「政治・行政」 2015年10月のニュース一覧

2015年10月29日(木) 09:07 [政治・行政]

「改ざん指示していない」/ごみ残存問題特別委

業者と当局見解相違/2012年度一括交付金事業


業者見解について当局に当時の状況を確認した第4回の特別委員会=28日、市役所平良庁舎

業者見解について当局に当時の状況を確認した第4回の特別委員会=28日、市役所平良庁舎

 不法投棄ごみ残存問題の全容解明を目指す市議会の「調査特別委員会」(佐久本洋介委員長)の第4回会合が28日、市役所平良庁舎で行われた。現在審議中の2012年度の一括交付金事業を請け負った業者が前日の会見で述べた主張について当局に見解を求めた。これに対して担当職員は、業者主張の一部は認めながらも計量伝票の改ざんの指示については否定。さらに、事業完了報告書と同時に業者が提出したとする「計量伝票」についても「当時は提出されていない」との主張で、当局と業者との言い分は食い違っている。

(全文を表示…)

2015年10月29日(木) 09:06 [政治・行政]

推進実施計画案を承認

エコアイランド宮古島検討委


エコアイランド宮古島推進実施計画案について事務局から説明を聞く委員たち=28日、市役所平良庁舎

エコアイランド宮古島推進実施計画案について事務局から説明を聞く委員たち=28日、市役所平良庁舎

 エコアイランド宮古島推進計画検討委員会(砂川恵助委員長)の第1回検討委員会が28日、市役所平良庁舎で開かれた。これまでに環境保全、資源循環、産業振興の検討3部会などで審議を進めてきた全事業からなる2015年度エコアイランド宮古島推進実施計画案について協議を行い、承認した。11月16日開催予定のエコアイランド推進本部の承認を得て最終決定となる。

(全文を表示…)

2015年10月29日(木) 09:05 [政治・行政]

再撤去で協議書合意/市と請負業者

不法投棄ごみ残存問題


 城辺保良地区などの崖下3カ所の不法投棄ごみ残存問題で、宮古島市は撤去事業を請け負った業者と残存している不法投棄ごみについて、撤去するとする内容の協議書で合意したことが分かった。期間は11月~来年3月までに3カ所に残る114・4㌧のうち、撤去可能なごみを撤去するとしている。

(全文を表示…)

2015年10月28日(水) 09:06 [政治・行政]

児相宮古分室を検討/県と市村会意見交換

児童虐待死受け議論/大型船、県営公園も机上に


県、市、村それぞれの要望事項について意見を交わした=27日、下地農村環境改善センター

県、市、村それぞれの要望事項について意見を交わした=27日、下地農村環境改善センター

 2015年度宮古管内県出先機関と宮古圏域市村との意見交換会が27日、下地農村環境改善センターで開かれた。この中で市は県中央児童相談所宮古分室の早期設置を要望。これに県側は、県と宮古島市の適切な連携体制のあり方について再検討の必要性を示し「その一環として宮古分室設置の要望についても議論したい」と回答し、分室設置を検討する方針を示した。そのほかクルーズ船への対応や県営公園の早期整備についても意見を交わした。

(全文を表示…)

2015年10月27日(火) 09:04 [政治・行政]

不法投棄ごみ2・5㌧回収

市「美化清掃の日」で清掃


50人の市民が参加して約2・5㌧の不法投棄ごみを撤去した合同清掃=24日、伊良部長浜の原野

50人の市民が参加して約2・5㌧の不法投棄ごみを撤去した合同清掃=24日、伊良部長浜の原野

 宮古島の環境を守り育てる市民協議会(議長・平良哲則生活環境部長)の「美化清掃の日」合同清掃が25日、伊良部長浜の原野で行われ、ボランティアの市民ら約50人が参加し、不法投棄された鉄くずや洗濯機、テレビ、扇風機、プラスチック類など2・495㌧を回収し撤去した。

(全文を表示…)

2015年10月24日(土) 09:07 [政治・行政]

現職2氏、出馬の意向/来夏の県議選

市長選の前哨戦に/保革とも候補者統一かぎ


 任期満了に伴う来年夏の県議選に向け、宮古島市区(定数2)現職の奥平一夫氏(66)が4期目出馬、座喜味一幸氏(65)が3期目出馬の意向をそれぞれ固めた。現市議や前市議らの出馬も取りざたされている。市議会中立会派21世紀新風会の動きもあり、保革ともに人選の調整が難航すれば、乱立の可能性もある。来年は1月に宜野湾市長選、6月に県議選、7月の参院選と続く。保革ともに一連の選挙を再来年1月の市長選の前哨戦と位置付けており、今後、水面下での人選作業が激しくなりそうだ。

(全文を表示…)

2015年10月24日(土) 09:06 [政治・行政]

代理人入札「問題なし」/不法投棄ごみ残存問題

法的根拠なき判断
市指名選定委 次回、業者聴取へ


 不法投棄ごみの残存問題で、市の撤去事業における入札時に、受注業者の従業員が入札に参加している別の業者の代理人になっていた問題について、20日に行われた市の指名選定委員会では「問題なかった」と判断した。その理由について長濱政治副市長は「その行為が違法かどうかについて協議した結果、違法ではないとの判断になった」と述べたが、その判断の法的根拠については示せなかった。さらに同委員会では、入札そのものも、入札書についても「有効」との判断が下された。

(全文を表示…)

2015年10月23日(金) 09:07 [政治・行政]

平良港の早期耐震化を/下地市長ら要請団

国土交通大臣に要請/予算確保を求める


下地市長(左から5人目)から石井国土交通大臣に要請書が手渡された=22日、国土交通省

下地市長(左から5人目)から石井国土交通大臣に要請書が手渡された=22日、国土交通省

 宮古島市の下地敏彦市長ら要請団一行は22日、国土交通省に石井啓一大臣を訪ね平良港の整備について国のさらなる支援と早期完成に向けた予算確保などを要請した。要請後、下地市長は「会談の中で、石井大臣は『現在進めているものは着実に進め、また要請内容については必要だと認識している』と話していたので今後の平良港整備について大臣はしっかり理解してくれたと思う」と述べた。

(全文を表示…)

2015年10月21日(水) 09:05 [政治・行政]

「市教育大綱」を協議/市総合教育会議

計画期間は3年間/来月にもとりまとめへ 


 2015年度市総合教育会議の第2回会合が21日、市役所平良庁舎で行われた。会議には下地敏彦市長や市教育委員会の委員らが参加し、今回示された「市教育大綱」案について、意見交換を行った。協議では同大綱の計画期間を今年度から2017年度までの3年間とし、11月中には取りまとめることなどを確認した。

(全文を表示…)

2015年10月21日(水) 09:01 [政治・行政]

市の助成要綱拡充へ/県外への渡航費用

子宮頸がん副反応問題/5回の条件撤廃


 子宮頸がん予防ワクチン接種後の健康被害に対する副反応治療の医療費や渡航費に対する市の助成条件がさらに拡充されることとなった。

(全文を表示…)

2015年10月20日(火) 09:07 [政治・行政]

当局説明に疑問噴出/ごみ残存問題特別委

関係資料も不備だらけ
与野党が追及/一括交付金で質疑


担当課の報告資料について、事実関係を確認しながら質疑を行った第3回会合=19日、市役所平良庁舎

担当課の報告資料について、事実関係を確認しながら質疑を行った第3回会合=19日、市役所平良庁舎

 不法投棄ごみ残存問題の全容解明を目指す市議会の「調査特別委員会」(佐久本洋介委員長)の第3回会合が19日、市役所平良庁舎で行われた。同問題についてこの日提出された環境衛生課の報告資料を基に当局が一連の経緯を報告した。質疑が始まると、これまで説明してきた数字が変化したり、示された市の公文書の不備が次々と明らかになるなど、ずさんな行政運営に委員からもため息がもれた。

(全文を表示…)

2015年10月17日(土) 09:03 [政治・行政]

補正予算など18議案可決/9月定例県議会が閉会

補正予算案などを全会一致で可決した9月定例県議会の最終本会議=16日、県議会

補正予算案などを全会一致で可決した9月定例県議会の最終本会議=16日、県議会

 【那覇支社】県議会(喜納昌春議長)の9月定例会は16日、最終本会議を開き、県が提出した台風9号・15号被害対策の災害復旧関連事業費約4億7187万円を含む総額20億2827万円の2015年度一般会計補正予算案をはじめ、県立離島児童生徒支援センター(仮称)設置に関する条例案など、18議案を原案通り全会一致で可決した。

(全文を表示…)

2015年10月17日(土) 09:02 [政治・行政]

建築工事現場を確認

違反防止週間で一斉パト/県土木事務所など


パトロール出発式で小橋川所長から激励のあいさつを聞く参加者たち=16日、県宮古合同庁舎正面玄関

パトロール出発式で小橋川所長から激励のあいさつを聞く参加者たち=16日、県宮古合同庁舎正面玄関

 今月15日から21日までが違反建築防止週間であることに合わせ、県宮古土木事務所(小橋川透所長)は市職員や建設設計団体の関係者らとともに16日、工事現場を確認する一斉公開建築パトロールを行った。実施を前に県宮古合同庁舎正面玄関で出発式を行い、小橋川所長が参加者を激励した。

(全文を表示…)

2015年10月15日(木) 09:02 [政治・行政]

イベント誘致を強化/市が職員に辞令交付

スポーツ観光交流拠点建設で


長濱副市長(右)から人事異動通知書を受け取る職員=14日、市長室

長濱副市長(右)から人事異動通知書を受け取る職員=14日、市長室

 建設中のスポーツ観光交流拠点施設へのイベント誘致に力を入れて取り組むための担当職員を市振興開発プロジェクト局に配置するためと、それに関連しての辞令交付が14日、市役所平良庁舎で行われた。県外出張中の下地敏彦市長に代わって交付を行った長濱政治副市長は「今後とも市の発展のため力を貸してほしい」と職員を激励した。

(全文を表示…)

2015年10月11日(日) 09:04 [地域・暮らし, 政治・行政]

防災センターが起工/池間島

工事の無事故・無災害願う


建設工事の無事故・無災害を願う関係者ら=10日、池間島

建設工事の無事故・無災害を願う関係者ら=10日、池間島

 市(下地敏彦市長)が発注した池間地区防災センター工事の起工式が10日、地元の通称ジャランミと称する高所で行われた。長濱政治副市長をはじめ請負業者、波平三郎池間自治会長らの関係者が参加し、建設工事の無事故・無災害を願った。建設地は海抜約12㍍で、来年2月末までに完成予定。

(全文を表示…)

2015年10月9日(金) 09:07 [政治・行政]

メタボ5年で10%減へ/市健康増進計画推進会議

行動計画指針を決定/「長寿の島」へ一丸


健康増進計画の指針を決めた推進会議=8日、平良保健センター

健康増進計画の指針を決めた推進会議=8日、平良保健センター

 市民の平均寿命を上げるための宮古島市健康増進計画推進会議が8日、発足した。保健・医療・福祉関係団体ほか経済、学校、マスコミ、行政の代表が委員を務め、年度内に行動推進計画を取りまとめる。同日の第1回会議では計画の指針を決定。向こう5年間でメタボリックシンドロームの該当率を10%減少させることや65歳未満の死亡者の減少を図ることを確認し、県内平均寿命最下位脱出を目指す決意を共有した。

(全文を表示…)

2015年10月8日(木) 09:06 [政治・行政]

事業者との協議状況ただす/県議会一般質問

下地島利活用で奥平氏


一般質問で下地島空港の利活用などについて県の考えをただした奥平氏=7日、県議会

一般質問で下地島空港の利活用などについて県の考えをただした奥平氏=7日、県議会

 【那覇支社】県議会(喜納昌春議長)の9月定例会は7日、最終日の一般質問を行い、奥平一夫氏(県民ネット)が下地島空港・周辺残地利活用候補事業での提案者との協議状況などをただした。

(全文を表示…)

2015年10月7日(水) 09:05 [政治・行政]

15日までに市が資料提出/ごみ残存問題調査特別委

今後の日程など確認


調査すべき事項や今後の日程などについて確認した第2回会合=6日、市役所平良庁舎

調査すべき事項や今後の日程などについて確認した第2回会合=6日、市役所平良庁舎

 不法投棄ごみ残存問題の全容解明を目指す市議会の「調査特別委員会」の第2回会合が6日、市役所平良庁舎で行われ、今後の調査の進め方や日程について確認した。委員からは、「まずは事実関係を把握する必要がある」「正しい情報を当局に求めるべき」などの意見が出された。今後は環境衛生課が現在、作成中の報告資料が15日までに同委員会に提出され、それを受けて第3回会合が今月19日に開催される。

(全文を表示…)

2015年10月7日(水) 09:02 [政治・行政]

委員13人に委嘱状交付/市景観審議会

高層ホテル計画で意見交換


高層ホテルリゾート計画について景観計画と照らし合わせながら意見交換した市景観審議会=6日、市役所下地庁舎

高層ホテルリゾート計画について景観計画と照らし合わせながら意見交換した市景観審議会=6日、市役所下地庁舎

 下地敏彦市長は6日、景観まちづくりに関することを審議する、学識経験者や市民などで構成する宮古島市景観審議会委員13人と景観アドバイザーに委嘱状を交付した。引き続き審議会を開き、ユニマットプレシャスが計画している高層リゾートホテルについて、市の景観計画にマッチしているのかなどで意見交換した。近日中に委員の意見を集約し、下地市長に答申する方針。会長には真壁恵修氏(宮古島市市民運動実践協議会)、副会長には庄司優氏(一般市民)を選出した。

(全文を表示…)

2015年10月3日(土) 09:06 [政治・行政]

末長い交流を祈念/宮古島市・マウイ郡

式典で互いの絆確認/姉妹都市50周年を祝う


記念式典への参加者たち=2日、市役所平良庁舎入り口

記念式典への参加者たち=2日、市役所平良庁舎入り口

 宮古島市とハワイ州マウイ郡の姉妹都市締結50周年を祝う記念式典が2日、市役所平良庁舎1階ロビーで開かれた。下地敏彦市長とマウイ郡のアラン・アラカワ郡長らが参加し、50年の節目を祝うとともに、今後も変わらぬ交流が継続することを祈念し、記念植樹などを行った。

(全文を表示…)

2015年10月3日(土) 09:04 [政治・行政]

宮古-那覇航空路線の現状ただす/座喜味氏

9月定例県議会一般質問


9月定例県議会の初日の一般質問に登壇した座喜味氏=2日、県議会

9月定例県議会の初日の一般質問に登壇した座喜味氏=2日、県議会

 【那覇支社】県議会(喜納昌春議長)の9月定例会は2日、一般質問を行い、座喜味一幸氏(自民)ら7氏が登壇した。
 座喜味氏は宮古-那覇航空路線の搭乗率の現状と改善策をただした。

(全文を表示…)

2015年10月3日(土) 09:03 [政治・行政]

運航時期「はっきりしない」/多良間村議会一般質問

多良間・石垣路線で村長


一般質問で答弁する伊良皆村長=2日、多良間村議場

一般質問で答弁する伊良皆村長=2日、多良間村議場

 【多良間】開会中の多良間村議会(森山実夫議長)9月定例会は2日、一般質問が行われた。伊良皆光夫村長は12月就航予定だった第一航空(大阪)による多良間-石垣間の航空路線について「(第一航空から)いつから運航開始なのか、まだはっきりしていない状況との説明を受けている」と述べ、粟国空港でのオーバラン事故が影響していることを指摘した。豊見山正氏の質問に答えた。

(全文を表示…)

2015年10月2日(金) 09:07 [政治・行政]

宮古は一つ、節目祝う/合併10年で記念式典

新ステージへ決意新た


多くの関係者が出席して合併10周年の節目を祝った記念式典=1日、マティダ市民劇場

多くの関係者が出席して合併10周年の節目を祝った記念式典=1日、マティダ市民劇場

 宮古島市市制施行10周年記念式典が1日、マティダ市民劇場で開かれた。行政機関や関係団体、一般市民ら多数が参加し、10周年の節目を祝うとともに、市のさらなる飛躍に向けて決意を新たにした。下地敏彦市長は「さまざまなプロジェクトが芽を出そうとしている。市民と手を携えて共に歩み、市の新たな10年を切り開いていく」と誓った。

(全文を表示…)

2015年10月2日(金) 09:06 [政治・行政]

10年の節目盛大に祝う/宮古島市市制施行10周年記念

多くの関係者集い祝賀会


関係者が集い、乾杯で市制10周年の節目を祝った=1日、市内のホテル

関係者が集い、乾杯で市制10周年の節目を祝った=1日、市内のホテル

 宮古島市市制施行10周年記念祝賀会が1日、市内のホテルで行われた。多くの関係者らが集い、宮古島市の姉妹都市、岡山県津山市の宮地昭範市長の音頭で乾杯し、10周年の節目を祝った。会は島袋本流紫の会の前泊博美さんの宮古トーガニで幕開を開けた。福嶺中学校の生徒が息のあったドラムパフォーマンスを元気に披露したほか、琉球國まつり太鼓宮古支部の勇壮な演舞、宮高ダンス部の躍動的なダンスなどの余興に会場からは大きな拍手が湧いていた。

(全文を表示…)

2015年10月1日(木) 09:07 [政治・行政]

1次産業と観光基盤に

振興策で下地市長/きょう市制施行10周年


市制施行10周年を前にマスコミのインタビューに答える下地敏彦市長=30日、市役所平良庁舎市長室

市制施行10周年を前にマスコミのインタビューに答える下地敏彦市長=30日、市役所平良庁舎市長室

 下地敏彦市長は1日の市制施行(合併)10周年に当たり30日、マスコミのインタビューに答えた。下地市長は今後の振興策について「農業生産を基盤とした島づくりが基本。これが安定すれば多くの食材が提供できる」と述べ、第1次産業と観光産業を基盤とした島づくりを強調した。均衡ある発展については、都市部と農村部の特性を指摘し「互いにすみ分けが必要」と述べた。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年11月1日現在

    宮古島市 54,209 人
    27,144 人
    27,065 人
    世帯数 26,779 軒
    多良間村 1,173 人
    629 人
    544 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2015年10月
    « 9月   11月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2