「政治・行政」 2016年7月のニュース一覧

2016年7月31日(日) 09:07 [政治・行政]

市総合庁舎建設 単独事業との差額31億円

特例債期限内を強調/市、理解求める説明会開始


総合庁舎の必要性などを述べる長濱副市長や市振興開発プロジェクト局の職員(写真上)と説明会に参加した城辺地区の審議会のメンバーら(同下)=29日、城辺公民館

総合庁舎の必要性などを述べる長濱副市長や市振興開発プロジェクト局の職員(写真上)と説明会に参加した城辺地区の審議会のメンバーら(同下)=29日、城辺公民館

 宮古島市(下地敏彦市長)は29日夜、市総合庁舎整備事業に関する市民説明会を城辺公民館で開いた。分庁方式の課題などを示して総合庁舎の必要性や、市の負担が軽減する合併特例債発行期限内での整備に理解を求めた。市は、概算事業費を57億9000万円とした場合、合併特例債を活用すれば市の負担額は15億8700万円になるが、単独事業では47億7400万円に上り、その差額は31億8700万円になることを示した。

(全文を表示…)

2016年7月30日(土) 09:06 [地域・暮らし, 政治・行政]

11団体の活動に補助金/平良地域づくり支援事業

活性化へ多様な取り組み/交付先に決定通知書


長濱副市長(後列右から3人目)から交付決定通知書を受け取った代表者たち=29日、市役所平良庁舎

長濱副市長(後列右から3人目)から交付決定通知書を受け取った代表者たち=29日、市役所平良庁舎

 平良地域で活動する団体を対象とした市地域づくり支援事業補助金(公募型)の2016年度交付団体が決定し、29日に市役所平良庁舎で交付決定通知書の交付式が行われた。今回は11団体が補助を受け、環境美化や青少年健全育成、伝統文化保存、シニア向け教室など地域活性化のためのさまざまな活動に取り組む。

(全文を表示…)

2016年7月30日(土) 09:04 [政治・行政, 社会・全般]

来年はスポーツ観光施設活用/トライ大会第3回専門委

大会振り返り意見交わす


 今年4月17日に開催された第32回全日本トライアスロン宮古島大会の第3回専門委員会が28日、市役所平良庁舎で開かれた。各専門部の部長や担当、事務局が同大会を振り返っての反省点などについて意見を交わした。次回大会の開会式と表彰式は2017年4月供用開始予定のスポーツ観光交流拠点施設で実施する方針を事務局が示した。

(全文を表示…)

2016年7月29日(金) 09:05 [政治・行政]

元地権者相手に損害賠償訴訟へ

伊小中校用地問題で市教委


伊良部小中一貫校の用地問題で、損害賠償請求の訴えの提起に係る議案提出依頼を可決した定例会=28日、市役所城辺庁舎

伊良部小中一貫校の用地問題で、損害賠償請求の訴えの提起に係る議案提出依頼を可決した定例会=28日、市役所城辺庁舎

 伊良部地区小中一貫校建設用地売却問題で、市教育委員会(宮國博教育長)は28日行われた同委員会の定例会で、当初予定していた学校用地を仮契約後に売却した元の地権者を相手取った損害賠償請求訴訟を行うことを確認した。訴えには議会議決が必要なことから、下地敏彦市長に対して、訴えの提起に係る議案を9月定例会に提出するよう依頼する議案を全会一致で可決した。

(全文を表示…)

2016年7月28日(木) 09:07 [政治・行政]

議員定数 現状維持か増減か/市議会改革特別委

類似市と比較、検討へ/本格的な議論スタート


議員定数について本格的な議論がスタートした市議会議会改革調査特別委員会=27日、市役所平良庁舎

議員定数について本格的な議論がスタートした市議会議会改革調査特別委員会=27日、市役所平良庁舎

 市議会の議会改革調査特別委員会(下地明委員長)は27日、議員定数を議題にした本格的な議論をスタートさせた。この日は、宮古島市と似通った人口や面積を持つ「類似市」の議員定数が素案として提出された。今後、議員同士で現状を維持すべきか、増加させるべきか、削減すべきかで議論を重ね結論を出す。

(全文を表示…)

2016年7月28日(木) 09:05 [政治・行政]

「ハコモノ」統廃合へ/宮古島市

近く公共施設白書公表


 公共施設の統廃合に向けて、宮古島市が総合管理計画を策定する。前段の白書を近く公表する。概要版によると、市の建築物(いわゆるハコモノ施設)の総面積は約47・2万平方㍍。市民一人当たりに換算すると約8・6平方㍍となり、全国の市町村平均3・6平方㍍と比べて高い。更新には莫大(ばくだい)な投資を余儀なくされるため、管理計画の策定で施設の統廃合に向けた議論が加速するとみられる。

(全文を表示…)

2016年7月28日(木) 09:04 [政治・行政]

宮古島市0.2%増の125億円/普通交付税

県2038億円 多良間村は3%減9億円


 【那覇支社】県が26日発表した、国から地方自治体に配分される2016年度普通交付税(地方交付税)の県分と市町村分の交付決定額によると、宮古島市は前年度比2400万円(0・2%)増の125億4200万円、多良間村は同3000万円(3・0%)減の9億7000万円となった。宮古島市の交付額は、うるま市の127億3400万円に次ぎ県内2番目となる。

(全文を表示…)

2016年7月27日(水) 09:07 [政治・行政]

県が給付型奨学金創設/県外難関大学進学

経済的困難者を支援/担当職員が宮古で説明会


給付型奨学金について説明を聞く高校の担当者たち=26日、県宮古合同庁舎会議室

給付型奨学金について説明を聞く高校の担当者たち=26日、県宮古合同庁舎会議室

 県は、家庭の経済的理由で県外難関大学進学が困難な高校3年生を支援する返還の必要がない給付型奨学金制度を創設する。予定人数は25人程度で、給付額は入学支援金が30万円以内、月額奨学金が7万円以内。学習成績と家計の収入を基準に給付候補者が選考される。同制度についての説明会が26日、県宮古合同庁舎会議室で開かれ、県教育庁の担当職員が応募資格や選考方法などを紹介した。

(全文を表示…)

2016年7月26日(火) 09:07 [政治・行政]

未来創造センター 供用開始は半年遅れへ

2度目の入札も不調/市、工法見直し検討


2度目の入札不調で、供用開始が半年ほど遅れることとなった未来創造センターの完成予想図

2度目の入札不調で、供用開始が半年ほど遅れることとなった未来創造センターの完成予想図

 宮古島市(下地敏彦市長)が2018年4月の供用開始を目指していた未来創造センター(図書館と公民館の複合施設)の建設工事の2度目の入札が8日に行われたが再び不調となり、供用開始はさらに伸びて半年以上遅れて同年の10~11月ごろになる見込みとなった。

(全文を表示…)

2016年7月26日(火) 09:04 [政治・行政]

15年は最多4件発生/ツツガ虫病

今年すでに3件、予防対策を


 宮古保健所がこのほどまとめた「管内のツツガ虫病」の発生状況では、2015年の発生件数が過去最多の4件となり、再感染例もあったことが報告されている。


 同所では、これまで発生がなかった月(4、11、12)にも発生があり、期間が広がったことも指摘しながら、ツツガ虫病に対するより深い知識(予防策)の普及を訴えている。


 ツツガ虫病は、山野や畑、草むらなどに入り病原体を保有するツツガムシ(ダニ)に刺され感染する。


 人から人への感染はない。潜伏期は5~14日で、症状としては38度以上の高熱、リンパ節腫脹(しゅちょう)、発疹(はっしん)などが現れる。


 同所管内におけるツツガ虫病の患者発生件数は、08年、10年が1件、11年が2件、13年が1件で14年が2件と、発生しても年間1~2件程度だったが15年は一気に増えて4件となり、今年も5月の1カ月間だけですでに3件発生している。


 08年から今年まで同所管内の発生件数は14件。発生件数は5、6月が最も多いが、10~12月にかけても発生が確認されている。


 また、ツツガ虫病については終生免疫は得られないとして、昨年は宮古でも再感染例があったことが報告されている。


 免疫について同所では「得られた免疫はつかの間で、さまざまな型に対する交差反応性は低い。人において、同型に対する免疫は最大3・5年続くが、他型に対する免疫は2~3カ月しか続かない」と説明した。


 保健所では予防法として、畑や草むらに入るときには肌の出る部分をできるだけ少なくする(長袖、長ズボン、手袋など着用)▽作業中に脱いだ上着やタオル、帽子などを草の上に放置しない▽むやみに地面に寝ころんだり座り込んだりせず、敷物を使用する▽帰宅したら入浴し、新しい服に着替える▽脱いだ衣服は速やかに洗濯する-などを呼び掛けている。


 また、そうした予防策を高じても完全に防ぐのは難しく、さらに効果的な抗生物質もあることから、畑や草むらに入った後、突然の発熱、発疹(はっしん)、特徴的な刺し口が現れた場合はすぐに病院を受診し、早期発見と早期治療の大切さを訴えた。

2016年7月26日(火) 09:03 [スポーツ, 政治・行政]

自転車が採点競技に/宮古体育大会

9月18日、池間島で開催


自転車競技の採点競技化を報告する下地会長(右)と仲宗根理事長=25日、宮古毎日新聞社

自転車競技の採点競技化を報告する下地会長(右)と仲宗根理事長=25日、宮古毎日新聞社

 宮古島市体育協会の理事会がこのほど開かれ、第43回大会(7月30日~10月9日開催)から自転車を採点競技として取り扱うことを決めた。学区対抗自転車競技大会は9月18日、池間島の特設コースで行う。種目はタイムトライアルとロードレースの2部門。

(全文を表示…)

2016年7月23日(土) 09:07 [政治・行政, 社会・全般]

納期内納付率83.7%/16年度自動車税

前年度比べ1.6ポイント増/過去最高も県平均下回る


 県宮古事務所県税課は22日、5月31日が期限だった2016年度自動車税の納期内納付状況を発表した。納付率は前年度より1・6ポイント上昇の83・7%で、過去最高を更新した。ただ、沖縄本島や八重山に比べて低く、県平均を下回っているのが現状だ。

(全文を表示…)

2016年7月23日(土) 09:05 [政治・行政]

大福牧場拒否「独自判断」/下地市長

防衛省との事前協議を否定


秘書広報課の楚南幸哉課長(右)が下地市長の回答文を市民有志連合世話人の下地氏に手渡した=22日、市役所平良庁舎

秘書広報課の楚南幸哉課長(右)が下地市長の回答文を市民有志連合世話人の下地氏に手渡した=22日、市役所平良庁舎

 下地敏彦市長は22日、宮古島への陸上自衛隊配備計画で、防衛省が候補地に挙げていた大福牧場周辺を「候補地として認めない」としたことは「独自の判断で行った」と述べ「防衛省と事前の擦り合わせはしていない」と否定した。宮古島市民有志連合の質問書に対し、市秘書広報課を通して文書で回答した。

(全文を表示…)

2016年7月22日(金) 09:06 [政治・行政]

県議会が閉会/一般会計補正予算案可決

ドクターヘリ施設整備など


12議案を可決し閉会した6月定例県議会の最終本会議=22日、県議会

12議案を可決し閉会した6月定例県議会の最終本会議=22日、県議会

 【那覇支社】県議会(新里米吉議長)の6月定例会は21日、最終本会議を開き、ドクターヘリの施設整備事業5200万円の一般会計補正予算案、国の制度改正に伴う県立中部病院の初診・再診加算料1部改正の条例案、県人事委員の選任や県収用・公安・教育委員の任命の同意案など議案を原案通り可決し、閉会した。補正予算案は、浦添総合病院が国と県の補助を受け運用するドクターヘリの発進基地が、読谷村から浦添市港川への移設に伴い、ヘリポートや周辺施設整備に要する経費を計上した。

(全文を表示…)

2016年7月20日(水) 09:03 [政治・行政]

委員2人に委嘱状交付

市情報公開・個人情報保護審査会/新会長に伊東弁護士


委員2人に委嘱状が交付された。右は新会長に就任した伊東氏=19日、市役所平良庁舎

委員2人に委嘱状が交付された。右は新会長に就任した伊東氏=19日、市役所平良庁舎

 「宮古島市情報公開および個人情報保護審査会」の委員に対する委嘱状交付式が19日、市役所平良庁舎で行われ、下地敏彦市長から下地明良氏(下地明良司法書士事務所)と伊東秀胤氏(宮古島ひまわり基金法律事務所)の2人に委嘱状が交付された。新会長には伊東氏が就任した。委員の任期は3年。

(全文を表示…)

2016年7月17日(日) 09:06 [政治・行政]

ラワン材、撤去開始/宮古島市

荷主が所有権を放棄/課題は撤去費用の確保


市が撤去したラワン材。大小8本を陸揚げした=16日、平良高野

市が撤去したラワン材。大小8本を陸揚げした=16日、平良高野

 宮古島各地の海岸に10~15㍍のラワン材が漂着している問題で、宮古島市が撤去作業を始めている。台風1号接近前に荷主が所有権を放棄したため。これまでに大小8本を撤去した。今後の課題としては撤去費用の確保が挙げられる。県も作業に着手している。

(全文を表示…)

2016年7月15日(金) 09:07 [政治・行政, 環境・エコ]

エコの島コンテスト開催へ/宮古島市

市民や団体の活動を募集/大賞は8万円相当の副賞


エコの島コンテストの概要を発表しエコ活動の募集を呼び掛ける長濱副市長(左)と友利企画政策部長=14日、市役所平良庁舎

エコの島コンテストの概要を発表しエコ活動の募集を呼び掛ける長濱副市長(左)と友利企画政策部長=14日、市役所平良庁舎

 宮古島市は「未来にかけるeco(エコ)の架け橋」をテーマにした初のエコの島コンテストを開催する。エコな活動をしている個人や団体から、その取り組み状況の募集を行う。特別賞と部門賞を選び、大賞には8万円相当の副賞が贈られる。募集期間は12月28日まで。来年1月29日のコンテストのイベントで決定し発表する。長濱政治副市長と友利克企画政策部長が14日、記者会見し多くの市民の参加を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2016年7月14日(木) 09:06 [政治・行政]

伊波氏に当選証書付与/参院選沖縄選挙区

「沖縄課題解決」に決意


県選管の当山委員長(左)から当選証書を受け取る伊波氏=13日、県庁

県選管の当山委員長(左)から当選証書を受け取る伊波氏=13日、県庁

 【那覇支社】10日に投開票された参院選沖縄選挙区で当選した無所属新人の伊波洋一氏(64)への当選証書付与式が13日、県庁で行われた。任期は26日から6年間。

(全文を表示…)

2016年7月14日(木) 09:03 [政治・行政]

高齢者給付金申請率95%

未申請331件、期限今月中


高齢者向け給付金の未申請者に市が送付した申請手続きを促すはがき

高齢者向け給付金の未申請者に市が送付した申請手続きを促すはがき

 65歳以上の高齢者向け給付金の申請率(6月13日現在)が95%に達したことが市福祉調整課のまとめで分かった。ただ、申請していない対象者が331件(約350人)おり、同課は12日に、申請手続きを促すはがきを送付。申請期限(今月29日)を過ぎると給付が受けられなくなることから「はがきが届いたらすぐに申請を」と呼び掛けている。

(全文を表示…)

2016年7月13日(水) 09:06 [政治・行政]

保革、候補者一本化へ/市長選まで6カ月

水面下で人選作業


 来年1月24日の任期満了に伴い執行される宮古島市長選まであと6カ月となった。保革とも県議選、参院選を市長選の前哨戦と位置付けていたことから、今後は票の分析を急ぎ、候補者一本化を目指して水面下で人選作業に入る。無投票だった前回から一転、保革一騎打ちの激しい選挙戦になりそうだ。市長選は、合併後3回行われており、前回の無投票を含めると、保守の2勝1敗。市選挙管理委員会(下地淳徳委員長)は、選挙日程を8月にも決定する予定だ。

(全文を表示…)

2016年7月12日(火) 09:07 [政治・行政]

観光で離島振興を/参院選当選の伊波氏

農水産業支援も/一夜明け国政へ意欲


当選から一夜明け、離島振興策に取り組む決意を示した伊波洋一氏=11日、那覇市泉崎・宮古毎日新聞社那覇支社

当選から一夜明け、離島振興策に取り組む決意を示した伊波洋一氏=11日、那覇市泉崎・宮古毎日新聞社那覇支社

 【那覇支社】第24回参院選沖縄選挙区(改選1)で初当選を果たした伊波洋一氏(64)は一夜明けた11日、宮古毎日新聞社の取材に応じた。伊波氏は「県民の思いをしっかりと受け止め、国政の場で頑張っていきたい」と公約の実現に決意を示した。離島振興については、海などの既存資源を大切にした観光産業の振興や、農水産業への助成などの支援策を挙げ「離島のハンディを、県全体で支えていく仕組みが必要」と述べた。宮古島への陸上自衛隊配備計画については、改めて反対の立場を強調した。

(全文を表示…)

2016年7月12日(火) 09:05 [政治・行政]

村政発展に決意新た/伊良皆村長

就任3周年盛大に祝う


激励祝賀会で花束を受け取る伊良皆村長=9日、多良間村コミニテイー施設

激励祝賀会で花束を受け取る伊良皆村長=9日、多良間村コミニテイー施設

 【多良間】伊良皆光夫村長の就任3周年激励会(実行委員会主催)が9日、多良間村コミニテイー施設で開かれた。大勢の村民が参加し、3周年を盛大に祝い今後の村政発展への活躍に期待を込めた。

(全文を表示…)

2016年7月11日(月) 09:06 [政治・行政]

伊波洋一氏が初当選/現職島尻氏に大差

10万6000票差をつける


沖縄選挙区で初当選を果たし、支持者らとともに万歳で喜びを表す伊波洋一氏(前列中央)=10日午後8時すぎ、那覇市古島・教育福祉会館

沖縄選挙区で初当選を果たし、支持者らとともに万歳で喜びを表す伊波洋一氏(前列中央)=10日午後8時すぎ、那覇市古島・教育福祉会館

 【那覇支社】第24回参議院議員選挙は10日、投票が行われ、即日開票の結果、沖縄選挙区(改選1)では無所属の新人で元宜野湾市長の伊波洋一氏(64)が35万6355票を獲得し初当選を果たした。自民党公認の現職で沖縄担当相の島尻安伊子氏(51)=公明、おおさか維新の会推薦=に約10万6000票差を付ける大差の勝利だった。伊波氏は憲法改正の動きや安倍政権の経済政策「アベノミクス」を批判。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設、消費税増税反対などを訴えながら、翁長雄志知事を国政の場から支えることを強調し、大票田の那覇市を中心に幅広い有権者の支持を得た。今回から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられ未成年者の動向が注目された。投票率は54・46%で前回3年前を1・03ポイント上回った。

(全文を表示…)

2016年7月11日(月) 09:05 [政治・行政]

全国と沖縄で異なる現象/オール沖縄に勢い

 今回の参院選は、全国と沖縄で異なる現象が見られた。宮古では保革の差が縮まるなど、県内で翁長雄志知事が掲げる「オール沖縄」の勢いが増している。

(全文を表示…)

2016年7月11日(月) 09:04 [政治・行政]

伊波さん、カチャーシーで喜び/参院選沖縄選挙区

早々の「当確」、満面の笑み


支持者らとともにカチャーシーを踊り初当選の喜びを現す伊波洋一さん=10日、那覇市古島・教育福祉会館

支持者らとともにカチャーシーを踊り初当選の喜びを現す伊波洋一さん=10日、那覇市古島・教育福祉会館

 【那覇支社】10日に投開票が行われた参院選。沖縄選挙区(改選1)では無所属の新人、伊波洋一さんが初当選を果たした。開票前の「当確」に、選対本部に詰め掛けた幹部や支持者らは一様にびっくりしながらも、割れんばかりの拍手や手拍子で喜びを分かち合った。伊波さんは「おめでとう」「やった、やった」の祝福の声に包まれてカチャーシーを踊り、県民の声を国政の場へ届ける決意をみなぎらせた。

(全文を表示…)

2016年7月11日(月) 09:03 [政治・行政]

圧倒的勝利に沸く/伊波陣営

市長選に向け弾み強調/支持者、市政奪還誓う


伊波さん勝利を祝って万歳する支持者ら=10日、平良下里のイハ洋一参院選ひやみかち・うまんちゅの会宮古支部事務所

伊波さん勝利を祝って万歳する支持者ら=10日、平良下里のイハ洋一参院選ひやみかち・うまんちゅの会宮古支部事務所

 投票箱のふたが閉まった10日午後8時、各テレビ局では選挙速報が流れ、参院選沖縄選挙区に立候補した元宜野湾市長の伊波洋一さんの当確が伝えられると平良下里のイハ洋一参院選ひやみかち・うまんちゅの会宮古支部事務所は集まった支持者らで歓喜の声が響いた。圧倒的勝利を喜ぶ支持者の中からは「次は来年1月の市長選だ」との声が上がり、市政奪還に向け結束を誓い合っていた。

(全文を表示…)

2016年7月10日(日) 09:07 [政治・行政]

参院選きょう投開票

金城、島尻、伊波氏が最後の訴え


 【那覇支社】第24回参議院議員選挙は9日、選挙選最終日を迎えた。各陣営は大票田の那覇市内でそれぞれ「打ち上げ式」を行い、18日間の運動を締めくくった。台風1号の影響で強風や横殴りの雨が降る中、「投票箱のふたが閉まるまで頑張ろう」と訴えた。投票は午前7時から午後8時まで県内各地で行われ、午後9時から開票作業が始まる。選挙権年齢が20歳から18歳に引き下げられる初の国政選挙となった。

(全文を表示…)

2016年7月10日(日) 09:06 [政治・行政]

宮古地区は5831人/参院選期日前投票

前回比2・07ポイント高く


 第24回参院選は9日、期日前投票を締め切った。選挙管理委員会によると、17日間の投票総数は宮古島市が5548人、多良間村が283人の計5831人だった。有権者数に占める割合は13・04%。投票日が1日延びているため単純比較はできないが、前回2013年参院選の期日前投票と比べて2・07ポイント高かった。参院選はきょう10日投票、即日開票される。

(全文を表示…)

2016年7月9日(土) 09:07 [政治・行政]

各陣営 最後の訴え/参院選沖縄選挙区

あす投開票/きょう「打ち上げ式」


 第24回参院選は10日に投開票が行われる。沖縄選挙区(改選1)には3氏が立候補しており、各選対本部は9日に選挙運動を締めくくる「打ち上げ式」を開催する。支持者を最大動員し、最後の訴えで勝利への決意を表明する。

(全文を表示…)

2016年7月9日(土) 09:06 [地域・暮らし, 政治・行政]

農家、かん水見合わせる/台風1号接近

降雨も干ばつ傾向解消に至らず


台風1号が接近し雨をもたらしたが干ばつ傾向の解消には至っていない。写真は平良下里のキビ畑=8日

台風1号が接近し雨をもたらしたが干ばつ傾向の解消には至っていない。写真は平良下里のキビ畑=8日

 少雨傾向でサトウキビへのかん水が予定されていたが、見合わせる農家が相次いでいる。市は、台風1号が接近し、各地に雨をもたらしたことを理由に上げている。ただ、干ばつ傾向の解消には至っていないと見ており、引き続きかん水の申込受付を実施する。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成30年9月1日現在

    宮古島市 54,132 人
    27,095 人
    27,037 人
    世帯数 26,730 軒
    多良間村 1,172 人
    628 人
    544 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2016年7月
    « 6月   8月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2