嶺公園

 宮古島ジュニア俳句育成会(伊志嶺亮会長)主催の春の子ども俳句吟行会が22日、市内のカママ嶺公園で開かれた。参加した30人の子供たちは、豊かな感性と国語力で秀作を詠んでいた。併せて俳句かるた大会が開かれ、子供たちの歓声が上がっていた。

(全文を表示…)

2015年3月19日(木) 09:00 [教育・文化]

包丁さばきに興味津々/宮総実ですし技術講習会

卒業生の上地さんが指導


生徒たちは上地さん(左)の高い技術に見入っていた=17日、宮古総合実業高校

生徒たちは上地さん(左)の高い技術に見入っていた=17日、宮古総合実業高校

 宮古総合実業高校の農産加工品を用いたすし技術講習会が17日、生物生産科の生徒20人を対象に同校で行われた。講師には東京のすし店で30年勤務し、板前として経験を積んだ上地徳栄さん(48)を迎え、すし修業の経験談や高校時代の過ごし方のほか、すしネタの下処理の仕方など技術指導も行われた。

(全文を表示…)

2015年3月19日(木) 09:00 [教育・文化]

「うわーでっかい」

園児がジャガイモ収穫/ひばり保育園


ジャガイモを収穫し歓声を上げる園児=16日、平良下里

ジャガイモを収穫し歓声を上げる園児=16日、平良下里

 ひばり保育園(下地宏幸園長)は16日、園舎隣にある畑でジャガイモの収穫を行った。土の中から自分の握り拳よりも大きなジャガイモを掘り起こした園児たちは「うわーでっかい」と歓声を上げ、収穫の喜びを表していた。

(全文を表示…)

2015年3月18日(水) 09:00 [教育・文化]

531人に桜咲く/宮古4高校で合格発表

笑顔と歓声あふれる


宮古地区4高校で合格発表が行われ自分の番号を見つけた受験生たちの歓声が上がった=17日、宮古高校

宮古地区4高校で合格発表が行われ自分の番号を見つけた受験生たちの歓声が上がった=17日、宮古高校

 県立高校入学試験の合格発表が17日午前9時から、県内一斉に行われた。宮古地区の4校でも合格者の番号が張り出され、番号を見つけた受験生たちの歓声が上がった。合格者数は4校合わせて531人(推薦合格を含む)。入学式は各校とも4月7日に行う。

2015年3月18日(水) 09:00 [教育・文化]

観光業発展のチャンス

中村良三さん(まちづくり推進機構)が講話/伊良部高校


生徒たちに分かりやすく指導する中村さん(左)=17日、伊良部高校

生徒たちに分かりやすく指導する中村さん(左)=17日、伊良部高校

 伊良部高校(平良智枝子校長)で17日、講師に招かれたプラネット・フォーまちづくり推進機構の中村良三さんが「持続可能な観光地づくり」と題して講話した。中村さんは「伊良部は伊良部大橋開通で観光業が発展するチャンスが出た。観光業の仕事でカネをもうけるチャンスとして捉えてほしい」と提起した。

(全文を表示…)

2015年3月18日(水) 09:00 [教育・文化]

野菜200㌔を贈呈/JA野菜出荷連絡協平良支部

地産地消、食育の一環で


JA宮古地区野菜・果樹生産出荷連絡協平良支部から野菜200㌔が贈呈された=17日、市平良給食センター

JA宮古地区野菜・果樹生産出荷連絡協平良支部から野菜200㌔が贈呈された=17日、市平良給食センター

 JA宮古地区野菜・果樹生産出荷連絡協議会平良支部(久保弘美支部長)は17日午後、平良地区で生産したトウガンやゴーヤーなどの野菜約200㌔を平良給食センターに贈呈した。野菜は児童生徒の給食の食材として活用される。

(全文を表示…)

2015年3月17日(火) 09:00 [教育・文化]

姉妹そろって入賞/ピアノ・バッハコンクール全国大会

本田采那さん銀、侑良さん銅


日本バッハコンクール全国大会で銀賞の采那さん(左)と銅賞の侑良さん姉妹=15日、前泊ピアノ教室・平良西里

日本バッハコンクール全国大会で銀賞の采那さん(左)と銅賞の侑良さん姉妹=15日、前泊ピアノ教室・平良西里

 ピアノの第5回日本バッハコンクール全国大会で、本田采那さん(平良第一小3年)が銀賞、妹の侑良さん(花園幼)が銅賞を獲得、姉妹そろって入賞した。指導した前泊ピアノ教室の前泊政代さんは「全国はレベルが高くて、入賞するとは思わなかった」と快挙にびっくり。「2人とも練習熱心。姉妹で互いに刺激しあって伸びている」とたたえた。

(全文を表示…)

2015年3月15日(日) 09:00 [教育・文化]

アニメの世界へ引き込む/宮高吹奏楽部が定期演奏会

クラシックや三重奏など多彩に


クラシックやアニメ映画の主題歌など幅広い演奏を繰り広げた宮高吹奏楽部の定期演奏会=14日、マティダ市民劇場

クラシックやアニメ映画の主題歌など幅広い演奏を繰り広げた宮高吹奏楽部の定期演奏会=14日、マティダ市民劇場

 第47回宮古高校吹奏楽部の定期演奏会が14日、マティダ市民劇場で行われた。3年生の「卒業演奏」も兼ねたステージは、クラシックやアニメ音楽など幅広いプログラムで聴衆を楽しませた。

(全文を表示…)

2015年3月14日(土) 09:00 [教育・文化]

旅立ちの季節/中学で卒業式

在校生や父母らでつくる花道を通って門出する卒業生=13日、鏡原中学校

在校生や父母らでつくる花道を通って門出する卒業生=13日、鏡原中学校

 宮古地区の中学校9校(池間小中含む)の卒業式が13日、各校で行われた。校長から卒業証書を受け取った生徒たちは、4月から始まる新しい生活に胸を膨らませながら慣れ親しんだ母校を後にした。きょう14日は7校で行われる。

2015年3月14日(土) 09:00 [教育・文化]

上原君(北小6年)が入選/家庭倫理の会

しきなみ子供短歌コンクール 入賞者に表彰伝達


表彰伝達を受けた(前列左から)上原君、知念君、下地君=13日、北小学校

表彰伝達を受けた(前列左から)上原君、知念君、下地君=13日、北小学校

 倫理研究所主催の「第10回しきなみ子供短歌コンクール」で、北小学校6年の上原史皓君が入選、同6年の下地遥也君と同1年の知念慎理君、鏡原小学校5年の大濱佑芽さんが佳作に入賞した。北小学校児童3人への表彰伝達が13日に同校で行われ、「家庭倫理の会宮古島市」(砂川宏子会長)から賞状が贈られた。

(全文を表示…)

2015年3月14日(土) 09:00 [教育・文化]

田んぼでかけっこ/宮島小

どろんこ運動会で歓声


泥だらけになりながら、リレーなどを楽しむ児童ら=13日、宮島小学校

泥だらけになりながら、リレーなどを楽しむ児童ら=13日、宮島小学校

 宮島小学校(屋嘉比俊哉校長)で13日、どろんこ運動会が行われた。全校児童8人らが、歓声を上げながら同校の田んぼで、泥だらけになってリレーなどを楽しんだ。

(全文を表示…)

2015年3月13日(金) 09:00 [教育・文化]

16人が新1年生へ/多良間

過去5年間で最多入学


新1年生となる入学式を楽しみにしている園児たち=10日、多良間幼稚園

新1年生となる入学式を楽しみにしている園児たち=10日、多良間幼稚園

 【多良間】多良間幼稚園(森田正人園長)のばら組16人(男の子8人、女の子8人)が、新年度から新1年生として多良間小学校に入学する予定。16人が入学した場合、過去5年では最多となる。入学式を控え、夢と希望を膨らませている。

(全文を表示…)

2015年3月13日(金) 09:00 [教育・文化]

「みらい号」初体験/伊良部小

図書カード取得前に巡回


子供たちは人気のある本を競い合って取っていた=11日、伊良部小学校

子供たちは人気のある本を競い合って取っていた=11日、伊良部小学校

 市平良図書館(砂川隆館長)は11日、「初体験みらい号in伊良部小」を実施した。約2500冊の本を載せている移動図書館「みらい号Ⅱ世」の担当職員は、子供たちに本を借りる方法などを指導し、本に触れさせた。子供たちは、さまざまな本を手に取り目を輝かせていた。

(全文を表示…)

2015年3月13日(金) 09:00 [教育・文化]

個に応じた支援を/市立教育研究所

濱川さんらが研究結果報告


まてぃだ教室の運営および成果と課題を報告する濱川貴美子さん=12日、市中央公民館

まてぃだ教室の運営および成果と課題を報告する濱川貴美子さん=12日、市中央公民館

 宮古島市立教育研究所の2014年度後期研究教員による教育研究報告会が12日午後、市中央公民館で開かれた。適応指導教室「まてぃだ教室」の指導教諭の濱川貴美子さんは自己肯定感を育む支援のあり方を研究。コミュニケーション力を高める個に応じた支援アプローチによって心を開いていく生徒たちの変容を成果の一つに挙げた。

(全文を表示…)

2015年3月11日(水) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

家、車など獅子で厄払い/城辺比嘉

旧二十日正月祭で豊年祈願


2頭の獅子がリフォームされた家の厄払いをした=10日、城辺比嘉

2頭の獅子がリフォームされた家の厄払いをした=10日、城辺比嘉

 城辺比嘉自治会(砂川雅一郎会長)の「旧二十日正月祭」が旧暦1月20日に当たる10日、比嘉集落で行われた。2頭の獅子がリフォームされた家や、大型農機具を購入した人の家を回って厄を払った。地域住民は公民館に集まってクイチャーを踊り、向こう1年の豊作と無病息災を祈願した。

(全文を表示…)

2015年3月11日(水) 09:00 [教育・文化]

4校に423人受験/高校一般入試始まる

県立高校一般入試初日の学力検査を受ける受験生たち=10日、宮古高校

県立高校一般入試初日の学力検査を受ける受験生たち=10日、宮古高校

 県立高校の2015年度一般入試一日目が10日、各校で行われ、初日は国語、理科、英語の3教科の学力検査が実施された。宮古地区では宮古高校、宮古総合実業高校、宮古工業高校、伊良部高校の4校に計423人が受験。会場となった各校の教室では、受験生が真剣な表情で問題に取り組んでいた。

(全文を表示…)

2015年3月10日(火) 09:00 [教育・文化]

きょうから高校入試/宮古4校423人が受験

入試に備え前日から学校入口に設置された学力検査の時間割や会場配置図=9日、宮古高校

入試に備え前日から学校入口に設置された学力検査の時間割や会場配置図=9日、宮古高校

 2015年度県立高校の一般入試がきょう10日とあす11日の2日間、各校で実施される。宮古地区では4校に計423人が受験する。合格発表は17日午前9時から各校で行われる。

(全文を表示…)

2015年3月9日(月) 09:00 [教育・文化]

かるかんづくりに挑戦/城辺公民館講座

親子で伝承料理学ぶ



かるかんまんじゅうづくりに挑戦する子供たち=8日、城辺公民館

かるかんまんじゅうづくりに挑戦する子供たち=8日、城辺公民館

 城辺公民館で8日、伝承料理講座が開かれ、親子が参加してかるかんまんじゅうの作り方を学んだ。

(全文を表示…)

2015年3月8日(日) 09:00 [教育・文化]

荷川取さんと中島さんW優勝/全宮古小学生珠算大会

個人総合と種目別制す/269人が腕を競う


学年別個人総合競技や種目別競技で優勝した(前列左から)にかどりさん、久貝さん、荷川取さん、(後列左から)大里さん、佐和田さん、中島さん、久貝鈴華さん=7日、市中央公民館大ホール

学年別個人総合競技や種目別競技で優勝した(前列左から)にかどりさん、久貝さん、荷川取さん、(後列左から)大里さん、佐和田さん、中島さん、久貝鈴華さん=7日、市中央公民館大ホール

 第19回全宮古小学生珠算競技大会(主催・全国珠算教育連盟沖縄県支部宮古地区)が7日、市中央公民館大ホールで開かれた。幼稚園から小学校6年生まで269人が出場し、学年ごとの個人総合競技と種目別3競技で日ごろの練習成果を競い合った。競技の結果、荷川取美佑さん(平一小3年)と中島三奈さん(東小6年)が個人総合と種目別でダブル優勝に輝いた。

(全文を表示…)

2015年3月8日(日) 09:00 [地域・暮らし, 教育・文化]

旧十六日祭にぎわう/親族で後世の正月祝う

親族が集まり墓前で感謝の祈りを捧げる与那覇さんら=6日、伊良部池間添

親族が集まり墓前で感謝の祈りを捧げる与那覇さんら=6日、伊良部池間添

 旧暦1月16日に当たる6日、市内各所の墓地は旧十六日祭(ジュウルクニツ)を祝う家族連れで混雑した。先祖の墓前に親族一堂が集まり、皆が元気であることを報告するとともに、今年1年の健康を願った。持参した多くの料理を供え、後世(グソー)の正月を祝った。

(全文を表示…)

2015年3月5日(木) 09:00 [教育・文化]

三線の音色響かせる/さんしんの日で愛好家ら演奏会

 1993年に琉球放送が提唱して始まった「ゆかる日 まさる日 さんしんの日」が4日、読谷村文化センターを主会場に開催された。今回で23回目となる「さんしんの日」も、世界中の三線愛好家らが一斉に「かぎやで風」を奏でた。各会場では琉球放送の時報音に合わせて演奏をスタートさせ、三線の魅力を国内外に発信した。この時報音は三線の調弦C調と同じで、「かぎやで風」の最初の音と同じであることからそれに合わせて演奏ををスタートさせている。世界中で三線の音色が響く中、宮古各地でも宮古民謡、琉球民謡愛好家らがそれぞれに会して、三線の美しい調べを披露した。

(全文を表示…)

2015年3月2日(月) 09:00 [教育・文化]

プロの発声など学ぶ/少年少女合唱団

劇団四季がワークショップ


渡久山さん(左)ら役者陣の助言を受けながら母音で歌う練習をする合唱団の子供たち=1日、市中央公民館

渡久山さん(左)ら役者陣の助言を受けながら母音で歌う練習をする合唱団の子供たち=1日、市中央公民館

 あす3日にマティダ市民劇場で公演を行う劇団四季の役者陣による宮古島市少年少女合唱団を対象とした発声方法ワークショップが1日、市中央公民館で開かれた。小学2年生から中学3年生までの合唱団員約50人が参加し、プロの発声方法などを学んだ。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2015年3月
    « 2月   4月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2