「産業・経済」 2015年8月のニュース一覧

2015年8月27日(木) 09:05 [産業・経済]

塩害の懸念解消へ/台風15号

各地でまとまった雨


台風で懸念されたサトウキビの塩害は解消されたものとみられる=26日、宮古島市内

台風で懸念されたサトウキビの塩害は解消されたものとみられる=26日、宮古島市内

 台風15号が接近した影響で懸念されたサトウキビの塩害は25、26両日の雨で解消されたものとみられる。気象台によると、両日は各地でまとまった雨が観測されており、平良下里では累計71・5㍉の雨が降った。糖業関係者は「台風通過後の雨は『恵みの雨』と言えるのではないか」と話した。

(全文を表示…)

2015年8月25日(火) 09:06 [産業・経済]

農作物被害は1億5900万円/台風15号

キビの折損や葉裂傷/オクラでも100万円余


強風にあおられ横倒しになったサトウキビ=24日、平良狩俣

強風にあおられ横倒しになったサトウキビ=24日、平良狩俣

 宮古島市と多良間村は24日午後、台風15号接近に伴う農作物の被害状況を発表した。被害額は市村合わせて1億5900万円、そのほとんどがサトウキビの被害で、折損や葉の裂傷が各地で見られた。ただ、甚大な被害はなかった。オクラの被害額は126万円。

(全文を表示…)

2015年8月23日(日) 09:04 [産業・経済]

被害の拡大を懸念/サトウキビ

折損、葉の裂傷必至か


折損や葉の裂傷被害が懸念されるサトウキビ=22日、城辺長間

折損や葉の裂傷被害が懸念されるサトウキビ=22日、城辺長間

 台風15号の接近に伴い農作物に与える被害が懸念される。特に大きな被害が予想されるのが基幹作物のサトウキビだ。強風によって折損や葉の裂傷が発生するのは必至の状況だ。生育旺盛期だけに、生産農家の落胆の度合いも大きい。

(全文を表示…)

2015年8月23日(日) 09:03 [産業・経済]

来月から滞在1泊へ/クルーズ船「リブラ」

クルーズ船の寄港は宮古観光に大きな影響を与えている=7月28日、平良港

クルーズ船の寄港は宮古観光に大きな影響を与えている=7月28日、平良港

 宮古島市観光商工局観光課は21日、定期寄港を重ねているスタークルーズ社の「スーパースターリブラ」の寄港実績について明らかにした。

(全文を表示…)

2015年8月21日(金) 09:06 [産業・経済]

キビの夏植え始まる/生産農家が作業に汗

サトウキビの夏植えで汗を流す農家=20日、城辺仲原

サトウキビの夏植えで汗を流す農家=20日、城辺仲原

 サトウキビの夏植えが始まっている。強い日差しと暑さの中、農家が作業に汗を流している。夏植えは旧盆以降に集中する。

(全文を表示…)

2015年8月20日(木) 09:06 [産業・経済]

平均キロ単価2433円の高値/8月肉用牛競り

子牛1頭平均は62万円


子牛1頭平均価格で62万2000円の高値が付いた8月期肉用牛競り=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

子牛1頭平均価格で62万2000円の高値が付いた8月期肉用牛競り=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

 JAおきなわ宮古家畜市場の2015年8月期肉用牛競りが19日開かれ、子牛1頭平均価格は62万2147円(前月比1万1717円高)の高値が付いた。平均キロ単価も2433円と過去最高水準の価格。成牛を含む総販売額は2億2870万円となり、今月の市場も高値取引に沸いた。

(全文を表示…)

2015年8月19日(水) 09:05 [産業・経済]

家畜共済金は9200万円/14年度農業共済

推進協で支払い実績報告


14年度の共済事業実績などを確認した推進協議会=18日、JAおきなわ宮古地区機械化営農センター

14年度の共済事業実績などを確認した推進協議会=18日、JAおきなわ宮古地区機械化営農センター

 2015年度宮古地区農業共済事業推進協議会が18日午後、JAおきなわ宮古地区機械化営農センターで行われ、2014年度の事業報告や次年度の事業計画を確認した。14年度家畜共済における農家負担の共済掛け金は5850万円、これに対して9234万円の共済金が支払われた。

(全文を表示…)

2015年8月13日(木) 09:07 [産業・経済]

平均キロ単価は2125円/15年産葉タバコ買い入れ終了

過去最高額に匹敵/収量は台風で大幅減


収量は大幅に減少したが平均キロ単価は2125円の高値が付いた今期産葉タバコの鑑定=12日、平良西里の日本たばこ産業宮古葉たばこ取扱所

収量は大幅に減少したが平均キロ単価は2125円の高値が付いた今期産葉タバコの鑑定=12日、平良西里の日本たばこ産業宮古葉たばこ取扱所

 宮古地区(宮古島市、多良間村)の2015年産葉タバコの買い入れが12日、終了した。収量は5月の台風の影響で前期比346㌧減の775㌧となり、甚大な被害が数字で示された。ただ、平均キロ単価は2125円と過去最高額(2126円)に匹敵する高品質取引となった。総販売額は前期比6億9500万円減の16億4889万円。

(全文を表示…)

2015年8月13日(木) 09:02 [産業・経済]

伊良部で大物カツオ水揚げ

15日のパヤオまつり控え


取れたての大物カツオが水揚げされ活気づいた=12日、佐良浜漁港

取れたての大物カツオが水揚げされ活気づいた=12日、佐良浜漁港

 15日に開催が延期された「パヤオの日(8月8日)まつり」(主催・宮古地区パヤオ管理運営委員会、共催・伊良部漁協、宮古島漁協、池間漁協)を控え、伊良部漁協にはパヤオ周辺漁場からの大物カツオの水揚げが順調に推移している。1匹当たりの重さは10㌔前後。祭り当日は、脂が乗った刺し身などを買い求める買い物客でにぎわいそうだ。

(全文を表示…)

2015年8月11日(火) 09:02 [産業・経済]

優秀農家たたえ表彰/保良で共進会と豊年祭

優秀な成績を上げた農家を表彰した保良部落の共進会・豊年祭=9日、保良公民館

優秀な成績を上げた農家を表彰した保良部落の共進会・豊年祭=9日、保良公民館

 城辺保良部落会(砂川要会長)は9日、同公民館で共進会と豊年祭を開いた。サトウキビ多量生産者など各農産物の生産で優秀な成績を上げた農家を表彰するとともに、舞台で繰り広げられる余興を楽しみながら豊作を祈願した。

(全文を表示…)

2015年8月9日(日) 09:07 [産業・経済]

台風13号 農作物被害9400万円/市農水部発表

キビに折損や葉の裂傷/オクラ被害は580万円


一部で折損や葉の裂傷が見られたサトウキビ=8日、城辺吉野

一部で折損や葉の裂傷が見られたサトウキビ=8日、城辺吉野

 宮古島市農林水産部は8日午後、台風13号接近に伴う農作物の被害状況を発表した。被害額は9450万円で、このうちサトウキビが8870万円と全体被害額の94%を占めた。一部で折損や葉の裂傷が見られたが被害は最小限に抑えられている。ただ、今後の塩害は懸念される。サトウキビのほか、オクラで580万円の被害があった。

(全文を表示…)

2015年8月8日(土) 09:03 [産業・経済]

懸念はキビの塩害/台風13号

風被害は最小限か


強風にあおられるサトウキビ。気象条件によっては塩害等の被害が懸念される=7日、宮古島市内

強風にあおられるサトウキビ。気象条件によっては塩害等の被害が懸念される=7日、宮古島市内

 台風13号の接近で、宮古各地のサトウキビは強風にあおられた。ただ、製糖関係者は「この程度の風ならそれほど大きな被害は出ないと思う」と見ている。懸念されるのは塩害だ。

(全文を表示…)

2015年8月6日(木) 09:07 [産業・経済]

根間さん所有牛など優等賞/宮古地区畜産共進会

代表候補牛を選抜/県共進会へ連携確認


県畜産共進会に向け宮古代表候補牛の選抜が行われた宮古地区畜産共進会=5日、JAおきなわ宮古家畜市場

県畜産共進会に向け宮古代表候補牛の選抜が行われた宮古地区畜産共進会=5日、JAおきなわ宮古家畜市場

 2015年度宮古地区畜産共進会(主催・宮古地区農業振興会)が5日、JAおきなわ宮古家畜市場で行われた。多良間村を含む各地区から計25頭の牛が出品され、根間邦俊さん(上野)所有の「きらり号」などが優等賞に輝いた。同共進会は10月25日に宮古島市で36年ぶりに開催される県共進会への代表候補牛選抜も兼ね、審査や運営も本番を想定して行われた。宮古代表牛は、巡回指導などを経て9月に正式決定される。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2015年8月
    « 7月   9月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2