「社会・全般」 2015年7月のニュース一覧

2015年7月31日(金) 09:07 [教育・文化, 社会・全般]

出発前に抱負示す/第54次県豆記者

参加児童生徒が市長表敬


下地市長(前列中央)に出発へ向け抱負などを語った豆記者と関係者たち=30日、市役所平良庁舎

下地市長(前列中央)に出発へ向け抱負などを語った豆記者と関係者たち=30日、市役所平良庁舎

 第54次県豆記者交歓事業に宮古から参加する児童生徒8人が30日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を表敬訪問し、出発に向けた抱負などを語った。豆記者たちは8月2日から5泊6日の日程で東京と北海道で取材活動を行う。

(全文を表示…)

2015年7月31日(金) 09:06 [社会・全般]

浮かぶ容疑者の二面性/震撼 3歳児暴行死(上)

少年期は「弱い者いじめ」


警察官らに囲まれ地検平良支部に入る伊良部容疑者(右)=30日午後2時2分すぎ、那覇地検平良支部

警察官らに囲まれ地検平良支部に入る伊良部容疑者(右)=30日午後2時2分すぎ、那覇地検平良支部

 父親が3歳の長女を虐待し、死なせた。暴行だけではなく、水を掛けたり、大便を食べさせたりする異常な虐待に島中が震撼した。父親の虐待におびえ続けた小さな命は救えなかったのか。容疑者の人物像や行政の対応を検証する。

(全文を表示…)

2015年7月30日(木) 09:08 [政治・行政, 社会・全般]

「守れず申し訳ない」/3歳児暴行死

県、連携不足認める/事件の概要説明し陳謝


3歳児暴行死事件で「子どもを守れなかった」と陳謝する県子ども生活福祉部の金城部長(左から2番目)と県コザ児童相談室の前川所長(右端)=29日、県庁

3歳児暴行死事件で「子どもを守れなかった」と陳謝する県子ども生活福祉部の金城部長(左から2番目)と県コザ児童相談室の前川所長(右端)=29日、県庁

 【那覇支社】3歳の娘に暴行を加え死亡させたとして宮古島市の建設作業員伊良部和士容疑者(21)が逮捕された事件を受けて県は29日、記者会見を開き、事件の概要・経緯と今後の対応方針について説明した。

(全文を表示…)

2015年7月30日(木) 09:07 [社会・全般]

伊良部容疑者 訪問の市職員に怒声/3歳児暴行死

妻が対応、死亡の3歳児寄り添う


事件のあった自宅アパ-ト玄関前=28日、平良西里

事件のあった自宅アパ-ト玄関前=28日、平良西里

 3歳の長女に暴行を加え死亡させたとして、建設作業員の伊良部和士容疑者(21)=平良西里=が逮捕された事件で、市児童家庭課の職員が容疑者と妻、子供が住むアパートを訪問した際、容疑者から怒声を浴びせられていたことが29日までに分かった。職員には妻が玄関で対応したが、死亡した3歳の長女が寄り添っていたという。

(全文を表示…)

2015年7月30日(木) 09:06 [社会・全般]

日常的に家族にDVか/6月に沖縄市から転居

 27日に3歳の女児が死亡した事件で、父親の伊良部和士容疑者(21)=28日、傷害致死容疑で逮捕=から、妻(23)や子供に対し、日常的にDV(家庭内暴力)があったとみられている。

(全文を表示…)

2015年7月30日(木) 09:04 [社会・全般]

第三龍虎隊慰霊碑に献本/直木賞作家・古川さん

「君死に給ふことなかれ」


「君死に給ふことなかれ」を慰霊碑に献本し祭文奉読する古川薫さん=29日、平良二重越にある第三龍虎隊の慰霊碑

「君死に給ふことなかれ」を慰霊碑に献本し祭文奉読する古川薫さん=29日、平良二重越にある第三龍虎隊の慰霊碑

 山口県下関市在住の直木賞作家、古川薫さん(90)が海軍の九三式中間練習機、通称「赤トンボ」で宮古島から特攻出撃した第三龍虎隊士を描いた作品「君死に給ふことなかれ」(幻冬舎)の献本式が29日、第三龍虎隊の慰霊碑(平良二重越)で行われた。古川さんは「第三龍虎隊の生きざま、散りざまを追った本をお供えして、鎮魂の祈りをささげる」と祭文を述べ、恒久平和を訴え。「(龍虎隊の7人は)青空で旋回しながらお礼をしていると思う。感激の1日」と語った。

(全文を表示…)

2015年7月29日(水) 09:07 [産業・経済, 社会・全般]

「ようこそ宮古島へ」/リブラ入港

盛大に歓迎セレモニー/乗客、観光や買い物楽しむ


盛大な歓迎を受けた約900人が宮古島観光に出発した=28日、下崎埠頭

盛大な歓迎を受けた約900人が宮古島観光に出発した=28日、下崎埠頭

 スタークルーズ社の「スーパースター・リブラ」(総トン数4万2275㌧、乗客定員1406人)が28日、平良港下崎埠頭(ふとう)に入港した。今回の入港は2008年以来となり、午前10時から市や観光協会などによる盛大な歓迎セレモニーが行われ、大型クルーズ船の入港再開を喜んだ。

(全文を表示…)

2015年7月29日(水) 09:06 [社会・全般]

3歳長女、暴行を受け死亡/宮古島署

父親を致死容疑で逮捕/「妹の面倒見なかった」


重要参考人として任意同行を求められ、タオルをかぶり警察車両に乗り込む伊良部容疑者=28日午後3時40分すぎ、平良西里

重要参考人として任意同行を求められ、タオルをかぶり警察車両に乗り込む伊良部容疑者=28日午後3時40分すぎ、平良西里

 宮古島署は28日午後3時50分すぎ、3歳の長女をアパートの一室で床に突き倒すなどの暴行を加え、頭部損傷の傷害で死亡させたとして、建設作業員で父親の伊良部和士容疑者(21)=平良西里=を傷害致死の容疑で逮捕した。調べに対し伊良部容疑者は「妹の面倒をみるように言ったがいうことを聞かなかったため暴力を振るった」などと話し「事実はその通り間違いありません」と容疑を認めているという。

(全文を表示…)

2015年7月29日(水) 09:05 [社会・全般]

新著を市長に贈呈/直木賞作家・古川氏

「宮古から特攻出撃」描く


「赤トンボ」をテーマにした新著を下地市長に贈呈し、毎日新聞に紹介された記事の内容を説明する古川氏(左)=28日、市長室

「赤トンボ」をテーマにした新著を下地市長に贈呈し、毎日新聞に紹介された記事の内容を説明する古川氏(左)=28日、市長室

 山口県下関市在住の直木賞作家、古川薫氏(90)が28日、下地敏彦市長を訪ね、新著「君死に給ふことなかれ」(発行・幻冬舎)を贈呈した。宮古島から「赤トンボ」と呼ばれる飛行機で特攻出撃した神風特別攻撃隊・第三次龍虎隊の物語で、古川氏は龍虎隊が敵船に突撃した同じ日の29日に慰霊碑に新著を捧げる。

(全文を表示…)

2015年7月29日(水) 09:04 [地域・暮らし, 社会・全般]

「おかえり」再会喜ぶ/宮古島保養事業

福島の9家族が来島


「おかえりなさい!」実行委のメンバーらが福島の家族を歓迎した=28日、宮古空港

「おかえりなさい!」実行委のメンバーらが福島の家族を歓迎した=28日、宮古空港

 「ようこそ!」「おかえりなさい」-。原発事故の影響に苦しむ福島の家族が28日、宮古島で保養するために来島した。空港では保養事業を展開するうむい宮古島保養実行委員会のメンバーらが歓迎、9家族を温かく迎え入れた。家族は来月4日まで滞在し、池間島での保養を中心に宮古島の夏を満喫する。

(全文を表示…)

2015年7月29日(水) 09:02 [地域・暮らし, 社会・全般]

協力会が住民説明会/陸上自衛隊配備

真謝漁港利用者対象に


山根陸将補の説明に聞き入る参加者たち=28日、西原公民館

山根陸将補の説明に聞き入る参加者たち=28日、西原公民館

 宮古地区への陸上自衛隊配備について、宮古地区自衛隊協力会(野津武彦会長)の真謝漁港利用者を対象にした住民説明会が28日、西原公民館で行われた。

(全文を表示…)

2015年7月28日(火) 09:06 [地域・暮らし, 社会・全般]

還付金詐欺に注意を/宮古7月

2件300万円被害
未遂も1件 警察「油断しないで」


ATMを使った還付金名目での特殊詐欺事件が相次いでいることから警察などが注意を呼び掛けている=平良地区のスーパー内に設置されているATM(写真は一部加工されています)

ATMを使った還付金名目での特殊詐欺事件が相次いでいることから警察などが注意を呼び掛けている=平良地区のスーパー内に設置されているATM(写真は一部加工されています)

 今月に入って相次いで発生した特殊詐欺(還付金詐欺)事件。県内では26日までに10件発生し、被害額は約1020万円に上っている。このうち、宮古島市は2件で、約300万円をだまし取られている。未遂と見られる事案も1件あった。手口はいずれも還付金名目で、非通知の携帯電話で、スーパー内に設置されている現金自動預け払い機(ATM)に誘導され、容疑者が管理する口座に現金を振り替えさせられた。警察では「ATMで還付手続きをすることはない」と注意を呼び掛け。「非通知の電話には出ない」「携帯電話の番号は教えない」などと被害の未然防止を訴えている。


 ■詐欺の手口


 ①公的機関を名乗る男から「医療費の過払い金があります。近くのスーパーのATMに行けますか」などと家の固定電話に連絡が入る。
 ②「携帯電話を持っていますか」などと話し、携帯電話の番号を聞き出す。
 ③還付手続きはスーパー内に設置されているATMで行うと指示し「○○という職員が待っている」と誘い出す。
 ④キャッシュカードと印鑑を忘れないようにと指示する。
 ⑤ATMに移動すると携帯電話に非通知で連絡が入り、「○○という職員が行けなくなったので、私が代わりに説明する」などと言い、携帯電話でATMの操作を指示する。


 ■詐欺の共通点


 ▽宮古での2件の詐欺事件は、まず午前中に固定電話に連絡が入り、昼すぎに2回目の電話が入る。
 ▽いずれも男の声で、言葉になまりは感じられない。
 ▽携帯電話の有無を確かめ、番号を聞き出す。
 ▽銀行内のATMではなく、近くのスーパー内のATMに行くよう指示する。
 ▽キャッシュカードと印鑑を所持させる。
 ▽公的機関の人がATMで待っていると伝えた後、急に来られなくなったと連絡する。
 ▽携帯電話でATMを操作させる。
 ▽「還付金を振り込みますので画面の『振り込み』というボタンを押してください」と指示する。

 宮古島署では被害に遭ったのはいずれも70代と80代の高齢者だったことを指摘。「ATMの操作に詳しくないお年寄りが多いことにつけ込んでいると見られる」と話し、「『おかしいな』と思ったら1人で判断せずに家族や周囲の人、警察に連絡してほしい」と話している。


 ■警察、警戒強める


 特殊詐欺が相次いだ事を受け、警察や銀行などは未然防止対策に乗り出した。
 宮古島署は高齢者を対象に、宮古島市での2件の手口に基づいた寸劇を披露。犯行手口を分かりやすく紹介し「非通知の電話は取らない」「携帯電話の番号は教えない」などと呼び掛けた。
 銀行は支店外のATMのコーナーにチラシを張り付け。「ATMを使って還付金が戻る事はありません」などと注意を促している。
 銀行の担当者は「支店内には、利用者が困った場合に備えて人員を配置しているが、支店外のATMは無人。そこに誘い出すという手口が巧妙になっている」と話した。
 宮古島署は「今月14、15日と連続して発生して以来、同様な詐欺事件は起きていないが油断は禁物。未遂と見られる事案も1件あり、警戒を強めている」と語った。
 市国民健康保険課は、今月17日に特殊詐欺に注意を促す文書を報道機関向けに発表。不審な電話を受けた場合には通報するよう呼び掛けたが27日現在、市民からの相談などはないという。
 同課では「還付金については、本人宛に郵送し必要事項を記入することで対応している。電話で指示することは絶対にない」と話している。


2015年7月28日(火) 09:05 [社会・全般]

藤田サスケさん金賞/「海の絵画」

沖縄総合事務局長表彰/「海の日」記念式典で


 【那覇支社】2015年「海の日」記念式典(主催・沖縄総合事務局など)が24日、那覇市内のホテルで行われ、「第52回全国中学生海の絵画コンクール沖縄地方展」の沖縄総合事務局長表彰で、金賞に藤田サスケさん(平良中3年)が輝いたほか、沖縄海事広報協会長表彰で銀賞に新城佑衣さん(同1年)、立津槙斗さん(同)ら、銅賞に下里詩乃さん(同3年)らが選ばれた。

(全文を表示…)

2015年7月28日(火) 09:02 [地域・暮らし, 社会・全般]

「早く家に帰ろう」

深夜はいかい防止パトに23団体参加


青少年の深夜はいかい防止などを目的に行われた夜間街頭指導=25日夜、平良市場通り

青少年の深夜はいかい防止などを目的に行われた夜間街頭指導=25日夜、平良市場通り

 青少年の深夜はいかい防止・未成年者飲酒防止のボランティア夜間街頭指導が25日夜、平良地区を中心に行われた。防犯協会や少年補導員協議会、PTA、市教育委員会など23団体から約100人が参加。各グループに分かれて目抜き通りや公園、ゲームセンター、コンビニなどを巡回し、青少年の非行や問題行動の未然防止に努めた。

(全文を表示…)

2015年7月26日(日) 09:03 [社会・全般]

検証の必要性指摘/牡丹社事件

大浜准教授が講話/琉大公開講座


大浜氏の話に聞き入る参加者たち=25日、市中央公民館視聴覚室

大浜氏の話に聞き入る参加者たち=25日、市中央公民館視聴覚室

 琉球大学公開講座「沖縄近現代史事始め-『戦後』70年目にみる『牡丹社事件』in宮古島」が25日、市中央公民館視聴覚室で開かれた。琉球大学法文学部准教授の大浜郁子氏が講師を務め、事件の背景や疑問点などについていくつかの説を紹介し、検証の必要性を指摘した。

(全文を表示…)

2015年7月25日(土) 09:06 [社会・全般]

上地登さんに名誉賞/全国農業コンクール

「観光農園」を高評価/下地市長に受賞を報告


全国農業コンクールで名誉賞に輝いた上地登さん(前列中央)。県マンゴーコン入賞の(前列左から)下地さん、上地さん、平良さん(左から4人目)と受賞の喜びを報告した=24日、市役所平良庁舎

全国農業コンクールで名誉賞に輝いた上地登さん(前列中央)。県マンゴーコン入賞の(前列左から)下地さん、上地さん、平良さん(左から4人目)と受賞の喜びを報告した=24日、市役所平良庁舎

 第64回全国農業コンクール全国大会がこのほど、富山県で行われ、宮古島市上野で大嶺ファームを経営する上地登さん(57)が農林水産大臣賞に当たる名誉賞を受賞した。24日には下地敏彦市長に報告し、「今回の受賞を誇りに思う」と話して行政や地域の支えに感謝した。マンゴーの栽培や観光農園に関する上地さんの農業経営報告は、11月に開催される農林水産祭でも審査の対象となる。

(全文を表示…)

2015年7月24日(金) 09:06 [社会・全般]

「電話番号は教えない」/還付金等詐欺防止で講話

宮古島署高齢者対象/宮古は2件300万円の被害


高齢者を対象に振り込め詐欺の手口を寸劇で示す宮古島署員=23日、荷川取公民館

高齢者を対象に振り込め詐欺の手口を寸劇で示す宮古島署員=23日、荷川取公民館

 7月に相次いで被害が発生している特殊詐欺(還付金等詐欺)を受け、宮古島署(瑞慶山力署長)は23日、荷川取公民館で高齢者を対象にした「振り込め詐欺等特殊詐欺防止」に関する講話を実施した。講話では「非通知の電話は取らない」「携帯電話番号は教えない」などの被害の未然防止策を示し、注意を呼び掛けた。県内各地でも同様の手口で7月に入ってこれまでに9件の被害が発生し、被害額は1000万円を超えている。宮古島署管内では14、15日に70代女性と80代の男性が合わせて約300万円の被害に遭っている。

(全文を表示…)

2015年7月24日(金) 09:03 [社会・全般]

カツオノエボシ被害急増/健康危機管理対策連絡会議

14年度最多で今年も3件


カツオノエボシによる被害が増加していることなどが報告された連絡会議=23日、宮古福祉保健所

カツオノエボシによる被害が増加していることなどが報告された連絡会議=23日、宮古福祉保健所

 2015年度第1回宮古福祉保健所管内健康危機管理対策連絡会議が23日、宮古福祉保健所で開かれ、昨年度から同所管内ではカツオノエボシの被害が急増していることが報告された。会議には医療機関や関係機関の代表者らが参加し、同所管内における健康危機管理のあり方や中東呼吸器症候群(MERS)発生時の対応などの議題についても意見を交換した。

(全文を表示…)

2015年7月23日(木) 09:06 [地域・暮らし, 社会・全般]

地域貢献協定を締結/宮古島市とイオン

25日から「宮古島WAON」発売/利用額の0・1%市へ寄付


協定書に参加した(左から)市のマスコットキャラクター「みーや」、末吉会長、梅本会長、下地市長、坊池社長、上山本部長、「WAON」のキャラクター「ハッピーワオン」=22日、市役所平良庁舎

協定書に参加した(左から)市のマスコットキャラクター「みーや」、末吉会長、梅本会長、下地市長、坊池社長、上山本部長、「WAON」のキャラクター「ハッピーワオン」=22日、市役所平良庁舎

 宮古島市とイオン(岡田元也社長)は22日、地域貢献協定を締結した。締結式は市役所平良庁舎で行われ、下地敏彦市長とイオンのグループ会社であるイオンリテールの梅本和典会長が協定書を交わした。同協定第一弾の取り組みとして、ICカード電子マネー「WAON」加盟店で利用した買い物額の0・1%が宮古島市に寄付される「エコアイランド宮古島WAON」が25日から発売される。

(全文を表示…)

2015年7月23日(木) 09:03 [社会・全般]

車と衝突、意識不明の重傷/城辺長間

自転車の男子高校生


自転車と普通乗用車が衝突した事故現場=22日午後4時50分ごろ、城辺長間

自転車と普通乗用車が衝突した事故現場=22日午後4時50分ごろ、城辺長間

 22日午後4時10分ごろ、城辺字長間(吉田)の市道で、自転車と普通乗用車が衝突した。この事故で自転車に乗っていた男子高校生(16)が頭などを強く打ち、病院に搬送されたが、意識不明の重傷となっている。現場は市道が交わる片側1車線の信号機のない見通しの良い交差点で、警察が普通乗用車を運転していた介護士の女性から当時の事情を聞くなど、事故原因を調べている。

(全文を表示…)

2015年7月22日(水) 09:07 [社会・全般]

宮古-那覇の増便を/市議会与党議員団航空2社に要請

「生活路線」の確保求める


JTAの金城宮古支社長(左奥)に要請を行う市議会与党議員団=21日、宮古空港

JTAの金城宮古支社長(左奥)に要請を行う市議会与党議員団=21日、宮古空港

 宮古島市議会与党議員団(平良隆会長)は21日、日本トランスオーシャン航空(JTA)宮古支社と全日本空輸(ANA)セールス宮古支店に、宮古-那覇路線の増便を要請した。航空券の購入が難しくなっている現状や同路線が市民の生活路線であることを訴えて増便を求めた。両社の代表は「できることで対応したい」とする考えを示した。

(全文を表示…)

2015年7月22日(水) 09:05 [社会・全般]

水難事故を未然防止/前浜ビーチ

推進協がリーフレット配布


関係者が観光客らにリーフレットを配布した=21日、与那覇前浜ビーチ

関係者が観光客らにリーフレットを配布した=21日、与那覇前浜ビーチ

 夏休みで本格的な海のレジャーシーズンを迎え、宮古島市水難事故防止推進協議会(会長・下地敏彦市長)は21日、与那覇前浜ビーチなどで水難事故防止パトロールを実施した。海水浴を楽しむ観光客らに事故を未然に防止するリーフレットを配布。受け取った観光客らは目を通し、防止策の知識を深めていた。

(全文を表示…)

2015年7月22日(水) 09:04 [社会・全般]

働く意欲高める/企業合同説明会

県内外55社が参加/高校生50人が興味津々


約50人の高校生が訪れて興味がある企業の担当者の説明を聞いた=21日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

約50人の高校生が訪れて興味がある企業の担当者の説明を聞いた=21日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

 宮古地区県立学校長会主催の2015年度宮古地区県内・県外企業合同説明会が21日午後、JAおきなわ宮古地区本部ホールで開かれた。約50人の高校生が訪れ、県内外55企業の仕事内容や魅力を吸収した。面談後の生徒たちの表情は充実感にあふれ、それぞれ働く意欲を高めていた。説明会は昨年に続いて2回目の開催。主催者が県内外の企業を誘致し、運輸や電気工事、介護、製造・加工、飲食、設備・建築、バスガイド、金融、流通、観光などあらゆる業種の企業55社が集まった。

(全文を表示…)

2015年7月18日(土) 09:05 [社会・全般]

伊良部大橋が「全建賞」/14年度全日本建設技術協会

宮古から10年ぶり5度目


東京都で開催された表彰式に出席した小橋川所長(前列左端)と関係者ら=6月26日、東京都(写真・県土木建築部提供)

東京都で開催された表彰式に出席した小橋川所長(前列左端)と関係者ら=6月26日、東京都(写真・県土木建築部提供)

 【那覇支社】全国の優秀な建設事業に贈られる2014年度「全建賞」に、県内から「伊良部大橋橋梁整備事業(一般県道平良下地島空港線)」(実施機関・県宮古土木事務所建築課)が選ばれた。

(全文を表示…)

2015年7月17日(金) 09:08 [社会・全般]

9月にプラネタリウム/市制施行10周年記念事業

数百万個の星空表現
第2回実行委 記念式典は10月1日


 宮古島市市制施行10周年記念事業で、400万個以上の星を表現できるプラネタリウム「メガスター」の上映が行われる。実施日は9月25日から3日間。市中央公民館に設置するスクリーンに幻想的な宇宙空間を映し出す。16日の市制施行10周年記念事業実行委員会の会議で確認。サッカー教室や花火、ライブコンサートなど新規事業の実施も決めた。10周年記念式典は10月1日に開催する。

(全文を表示…)

2015年7月17日(金) 09:07 [社会・全般]

事件事故防止で協定書締結/県タクシー協支部と宮古島署

ドライブレコーダー情報活用


協定を締結した豊見山支部長(右)と瑞慶山署長=16日、県ハイヤー・タクシー協会宮古支部

協定を締結した豊見山支部長(右)と瑞慶山署長=16日、県ハイヤー・タクシー協会宮古支部

 県ハイヤー・タクシー協会宮古支部(豊見山健児支部長)と宮古島署(瑞慶山力署長)は16日、同支部で「犯罪や交通事故の起きにくい社会づくりに関する協定」を締結した。協定は宮古島署と同支部が互いに犯罪防止、交通事故抑止の情報を提供する。同支部はタクシーに搭載されたドライブレコーダー情報を基に提供する。

(全文を表示…)

2015年7月17日(金) 09:06 [政治・行政, 社会・全般]

市職員を5カ月の停職処分

議会事務局次長 酒気帯びバイクに同乗


市議会事務局次長の処分を発表し市民へ陳謝した真栄城議長=16日、市役所平良庁舎議長室

市議会事務局次長の処分を発表し市民へ陳謝した真栄城議長=16日、市役所平良庁舎議長室

 運転者が酒気を帯びて原付バイクを運転していることを知りながら同乗したとして、道路交通法違反(同乗罪)容疑で摘発された市議会事務局次長の男性(57)の件で、市議会の真栄城徳彦議長は16日、同男性職員を5カ月間の停職処分にすると発表した。真栄城議長は「模範となるべく市職員が検挙されたことは誠に遺憾であり、市民の皆さまおよび関係者に深くおわび申し上げる」と陳謝した。市職員が酒気帯び運転で摘発、処分されたのは今年度4人目。

(全文を表示…)

2015年7月17日(金) 09:05 [社会・全般]

先嶋建設を局長表彰/沖縄総合事務局

優良業者として3年連続


優良施工業者として3年連続局長表彰を受賞した先嶋建設の黒島正夫社長(左)=15日、那覇第2地方合同庁舎(先嶋建設提供)

優良施工業者として3年連続局長表彰を受賞した先嶋建設の黒島正夫社長(左)=15日、那覇第2地方合同庁舎(先嶋建設提供)

 内閣府沖縄総合事務局開発建設部所管の優良業者等表彰式が15日、那覇第2地方合同庁舎で行われ、恩納南バイパス事業の一環で橋脚の工事を施工した先嶋建設(黒島正夫社長)に局長表彰が贈られた。同社は3年連続の受賞。新しい施工技術の導入ほか、安全管理面でも高く評価された。

(全文を表示…)

2015年7月16日(木) 09:05 [社会・全般]

久松五勇士 功績と勇気再認識

打電から110周年
「郷土の誇り語り継ぐ」/期成会が祝賀会


地元をはじめ大勢の市民らが参加し五勇士の偉大な功績と勇気を再認識した久松五勇士110周年記念祝賀会=14日、久松地区公民館

地元をはじめ大勢の市民らが参加し五勇士の偉大な功績と勇気を再認識した久松五勇士110周年記念祝賀会=14日、久松地区公民館

 久松五勇士が八重山までサバニをこぎ「敵艦見ゆ」の打電から110周年を迎えたことを記念した祝賀会(主催・同期成会)が14日夜、平良久松地区公民館で開かれた。地元をはじめ大勢の市民らが参加。五勇士の偉大な功績と勇気を再認識するとともに、郷土の誇りとして次世代に語り継いでいくことを確認した。

(全文を表示…)

2015年7月16日(木) 09:04 [社会・全般]

下地氏に国交大臣表彰/県内から6個人1団体

業界発展への貢献高く評価


大臣表彰された下地米蔵氏=10日、国土交通省(写真・県建設業協会提供)

大臣表彰された下地米蔵氏=10日、国土交通省(写真・県建設業協会提供)

 【那覇支社】国土交通省の2015年建設事業関係功労者・優良団体国土交通大臣表彰式が10日、東京霞ヶ関の同省で行われ、県内から県建設業協会の下地米蔵会長(大米建設会長)ら6人と1団体が、太田昭宏国土交通相から表彰状を授与された。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成29年1月1日現在

    宮古島市 54,083 人
    26,984 人
    27,099人
    世帯数 25,869軒
    多良間村 1,182 人
    635 人
    547 人
    世帯数 527 軒
  • 天気


  •  

    2015年7月
    « 6月   8月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2