「地域・暮らし」 2015年11月のニュース一覧

2015年11月28日(土) 09:03 [地域・暮らし]

ヘルシー料理を学ぶ/食育活動プロモーション

たばこ耕作者婦人が参加


バランスに優れたヘルシー料理を学ぶ参加者=27日、下地保健福祉センター

バランスに優れたヘルシー料理を学ぶ参加者=27日、下地保健福祉センター

 2015年度食育活動プロモーション事業の調理実習が27日午前、下地保健福祉センターで開かれた。市たばこ耕作者婦人会下地のメンバー15人が参加し、バランスに優れたヘルシー料理を学んだ。

(全文を表示…)

2015年11月27日(金) 09:02 [地域・暮らし]

ミニSL発車オーライ/宮古工業高

「くれよん」利用者と交流


同校中庭でミニSL乗車体験をする参加者=26日、宮古工業高校(写真提供・つどいの広場くれよん)

同校中庭でミニSL乗車体験をする参加者=26日、宮古工業高校(写真提供・つどいの広場くれよん)

 市社会福祉協議会平良支所「つどいの広場くれよん」の利用者親子15組が26日、宮古工業高校でミニSL(蒸気機関車)の体験乗車を行った。同校自動車機械システム科機械システムコース2年生の生徒約30人も参加。一緒にダンスするなど、親子との交流を深めた。

(全文を表示…)

2015年11月25日(水) 09:01 [地域・暮らし, 教育・文化]

スマフツで「ももたろう」/青少年の家

方言の魅力伝える


昔話「ももたろう」を宮古方言で朗読する参加親子=23日、県立宮古青少年の家

昔話「ももたろう」を宮古方言で朗読する参加親子=23日、県立宮古青少年の家

 県立宮古青少年の家の自主事業「みゃ~く塾」が23日午前、同所であり、8家族14人が宮古方言で昔話の朗読に挑戦した。講師を務めたのはバスガイドの与那覇冴子さん。「島の大切な言葉をいつまでも大切にしよう」と語り掛けた。

(全文を表示…)

2015年11月24日(火) 09:03 [地域・暮らし]

昔にタイムスリップ/「宮古諸島のくらしと風景」展

市中央公民館29日まで


1960年代の宮古諸島の風景写真などが展示されている「宮古諸島のくらしと風景」=22日、市中央公民館

1960年代の宮古諸島の風景写真などが展示されている「宮古諸島のくらしと風景」=22日、市中央公民館

 琉球大学附属図書館・琉球大学博物館収蔵の企画展「宮古諸島のくらしと風景」が22日から、市中央公民館で始まった。復帰前の1960年代の宮古諸島の風景や、多良間島の八月踊りなどの様子を記録した写真など135点を展示。稲わらを使用した、物の数を記録したり計算機として使った「わら算」も展示され、当時の人々の生活を感じることができる。企画展は29日まで、入場無料。

(全文を表示…)

2015年11月21日(土) 09:06 [地域・暮らし, 社会・全般]

食料品 島内消費、半分に減少/大橋開通後の伊良部住民

宮古本島に流出顕著/7割が「安さ」「品揃え」求め


 伊良部大橋開通前は8割の人が食料品を島内で購入していたが、開通後は半分の4割に減少していることが伊良部商工会が実施した「島内事業者(スーパーなど)の利用意向に関する島民アンケート」で分かった。特に生活必需品である食料品や生活雑貨の減少率が大きくなっている。外食も5割から3割に減少。伊良部島から橋を渡って宮古本島へ買い物に行く割合が高まっていることが浮き彫りになった。7割以上の人が「安さ」「品ぞろえ」を求めて島外で買い物をしており、品ぞろえが限定されている伊良部島内の商店が苦戦している状況といえる。

(全文を表示…)

2015年11月18日(水) 09:04 [地域・暮らし]

福島での押し花展に出展/工房「ローゼル」の会員10人

「復興支援に役立てれば」


福島県で行われる押し花展に出展する押し花工房「ローゼル」の会員。前列中央が林代表=14日、伊良部字長浜

福島県で行われる押し花展に出展する押し花工房「ローゼル」の会員。前列中央が林代表=14日、伊良部字長浜

 押し花工房「ローゼル」(伊良部字長浜、林貴代子代表)の会員10人は、福島県で行われる押し花展に作品を出展する。南の島からの作品出展は2013年に続き2回目。会員たちは「宮古の草花の美しさを福島の皆さんに見てもらいたい。少しでも復興支援のお役に立てれば幸い」と話している。

(全文を表示…)

2015年11月17日(火) 09:05 [地域・暮らし]

「ものづくり部門」で全国1位/宮古雇用創造協

成果物コンテスト 紙すき体験プラン評価


成果物コンテストのものづくり部門1位の表彰状が松嶋部長(手前左から3人目)から長濱会長(同2人目)に伝達された=16日、市役所平良庁舎

成果物コンテストのものづくり部門1位の表彰状が松嶋部長(手前左から3人目)から長濱会長(同2人目)に伝達された=16日、市役所平良庁舎

 「地域の魅力、再発見!」をテーマに厚生労働省が実施する「2015年度実践型地域雇用創造事業シンポジウム」が先月16日、東京都で開催され、宮古島地域雇用創造協議会(会長・長濱政治副市長)が実施した「紙すき体験プラン」が「ものづくり部門」で全国1位に輝いた。16日には市役所平良庁舎で伝達式が行われ、賞状を受け取った長濱会長は「みんなが頑張ってくれたおかげで成し遂げた全国1位の成績をとても誇りに思う」と述べ、県内初の快挙を笑顔で喜んだ

(全文を表示…)

2015年11月16日(月) 09:04 [地域・暮らし]

健やかな成長祈る/「七五三」

親子が宮古神社で参拝


着物を着て両親と一緒に参拝に訪れた子供たち=15日、宮古神社

着物を着て両親と一緒に参拝に訪れた子供たち=15日、宮古神社

 11月15日は7歳の女の子と5歳の男の子、3歳男女の子供の健やかな成長を願う「七五三」。宮古神社には朝からたくさんの親子連れが訪れて参拝した。

(全文を表示…)

2015年11月16日(月) 09:01 [地域・暮らし]

厳かに奉納祭・鎮座祭/多良間神社

向こう1年、村の繁栄祈願


村民らが参加し向こう一年間の村の繁栄を祈願した奉納祭・鎮座祭=多良間神社

村民らが参加し向こう一年間の村の繁栄を祈願した奉納祭・鎮座祭=多良間神社

 【多良間】土原豊見親を祭る神社で、多良間村の文化財に指定されている多良間神社の奉納祭・鎮座祭(同村主催)が10日、同神社で厳かに執り行われた。村民や役場職員ら関係者が訪れ、向こう一年間の村の繁栄を祈願した。

(全文を表示…)

2015年11月14日(土) 09:05 [地域・暮らし, 社会・全般]

申請書の配達開始/マイナンバーカード交付

宮古管内2万5000世帯
宮古郵便局 29日までに終了へ


宮古島で最初の配達を受ける砂川さん(左)=13日、東仲宗根

宮古島で最初の配達を受ける砂川さん(左)=13日、東仲宗根

 来年1月から交付が開始される個人番号(マイナンバー)カードの交付申請書兼電子証明書発行申請書の配達が13日から宮古島で始まった。この日午前に東仲宗根の世帯に最初の配達が行われた。交付申請書が入った封書は各世帯ごとに簡易書留で、住民票の住所に配達される。宮古郵便局(多良間明局長)は管内の約2万5000世帯へ配達を今月29日までに終了するとしている。宮古島で最初に交付申請書が配達された東仲宗根の砂川輝吉さん(75)は「初めてのことなので、これから勉強して大切に保管したいと思う。皆さんと同じように活用したい」と話した。

(全文を表示…)

2015年11月12日(木) 09:02 [地域・暮らし, 社会・全般]

園児が防火パレード/下地保育所

全国火災予防運動の一環


火の用心を呼び掛けながら元気よくパレードした園児たち=11日、下地上地

火の用心を呼び掛けながら元気よくパレードした園児たち=11日、下地上地

 下地保育所(渡真利順子所長)の3~5歳児約60人が11日、下地のAコープから下地庁舎まで火の用心を呼び掛けながらパレードをした。2015年秋季全国火災予防運動の一環として行われた幼年・少年防火パレード。

(全文を表示…)

2015年11月10日(火) 09:02 [地域・暮らし]

火災予防運動始まる/市消防本部

車両パレードで意識高揚訴え


車両パレードで市民に火災予防思想の普及を呼び掛けた=9日、市消防本部

車両パレードで市民に火災予防思想の普及を呼び掛けた=9日、市消防本部

 秋季全国火災予防運動が9日、全国一斉に始まった。宮古島市消防本部(来間克消防長)は同日、消防車両でパレードを行い、市民に火災予防に対する意識高揚を呼び掛けた。15日までの運動期間中、幼年・少年防火パレードや防火対象物・危険物施設などの立入調査、防災フェアなどを実施する。

(全文を表示…)

2015年11月8日(日) 09:01 [地域・暮らし]

魅力は固有の伝統、文化/シマおこし研修交流会

池間、来間、伊良部の事例発表


池間島、来間島、伊良部島での島おこし活動が紹介された研修交流会=7日、下地農村環境改善センター

池間島、来間島、伊良部島での島おこし活動が紹介された研修交流会=7日、下地農村環境改善センター

 「2015年度シマおこし研修交流会in宮古島」(県地域づくりネットワーク、宮古島市共催)が7日、2日間の日程で始まった。初日は、下地農村環境改善センターで「地域交流 その魅力と課題」をテーマに、池間島、来間島、伊良部島で島おこしの活動を展開する4人がそれぞれの立場から活性化を図るために、それぞれの島固有の伝統や文化、歴史、先人たちの知恵を魅力と位置づけて活動していることなどを紹介した。

(全文を表示…)

2015年11月5日(木) 09:02 [地域・暮らし]

五穀豊穣に感謝/伊良部南区でユークイ

豊作で歓喜の踊り奉納


豊作を歓喜の踊りで分かち合う参加者ら=4日、伊良部南区の長浜御嶽

豊作を歓喜の踊りで分かち合う参加者ら=4日、伊良部南区の長浜御嶽

 伊良部南区の佐和田・長浜・国仲・仲地の四つの集落で4日、伝統の豊年祭「ユークイ(世乞い)」がにぎやかに行われた。住民らはそれぞれ四つの御嶽で集い、豊作を祝いながら歓喜の踊りを奉納した。

(全文を表示…)

2015年11月4日(水) 09:06 [地域・暮らし, 環境・エコ]

地域振興でエコ追求/市立学園が開校

市民が水や電気学ぶ/木村俊昭さんの講演も


エコ学園の授業を受ける市民=3日、市中央公民館

エコ学園の授業を受ける市民=3日、市中央公民館

 エコアイランド宮古島を学ぶための学校「市立エコ学園」が3日、宮古島市中央公民館に1日限りで開校した。海や水、環境、電気に関する授業が行われ、関心のある市民が受講して各分野の知識を深めた。「スーパー公務員」こと木村俊昭さんが講演し、地域の活性化について提言。宮古島の産業や歴史、文化を掘り起こし、市民・地域が一体となって事業に取り組むことの重要性を説いた。

(全文を表示…)

2015年11月4日(水) 09:03 [地域・暮らし, 社会・全般]

地域ぐるみの介護を

高齢者支援でフォーラム/2氏が基調講演


市民らが大勢参加し基調講演などを通して高齢者が安心して暮らせる地域づくりを考えたフォーラム=1日、下地農村環境改善センター

市民らが大勢参加し基調講演などを通して高齢者が安心して暮らせる地域づくりを考えたフォーラム=1日、下地農村環境改善センター

 高齢者が安心して暮らせる地域づくりフォーラム(宮古島市主催)が1日、下地農村環境改善センターで行われた。地域支援事業に携わっている厚生労働省や市民団体の専門家が基調講演で、住み慣れた地域で生きがいを持って暮らしていくには地域ぐるみでの介護が必要だと強調。地域に目を向け、自分にできることを考え実行に移すことが大切だと呼び掛けた。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2015年11月
    « 10月   12月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2