2016年7月11日のニュース一覧

2016年7月11日(月) 09:06 [政治・行政]

伊波洋一氏が初当選/現職島尻氏に大差

10万6000票差をつける


沖縄選挙区で初当選を果たし、支持者らとともに万歳で喜びを表す伊波洋一氏(前列中央)=10日午後8時すぎ、那覇市古島・教育福祉会館

沖縄選挙区で初当選を果たし、支持者らとともに万歳で喜びを表す伊波洋一氏(前列中央)=10日午後8時すぎ、那覇市古島・教育福祉会館

 【那覇支社】第24回参議院議員選挙は10日、投票が行われ、即日開票の結果、沖縄選挙区(改選1)では無所属の新人で元宜野湾市長の伊波洋一氏(64)が35万6355票を獲得し初当選を果たした。自民党公認の現職で沖縄担当相の島尻安伊子氏(51)=公明、おおさか維新の会推薦=に約10万6000票差を付ける大差の勝利だった。伊波氏は憲法改正の動きや安倍政権の経済政策「アベノミクス」を批判。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設、消費税増税反対などを訴えながら、翁長雄志知事を国政の場から支えることを強調し、大票田の那覇市を中心に幅広い有権者の支持を得た。今回から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられ未成年者の動向が注目された。投票率は54・46%で前回3年前を1・03ポイント上回った。

(全文を表示…)

2016年7月11日(月) 09:05 [政治・行政]

全国と沖縄で異なる現象/オール沖縄に勢い

 今回の参院選は、全国と沖縄で異なる現象が見られた。宮古では保革の差が縮まるなど、県内で翁長雄志知事が掲げる「オール沖縄」の勢いが増している。

(全文を表示…)

2016年7月11日(月) 09:04 [政治・行政]

伊波さん、カチャーシーで喜び/参院選沖縄選挙区

早々の「当確」、満面の笑み


支持者らとともにカチャーシーを踊り初当選の喜びを現す伊波洋一さん=10日、那覇市古島・教育福祉会館

支持者らとともにカチャーシーを踊り初当選の喜びを現す伊波洋一さん=10日、那覇市古島・教育福祉会館

 【那覇支社】10日に投開票が行われた参院選。沖縄選挙区(改選1)では無所属の新人、伊波洋一さんが初当選を果たした。開票前の「当確」に、選対本部に詰め掛けた幹部や支持者らは一様にびっくりしながらも、割れんばかりの拍手や手拍子で喜びを分かち合った。伊波さんは「おめでとう」「やった、やった」の祝福の声に包まれてカチャーシーを踊り、県民の声を国政の場へ届ける決意をみなぎらせた。

(全文を表示…)

2016年7月11日(月) 09:03 [政治・行政]

圧倒的勝利に沸く/伊波陣営

市長選に向け弾み強調/支持者、市政奪還誓う


伊波さん勝利を祝って万歳する支持者ら=10日、平良下里のイハ洋一参院選ひやみかち・うまんちゅの会宮古支部事務所

伊波さん勝利を祝って万歳する支持者ら=10日、平良下里のイハ洋一参院選ひやみかち・うまんちゅの会宮古支部事務所

 投票箱のふたが閉まった10日午後8時、各テレビ局では選挙速報が流れ、参院選沖縄選挙区に立候補した元宜野湾市長の伊波洋一さんの当確が伝えられると平良下里のイハ洋一参院選ひやみかち・うまんちゅの会宮古支部事務所は集まった支持者らで歓喜の声が響いた。圧倒的勝利を喜ぶ支持者の中からは「次は来年1月の市長選だ」との声が上がり、市政奪還に向け結束を誓い合っていた。

(全文を表示…)

2016年7月11日(月) 09:02 [社会・全般]

18歳の決意、票に込め/参院選

初の投票に感想さまざま


選挙権を得て初めて投票する池村郁哉君=10日、砂川中体育館

選挙権を得て初めて投票する池村郁哉君=10日、砂川中体育館

 第24回参院選投票日の10日、18歳になった高校生も投票所に足を運んで自分の思いを票に込めた。


 今回の参院選から選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられた。これに伴い18歳の誕生日を迎えた高校生にも投票権が与えられた。

(全文を表示…)

2016年7月11日(月) 09:01 [社会・全般]

「あれ、ポスターがない」/参議院選掲示板

下地地区などでボード撤去


候補者のポスターが貼られたボードは撤去され、枠組みだけとなった掲示板=10日、下地公民館前

候補者のポスターが貼られたボードは撤去され、枠組みだけとなった掲示板=10日、下地公民館前

 参議院選挙沖縄選挙区の立候補者ポスターを貼る掲示板が下地地区など一部の地域で掲示されないまま、10日の投開票を迎えていたことが分かった。下地の一部市民からは「こうして、ポスターが貼られないまま選挙戦が過ぎてしまったことは残念だし、公平な選挙になっていないと思う」と不満の声が聞かれた。

(全文を表示…)