「地域・暮らし」 2016年1月のニュース一覧

2016年1月29日(金) 09:04 [地域・暮らし]

ユリカモメ飛来、黒い斑点が特徴/島尻海岸

干潮で干上がった遠浅を散歩するユリカモメ=28日、平良島尻地区(撮影・伊良波彌記者)

干潮で干上がった遠浅を散歩するユリカモメ=28日、平良島尻地区(撮影・伊良波彌記者)

 冬鳥のユリカモメ(カモメ科)2羽が28日、平良の島尻海岸で確認された。目の後ろにある黒い斑点のトレードマークが観察者の視線を引いていた。

(全文を表示…)

2016年1月28日(木) 09:04 [地域・暮らし]

今年もけいこ励むぞ/多良間

空手道場が餅つき大会


餅つきを楽しむ参加者=24日、津川公民館

餅つきを楽しむ参加者=24日、津川公民館

 【多良間】多良間島で道場を開いている「谷派秀法空手道修交会日本虎風館多良間道場」が24日、同村津川公民館で餅つき大会を行った。道場に通う子供たちと保護者が餅つきを体験した。道場長の佐久本宏美さんは「子どもたちに鏡開きを兼ねて餅つきの楽しさを経験して欲しくて開催した」と述べた。この日の多良間島の最低気温は9度と、これまでにない寒波の中、子供たちはかけ声を交わしながら、餅つきを楽しんだ。つき上がった出来たての餅に舌鼓を打っていた。

(全文を表示…)

2016年1月28日(木) 09:02 [地域・暮らし]

ヘルシー料理学ぶ

60歳以上男性対象に教室/市地域包括支援セひらら主催


ヘルシー料理作りに挑戦する参加者たち=27日、下地福祉保健センター

ヘルシー料理作りに挑戦する参加者たち=27日、下地福祉保健センター

 60歳以上の独居男性と夫婦世帯の男性を対象とした料理教室「60歳からの暮らし方イキイキ講座 男シングルキッチンライフ応援教室」(主催・市地域包括支援センターひらら)が27日、下地福祉保健センターで開かれた。9人が参加し、管理栄養士らからヘルシー料理のつくり方を学んだ。

(全文を表示…)

2016年1月26日(火) 09:06 [地域・暮らし]

最低7.4度 この冬一番/宮古島地方

平年比べ8・3度低く/暖冬から一転「さむ~い」


厳しい冷え込みのなか、防寒着を着て登校する児童=25日午前7時50分すぎ、平良下里

厳しい冷え込みのなか、防寒着を着て登校する児童=25日午前7時50分すぎ、平良下里

 宮古島地方は24日から25日にかけて、強い冬型の気圧配置と、強い寒気の影響で厳しい冷え込みとなった。24日の最低気温は平良下里(宮古島地方気象台)で平年よりも8・3度低い7・4度(午後7時25分)を観測。25日は午前1時48分に平良下里で7・7度を観測した。この日の日中の最高気温は平年よりも7・8度低い12・9度だった。名護市と久米島では24日に「みぞれ」が観測された。

(全文を表示…)

2016年1月26日(火) 09:03 [地域・暮らし]

寒さ吹き飛ばせ

子供たちがもちつき/地盛自治会


地域の園児や児童と、その保護者らが参加して盛り上がった新春もちつきつき大会=24日、地盛農村公園集会所

地域の園児や児童と、その保護者らが参加して盛り上がった新春もちつきつき大会=24日、地盛農村公園集会所

 平良の地盛自治会(砂川明廣会長)の「新春もちつき会」が24日、地盛農村公園集会所で行われた。冷たい北風が吹く中、多くの親子連れらが参加。子供たちは力を合わせてぺったん、ぺったんともちをつき、できたてのもちを味わいながら交流を楽しんだ。

(全文を表示…)

2016年1月26日(火) 09:02 [地域・暮らし]

魚も“ギョ”仮死状態に/下地・与那覇湾

大量の魚が仮死状態で打ち寄せ訪れた市民がタモ網ですくい取っていた=25日、下地のサニツ浜

大量の魚が仮死状態で打ち寄せ訪れた市民がタモ網ですくい取っていた=25日、下地のサニツ浜

 寒気の影響で、厳しい冷え込みとなった25日の朝、下地の与那覇湾(サニツ浜)には急激な水温の低下のため仮死状態になった魚が大量に打ち寄せた。

(全文を表示…)

2016年1月22日(金) 09:04 [地域・暮らし]

一緒に食べるとおいしいね/社協上野支所

お年寄りと園児がもちつき交流


デイサービス利用者と園児たちが楽しいひとときを過ごしたもちつき交流会=21日、上野老人福祉センター

デイサービス利用者と園児たちが楽しいひとときを過ごしたもちつき交流会=21日、上野老人福祉センター

 市社協上野支所(大城博紀支所長)で21日、恒例のもちつき交流会が行われ、同所のデイサービス利用者や上野保育所の園児、小規模多機能たかやまの利用者ら約50人が、もちつきを通して世代間交流を楽しんだ。

(全文を表示…)

2016年1月13日(水) 09:07 [地域・暮らし]

4万8000本で花景色創出/観光振興で道路に彩り

ドライバーの目楽しませる/宮古土木事務所


色鮮やかなインパチェンスがドライバーの目を楽しませている=国道390号(通称・下地線)

色鮮やかなインパチェンスがドライバーの目を楽しませている=国道390号(通称・下地線)

 県宮古土木事務所は、県道沿いに花の景色を創出し、ドライバーや観光客の目を楽しませている。一括交付金のソフト事業を活用。今年度5900万円の事業費で市街地を中心に、約4万8000本の花を植え付けた。今後も継続して実施する予定で、同所では「花で道路景観を良くして、宮古観光の振興に寄与していければ」と話している。

(全文を表示…)

2016年1月10日(日) 09:02 [地域・暮らし, 社会・全般]

多良間楽しかった/宮古市の交流団

村民が歓送迎会


受け入れ家族と一緒になって「多良間音頭・はりよい」を踊る交流団の皆さん=7日、多良間村コミュニティー施設

受け入れ家族と一緒になって「多良間音頭・はりよい」を踊る交流団の皆さん=7日、多良間村コミュニティー施設

 【多良間】多良間村を訪問している岩手県宮古市の交流団の歓送迎会が7日、同村コミュニティー施設で行われた。受け入れ家族や村民らが参加し親睦を深めながら双方の絆を改めて確認した。

(全文を表示…)

2016年1月9日(土) 09:02 [地域・暮らし]

大物タコ仕留める/佐良浜

重さ7㌔、漁師の仲村さん


仲村さんは孫と一緒に大物タコの記念撮影に応じた=7日、佐良浜の仲村さん宅

仲村さんは孫と一緒に大物タコの記念撮影に応じた=7日、佐良浜の仲村さん宅

 佐良浜で潜水漁が専門の漁師、仲村淳さん(71)がこのほど、重さが7㌔ある大物タコを水揚げし、地域の話題となっている。仲村さんは「これまで仕留めたタコの重さは6・5㌔あり、その重量が自己最高記録だった。今回その記録を上回ったので、大変うれしい」と笑顔で語った。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2016年1月
    « 12月   2月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2