2016年7月10日のニュース一覧

2016年7月10日(日) 09:07 [政治・行政]

参院選きょう投開票

金城、島尻、伊波氏が最後の訴え


 【那覇支社】第24回参議院議員選挙は9日、選挙選最終日を迎えた。各陣営は大票田の那覇市内でそれぞれ「打ち上げ式」を行い、18日間の運動を締めくくった。台風1号の影響で強風や横殴りの雨が降る中、「投票箱のふたが閉まるまで頑張ろう」と訴えた。投票は午前7時から午後8時まで県内各地で行われ、午後9時から開票作業が始まる。選挙権年齢が20歳から18歳に引き下げられる初の国政選挙となった。

(全文を表示…)

2016年7月10日(日) 09:06 [政治・行政]

宮古地区は5831人/参院選期日前投票

前回比2・07ポイント高く


 第24回参院選は9日、期日前投票を締め切った。選挙管理委員会によると、17日間の投票総数は宮古島市が5548人、多良間村が283人の計5831人だった。有権者数に占める割合は13・04%。投票日が1日延びているため単純比較はできないが、前回2013年参院選の期日前投票と比べて2・07ポイント高かった。参院選はきょう10日投票、即日開票される。

(全文を表示…)

2016年7月10日(日) 09:05 [社会・全般]

情報共有、技術向上目指す/県認知症疾患医療セ

第1回連携協議会を開催


認知症疾患医療センターの役割などについて説明を聞く参加者たち=9日、県宮古合同庁舎講堂

認知症疾患医療センターの役割などについて説明を聞く参加者たち=9日、県宮古合同庁舎講堂

 県認知症疾患医療センター(竹井太センター長)は9日、医療と介護関係者による認知症に関する情報の共有やスキルアップなどを目的とする認知症疾患医療連携協議会の第1回を県宮古合同庁舎講堂で開催した。宮古地区で医療、介護に従事する約60人が参加し、認知症疾患医療センターの役割や事業内容について説明を聞いた。

(全文を表示…)

2016年7月10日(日) 09:04 [スポーツ]

宮高、八重商工に敗れる/全国高校野球沖縄大会

好機でヒット出ず


試合後、応援席を前に整列する宮高選手

試合後、応援席を前に整列する宮高選手

 【那覇支社】夏の甲子園を目指す全国高校野球沖縄大会で9日、宮高は3回戦で八重山商工と対戦し、0-4で敗れベスト8進出はならなかった。3年生は、後輩たちに夢を託した。

(全文を表示…)

2016年7月10日(日) 09:03 [社会・全般]

「家族の決心必要」/依存症を知るセミナー

大黒さんが支援の流れ説明


依存症支援を考えたセミナー=9日、市中央公民館

依存症支援を考えたセミナー=9日、市中央公民館

 依存症を知るセミナーが9日午後、市の中央公民館であった。依存症回復をサポートするセレニティパークジャパン沖縄ディレクターの大黒武さんが講話。当事者に「依存症」を気付かせるインタベンション(介入)について、「必要なのは家族の決心」と話し、回復支援における家族の立ち位置の重要性を説いた。

(全文を表示…)

2016年7月10日(日) 09:02 [教育・文化]

昔はカツオ漁で活気

総合的な学習発表/池間中


生徒たちは聞き取り調査の結果を発表した=8日、「きゅーぬふから舎」

生徒たちは聞き取り調査の結果を発表した=8日、「きゅーぬふから舎」

 池間小中学校(屋嘉比邦昭校長)は8日、いけま福祉支援センター(前泊博美理事長)が運営する小規模多機能型居宅介護事業所「きゅーぬふから舎」で総合的な学習発表会を開いた。生徒12人が、各グループごとに分かれ、同事業所を利用するお年寄りや地域住民に聞き取り調査した結果の事例を発表した。生徒たちは、活性化などについて提案した。

(全文を表示…)

2016年7月10日(日) 09:01 [ニュースウィークリー]

【ニュースウィークリー】7月3日~7月9日

20団体、個人が華麗な舞で魅了/更生保護女性会チャリティーショー

 「青少年に母の愛を!!」をテーマに宮古更生保護女性会の第32回チャリティーショー「ささえ愛」が2日、マティダ市民劇場で行われた。ステージには20の団体と個人が出演し、琉球舞踊や日本舞踊、大正琴などいろいろな演目を披露。会場いっぱいに詰め掛けた観客を魅了した。(7月3日掲載)

(全文を表示…)