「環境・エコ」 2015年7月のニュース一覧

2015年7月23日(木) 09:05 [環境・エコ]

10年間で2万3448本植樹/宮古グリーンネット

総会で実績報告 さらなる緑化推進に決意


10年間の植樹実績などが報告された通常総会=22日、宮古森林組合

10年間の植樹実績などが報告された通常総会=22日、宮古森林組合

 美ぎ島宮古グリーンネット(会長・下地敏彦市長)の第10回通常総会が22日、宮古森林組合で開かれた。総会では2005年から14年までの10年間の実績として、延べ4286人で2万3448本の木を7万8813平方㍍に植樹した実績が報告された。また、提案された14年度収支決算書など、4議案はすべて全会一致で可決された。

(全文を表示…)

2015年7月5日(日) 09:00 [環境・エコ]

与那覇湾で海草植え付け/宮古島市

ラムサール登録2周年記念


コアマモ植え付け行う参加者たち=4日、与那覇湾

コアマモ植え付け行う参加者たち=4日、与那覇湾

 与那覇湾が2012年7月3日にラムサール条約登録されてから2周年を迎える記念行事として、同湾での生息域が減少している海草コアマモの植え付けが4日、市の主催で行われた。市職員や宮古野鳥の会、地域住民ら約20人が生息域外での植え付けを体験した。

(全文を表示…)