「産業・経済」 2015年11月のニュース一覧

2015年11月28日(土) 09:06 [産業・経済]

活車エビを初出荷/宮古島漁協

本土の公設市場へ200㌔/今期30㌧余、1億円超見込む


参加者らは万歳三唱を行い、安全輸送と高値取引を願った=27日、宮古島漁協が運営する高野車海老養殖場

参加者らは万歳三唱を行い、安全輸送と高値取引を願った=27日、宮古島漁協が運営する高野車海老養殖場

 東京都、京都府、愛知県、福岡県の公設市場への上場に向け、宮古島漁協(渡真利一夫組合長)は27日、自営の高野車海老養殖場で生産された活車エビ計200㌔を初出荷した。きょう28日早朝に開かれる競りに上場される。

(全文を表示…)

2015年11月27日(金) 09:05 [産業・経済]

交信かく乱で成果/イネヨトウ全島防除

個体密度低下へ糖業振興会 「引き続き警戒を」


今年2~7月に実施されたイネヨトウの全島防除。各ほ場にフェロモンチューブを張り巡らせた=2月20日、平良狩俣

今年2~7月に実施されたイネヨトウの全島防除。各ほ場にフェロモンチューブを張り巡らせた=2月20日、平良狩俣

 今年2~7月に実施されたフェロモンチューブによるイネヨトウ全島防除の事業実績がまとまった。雌の性フェロモンで雄を誘引するチューブを設置した2月ごろから、トラップによる成虫の捕獲数が激減しており、3月から7月にかけてはほとんど捕獲されていない。フェロモンチューブで交信をかく乱し、交尾を阻害して次世代個体密度を下げる防除の成果が見られるが、さとうきび糖業振興会では「ゼロというわけではない。引き続き警戒してほしい」としている。

(全文を表示…)

2015年11月22日(日) 09:06 [産業・経済]

ひらら資材センター開店/JAおきなわ

土日営業で便利に/草花や野菜苗も販売


落成式で関係者がテープカットを行い開店を告げた=21日、ひらら生産資材センター

落成式で関係者がテープカットを行い開店を告げた=21日、ひらら生産資材センター

 JAおきなわひらら生産資材センターがこのほど完成し21日、同センター(JA宮古地区本部の東側)で落成式が行われた。店舗面積(倉庫など含む)は962・5平方㍍。広さは現施設の約2・5倍。営農資材や畜産器材、農薬、肥料のほか果樹、草花、野菜の苗も販売する。土日、祝祭日も営業し、利用者の幅広いニーズに対応する。同日から営業を開始した。

(全文を表示…)

2015年11月21日(土) 09:04 [産業・経済]

来月8日から操業開始/沖糖宮古工場

農林27号の収穫呼び掛け


 沖縄製糖宮古工場は20日までに、2015-16年期のサトウキビ製糖操業を来月8日に開始することを正式に決めた。年内操業は2期連続。沖糖では農林27号の夏植えを優先的に収穫するよう呼び掛けている。

(全文を表示…)

2015年11月21日(土) 09:02 [産業・経済]

大物マグロ揚がる/佐良浜

これから本番の時期


水揚げされた重さ65㌔の大物キハダマグロ=20日、佐良浜漁港

水揚げされた重さ65㌔の大物キハダマグロ=20日、佐良浜漁港

 佐良浜漁港では11月に入り、大物キハダマグロが次々と水揚げされ活気づいている。これから本番の時期を迎える。

(全文を表示…)

2015年11月20日(金) 09:07 [産業・経済]

子牛、過去最高67万円/肉用牛競り

3カ月連続で更新/年間販売額30億円は確実


子牛1頭平均価格が3カ月連続で過去最高額を更新した宮古市場の肉用牛競り=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

子牛1頭平均価格が3カ月連続で過去最高額を更新した宮古市場の肉用牛競り=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

 JAおきなわ宮古家畜市場の2015年11月期肉用牛競りが19日開かれ、子牛1頭平均価格は過去最高額の67万4208円で競り落とされた。最高額の更新は3カ月連続。平均キロ単価も2674円とずば抜けて高い。今月は成牛を含めて2億4200万円を売り上げており、11カ月連続で2億円販売を達成した。15年競りは12月期を残すのみだが、年間販売額が30億円に達するのは確実。年間を通して続く高値取引に市場は活気付いている。

(全文を表示…)

2015年11月20日(金) 09:02 [産業・経済]

TPP国内対策など要請/知事に県さとうきび対策本部

翁長知事(中央)にサトウキビ価格・政策確立に関して要請した新崎本部長(左から2番目)ら=19日、県庁

翁長知事(中央)にサトウキビ価格・政策確立に関して要請した新崎本部長(左から2番目)ら=19日、県庁

 【那覇支社】JA沖縄グループや県市長会、県市議会議長会など10機関・団体で構成する県さとうきび対策本部の新崎弘光本部長(JA沖縄中央会長)は19日、県庁に翁長雄志知事を訪ね、サトウキビ価格・政策確立に関する要請書を手渡した。

(全文を表示…)

2015年11月18日(水) 09:08 [政治・行政, 産業・経済]

県TPP対策本部を設置

JAなど14機関団体で構成/課題認識の共有化図る


県TPP農業対策本部の設置を発表するJA沖縄中央会の新崎会長(中央)とJAおきなわの砂川理事長(右)、県農水部の島田部長=17日、那覇市のJA会館

県TPP農業対策本部の設置を発表するJA沖縄中央会の新崎会長(中央)とJAおきなわの砂川理事長(右)、県農水部の島田部長=17日、那覇市のJA会館

 【那覇支社】JAおきなわとJA沖縄中央会、県農林水産部は17日、那覇市のJA会館で記者会見を開き、政府が10月に環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で大筋合意したことを受け、「県TPP農業対策本部」(本部長・新崎弘光JA沖縄中央会長)を設置したことを明らかにした。設置は同日付。

(全文を表示…)

2015年11月18日(水) 09:06 [産業・経済]

競り延期の影響額320万円余/多良間

RAC欠航で生産農家/臨時便対応求め「依頼書」


伊良皆村長(右から3人目)に「依頼書」を提出する宮古和牛改良組合多良間支部のメンバー=17日、村長室

伊良皆村長(右から3人目)に「依頼書」を提出する宮古和牛改良組合多良間支部のメンバー=17日、村長室

 【多良間】宮古和牛改良組合多良間支部(豊見城玄弘支部長)は17日、琉球エアーコミューター(RAC)が機材不良のため欠航となり、10月の肉用牛競りが延期になったことに対し、「生産農家は予定していた収入が得られず、飼料などの経費がかさんだ」などとして、伊良皆光夫村長と森山実夫議長に「依頼書」を提出。同社に対し、利用者の信頼を得るためにも、何らかのトラブルなどがあった場合は臨時便で対応するよう求めた。同支部によると競りの延期による農家全体の影響額は飼料代金など320万円以上に上ると推計している。

(全文を表示…)

2015年11月18日(水) 09:05 [政治・行政, 産業・経済]

旧町村部「光」整備へ/市と経済団体の懇話会

市街地Wi-Fi化も検討


市と経済団体が意見を交わした懇話会=17日、市中央公民館

市と経済団体が意見を交わした懇話会=17日、市中央公民館

 宮古島市と経済団体との懇話会が17日午後、市中央公民館で開かれた。通信環境分野では市が旧町村部における光ファイバーの整備について言及。2016年度に調査を入れ、次年度以降に順次整備する方向で調整が進められていることを明らかにした。また、中心市街地でWi-Fi環境を整備することも検討する。

(全文を表示…)

2015年11月15日(日) 09:07 [産業・経済]

子牛生産 安定継続に懸念広がる/TPP大筋合意で農家

政府に不安払しょくの政策要望/JAが説明会


大筋合意したTPP交渉の妥結内容を宮古の畜産農家や関係者に説明した県内説明会=14日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

大筋合意したTPP交渉の妥結内容を宮古の畜産農家や関係者に説明した県内説明会=14日、JAおきなわ宮古地区本部ホール

 JA沖縄中央会は14日午前、日本や米国など12カ国が大筋合意した環太平洋連携協定(TPP)交渉の妥結内容を宮古の畜産農家や関係者に説明した。農家からは、輸入牛肉の関税を段階的に引き下げることで、国内産牛肉全体の価格が下落することを懸念。「子牛の生産地として今後、安定した生産が継続できるのか」と不安を口にし、政府に10年、20年先を見据えた子牛の安定生産に向けての法制化を要望した。

(全文を表示…)

2015年11月13日(金) 09:04 [産業・経済]

万全な国内対策を/TPP

県農業代表者大会で決議


大会宣言を採択し「ガンバロー三唱」する参加者=12日、南風原町立中央公民館

大会宣言を採択し「ガンバロー三唱」する参加者=12日、南風原町立中央公民館

 【那覇支社】2015年度産さとうきび価格・政策の確立に向けた「県農業代表者大会」(主催・県さとうきび対策本部)が12日、南風原町立中央公民館で開かれ、TPP(環太平洋経済連携協定)の影響を最小限に食い止める関連法制度の整備や予算措置など、万全な国内対策を政府・与党に強く求める大会宣言を採択した。

(全文を表示…)

2015年11月11日(水) 09:06 [産業・経済]

来年は72回、7万6000人/クルーズ船

宮古寄港、過去最多へ/通訳やバスの不足課題に


来年はクルーズ船の宮古島への寄港が過去最多になる見通しであることが示された第5回クルーズ客船誘致連絡協議会幹事会=10日、平良港ターミナルビル

来年はクルーズ船の宮古島への寄港が過去最多になる見通しであることが示された第5回クルーズ客船誘致連絡協議会幹事会=10日、平良港ターミナルビル

 2016年に外国などからのクルーズ船が宮古島市に寄港する回数は72回、乗船客数は約7万6400人の過去最多に上る見通しであることが10日分かった。これまで最多だった05年の23回(乗客数1万3366人)の約3倍、15年の13回(同9372人)の約5倍に増える試算だ。経済波及効果が期待される一方で、通訳の確保やバス、タクシーの安定供給などの受け入れ対策が喫緊の課題となっている。

(全文を表示…)

2015年11月11日(水) 09:05 [産業・経済]

クルーズ船 経済効果3億9000万円/平良港湾事務所が試算

人気は化粧品、日用品/タクシー協「恩恵受けた」


宮古島市内で買い物を楽しむクルーズ船の乗客=2015年7月28日

宮古島市内で買い物を楽しむクルーズ船の乗客=2015年7月28日

 沖縄総合事務局平良港湾事務所は、平良港に今年寄港した外国からのクルーズ船(スーパースター・リブラ、シルバーディスカバラー)の経済効果を約3億9000万円に上ると試算し、10日発表した。同所が乗客を対象に実施したアンケート調査を分析した。乗客1人当たりの消費額は1万~2万円が最も多く、購入品目では化粧品や日用品の人気が高かった。タクシー協会では「大分恩恵を受けた。台数にして延べ1140台、約800万円の売り上げがあった」と話した。

(全文を表示…)

2015年11月11日(水) 09:04 [産業・経済]

12月初旬に操業開始/沖縄製糖宮古工場

年内は2期連続


年内に操業を開始する予定の沖縄製糖宮古工場=10日、下地上地

年内に操業を開始する予定の沖縄製糖宮古工場=10日、下地上地

 沖縄製糖宮古工場は2015-16年産サトウキビの製糖操業を12月初旬に開始する方向で調整を進めている。10日前後の開始を予定しており、前期の19日開始より早める方針だ。沖糖の年内操業は2期連続。

(全文を表示…)

2015年11月10日(火) 09:07 [産業・経済]

キビ交付金 引き上げ要請へ/運動方針説明会

TPP合意で危機感/中長期的な振興対策も


15年度サトウキビ運動方針を確認する生産農家ら=9日、JAおきなわ宮古地区本部

15年度サトウキビ運動方針を確認する生産農家ら=9日、JAおきなわ宮古地区本部

 2015年度サトウキビ運動方針に関する説明会が9日、JAおきなわ宮古地区本部で開かれた。環太平洋経済連携協定(TPP)の大筋合意によって「生産の衰退が懸念される」と危機感を共有。サトウキビ生産の持続的発展および再生産を可能にするために、交付金水準の引き上げを政府・与党に要請することなどを確認した。新たな増産計画の策定並びに中長期的な生産振興対策も求める。団体要請行動は12月を予定。

(全文を表示…)

2015年11月8日(日) 09:06 [産業・経済]

「すぐりむぬ」一堂に/宮古の産業まつり開幕

多くの来場者でにぎわう


宮古島市と友好都市を結ぶ自治体の関係者ら(右)が祭りを盛り上げる=7日、屋内会場の市民球場屋内練習場

宮古島市と友好都市を結ぶ自治体の関係者ら(右)が祭りを盛り上げる=7日、屋内会場の市民球場屋内練習場

 「出会い・ふれあい・感動!みゃーくぬすぐりむぬ」をテーマに第38回宮古の産業まつり(主催・同実行委員会)が7日、2日間の日程で市民球場屋内練習場とその周辺会場で幕を開けた。快晴の下、自慢の特産品・農林水産物の展示即売コーナーには、家族連れや観光客など多くの来場者が訪れ、にぎわいを見せた。きょう8日も午前10時~午後5時まで催される。

(全文を表示…)

2015年11月6日(金) 09:05 [産業・経済]

B737-800型導入へ/JTA

来年2月 那覇便の需要に対応


2015年9月中間決算を発表する糸数寛総務部長(左から2人目)ら=5日、宮古空港

2015年9月中間決算を発表する糸数寛総務部長(左から2人目)ら=5日、宮古空港

 日本トランスオーシャン航空(JTA、本社・那覇市、丸川潔社長)が来年2月10日以降、那覇-宮古路線にボーイング737-800型機を導入する。165席を提供できる機材で1日2往復4便を運航。需要が高まっている那覇-宮古路線に対応する。

(全文を表示…)

2015年11月5日(木) 09:05 [産業・経済]

15年期産出荷がスタート/ゴーヤー専門部会

目揃え会で出荷基準確認


目揃え会を開いて出荷基準などを確認した=4日、JAおきなわ農産物集出荷施設

目揃え会を開いて出荷基準などを確認した=4日、JAおきなわ農産物集出荷施設

 JAおきなわ宮古地区ゴーヤー専門部会(砂川好徳部会長)の2015年期作目揃え会が4日午後、JAおきなわ農産物集出荷施設で行われた。100人以上の部会員が集まって出荷基準等を確認。宮古島産ゴーヤーのブランド化を促進する信頼の産地づくりに向けて決意を新たにした。ゴーヤーの出荷は先月26日から始まり、2日からは連日出荷している。今期は925㌧を出荷、3億6000万円の販売を計画している。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2015年11月
    « 10月   12月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2