「産業・経済」 2016年8月のニュース一覧

2016年8月30日(火) 09:06 [産業・経済]

最大30円アップの460円へ

タクシー初乗り、10月にも改定


タクシー事業者や利用者代表らに運賃改定の理由を明らかにした説明会=29日、県ハイヤー・タクシー協会宮古支部

タクシー事業者や利用者代表らに運賃改定の理由を明らかにした説明会=29日、県ハイヤー・タクシー協会宮古支部

 タクシー運賃の改定に伴う説明会が29日、県ハイヤー・タクシー協会宮古支部で開かれた。事業者や利用者代表らが出席。早ければ10月にも普通タクシー初乗り(1・167㌔)を現行430円から最大30円アップの460円に改定することなどを確認した。7月12日の公聴会では初乗り510円が提示されたが、国交省からの指摘を受け見直した。改定されれば2008年以来8年ぶりとなる。

(全文を表示…)

2016年8月28日(日) 09:04 [産業・経済]

宮古地区1億8700万円の黒字/2015年度

JAおきなわ 5支店事業報告会


2015年度事業決算の報告後、舞台の余興を楽しむ組合員ら=27日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

2015年度事業決算の報告後、舞台の余興を楽しむ組合員ら=27日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 JAおきなわは27日、JAおきなわ宮古地区本部大ホールで平良・城辺・上野・下地・伊良部5支店合同事業報告会を開いた。2015年度事業決算では、約24億円の黒字、このうち宮古地区が1億8700万円の黒字を計上した。併せて組合員を招待し、感謝の集いを開催した。組合員らは、舞台の琉舞など余興を満喫し、JAおきなわのさらなる発展を祈念した。

(全文を表示…)

2016年8月27日(土) 09:07 [産業・経済]

農業振興向け一丸/生産者と関係機関

就農テーマに意見交換/担い手の育成柱に情報共有


就農環境をテーマに生産農家と関係団体の職員が意見を交わした=26日、県宮古合同庁舎

就農環境をテーマに生産農家と関係団体の職員が意見を交わした=26日、県宮古合同庁舎

 生産農家と関係機関との意見交換が26日、県宮古合同庁舎で行われた。生産者の高齢者が進む中、就農と担い手の育成を柱に情報を共有し、地域における一層の農業振興を決意した。

(全文を表示…)

2016年8月27日(土) 09:05 [産業・経済]

再生エネ事業採択を報告/宮古空港ターミナル

下地社長 県のモデル事業を要望


環境省に採択された自社事業を安慶田副知事(左)に報告する下地社長=26日、県庁

環境省に採択された自社事業を安慶田副知事(左)に報告する下地社長=26日、県庁

 【那覇支社】宮古空港ターミナルの下地義治社長らは26日、県庁に安慶田光男副知事を訪ね、同社の「宮古空港地域再エネ水素社会構築モデル事業」が、7月に環境省の「2016年度地域再エネ水素ステーション導入事業」として採択された審査結果を報告した。

(全文を表示…)

2016年8月25日(木) 09:07 [産業・経済]

初の2隻同時寄港/大型クルーズ船

乗客一挙4000人、最大規模/来島者は10万人超えに


宮古に同時寄港したゴールデンプリンセス号(左)とスーパースターリブラ号(右)、写真中央は多良間海運のフェリー「たらまゆう」=24日午後、平良港内

宮古に同時寄港したゴールデンプリンセス号(左)とスーパースターリブラ号(右)、写真中央は多良間海運のフェリー「たらまゆう」=24日午後、平良港内

 大型クルーズ船「ゴールデンプリンセス号」(総トン数10万8865㌧)が24日、宮古に初寄港した。同日は、「スーパースターリブラ号」(4万2275㌧)も台風10号の影響を避けるため、予定を変更して下崎埠頭(ふとう)に入港した。4万㌧以上、全長200㍍を超える大型クルーズ船2隻が、宮古に同時に寄港するのは初めて。乗客は2隻合わせて4105人で、主に中国や台湾からの観光客という。宮古島観光協会は「一日に宮古島を訪れる外国人観光客数としては、最大規模ではないか」と話している。

(全文を表示…)

2016年8月23日(火) 09:06 [産業・経済]

平良港長期構想、整備計画改訂へ

現状、課題で意見交わす/検討委と幹事会の合同会議


平良港の現状などについて事務局から説明を聞く委員と幹事たち=22日、平良港ターミナルビル大研修室

平良港の現状などについて事務局から説明を聞く委員と幹事たち=22日、平良港ターミナルビル大研修室

 平良港長期構想検討委員会の第1回委員会と幹事会の合同会議が22日、平良港ターミナルビル大研修室で開かれた。港湾関係者や行政関係者、地元経済団体の代表者や学識経験者が委員として参加。平良港の長期構想と整備計画の改訂に向け、現状を確認するとともに課題などについて意見を交わした。

(全文を表示…)

2016年8月21日(日) 09:07 [産業・経済]

新品種の特性共有/キビ栽培講習会

種苗確保の重要性も再認識


関係団体の職員が種苗確保の重要性や新品種の特性を紹介した=19日、市上野公民館

関係団体の職員が種苗確保の重要性や新品種の特性を紹介した=19日、市上野公民館

 上野公民館で19日、サトウキビ栽培講習会が開かれた。上野地区の生産農家ら約30人が参加し、優良種苗確保の重要性や新しい品種の特性について理解を深めた。「農林号」に認定される可能性が高い「RK97-14」は、3作型で農林8号より茎重や可製糖量に優れるという報告があった。

(全文を表示…)

2016年8月21日(日) 09:04 [産業・経済]

新鮮な海の幸どっさり/佐良浜

イカ、アイゴ水揚げ


新鮮なイカを取り引きした関係者=20日、佐良浜漁港

新鮮なイカを取り引きした関係者=20日、佐良浜漁港

 小振りのアオリイカ50㌔とアイゴの仲間のシモフリアイゴ50㌔の計100㌔が20日、佐良浜漁港に水揚げされた。仲買人らは漁師と取り引きを行い、笑顔で地元住民に販売していた。

(全文を表示…)

2016年8月21日(日) 09:03 [産業・経済]

子牛74万円で過去最高/多良間8月牛競り

平均キロ単価は2954円


 【多良間】JAおきなわ多良間家畜市場の2016年8月期肉用牛競りが19日開かれ、子牛1頭平均価格は過去最高額の74万4721円だった。平均キロ単価も2954円の高値。成牛を含む販売額は1億3749万円の大商いとなった。

(全文を表示…)

2016年8月20日(土) 09:04 [産業・経済]

子牛、過去最高76万円/8月期肉用牛競り

販売額は3億円超え


子牛1頭平均価格が過去最高の76万円を付けた8月期肉用牛競り=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

子牛1頭平均価格が過去最高の76万円を付けた8月期肉用牛競り=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

 JAおきなわ宮古家畜市場の2016年8月期肉用牛競りが19日開かれ、子牛1頭平均価格は過去最高となる76万3129円の高値が付いた。平均キロ単価も2877円と高い。成牛を含む販売額は3億1600円の大商いとなり、競り市場は終日活気付いた。

(全文を表示…)

2016年8月17日(水) 09:02 [産業・経済]

豊作期待し汗/農家

炎天下でキビ夏植え


サトウキビの苗の植え付け作業に精出す男性=16日、城辺新城

サトウキビの苗の植え付け作業に精出す男性=16日、城辺新城

 宮古のサトウキビ農家は夏植えのシーズンを迎えた。今年は雨も適時に降っていることから植え付け作業が始まっている。旧盆中ではあるが植え付けを行う農家もおり、これから9月末まで作業が進められる。

(全文を表示…)

2016年8月17日(水) 09:01 [産業・経済]

高級リゾートヴィラ増設/リゾートライフ

砂山ビーチ近く 9月末オープンへ


9月末オープンを目指し増設中のクリスタルヴィラ宮古島砂山ビーチ=平良荷川取

9月末オープンを目指し増設中のクリスタルヴィラ宮古島砂山ビーチ=平良荷川取

 リゾートライフ(宮古島本社・平良西里、柿本節子代表)は、平良荷川取の砂山ビーチ近くに増設している1戸建て高級リゾートヴィラ「クリスタルヴィラ宮古島砂山ビーチ」を9月末にもオープンする。癒やしとくつろぎをテーマに、独立した3戸のヴィラは庭とプール、ジャグジー付き。うち、1戸には海に向かった教会を配置し、リゾートウェディングを演出する。

(全文を表示…)

2016年8月13日(土) 09:02 [産業・経済]

旧盆商戦が始まる

供え物の果物どっさり/大型スーパーなど


買い物客らは旧盆商品を品定めし買い求めていた=12日、あたらす市場

買い物客らは旧盆商品を品定めし買い求めていた=12日、あたらす市場

 15日の旧盆入りを控え、市内のJAファーマーズマーケット「あたらす市場」、大型スーパーなどでは商戦が盛り上がっている。きょう13日から連休のため、旧盆・中元商品の商戦は本格化しそうだ。

(全文を表示…)

2016年8月13日(土) 09:01 [産業・経済]

「みつこ」号など18頭優秀賞/市畜産共進会

地区大会出品牛を選抜


42頭の出品牛を審査した市の畜産共進会=12日、JAおきなわ宮古地区家畜市場

42頭の出品牛を審査した市の畜産共進会=12日、JAおきなわ宮古地区家畜市場

 2016年度宮古島市畜産共進会(主催・同共進会実行委員会)が12日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれ、島尻誠さんが所有する「みつこ」号など計18頭が優秀賞に選ばれた。来月上旬の地区共進会に出品される。

(全文を表示…)

2016年8月12日(金) 09:07 [産業・経済]

宮古に「ドンキ」オープン/ドン・キホーテ宮古島店

初日から店内にぎわう/関係者集いテープカット


テープカットで開店を祝う西森統括店長(中央)らオープニングセレモニー出席者たち=11日、ドン・キホーテ宮古島店

テープカットで開店を祝う西森統括店長(中央)らオープニングセレモニー出席者たち=11日、ドン・キホーテ宮古島店

 全国展開する総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」(本社・東京)の国内初の離島店舗となる宮古島店(佐伯航店長)が11日午前、平良西里にオープンした。バラエティーに富んだ品ぞろえを誇る店内は初日から大勢の買い物客でにぎわった。オープン前にはセレモニーが開かれ、関係者らがテープカットで開店を祝った。

(全文を表示…)

2016年8月12日(金) 09:05 [産業・経済]

リゾート整備へ工事進む/来間島

昨年末着工、広さ10万㎡


複数の重機が入り大規模な造成工事が行われているリゾート施設整備区域=11日、来間島

複数の重機が入り大規模な造成工事が行われているリゾート施設整備区域=11日、来間島

 来間島の北側先端エリアに大型リゾート宿泊施設を整備する「来間島リゾートプロジェクト(仮称)」が昨年末から着工していて、現在大規模な造成工事が行われている。工事期間は2017年4月末までを予定していて、10万平方㍍という広大な敷地内に戸建ての宿泊棟などが建設される。

(全文を表示…)

2016年8月11日(木) 09:06 [産業・経済]

カツオの大漁続く/佐良浜

7月は前年比3倍の130㌧


大漁でカツオの水揚げ量が増えている=10日、佐良浜漁港

大漁でカツオの水揚げ量が増えている=10日、佐良浜漁港

 伊良部漁協(漢那一浩組合長)所属のカツオ一本釣り漁船4隻の大漁が続いている。7月に水揚げした4隻の総漁獲量は約130㌧(暫定値)、前年同月比3倍に上り、販売高約3000万円が予想されている。各漁船の乗組員らは、ホクホクの表情を見せている。漢那組合長は「13日に10周年記念『パヤオの日まつり』を開催し、カツオやキハダマグロの幼魚シビは一本売りする。マグロ解体ショーもある」とアピールしている。

(全文を表示…)

2016年8月11日(木) 09:05 [産業・経済]

宮古島店きょうオープン/ドン・キホーテ

県内4店舗目 インバウンドにも期待


きょうオープンする宮古島店の店内には4万7000品目の商品が陳列されている=10日、平良西里の「ドン・キホーテ宮古島店」

きょうオープンする宮古島店の店内には4万7000品目の商品が陳列されている=10日、平良西里の「ドン・キホーテ宮古島店」

 日本最大級の総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」の宮古島店(佐伯航店長)がきょう11日にグランドオープンする。開店前日の10日には、報道機関を招いた内覧会が行われた。ドン・キホーテとしては国内初の「島」出店となり、店内には生鮮食品や加工食品、酒、化粧品など約4万7000品目の商品が陳列され、沖縄では初となる鮮魚も販売される。

(全文を表示…)

2016年8月6日(土) 09:07 [産業・経済]

サテライトオフィス開設/市、IT企業を誘致

ICT会議で「働き方」模索


タービン・インタラクティブの宮古島サテライトオフィスが開設され関係者がテープカットを行った=5日、平良港ターミナルビル

タービン・インタラクティブの宮古島サテライトオフィスが開設され関係者がテープカットを行った=5日、平良港ターミナルビル

 愛知県を拠点とするIT企業「タービン・インタラクティブ」が5日、平良港ターミナルビル内に宮古島サテライトオフィスを開所した。IT企業の誘致は市の重要施策の一つで、サテライトオフィスの開設は同社が初めて。開設を記念するディスカッションが開かれ、行政、経済界の代表らが宮古島におけるテレワークの未来を創造した。

(全文を表示…)

2016年8月6日(土) 09:06 [産業・経済]

牛のヘルパー事業が好調/受託料は2000万円超

15年度事業実績 農家の高齢化を反映


 肉用牛の飼養管理や競り市場への輸送業務などを請け負うヘルパー事業が好調だ。宮古和牛ヘルパー利用組合がまとめた2015年度事業実績(飼料生産ヘルパー除く)によると、受託頭数は前年度比17・3%増の1万3142頭で、受託料金は557万円増の2533万円だった。生産農家の高齢化に伴う労働力不足をヘルパーで補う作業形態を反映している。

(全文を表示…)

2016年8月4日(木) 09:05 [産業・経済]

4商品が推奨状受ける/ロハスダイニング

優秀な観光土産品に認定


4商品が同時に全国推奨観光土産品として認められたことを喜ぶ若林代表(中央)と砂川工場長(右)、左は赤嶺代表=3日、ロハスダイニング

4商品が同時に全国推奨観光土産品として認められたことを喜ぶ若林代表(中央)と砂川工場長(右)、左は赤嶺代表=3日、ロハスダイニング

 ロハスダイニング(若林昌英代表)の4商品がこのほど行われた第56回全国推奨観光土産品審査会において、優秀な観光土産品として認められ全国観光土産品連盟と日本商工会議所から推奨状を受けた。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2016年8月
    « 7月   9月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2