「政治・行政」 2016年5月のニュース一覧

2016年5月10日(火) 09:04 [地域・暮らし, 政治・行政]

長間公民館の新築着工/関係者参列し安全祈願

下地市長らによって景気良く鍬入れが行われた=8日、長間公民館建設予定地

下地市長らによって景気良く鍬入れが行われた=8日、長間公民館建設予定地

 城辺・長間公民館の新築着工に伴う地鎮祭が8日、下地敏彦市長らが参列して執り行われた。


 地鎮祭は同公民館に隣接する建設予定地で午後4時から行われ、参列者全員による安全祈願の後、下地市長や公民館建設事業期成会の下地明会長,長間自治会の伊良皆孝会長、それに施工業者を代表して尚輪興建の下地喜広代表の4氏によって鍬入れが行われた。

(全文を表示…)

2016年5月8日(日) 09:07 [地域・暮らし, 政治・行政]

高齢者給付金 申請済み34%

市「本人確認書類忘れずに」/5日現在


市役所平良庁舎2階にある福祉調整課の給付金窓口

市役所平良庁舎2階にある福祉調整課の給付金窓口

 65歳以上の高齢者向け給付金の申請受付が4月25日からスタートした。対象者は約7200人で、5日までに2480人(34%)が申請を済ませた。今月13日までに手続きをすれば、申請内容の確認・審査を経て、第1回目の支給日となる6月上旬に給付金(一人3万円)が申請書に記載された本人名義の指定口座に振り込まれる。受付期間は7月29日まで。市では早めの申請を促すとともに、申請書への押印漏れや、本人確認書類(免許証や健康保険証など)の添付も忘れないよう呼び掛けている。問い合わせは、市給付金担当(直通電話73・5450、73・5449)まで。

(全文を表示…)

2016年5月7日(土) 09:07 [政治・行政]

座喜味氏の推薦決定/新風会

県議選、新たな局面に


座喜味一幸氏(中央左)に推薦状を手渡す21世紀新風会の新里聡代表(中央右)=6日、那覇市の下地ミキオ後援会事務所

座喜味一幸氏(中央左)に推薦状を手渡す21世紀新風会の新里聡代表(中央右)=6日、那覇市の下地ミキオ後援会事務所

 【那覇支社】任期満了に伴う県議会議員選挙(5月27日告示、6月5日投開票)宮古島市区(定数2)への対応を検討してきた市議会最大会派の21世紀新風会は6日、現職の座喜味一幸氏(66)=自民=への推薦を決定。同日、那覇市内で共同会見を開いて推薦状を交付した。21世紀新風会が、分裂選挙となっている保守系のうち座喜味氏への推薦を決めたことは、同陣営にとって追い風となる可能性がある。県議選は、新たな局面に入った。


(全文を表示…)

2016年5月7日(土) 09:02 [政治・行政]

選挙違反取締本部を設置/宮古島署 

県議選向け看板掲示


看板を掲示する大城署長(右)と兼城辰雄刑事課長=6日、宮古島署

看板を掲示する大城署長(右)と兼城辰雄刑事課長=6日、宮古島署

 宮古島署(大城辰男署長)は6日、同署で県議会議員選挙違反取締本部を設け、同本部の看板設置式を行った。県議選は5月27日告示、6月5日投開票で、宮古島市区では定数2に対し3人が立候補を予定している。同本部は54人態勢で取締に当たる。

(全文を表示…)

2016年5月5日(木) 09:05 [政治・行政]

県議選投開票まで1カ月

3氏、臨戦態勢整え総決起へ


 任期満了に伴う県議会議員選挙は、6月5日の投開票まで1カ月となった。宮古島市区(定数2)に立候補を予定しているのは、保守系は現職の座喜味一幸氏(66)=自民公認=と、元市議の嘉手納学氏(50)。革新系は「オール沖縄」を掲げる現職市議の亀濱玲子氏(62)=社民、社大、共産推薦=。3氏ともすでに後援会の役員体制を整え、事務所開きも済ませ臨戦態勢を整えている。今後は支持者を総動員しての総決起大会を開催。結束を確認して選挙戦に突入する考えだ。告示は今月27日。

(全文を表示…)

2016年5月3日(火) 09:07 [政治・行政, 環境・エコ]

消費電力の7割超賄う/宮古空港

貨物棟に太陽光発電/蓄電池併設で非常用にも


稼働スイッチを押す下地社長(中央)や下地市長(右から3人目)ら関係者たち=2日、宮古空港貨物ターミナル

稼働スイッチを押す下地社長(中央)や下地市長(右から3人目)ら関係者たち=2日、宮古空港貨物ターミナル

 宮古空港ターミナル(下地義治社長)と宮古島市の共同申請で交付を受けた補助金を活用し宮古空港貨物ターミナルに整備を進めていた独立分散型太陽光発電と蓄電池設備の稼働式が2日に行われた。下地社長や下地敏彦市長ら関係者が稼働スイッチを押し本格運転をスタートさせた。試算では貨物ターミナル区域の年間消費電力量の約76%が賄える量を発電できるほか、災害時には非常用電源として活用する。

(全文を表示…)

2016年5月3日(火) 09:06 [政治・行政]

海水浴、気をつけて/市水難事故防止推進協

観光客らに注意呼び掛け


ビーチで観光客らに注意を呼び掛ける宮古島署員ら=2日、パイナガマビーチ

ビーチで観光客らに注意を呼び掛ける宮古島署員ら=2日、パイナガマビーチ

 宮古島市や宮古島署、宮古島海上保安署などでつくる「市水難事故防止推進協議会」は2日、本格的な海洋レジャーシーズンを迎え、2016年度水難事故防止海浜パトロールを実施した。4月に宮古島海上保安署に配属された巡視艇「なつづき」の潜水士2人も初参加した。市平良庁舎での出発式後、一行は4班に分かれ、パイナガマビーチ、砂山ビーチ、吉野海岸などをパトロールし、リーフカレント(離岸流)やシュノーケリングやダイビングの注意点などが書かれたリーフレットを配布し、観光客らに遊泳時などの注意を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2016年5月1日(日) 09:07 [政治・行政]

3氏、機運盛り上げ必死/県議選

GWはアピール合戦の様相


 任期満了に伴う県議会議員選挙(5月27日告示、6月5日投開票)宮古島市区(定数2)の告示まであと1カ月を切ったが、立候補を表明した3氏の関係者からは異口同音に「なかなか盛り上がらない」との感想が聞かれている。3氏とも、政策ビラの配布に力を注ぐ一方で、機運盛り上げに向けてGW期間中は集会や有権者とのふれ合いなど、アピール合戦の様相を呈している。

(全文を表示…)

2016年5月1日(日) 09:06 [政治・行政, 社会・全般]

「親の仕送り」に頼る/16年度市の財政

独自調達金は15%/予算を年間生活費で算出


 宮古島市は2016年度当初予算(一般会計)を、年間に必要な家計の生活費(500万円)に置き換えて算出した。それによると、親(国など)に頼らずに独自に調達できる財源、いわゆる給料(市税)は62万円、臨時収入(負担金・使用料など)は17万円となり、全体ではわずか15・8%に過ぎないことが分かった。残りの84・2%は親からの仕送り(地方交付税、各種交付金など)や借入、預貯金を取り崩して補っている。改めて自立していくにはほど遠い状況が浮き彫りになった。

(全文を表示…)

2 / 212
  • 宮古島の人口

    令和3年1月1日現在

    宮古島市 55,009 人
    27,822 人
    27,187 人
    世帯数 28,370 軒
    多良間村 1,101人
    602 人
    499 人
    世帯数 520 軒
  • 天気


  •  

    2016年5月
    « 4月   6月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2