2016年10月29日のニュース一覧

2016年10月29日(土) 17:34 [求人情報]

29日の求人情報

2016年10月29日(土) 09:07 [政治・行政]

家畜検疫 平良港を指定/県が市に報告

来月から水際対策強化/外国船急増で迅速対応


家畜伝染病予防法に基づく平良港の指定港化を報告する県農林水産部の島尻勝広部長(左から2人目)=28日、市役所平良庁舎

家畜伝染病予防法に基づく平良港の指定港化を報告する県農林水産部の島尻勝広部長(左から2人目)=28日、市役所平良庁舎

 宮古島市の平良港が、家畜伝染病予防法に基づく検疫強化港に指定される。来月1日付。クルーズ船を含む外国船が接岸(沖泊を含む)する際、家畜防疫官が汚染物品の有無を調べてウイルスの侵入を水際でたたく。3月の国への要請から約7カ月での指定港化。急増するクルーズ船の平良港接岸などを背景に、国が異例の迅速対応で応えた。

(全文を表示…)

2016年10月29日(土) 09:06 [環境・エコ]

70人が施肥作業に汗/宮原地区で育林活動

グリーンネット 今年度初の活動


植樹された樹木の根元付近に肥料をやる参加者=28日、平良宮原のガーラバリ地区

植樹された樹木の根元付近に肥料をやる参加者=28日、平良宮原のガーラバリ地区

 美(か)ぎ島(すま)宮古(みゃ~く)グリーンネット(会長・下地敏彦市長)の育林活動が28日、平良宮原の通称「ガーラバリ」地区で行われた。今年度最初の活動で、同会の会員や地元住民、民間企業ボランティアなど約70人が参加。ヤブツバキなどの樹木の下刈りや施肥作業に汗を流した。

(全文を表示…)

2016年10月29日(土) 09:05 [政治・行政]

「土人」発言に抗議決議/県議会

意見書を賛成多数で可決


機動隊員による「土人」発言への抗議決議・意見書を賛成多数で可決した県議会=28日、県議会

機動隊員による「土人」発言への抗議決議・意見書を賛成多数で可決した県議会=28日、県議会

 【那覇支社】米軍北部訓練所でのヘリコプター着陸帯(ヘリパット)建設の警備に派遣されていた大阪府警の機動隊員が「土人」「シナ人」などと差別的な発言をした問題を巡り、県議会(新里米吉議長)は28日午前、臨時議会を開き、「県民の誇りと尊厳を踏みにじるものだ」とする意見書と抗議決議を審議し、それぞれ与党と中立会派(公明、維新)の賛成多数で可決した。 

(全文を表示…)

2016年10月29日(土) 09:04 [教育・文化]

伝統芸能や創作ダンス披露/中学校総合文化祭が開幕

「比嘉の獅子舞」を披露する西城中の生徒たち=28日、マティダ市民劇場

「比嘉の獅子舞」を披露する西城中の生徒たち=28日、マティダ市民劇場

 第22回宮古地区中学総合文化祭(主催・宮古地区中学校文化連盟)の舞台の部が28日、マティダ市民劇場で行われた。県立宮古特別支援学校を含め15校から約400人の生徒が出演し、伝統芸能や創作ダンス、三線演奏などを発表した。展示発表は29、30の両日に市中央公民館で開催される。

(全文を表示…)

2016年10月29日(土) 09:03 [産業・経済]

作業受託体制の構築を/シンポジウム

永続的なキビ作向け協議


サトウキビ栽培の作業受託体制の構築に向けて意見を交わす関係者=28日、JAおきなわ宮古地区本部

サトウキビ栽培の作業受託体制の構築に向けて意見を交わす関係者=28日、JAおきなわ宮古地区本部

 サトウキビの生産振興を考える県主催のシンポジウムが28日、JAおきなわ宮古地区本部で開かれた。植え付けから収穫までの作業を受託する体制の構築に向けて意見を交わし、永続的なキビ作の振興を考えた。

(全文を表示…)

2016年10月29日(土) 09:02 [教育・文化]

JTAに文化庁長官賞/メセナ協

あおぞら図画コンを高く評価


化庁長官賞を受賞し活動内容について発表する日本トランスオーシャン航空の金城智子チーフマネジャー=27日、東京都港区・電通本社のレセプションルーム

化庁長官賞を受賞し活動内容について発表する日本トランスオーシャン航空の金城智子チーフマネジャー=27日、東京都港区・電通本社のレセプションルーム

 【東京支社】公益社団法人企業メセナ協議会(尾崎元規理事長)はこのほど、今年度の「メセナアワード2016」の受賞活動7件を決定した。日本トランスオーシャン航空(JTA)と琉球エアーコミューター(RAC)の「あおぞら図画コンクール」活動が特別賞の文化庁長官賞に輝いた。27日、東京都の電通で各受賞企業の発表会が行われた。

(全文を表示…)

2016年10月29日(土) 09:01 [行雲流水]

【行雲流水】(観光の島)

 宮古島は昔から豊かな島ではなかった。毎年のように繰り返される台風と干ばつに苦しめられたばかりではなく首里王朝への貢納は過酷を極めた。昭和になって大東亜戦争が終わっても多くの農家は小作のままであったし、米国軍政下の庶民のくらしは相変わらず貧しかった

(全文を表示…)

2016年10月29日(土) 09:01 [美ぎスマ]

【美ぎスマ】農業後継者育つ/上野地区・大嶺

 大嶺は宮古島市役所上野庁舎の東側にある地形の平坦な集落。一戸平均の耕地面積が広く比較的規模の大きい農家が多い。代表的な作物はサトウキビやマンゴー、和牛など。各農家は増産や品質の高い農産物の生産に努力と創意工夫を重ねている。大きな夢を描いて未来に向かう上地登さん(59)、上地良淳さん(60)、上地豪一さん(67)の家では父と共に働く若い後継者が育った。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成29年12月1日現在

    宮古島市 54,096 人
    27,018 人
    27,078 人
    世帯数 26,261軒
    多良間村 1,171 人
    631 人
    540 人
    世帯数 527 軒
  • 天気


  •  

    2016年10月
    « 9月   11月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2