2015年11月8日のニュース一覧

2015年11月8日(日) 09:06 [産業・経済]

「すぐりむぬ」一堂に/宮古の産業まつり開幕

多くの来場者でにぎわう


宮古島市と友好都市を結ぶ自治体の関係者ら(右)が祭りを盛り上げる=7日、屋内会場の市民球場屋内練習場

宮古島市と友好都市を結ぶ自治体の関係者ら(右)が祭りを盛り上げる=7日、屋内会場の市民球場屋内練習場

 「出会い・ふれあい・感動!みゃーくぬすぐりむぬ」をテーマに第38回宮古の産業まつり(主催・同実行委員会)が7日、2日間の日程で市民球場屋内練習場とその周辺会場で幕を開けた。快晴の下、自慢の特産品・農林水産物の展示即売コーナーには、家族連れや観光客など多くの来場者が訪れ、にぎわいを見せた。きょう8日も午前10時~午後5時まで催される。

(全文を表示…)

2015年11月8日(日) 09:05 [スポーツ]

久松FC(高学年)など4強/本社杯少年サッカー

きょう決勝トーナメント


各コートで熱い戦いを繰り広げた(写真は中学年の宮古南FCブルーズ-宮古北SCJr)=7日、城辺総合運動場

各コートで熱い戦いを繰り広げた(写真は中学年の宮古南FCブルーズ-宮古北SCJr)=7日、城辺総合運動場

 創刊60周年記念第23回宮古毎日新聞杯全宮古少年サッカー大会(主催・宮古毎日新聞社、主管・宮古サッカー協会)が7日、城辺総合運動公園で開幕した。低中高学年の部に合わせて30チーム、約300人が参加し予選リーグが行われた。低学年はプリメイロ久松など8チーム、中学年は宮古南FCブルーズはじめ4チーム、高学年は久松FCなど4チームが決勝トーナメントに駒を進めた。きょう8日は低中高学年の決勝まで行われる。両日とも宮高サッカー部員がボランティアとして運営を支援した。

(全文を表示…)

2015年11月8日(日) 09:04 [スポーツ]

北、ベスト尽くし準V/県中学駅伝

全員自己新マーク/「借りは九州で返す」


23年ぶりに宮古勢として九州大会出場を決めた北男子のメンバー=7日、市総合体育館

23年ぶりに宮古勢として九州大会出場を決めた北男子のメンバー=7日、市総合体育館

 「うれしさ半分、悔しさも半分」-。7日に開催された県中学駅伝男子の部で準優勝した北のメンバーは口をそろえた。地元優勝を狙っていただけにトップとの26秒差を悔やむ。それでもこの日の北はベストを尽くした。出場6人全員が自己新をマークし、総合成績は地区大会に比べて2分近く縮めて見せた。宮古勢としての準優勝は23年ぶりの快挙だ。「この借りは九州で返す」。28日の九州大会での雪辱を期す。

(全文を表示…)

2015年11月8日(日) 09:03 [社会・全般]

家庭では笑顔で会話を

金さん、子育てのコツ伝授


金さんの指導を受け、隣同士で笑顔で会話する参加者=7日、県宮古合同庁舎

金さんの指導を受け、隣同士で笑顔で会話する参加者=7日、県宮古合同庁舎

 「こどももおとなもハッピーになる子育て」と題した講演会(県主催、NPO法人おきなわCAPセンター共催)が7日、県宮古合同庁舎で開かれた。講師でホリスティック教育実践研究所長の金香百合(きむかゆり)さんが自身の体験を基に、子育てのヒントになるようなエピソードなどを紹介。食事をしながら笑顔で会話することが家庭教育の基礎だと訴えた。

(全文を表示…)

2015年11月8日(日) 09:02 [教育・文化]

来年も良い作品書いてね/JA共済書道、交通安全ポスターコン

入賞者たたえ賞状授与


書道、交通安全ポスターコンクールの入賞者一人一人に賞状が手渡された=7日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

書道、交通安全ポスターコンクールの入賞者一人一人に賞状が手渡された=7日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

 第37回JA共済全国小・中学校書道、交通安全ポスター宮古地区コンクールの表彰式(主催・JAおきなわ宮古地区本部)が7日、JAおきなわ宮古地区本部ホールで行われた。入選した190人をたたえ、新城武一郎本部長が一人一人に賞状を手渡した。新城本部長は「次の世代を担う小、中学生の皆さんが将来、立派な社会人となられることを期待する」と激励の言葉を掛けた。

(全文を表示…)

2015年11月8日(日) 09:01 [ニュースウィークリー]

【ニュースウィークリー】11月3日~11月7日

1000人余が歌や踊りの輪/フェスティバル沸く

 第14回クイチャーフェスティバル2015が1日、カママ嶺公園多目的広場で行われた。伝統、創作、その他芸能に計28団体1000人余が出演。各地域に伝わるクイチャーを披露し、その魅力を内外にアピールした。会場には大勢の市民や観光客らが訪れ、男女が織りなす躍動感ある踊りを心ゆくまで堪能した。(11月3日掲載)

(全文を表示…)

2015年11月8日(日) 09:01 [地域・暮らし]

魅力は固有の伝統、文化/シマおこし研修交流会

池間、来間、伊良部の事例発表


池間島、来間島、伊良部島での島おこし活動が紹介された研修交流会=7日、下地農村環境改善センター

池間島、来間島、伊良部島での島おこし活動が紹介された研修交流会=7日、下地農村環境改善センター

 「2015年度シマおこし研修交流会in宮古島」(県地域づくりネットワーク、宮古島市共催)が7日、2日間の日程で始まった。初日は、下地農村環境改善センターで「地域交流 その魅力と課題」をテーマに、池間島、来間島、伊良部島で島おこしの活動を展開する4人がそれぞれの立場から活性化を図るために、それぞれの島固有の伝統や文化、歴史、先人たちの知恵を魅力と位置づけて活動していることなどを紹介した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年8月1日現在

    宮古島市 54,728 人
    27,562 人
    27,166 人
    世帯数 27,657 軒
    多良間村 1,134 人
    605 人
    529 人
    世帯数 518 軒
  • 天気


  •  

    2015年11月
    « 10月   12月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2