2017年1月1日のニュース一覧

2017年1月1日(日) 09:18 [【特集】新年号, 社会・全般]

酉年に はばたけ

酉年生まれの西城小学校5年生の皆さん。笑顔ではばたけ

酉年生まれの西城小学校5年生の皆さん。笑顔ではばたけ

 今年2017年は「酉(とり)年」。この「酉」は、「鳥」全般ではなく、「鶏(にわとり)」のこと。西城小学校には元気な2羽の鶏が子供たちの温かい愛情を受けながら元気に育っている。元気な子供たちの笑顔とともに、今年は島全体が飛躍の年になることを期待したい。

2017年1月1日(日) 09:17 [【特集】新年号]

新年を迎えて

代表取締役社長  平良 覚

代表取締役社長  平良 覚

 新年を迎えるにあたり、皆様のご健康とご繁栄をお慶び申し上げます。


 昨年中は宮古毎日新聞をご愛読頂きました事に対し厚く御礼申し上げます。


 宮古島の基幹産業であるサトウキビは、昨年は宮古製糖城辺、伊良部、多良間工場で年内操業が始まり、台風の影響もなく、天候にも恵まれて質・量とも豊作が予想されます。また、沖縄製糖も1月11日より操業開始の予定です。


 肉用牛も1頭平均が74万円で販売総額も45億円の大台を突破して過去最高を記録、全国的な子牛の不足から今年も好調に推移されることが予想されます。


 宮古観光も伊良部大橋の開通効果、関西、東京直行便の増便等、大型クルーズ船の宮古寄港の増加等で今年度末までには60万人の入域客が見込まれています。4月には宮古島市スポーツ観光交流拠点施設の落成が予定されており、トライアスロンの開会式やイベント開催等で波及効果が期待できます。


 宮古圏域経済も観光産業にけん引される形で好調に推移しており、有効求人倍率も昨年10月には1・42倍で過去最高と雇用環境は改善を続けております。


 昨年3月より始まっている平良港改良事業も大型クルーズ船等が接岸できるバースの整備が進んでおり、12月の供用開始を目指して埋め立て工事が進められています。明るく活気のある話題が多い年となりそうです。


 文化面では宮古文化協会が方言大会の開催等あらゆる面で活躍して多くの部門で表彰されています。芸能面でも「クイチャーフェスティバル」等各団体が活発に活動していることで郷土の伝統芸能、文化が着実に継承されています。


 昨年は宮古総合実業高校野球部が春の選抜の21世紀枠推薦校の候補になるなど児童生徒のスポーツ、文化等の活躍が目立った1年でもありました。


 一方では国の17年度予算案に計上されている宮古地区への陸上自衛隊の配備計画のほか、下地島空港残地利活用等、今後の行方が注目される大きな事案もあります。


 年明け早々の1月22日に宮古島市長選挙、市議会議員の補欠選挙、10月末から11月にかけて、2人削減の定数が24人になった市議会議員選挙も予定されております。昨年6月に宮古島市が実施した市民アンケートでも市政に関する問いでは「大いに関心あり」「やや関心あり」との回答が67・1%を占め、市長選、市議選は市民の最大関心事となっています。


 さて、おかげさまで本社は昨年9月に新社屋が完成しました。これもひとえにご愛読者、広告主の皆さまのご支援の賜物だと感謝いたしております。宮古の新たな情報発信拠点として「郷土に根ざした確かな視点」をモットーに、今後も充実した紙面の提供に取り組んでいく所存です。


 今年も皆様の御健勝と宮古圏域のさらなる発展を祈念申し上げて新年のご挨拶とします。


2017年 元旦
宮古毎日新聞社
代表取締役社長 平良 覚

2017年1月1日(日) 09:16 [【特集】新年号, 社会・全般]

ドーム型施設 4月供用開始

宮古空港東側に建設中の市スポーツ観光交流拠点ドーム型施設

宮古空港東側に建設中の市スポーツ観光交流拠点ドーム型施設

 宮古空港東側に建設中の市スポーツ観光交流拠点施設がいよいよ4月に供用開始する。宮古では初のドーム型施設で、天候、季節に左右されずに、年間を通してスポーツや各種イベントに対応できる。駐車場を含む総敷地面積は約4万1563平方㍍。アリーナ面積は約3600平方㍍、高さは約19㍍。フットサルコートが2面、ゲートボール場は6面の配置が可能。駐車スペースは約500台。収容人数は最大5000人。音楽イベントにも対応、災害時には空港からの一時避難所となるよう計画されている。総事業費43億円余で、うち8割は一括交付金を充てた。

2017年1月1日(日) 09:15 [【特集】新年号, 社会・全般]

ハンディ乗り越え生き生き/就労継続支援B型事業所「トマトランドみやこ」

大玉トマトを収穫


真っ赤に熟した大玉トマトの出荷を控えさわやかな表情を見せる利用者ら

真っ赤に熟した大玉トマトの出荷を控えさわやかな表情を見せる利用者ら

 社会福祉法人みやこ福祉会(伊志嶺博司理事長)が運営する就労継続支援B型事業所「トマトランドみやこ」では、ハンディを乗り越えた神里裕斗さん(36)ら3人が自立に向け、収入を得ながら生き生きと働いている。一緒に働く仲間たちが優しく3人を支え、毎日楽しく出勤しやすい環境をつくっている。全員で力を合わせ、真っ赤に熟していく甘くて美味しい大玉トマトの収穫に奮闘する。年間出荷量は35~40㌧見込む。伊志嶺理事長は「障がい者の居場所づくりのために働く場をつくり、障がい者の利用・雇用に貢献したい」と決意を新たにする。

(全文を表示…)

2017年1月1日(日) 09:14 [【特集】新年号]

宮古島海上保安部が誕生/巡視船12隻を配属へ

人員も200人体制に


現在保安部に配属されている巡視船艇3隻。巡視船「しもじ」(中央)が昨年11月に4隻目として就役した

現在保安部に配属されている巡視船艇3隻。巡視船「しもじ」(中央)が昨年11月に4隻目として就役した

 宮古島海上保安署が昨年10月1日、宮古島海上保安部に昇格した。沖縄近海を管区に持つ、第11管区海上保安本部(大根潔本部長)で石垣、中城、那覇保安部に次ぎ4番目の保安部として誕生した。石垣、那覇海上保安部に確立された「尖閣領海警備専従体制」と連携し、領海内に進入する中国公船や外国漁船の取り締まりに当たる。宮古島海上保安部の初代部長に久留利彦2等海上保安監が就任した。保安部への昇格で、人員、巡視船艇が増強され、2018年度末には、船艇がこれまでの3隻から12隻に、人員が2015年度末の55人(陸員4人、船員51人)から200人に増える。

(全文を表示…)

2017年1月1日(日) 09:13 [【特集】新年号, 産業・経済]

空港ターミナル40年 空の玄関の歩み/観光客70万人へ

利用客は年間130万人



現宮古空港ターミナルビル

現宮古空港ターミナルビル

 宮古空港ターミナル株式会社(下地義治社長)が設立40周年を迎える。この間空の玄関口として多くの役割を担ってきたターミナルビル。前史から今日に至るまでの歴史を振り返る。

(全文を表示…)

2017年1月1日(日) 09:12 [【特集】新年号, 産業・経済]

水効果で農業発展/島の農業変える地下ダム

「宮古伊良部地区」の工事順調


仲原地下ダムの造成工事が順調に進む=城辺仲原地区、(写真提供=宮古伊良部農業水利事業所)

仲原地下ダムの造成工事が順調に進む=城辺仲原地区、(写真提供=宮古伊良部農業水利事業所)

 干ばつに苦しめられていた宮古の農業を劇的に変えたといわれる地下ダム事業。現在、宮古本島と伊良部島で新たな地下ダム事業が進められている。

(全文を表示…)

2017年1月1日(日) 09:11 [【特集】新年号, 教育・文化]

築90年の石垣文化/大浦集落

貴重な屋敷囲い積み/大里家の本家、管理し保存


親子連れが訪れ素晴らしい石垣文化に触れていた

親子連れが訪れ素晴らしい石垣文化に触れていた

 宮古でも過去に石造文化が出現し、巧みな石積み技術が発展を遂げた。その要因は、身近な地域に豊富な琉球石灰岩の資源があっからである。

(全文を表示…)

2017年1月1日(日) 09:10 [【特集】新年号, 地域・暮らし]

狩俣小 2月に130周年式典/平良

新校舎・体育館が完成/事業推進委、準備着々


狩俣小学校創立130周年記念事業推進委員会の役員たち

狩俣小学校創立130周年記念事業推進委員会の役員たち

 狩俣小学校で今年2月11日、創立130周年を祝う記念式典・祝賀会が開催される。2015年に新校舎が完成し、現在は体育館が新築工事中で、今年1月完成を予定していて、130周年の記念式典・祝賀会は完成したばかりの新体育館で開催される。長き歴史の節目を盛大に祝おうと現在、創立130周年記念事業推進委員会が準備を着々と進めている。

(全文を表示…)

2017年1月1日(日) 09:09 [【特集】新年号, 地域・暮らし]

ムイガーに脚光/城辺

アダンの葉でふさがれていた展望階段。1967年建設

アダンの葉でふさがれていた展望階段。1967年建設

 城辺仲原のムイガー断崖が脚光を浴びそうだ。昨年11月、海抜50㍍の断崖を上る展望階段が復活した。頂上から眺める東海岸の断崖は息をのむ絶景だ。荒々しい自然と島の鼓動を感じることができる。

(全文を表示…)

2017年1月1日(日) 09:08 [【特集】新年号, 地域・暮らし]

団結力で地域活性化を/伊良部

キビ手刈りで奮闘/与儀組、今期2000㌧見込む


小雨が降る中、キビの手刈り仕事で一生懸命働いていた与儀組

小雨が降る中、キビの手刈り仕事で一生懸命働いていた与儀組

 伊良部でサトウキビの刈り取りを請け負う「与儀組」(与儀英光代表)はすべて手刈りで収穫する。今期の手刈り収穫量は前期と比べ約500㌧増の約2000㌧を見込む。収穫したキビは宮古製糖伊良部工場に搬入される。

(全文を表示…)

2017年1月1日(日) 09:07 [地域・暮らし]

公民館の役割大きい/下地

フラサークルが活用/プアナーナーラ


サークルに参加している皆さんと関係者=下地公民館

サークルに参加している皆さんと関係者=下地公民館

 フラサークル・プアナーナーラ(洲鎌尋魅代表)は講座、サークルが始まって4年になる。下地スポーツクラブ(洲鎌菜穂子代表)の活動の一環として始まったが、その後、人数が集まったのでサークルになった。今のメンバーは子供が13人に大人が7人。先生は福嶺美智子さん。毎週1回、下地公民館で練習をしている。部活がない日に練習して、その足で家に帰る。身近にできる。「公民館の役割はすごく大きい」と、洲鎌さんは話す。

(全文を表示…)

2017年1月1日(日) 09:06 [【特集】新年号, 地域・暮らし]

「1万人リゾートシティー」目指す/上野

変貌遂げるシギラ


美しいシギラの海沿いに、広がり見せるリゾート

美しいシギラの海沿いに、広がり見せるリゾート

 近年著しい発展を遂げる宮古島市の観光産業。沖縄県の2015年の入域観光客数は約793万人。1000万人に届く勢いを見せている。それに並行して宮古島市も同様の伸びを示しており、ここ3年の観光客数を振り返ると14年が約43万人、15年が53万人、そして16年も70万人に届いたとみられ、勢いの続く新年も同様な伸びと、地元への波及拡大が期待されている。

(全文を表示…)

2017年1月1日(日) 09:05 [【特集】新年号, 地域・暮らし]

トウガラシで島おこし/多良間

今年は新しい取引先を開拓


トウガラシを生産する組合員の皆さん

トウガラシを生産する組合員の皆さん

 島のブランド化を目指し、「トウガラシで島おこし」を合い言葉に22人の生産農家が集まり組み合いを立ち上げてもうすぐ1年を迎えようとしている。野原忠彦組合長を先頭に日々トウガラシの生産に取り組んでいる。

(全文を表示…)

2017年1月1日(日) 09:04 [【特集】新年号, スポーツ]

いざ夢の都大路へ/宮古高校女子駅伝部

全国高校駅伝 宮古から初出場目指す


宮古から初の都大路出場を目指す宮高女子駅伝部のメンバー

宮古から初の都大路出場を目指す宮高女子駅伝部のメンバー

 「吹かせ都大路に宮古の風」-。高校生ランナーの夢の舞台「全国高校駅伝」に、宮古高校女子駅伝部があと一歩のところまで来ている。毎年年末に都大路(京都)を舞台に多くのドラマが展開される同大会。同部が出場を決めれば今年の年末は先島から初出場となる宮高が南国の風と一緒に大会に新たな歴史を刻むことになりそうだ。

(全文を表示…)

2017年1月1日(日) 09:03 [【特集】新年号, スポーツ]

開け、甲子園の扉/宮古総合実業野球部

21世紀枠候補バネに


夢の甲子園出場が目前に迫っている宮古総合実業高校のナイン

夢の甲子園出場が目前に迫っている宮古総合実業高校のナイン

 部員不足を乗り越え、夢の「甲子園」出場が現実味を帯びている宮古総合実業高校野球部。昨年の新人中央大会と秋季大会での活躍が認められて、今春に開催される第89回選抜高校野球大会(センバツ)の「21世紀枠」県候補にも選出された。存続の危機から一転し、甲子園の扉をたたく場所まできた同校の活躍に期待が高まっている。

(全文を表示…)

2017年1月1日(日) 09:02 [【特集】新年号, スポーツ]

43年ぶり復活で県団体V/宮高体操同好会

1年生3人で結成/全国大会目指す


43年ぶりに発足した宮高体操同窓会の左から山﨑、西里、与那覇。右は指導に当たる伊佐教諭

43年ぶりに発足した宮高体操同窓会の左から山﨑、西里、与那覇。右は指導に当たる伊佐教諭

 昨年10月、県高校新人体育大会の体操団体競技で「宮高男子優勝」というニュースが突然飛び込んできて周囲を驚かせた。同校の1年生3人が昨年5月に同好会を立ち上げてわずか半年での快挙だ。実はこの大会の体操団体に出場できたのは宮高一校しかなったことによる優勝だが、県内で唯一、団体を構成できたのも宮高ということになる。体操に対する熱い思いを持った3人が宮古から沖縄体操界に新しい風を吹かせている。

(全文を表示…)

2017年1月1日(日) 09:01 [【特集】新年号, スポーツ]

経験と練習で成長/宮古南FC

全力プレーで一致団結


宮古南FCの選手たち=市多目的前福運動場

宮古南FCの選手たち=市多目的前福運動場

 南小学校の児童が所属する男子サッカーチーム・宮古南FC(フットボールクラブ)は昨年、第30回宮古毎日新聞杯全宮古少年サッカー大会の高学年の部決勝を逆転勝ちで制し王座に輝いた。JA共済カップ第24回県ジュニアサッカー(U-11)8人制大会宮古地区予選でもPK戦の末、優勝を勝ち取り、県大会へも出場した。宮古大会優勝や県大会出場などの経験と日々の練習が選手たちを成長させている。

(全文を表示…)

2017年1月1日(日) 09:00 [【特集】新年号, スポーツ]

県中学総体 卓球3連覇目指す/平良中男子卓球部

県新人選手権は連覇へ/昨年以上の結果に期待


県新人選手権2連覇、県中学総体3連覇を目指す平良中卓球部=平良中学校

県新人選手権2連覇、県中学総体3連覇を目指す平良中卓球部=平良中学校

 平良中学校男子卓球部は昨年、県中学新人選手権大会で優勝、県中学総合体育大会卓球競技では大会2連覇を果たすなど輝かしい結果を残した。1、2年生ばかりのチームなので今年も昨年以上の成績が期待される。体育館が使えず空き教室を利用するなど練習環境は恵まれていないが、県新人選手権2連覇、県中学総体3連覇を目指し、日々練習に励んでいる。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成29年4月1日現在

    宮古島市 53,513 人
    26,690 人
    26,823人
    世帯数 25,781軒
    多良間村 1,199 人
    648 人
    551 人
    世帯数 532 軒
  • 天気


  •  

    2017年1月
    « 12月   2月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2