2016年3月27日のニュース一覧

2016年3月27日(日) 09:07 [産業・経済]

東京・宮古直行便きょう就航/ANA

1往復2便 観光振興に大きな弾み


 全日本空輸(ANA)の東京羽田-宮古路線がきょう27日、新規就航する。1日1往復2便で使用機材はボーイング737-800型機(167席)。午前11時40分羽田発で、宮古着は午後2時45分を予定している。宮古発は午後3時25分、羽田着は午後6時15分ごろとなる。

(全文を表示…)

2016年3月27日(日) 09:06 [イベント]

方言や訛を大切に

伊奈かっぺい、下地イサムさん競演


歌とトークで楽しいコンサートを繰り広げた下地イサムさん(左)

歌とトークで楽しいコンサートを繰り広げた下地イサムさん(左)

軽妙なトークで会場を笑いの渦に巻き込んだ伊奈かっぺいさん

軽妙なトークで会場を笑いの渦に巻き込んだ伊奈かっぺいさん

 異色マルチタレントとして知られる伊奈かっぺいさんの講演会と、宮古島市出身のシンガーソングライター、下地イサムさんのコンサート(主催・市、市教育委員会、市文化協会)が26日夜、マティダ市民劇場で開かれた。伊奈かっぺいさんは「人と同じことをやってはいけない」と個性やオリジナリティーを主張し、方言や訛(なまり)の素晴らしさを訴え。下地イサムさんは、歌を交えながら「パリ(畑)」「ヴゥーズ(サトウキビ)」などの宮古方言を披露し「先人たちは素晴らしい言葉を残してくれた」と話した。

(全文を表示…)

2016年3月27日(日) 09:05 [産業・経済]

野ネズミ被害が深刻化/下地入江地区キビ畑

野そ剤、ヘリでの空中散布訴え


野ネズミの被害を受けたサトウキビ。下地入江地区にキビ畑がある農家が、被害部分を刈り取り本紙に状況を説明した=23日、下地入江地区

野ネズミの被害を受けたサトウキビ。下地入江地区にキビ畑がある農家が、被害部分を刈り取り本紙に状況を説明した=23日、下地入江地区

 下地入江地区の複数のサトウキビ畑で、野ネズミがキビを食い荒らす被害が深刻化している。収量は例年を下回ることが確実な農家もいて、頭を抱えている。被害を受けた農家の一人は、ヘリコプターから実施していた野そ防除が、昨年から農家で撒く地上散布に変わったことを指摘。「散布はキビ畑に限っており、原野には撒かれない。まったく防除しない農家もおり、畑の一部分にだけ撒く農家もいる」と話し、地上散布では防除に限界があると訴えている。

(全文を表示…)

2016年3月27日(日) 09:04 [社会・全般]

自衛隊配備阻止へ結束/計画撤回要請決議採択

いのちの水守る市民集会


自衛隊配備反対を訴える登壇者の話を聞く集会参加者たち=26日、市中央公民館大ホール

自衛隊配備反対を訴える登壇者の話を聞く集会参加者たち=26日、市中央公民館大ホール

 「いのちの水を守ろう-自衛隊配備反対3・26市民集会」(主催・同実行委委員会)が26日、市中央公民館大ホールで開かれた。宮古島への陸上自衛隊配備計画に反対する市民ら約150人が参加。多くの人が平和や地下水保全のために配備に反対を訴え、配備阻止へ結束を呼び掛けた。防衛大臣宛ての配備計画撤回を要請する決議も採択した。

(全文を表示…)

2016年3月27日(日) 09:03 [社会・全般]

福嶺小校区内3店に委嘱/同連絡協、宮古島署

保良、新城に「こども110番の家」


島尻商店に委嘱状とステッカーを交付した大城署長(右から2人目)と新城会長(右)。写真左は福嶺駐在所の奥間政寿巡査部長=城辺保良(写真提供・宮古島警察署)

島尻商店に委嘱状とステッカーを交付した大城署長(右から2人目)と新城会長(右)。写真左は福嶺駐在所の奥間政寿巡査部長=城辺保良(写真提供・宮古島警察署)

 宮古島警察署(大城辰男署長)と宮古島地区こども110番の家連絡協議会(新城浩吉会長)はこのほど、子供たちを犯罪被害から守る駆け込み避難所である「こども110番の家」を福嶺小学校区内にある3店舗に委嘱した。

(全文を表示…)

2016年3月27日(日) 09:02 [地域・暮らし]

村の繁栄、村民の健康祈願/多良間村

伝統行事の「害虫流し」


害虫をクバの葉に包み、舟に乗せ役員の手で海中に流される=25日、多良間村塩川の海岸

害虫をクバの葉に包み、舟に乗せ役員の手で海中に流される=25日、多良間村塩川の海岸

 【多良間】多良間村で25日、伝統行事「うぷり(ピヌムヌショウズ)」が、同村イビの拝所で行われた。「うぷり」は、害虫を海に流し、村の繁栄と村民の健康を願う行事。

(全文を表示…)

2016年3月27日(日) 09:01 [ニュースウィークリー]

【ニュースウィークリー】3月20日~3月26日

販売額39億3300万円/肉用牛競り15年度実績

 JAおきなわ宮古地区畜産振興センターは19日、宮古、多良間の両家畜市場における2015年度肉用牛競り実績をまとめた。販売額は前年度比6億1000万円増となる過去最高の39億3300万円。子牛1頭平均価格も同比12万2065円高の64万6675円と過去最高額だった。全国的な素牛(子牛)不足が高値取引をけん引している。(3月20日掲載)

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    令和元年6月1日現在

    宮古島市 54,671 人
    27,526 人
    27,145 人
    世帯数 27,554 軒
    多良間村 1,141 人
    609 人
    532 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2016年3月
    « 2月   4月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2