2017年2月のニュース一覧

2017年2月28日(火) 09:07 [政治・行政]

予算決算委設置へ/議会改革調査特別委

常任委員会として新設/議員削減と併せ3月議会提出


予算決算を審査する委員会について意見を交わす委員たち=27日、市役所平良庁舎

予算決算を審査する委員会について意見を交わす委員たち=27日、市役所平良庁舎

 宮古島市議会の議会改革調査特別委員会(下地明委員長)が27日、市役所平良庁舎で開かれた。新設する方針が確認されている当初予算と決算認定を審査する委員会を、特別委員会とするか常任委員会とするか協議した結果、常任委員会とすることを決めた。委員会設置などを定める市議会基本条例で定め、同条例の制定を求める発議を、議員定数を削減させる条例改正を求める発議とともに市議会3月定例会に提出する。

(全文を表示…)

2017年2月28日(火) 09:06 [教育・文化]

池間、知念、平良が決勝へ/現本因坊に挑戦

第39期宮古本因坊戦1次予選/本社主催


29人が参加し熱戦を繰り広げた宮古本因坊戦=26日、こすみ囲碁教室

29人が参加し熱戦を繰り広げた宮古本因坊戦=26日、こすみ囲碁教室

 第39期宮古本因坊戦(主催・宮古毎日新聞社、主管・日本棋院平良支部、協賛・こすみ囲碁教室)の1次予選が26日同教室で行われた。29人の有段者が参加しブロックトーナメントの結果、池間博美六段、知念正夫六段、平良博彦六段の3人が3月5日の決勝リーグに勝ち進んだ。決勝リーグは知念一将現本因坊と予選を突破した3人の計4人で競う。

(全文を表示…)

2017年2月28日(火) 09:05 [政治・行政]

農業委員、公募制に/改正農業委員会法

委員17人、推進委員21人


 改正農業委員会法の施行で、宮古島市農業委員会の公選制が廃止される。公募制で農業委員17人、最適化推進委員21人を選任。現行より8人多い38人で市の農地行政に当たる方針だ。施行日は現委員の任期満了後の10月16日となる。27日の議案説明会で、農業委員会事務局が説明した。

(全文を表示…)

2017年2月28日(火) 09:04 [社会・全般]

花の藤商 宮古で出張販売

「気軽に花に親しんで」/ワイドー市場内


「気軽に花に親しんでほしい」と話す豊里社長(右)と息子の大器さん=27日、ワイドー市場内

「気軽に花に親しんでほしい」と話す豊里社長(右)と息子の大器さん=27日、ワイドー市場内

 沖縄本島で3店舗を構える生花店「花の藤商」(豊里実令社長)が宮古島で初の出張販売を実施している。同店では「沖縄本島と変わらない値段で販売している。気軽に花に親しんでほしい」と呼び掛けている。

(全文を表示…)

2017年2月28日(火) 09:03 [社会・全般]

着工前に地下水審開催要請/市民団体、野原部落会など

千代田陸自配備計画で


地下水審議会の開催要請後、会見で見解を述べる要請者たち=27日、市役所平良庁舎

地下水審議会の開催要請後、会見で見解を述べる要請者たち=27日、市役所平良庁舎

 宮古島への陸上自衛隊配備に反対する市民団体と個人、野原部落会(島尻信徳会長)は27日、千代田カントリークラブへの陸自駐屯地配備計画が提案されていることに伴い、工事着手前に地下水への影響などについて審査する地下水審議会の開催を求める下地敏彦市長宛の要請書を市秘書広報課に提出した。引き続き会見を開き、地下水への影響調査の必要性を訴えた。

(全文を表示…)

2017年2月28日(火) 09:02 [社会・全般]

弱さの意味を再考/頭木さんトークショー

苦悩人カフカの人生を紹介


トークショーで作家カフカの人生を日記や手紙などをもとに紹介した頭木さん=26日、ゲオ宮古店

トークショーで作家カフカの人生を日記や手紙などをもとに紹介した頭木さん=26日、ゲオ宮古店

 「絶望読書」や「絶望名人カフカの人生論」の著者で、宮古島市在住の文学紹介者、頭木(かしらぎ)弘樹さんのトークショーが26日、ゲオ宮古店で行われた。いつも死にたいと思っていた作家カフカの人生を日記や手紙などをもとに紹介した頭木さんは「弱い人間であるということは欠点だが、弱くないと気づかないこともある」と指摘。「カフカの生き方は現代人に通じることもたくさんある」と語り、弱さの意味を再考することの大切さを訴えた。

(全文を表示…)

2017年2月28日(火) 09:01 [行雲流水]

【行雲流水】(人生いろいろ)

 ♪、「人生いろいろ、男もいろいろ、女だっていろいろ咲き乱れるの」。だから面白い。彼からの電話「僕は傘寿を祝うなど派手なことは好かん。今はお金を貯めている。お金を貯めて福祉施設に寄付したい」。質実剛健、マイペースの生き方は昔から変わらない▼祝賀会にも車いすで参加する彼女は、傘寿を記念して句集を出版した。眠れない夜などにいろいろな思いが浮かんでくるという。「どろどろと燃える炎に身をこがす」、「ひらひらとひとひらの花声もなく」、「しみじみと一人夜明けの星のごと」など、振幅の広い世界で深く人生を生きている

(全文を表示…)

2017年2月28日(火) 09:00 [求人情報]

28日の求人情報

2017年2月27日(月) 09:07 [イベント, スポーツ]

ロマン海道 835人完走/伊良部島マラソン

島の自然を満喫/仲間、石川が大会連覇


エントリーした889人がマイペースで走り伊良部島、下地島の自然を満喫した=26日、伊良部島・平成の森公園前

エントリーした889人がマイペースで走り伊良部島、下地島の自然を満喫した=26日、伊良部島・平成の森公園前

 第18回ロマン海道・伊良部島マラソン(主催・伊良部地区地域づくり協議会)が26日、伊良部島と下地島で行われた。エントリーした計889人がマイペースで走りながら島の自然を満喫した。最長A(23㌔)コースは仲間正彦が優勝、同女子の部は石川敦子が制し、それぞれ2連覇を飾った。完走者は835人で、完走率は93・93%だった。

(全文を表示…)

2017年2月27日(月) 09:06 [社会・全般]

「功労者らに感謝状」/宮古島地区交通安全協会

さらなる活動推進へ/創立60周年で記念式典


交通安全活動功労者らに新里会長(手前右)から感謝状が贈られた=25日、市内のホテル

交通安全活動功労者らに新里会長(手前右)から感謝状が贈られた=25日、市内のホテル

 宮古島地区交通安全協会(新里孝行会長)の創立60周年の記念式典と祝賀会が25日、市内のホテルで、多くの関係者が集い行われた。席上、宮古圏域の交通安全思想啓蒙や活動の功労者、団体に新里会長から感謝状などが贈られた。式典後は同ホテルで祝賀会が催された。

(全文を表示…)

2017年2月27日(月) 09:05 [イベント]

最優秀金賞に盛島さん/スイーツコンテスト

3種のソース「しあわせぷりん」


最優秀金賞の盛島さん(左から2人目)と、金賞の上原さん(左)、堀田さん(同3人目)、青木さん(右)=25日、JA宮古地区本部ホール

最優秀金賞の盛島さん(左から2人目)と、金賞の上原さん(左)、堀田さん(同3人目)、青木さん(右)=25日、JA宮古地区本部ホール

 宮古島スイーツコンテスト2017(主催・宮古島地域雇用創造協議会)が25日、JA宮古地区本部ホールで行われ、最優秀金賞に盛島翔太さんの作品「宮古島のしあわせぷりん」が選ばれた。コンテストは、宮古島を代表する特産物を使用するもので、入賞作品は、専門家らの指導を受けながら商品化を目指す。

(全文を表示…)

2017年2月27日(月) 09:04 [地域・暮らし]

佐良浜中バレーの快挙祝う

県大会V、九州出場を激励/PTA主催


県大会優勝と九州大会への出場を報告する佐良浜中男子バレー部のメンバー=25日、伊良部公民館

県大会優勝と九州大会への出場を報告する佐良浜中男子バレー部のメンバー=25日、伊良部公民館

 佐良浜中男子バレーボール部の県大会優勝祝賀会と九州大会出場激励会(主催・同校PTA)が25日、伊良部公民館で開かれた。地域の人やバレーボール関係者、学校関係者ら多数が参加し、選手たちのさらなる活躍を期待した。

(全文を表示…)

2017年2月27日(月) 09:03 [イベント]

映画「クハナ!」見に来て

監督、出演者が舞台あいさつ/パニパニシネマ


舞台あいさつで「クハナ!」をPRする(右から)藤原さん、伊東さん、久志本さん、秦監督、藤澤さん=25日、よしもと南の島パニパニシネマ

舞台あいさつで「クハナ!」をPRする(右から)藤原さん、伊東さん、久志本さん、秦監督、藤澤さん=25日、よしもと南の島パニパニシネマ

 映画「クハナ!」の監督、秦建日子(たけひこ)さんと出演者による舞台あいさつが25日、上映館のよしもと南の島パニパニシネマで行われた。オーディションで2000人の中から選ばれたという出演者が、撮影中のエピソードや役作りで大変だったことなどを披露。「一つの目標に向かって練習を積み重ねていく私たちを見てほしい」と呼び掛けた。秦監督は、映画のストーリーを紹介し「日本最南端の映画館まで来られて幸せ。ぜひ最後までゆっくり楽しんでほしい」と話した。上映期間は3月10日まで。

(全文を表示…)

2017年2月27日(月) 09:02 [地域・暮らし]

プロボクサー比嘉選手を激励/宮古島応援会

世界王者の誕生に期待


世界戦に向けた激励会で抱負を語った比嘉選手(右から2人目)。右は野木トレーナー。(左から)一緒に合宿を行っている大湾、木村、長濱の3選手=25日、市内飲食店

世界戦に向けた激励会で抱負を語った比嘉選手(右から2人目)。右は野木トレーナー。(左から)一緒に合宿を行っている大湾、木村、長濱の3選手=25日、市内飲食店

 プロボクサー、比嘉大吾選手(白井・具志堅スポーツジム、浦添市出身、宮古工業高校卒)の世界タイトル戦に向けての激励会が25日、市内の飲食店で行われた。比嘉選手は現在、東洋太平洋フライ級王者で世界ボクシング評議会(WBC)同級3位。今年は世界タイトルマッチへの挑戦が予定されている。激励会には比嘉選手の親戚や友人、ボクシング関係者らが大勢参加し、「比嘉選手の第2のふるさとである宮古島から、世界チャンピオンを誕生させよう」と、乾杯などで気勢を挙げた。

(全文を表示…)

2017年2月27日(月) 09:01 [人生雑感]

「喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい。これが良い人間関係をつくる基本である」

沖縄国際大学名誉教授 福里盛雄


1 喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣くとは、


 人間は、生きていく過程で喜怒哀楽を体感していきます。そのために、うれしい時は心から喜び、悲しい時は涙の涸れるほど泣き深い孤独感に包まれます。考えて見れば、人生は、喜怒哀楽の変化の連続だと言えるのではないでしょうか。喜怒哀楽に適切に感情の変化をさせる人は正常な人と言えるでしょう。私たちも、他人の喜怒哀楽の情に対応した態度を表すことによって良い人間関係をつくっていきます。
 他人が喜んでいるのに、自分は寂しそうな顔付きをしたりすることはその人に対して失礼であり、人が悲しくて泣いているのに、自分はうれしそうに笑っていると、そのときの雰囲気にそぐわないのです。また、その人の気持ちを理解していないことになります。
 ですから、喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣くためには、相手の言うことをよく聞き、相手の態度をよく観察して理解して、適切に対処しなければなりません。

(全文を表示…)

2017年2月27日(月) 09:01 [ニュースウィークリー]

【ニュースウィークリー】2月19日~2月25日

宮古・石垣島の特産品を販売/銀座わしたショップ企画

 東京・銀座1丁目にある銀座わしたショップ本店(運営・沖縄県物産公社)では17日から26日まで、開店23周年祭特別企画として宮古島・石垣島の特産品を販売する「海の幸フェア」を開催している。同店では宮古島、石垣島の新鮮な海の幸、特産品を集め販売するのは初めてとあって、首都圏の沖縄ファンに大変人気を集めている。(2月19日掲載)

(全文を表示…)

2017年2月27日(月) 09:00 [求人情報]

27日の求人情報

2017年2月25日(土) 09:06 [産業・経済]

クルーズ船17年度計 127回寄港予定/連絡協

前年より41回多い/「ワイファイ」運用開始へ


17年のクルーズ船寄港回数などについて事務局から説明を聞く委員たち=24日、平良港ターミナルビル大研修室

17年のクルーズ船寄港回数などについて事務局から説明を聞く委員たち=24日、平良港ターミナルビル大研修室

 2016年度第2回クルーズ客船誘致・受入環境整備連絡協議会(会長・下地敏彦市長)が24日、平良港ターミナルビルで開かれた。17年の宮古島へのクルーズ船寄港回数は16年の86回を41回上回る127回が予定されていること、外国人旅行客から要望の高いインターネットに無料接続できる「Wi-Fi」は西里、市場、下里の3通りで3月16日から運用開始予定であることなどが報告された。

(全文を表示…)

2017年2月25日(土) 09:05 [政治・行政]

調査に行き詰まり感/観光プロモ事業百条委

東京サイドの証人カギに/出頭へ法的手続きも視野


事業を受注した市まちづくり研究会の代表理事への証人尋問が行われた第8回調査特別委=24日、市役所平良庁舎

事業を受注した市まちづくり研究会の代表理事への証人尋問が行われた第8回調査特別委=24日、市役所平良庁舎

 市の観光プロモーション事業に関する市議会の調査特別委員会(百条委員会、濱元雅浩委員長)は24日、第8回委員会を市役所平良庁舎で開いた。同事業を受注した、市まちづくり研究会の代表理事だった砂川靖夫氏へ二度目の証人尋問を行ったが、新事実や新しい証言は得られず、調査の行き詰まり感が漂った。真相究明には、東京サイドで事業を仕切っていたといわれる同研究会事務局長(当時)の証人尋問がカギとみられ、同委員会では強制力のある法的手続きも視野に、当時の事務局長の出頭を求めることを検討する考えだ。

(全文を表示…)

2017年2月25日(土) 09:04 [社会・全般]

映画「クハナ!」上映開始/きょう舞台あいさつ

監督、出演者が来場呼び掛け


きょう舞台あいさつを行うことなどを報告し、多数の来場を呼び掛ける(左から)秦監督、藤原さん、久志本さん、伊藤さん=24日、宮古毎日新聞社

きょう舞台あいさつを行うことなどを報告し、多数の来場を呼び掛ける(左から)秦監督、藤原さん、久志本さん、伊藤さん=24日、宮古毎日新聞社

 よしもと南の島パニパニシネマで25日から上映が始まる映画「クハナ!」の秦建日子監督と出演の久志本眞子さん、伊藤雛乃さん、藤原そら乃さんが24日、宮古毎日新聞社を訪れ、上映初日には監督、出演者による舞台あいさつがあることなどを紹介し、多数の来場を呼び掛けた。

(全文を表示…)

2017年2月25日(土) 09:03 [社会・全般]

二つの計画変更に同意/都市計画審議会

審議結果を副市長に答申


 宮古島市都市計画審議会の下地義治会長は24日、諮問を受け審議を行った旧上野清掃センターを都市計画から削除する宮古都市計画ごみ焼却場の変更と、カママ嶺公園の一部を用地から削除し、別の市有地を公園用地に編入させる宮古都市計画公園の変更について、審議会として同意すると決定した審議結果を長濱政治副市長に答申した。

(全文を表示…)

2017年2月25日(土) 09:02 [社会・全般]

「普通の生活送りたい」/子宮頸がんワクチン副反応勉強会

北九州の親子が窮状訴え


「ただ普通の生活がしたいだけ」。子宮頸がんワクチンの副反応に苦しむ梅本さんが訴えた=24日、県宮古合同庁舎

「ただ普通の生活がしたいだけ」。子宮頸がんワクチンの副反応に苦しむ梅本さんが訴えた=24日、県宮古合同庁舎

 子宮頸がんワクチンの副反応に関する勉強会が24日午後、県宮古合同庁舎で開かれた。副反応の症状に苦しむ福岡県北九州市の梅本美有さんは「私は、みんなと同じように普通の生活を送りたいだけ」と声を振り絞った。支援活動に奔走する母の邦子さんは「裁判の原告63人のうち、ほとんどが未成年者です。そんな子供たちが原告になって闘わなければならない現状がある」と窮状を訴えた。

(全文を表示…)

2017年2月25日(土) 09:01 [社会・全般]

岡山から桃の花/JTAがカンガルー保に届ける

一足早く「ひな祭り」ムード


桃の花(右端)を飾って記念撮影する波照間支社長(後列左から2人目)ら=24日、カンガルー保育園

桃の花(右端)を飾って記念撮影する波照間支社長(後列左から2人目)ら=24日、カンガルー保育園

 沖縄県と岡山県の交流を目的に日本トランスオーシャン航空(JTA、本社・那覇市、丸川潔社長)は24日、市内のカンガルー保育園(下地諒子子園長)に岡山県西大寺観光協会から提供のあった岡山県花「桃の花」を贈った。園児の女の子たちは、童謡「うれしいひな祭り」に合わせて優雅な踊りを披露し感謝した。

(全文を表示…)

2017年2月25日(土) 09:00 [求人情報]

25日の求人情報

2017年2月24日(金) 09:07 [産業・経済]

新機材運航スタート/RAC宮古路線

貨物室2.5倍に拡大/利用客には記念グッズ贈呈


RACの新機材のボンバルディアDHC8-Q400CCが宮古路線の就航をスタートさせた。(写真上)初便の乗客には記念グッズと手書きの搭乗感謝カードが配布された(写真下)=21日、宮古空港

RACの新機材のボンバルディアDHC8-Q400CCが宮古路線の就航をスタートさせた。(写真上)初便の乗客には記念グッズと手書きの搭乗感謝カードが配布された(写真下)=21日、宮古空港

 琉球エアーコミューター(RAC、本社那覇市、伊礼恭社長)は23日、宮古を発着する全路線に従来機材より座席が11席多く、貨物室が2・5倍の広さとなる新機材の運航をスタートさせた。那覇-宮古の初便(801便)は午前9時過ぎに関係者の見守る中、宮古空港に到着。乗客には記念グッズがプレゼントされた。輸送力が向上した新機材の導入で多良間を含む宮古圏域の観光や産業面への効果が期待されている。

(全文を表示…)

2017年2月24日(金) 09:06 [政治・行政]

下地島空港の利活用ただす/亀濱玲子氏

2月定例県議会代表質問


2月定例県議会の代表質問で登壇した亀濱玲子氏=23日、県議会

2月定例県議会の代表質問で登壇した亀濱玲子氏=23日、県議会

 【那覇支社】県議会(新里米吉議長)2月定例会の代表質問2日目の23日、亀濱玲子氏(社民・社大・結連合)が登壇し、下地島空港の利活用や宮古地区への陸自配備、離島の医療・福祉などについて質問した。

(全文を表示…)

2017年2月24日(金) 09:05 [政治・行政]

日台漁業取り決め見直しを

県離島振興市町村議会議長会


議案について担当職員から説明を聞く委員たち=23日、市役所城辺庁舎

議案について担当職員から説明を聞く委員たち=23日、市役所城辺庁舎

 【那覇支社】県内18市町村の議会議長で構成する県離島振興市町村議会議長会(会長・幸地猛久米島町議会議長)の定期総会が22日、那覇市の自治会館で開かれ、宮古島市議会の棚原芳樹議長や多良間村議会の森山実夫議長らが出席した。


(全文を表示…)

2017年2月24日(金) 09:04 [政治・行政]

旧町村公民館に嘱託館長/市教委定例会が議案可決

学校給食費半額助成も/新年度から実施へ


議案について担当職員から説明を聞く委員たち=23日、市役所城辺庁舎

議案について担当職員から説明を聞く委員たち=23日、市役所城辺庁舎

 市教育委員会(宮國博教育長)の第11回定例会が23日、市役所城辺庁舎で開かれた。行財政改革の一環として、従来は市職員が就任している旧町村の四つの公民館の館長ポストに嘱託職員を充てることを定める設置要綱案と、市内の全児童生徒の学校給食費の半額を助成するため会計規程の一部改正訓令についての議案を審議し、可決した。いずれも新年度から実施される。

(全文を表示…)

2017年2月24日(金) 09:03 [地域・暮らし]

盛大に歓迎セレモニー/RAC新機材就航

多良間空港 子供たちが太鼓演舞


多良間小6年生が太鼓演舞で新型機の初便を歓迎した=23日、多良間空港

多良間小6年生が太鼓演舞で新型機の初便を歓迎した=23日、多良間空港

 【多良間】琉球エアーコミューター(RAC)の新機材DHC8-Q400型が23日から就航を開始した。多良間空港では就航を記念した「出迎えセレモニー」が行われ、多良間小6年生が太鼓演舞を披露、同村のイメージキャラクター「たらぴん」もがけつけ新型機の到着を歓迎した。

(全文を表示…)

2017年2月24日(金) 09:02 [地域・暮らし]

給食で地元産野菜を/生産出荷連絡協城辺支部

カボチャなど計150㌔贈呈


城辺の児童生徒(前列)に地元産野菜が贈られた贈呈式=23日、城辺公民館前

城辺の児童生徒(前列)に地元産野菜が贈られた贈呈式=23日、城辺公民館前

 宮古地区野菜・果樹生産出荷連絡協議会城辺支部(砂川康男支部長)は23日、地域の子供たちに地元産野菜を食べてもらおうと、市立城辺学校給食共同調理場にカボチャやトウガンなど5種類の野菜計150㌔を贈呈した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成29年4月1日現在

    宮古島市 53,513 人
    26,690 人
    26,823人
    世帯数 25,781軒
    多良間村 1,199 人
    648 人
    551 人
    世帯数 532 軒
  • 天気


  •  

    2017年2月
    « 1月   3月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2