2015年6月26日のニュース一覧

2015年6月26日(金) 09:00 [地域・暮らし]

「6月マミ」を脱穀/夏の風物詩

伊良部南区で小豆収穫


叩き棒を使って小豆を脱穀する西原さん=25日、伊良部長浜地区

叩き棒を使って小豆を脱穀する西原さん=25日、伊良部長浜地区

 宮古の夏の風物詩の一つ、「6月マミ(小豆)」の収穫が終盤に入り、伊良部南区の民家の庭先では、黒小豆(あずき)の天日干しと脱穀が懐かしい風情を醸し出している。

(全文を表示…)

2015年6月26日(金) 09:00 [政治・行政]

「答弁は思い違い」/下地選管委員長

3月議会での発言訂正


市議会3月定例会発言を訂正する下地委員長=25日、市議会議場

市議会3月定例会発言を訂正する下地委員長=25日、市議会議場

 市選挙管理委員会の下地淳徳委員長は25日の市議会6月定例会本会議の冒頭、3月定例会で仲間賴信氏の一般質問に答弁した内容について、思い違いによる誤りがあったとして発言を訂正するとともに、誤解を与えたことを謝罪した。

(全文を表示…)

2015年6月26日(金) 09:00 [政治・行政]

「自衛隊配備は必要」/市長が見解表明

賛否は市議会判断を尊重


陸上自衛隊の配備計画について「配備は必要」との考えを発表する下地市長=25日、市役所平良庁舎

陸上自衛隊の配備計画について「配備は必要」との考えを発表する下地市長=25日、市役所平良庁舎

 下地敏彦市長は25日、市役所平良庁舎で会見を開き、現在、市に示されている陸上自衛隊配備計画について、「備えあれば憂いなし」のための配備であり、市民の生命・財産を保全するために必要との考えを示した。一方で、受け入れを表明するものではないことを強調し、配備の賛否に関しては同日、6月定例会が開会した市議会の判断を尊重する考えを示した。

(全文を表示…)

2015年6月26日(金) 09:00 [教育・文化]

「きれいに磨けたよ」

平一小・親子はみがき教室/平良院長が講話


正しい歯磨きの仕方を学ぶ児童ら=25日、平良第一小学校

正しい歯磨きの仕方を学ぶ児童ら=25日、平良第一小学校

 平良第一小学校(乾邦夫校長)で25日、毎年恒例のKAZUデンタルクリニックによる「親子はみがき教室」が1年3組の児童とその保護者を対象に行われた。

(全文を表示…)

2015年6月26日(金) 09:00 [政治・行政]

マリン社 市持ち株処分を承認

先議として初日に採決/市議会6月定例会が開会


下地市長が議案の提案理由を説明する市議会6月定例会初日=25日、市議会議場

下地市長が議案の提案理由を説明する市議会6月定例会初日=25日、市議会議場

 宮古島市議会(真栄城徳彦議長)の6月定例会が25日に開会した。初日は、補正予算案5、条例案9、議決案4、報告4の計22議案について下地敏彦市長が提案理由を説明したほか、議案に対する質疑などが行われた。先議案件として提案された宮古島マリンターミナル社の市の全持ち株を処分する議案は全会一致で原案通り承認された。

(全文を表示…)

2015年6月26日(金) 09:00 [政治・行政]

今年度から算出方法変更/入域観光客数

同数でも従来より多く計算
観光商工局「実数に近づく」


 宮古島市は今年度から入域観光客数の算出方法を変更した。これまでは算出に航空乗客に占める島外在住者の割合を示す混在率に市内ホテルの稼働率を加味した混在率を採用してきたが、今年度からは空港乗客の混在率のみで算出する。その結果、混在率の割合は高くなり、乗客数が昨年度と同数なら入域観光客数は年間で5万人ほど多く算出される。市観光商工局ではこれにより実数により近づくとの考えを示す。

(全文を表示…)

2015年6月26日(金) 08:55 [はばたけあすの顔]

本が大好き/上野小学校1年1組

男子9人、女子10人


上野小学校1年1組

上野小学校1年1組

 上野小学校(砂川芳広校長)の2015年度入学児童は39人と前年度より9人増え、8年ぶり2クラス編成となった。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年5月1日現在

    宮古島市 54,052 人
    27,039 人
    27,013 人
    世帯数 26,625 軒
    多良間村 1,175 人
    630 人
    545 人
    世帯数 519 軒
  • 天気


  •  

    2015年6月
    « 5月   7月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2