「地域・暮らし」 2017年2月のニュース一覧

2017年2月27日(月) 09:04 [地域・暮らし]

佐良浜中バレーの快挙祝う

県大会V、九州出場を激励/PTA主催


県大会優勝と九州大会への出場を報告する佐良浜中男子バレー部のメンバー=25日、伊良部公民館

県大会優勝と九州大会への出場を報告する佐良浜中男子バレー部のメンバー=25日、伊良部公民館

 佐良浜中男子バレーボール部の県大会優勝祝賀会と九州大会出場激励会(主催・同校PTA)が25日、伊良部公民館で開かれた。地域の人やバレーボール関係者、学校関係者ら多数が参加し、選手たちのさらなる活躍を期待した。

(全文を表示…)

2017年2月27日(月) 09:02 [地域・暮らし]

プロボクサー比嘉選手を激励/宮古島応援会

世界王者の誕生に期待


世界戦に向けた激励会で抱負を語った比嘉選手(右から2人目)。右は野木トレーナー。(左から)一緒に合宿を行っている大湾、木村、長濱の3選手=25日、市内飲食店

世界戦に向けた激励会で抱負を語った比嘉選手(右から2人目)。右は野木トレーナー。(左から)一緒に合宿を行っている大湾、木村、長濱の3選手=25日、市内飲食店

 プロボクサー、比嘉大吾選手(白井・具志堅スポーツジム、浦添市出身、宮古工業高校卒)の世界タイトル戦に向けての激励会が25日、市内の飲食店で行われた。比嘉選手は現在、東洋太平洋フライ級王者で世界ボクシング評議会(WBC)同級3位。今年は世界タイトルマッチへの挑戦が予定されている。激励会には比嘉選手の親戚や友人、ボクシング関係者らが大勢参加し、「比嘉選手の第2のふるさとである宮古島から、世界チャンピオンを誕生させよう」と、乾杯などで気勢を挙げた。

(全文を表示…)

2017年2月24日(金) 09:03 [地域・暮らし]

盛大に歓迎セレモニー/RAC新機材就航

多良間空港 子供たちが太鼓演舞


多良間小6年生が太鼓演舞で新型機の初便を歓迎した=23日、多良間空港

多良間小6年生が太鼓演舞で新型機の初便を歓迎した=23日、多良間空港

 【多良間】琉球エアーコミューター(RAC)の新機材DHC8-Q400型が23日から就航を開始した。多良間空港では就航を記念した「出迎えセレモニー」が行われ、多良間小6年生が太鼓演舞を披露、同村のイメージキャラクター「たらぴん」もがけつけ新型機の到着を歓迎した。

(全文を表示…)

2017年2月24日(金) 09:02 [地域・暮らし]

給食で地元産野菜を/生産出荷連絡協城辺支部

カボチャなど計150㌔贈呈


城辺の児童生徒(前列)に地元産野菜が贈られた贈呈式=23日、城辺公民館前

城辺の児童生徒(前列)に地元産野菜が贈られた贈呈式=23日、城辺公民館前

 宮古地区野菜・果樹生産出荷連絡協議会城辺支部(砂川康男支部長)は23日、地域の子供たちに地元産野菜を食べてもらおうと、市立城辺学校給食共同調理場にカボチャやトウガンなど5種類の野菜計150㌔を贈呈した。

(全文を表示…)

2017年2月22日(水) 09:05 [地域・暮らし, 社会・全般]

50年前よみがえる

当時知る関係者と懇談/元米空軍レーダー技師のレイニーさん
本紙報道きっかけ


前列左から亀浜さん、レイニーさん、平良節子さん、後列左から東野さんと平良長勇さん=21日、本社

前列左から亀浜さん、レイニーさん、平良節子さん、後列左から東野さんと平良長勇さん=21日、本社

 知人探しの旅で宮古島を約50年ぶりに訪れていた元米空軍のレーダー技師だったバゼラ・G・レイニーさんが基地で勤務していた当時(1964年)の様子を知る6人が21日、宮古毎日新聞社でレイニーさんと面会した。レイニーさんは「これまで、自分の中で曖昧だった記憶や、当時の知り合いの名前が思い出せた」と面会を喜んだ。「この旅の目的の多くは、達成できたと思う。これほど早く関係者が見つかるとは思わなかった。宮古島に来て良かった。とても良い旅になった」と話し、いろいろ連絡を取るなど、親身になってくれた宿泊先の東野加代子さんに感謝した。

(全文を表示…)

2017年2月19日(日) 09:05 [地域・暮らし]

春の足音大きく

ヒカンザクラ色めく


ヒカンザクラの美しい花たちが行き交う人々やドライバーに春の訪れを感じさせていた=18日、市内

ヒカンザクラの美しい花たちが行き交う人々やドライバーに春の訪れを感じさせていた=18日、市内

 夏日を記録したかと思えば寒い日が続いたりと体調管理が難しい今年の冬。そうした中、ここ数日は島内各地のヒカンザクラが咲き始め、色めいた花びらが春の訪れを宮古島に知らせてくれている。

(全文を表示…)

2017年2月18日(土) 09:07 [地域・暮らし]

7個人3団体を表彰/実践協議会

市民運動の活動評価/心豊かなふるさとづくり


市民運動の実践が評価されて表彰された皆さんと前川会長(後列左)=17日、平良・レストランクール

市民運動の実践が評価されて表彰された皆さんと前川会長(後列左)=17日、平良・レストランクール

 宮古島市市民運動実践協議会(前川尚誼会長)による「第11回心豊かなふるさとづくり表彰式」が17日、レストランクールで開かれた。今年度、同協議会3部会が選定したクリーン賞、緑の街角賞、親切運動活動賞の受賞者7個人3団体を表彰するとともに日ごろ実践している市民運動の取り組みをたたえた。

(全文を表示…)

2017年2月18日(土) 09:05 [地域・暮らし]

人目引くセイロンベンケイ

きょう雨水 次第に暖かく春へ



赤い花が道行く人の目を引いているセイロンベンケイ=17日、平良下里

赤い花が道行く人の目を引いているセイロンベンケイ=17日、平良下里

 きょう18日は、二十四節気の一つ「雨水(うすい)」。暖かい気温で雪が溶け始め、水になる時期とされる。昔から、農耕の準備を始める目安とされている。春一番が吹くのもこのころといわれている。「三寒四温」を繰り返し、次第に暖かくなり春に向う。

(全文を表示…)

2017年2月18日(土) 09:02 [地域・暮らし]

五穀豊穣、繁栄祈る/宮古神社で「祈年祭」

「とうがにあやぐ」奉納



「とうがにあやぐ」が奉納される「祈年祭」=17日、宮古神社

「とうがにあやぐ」が奉納される「祈年祭」=17日、宮古神社

 宮古神社で17日、今年の五穀豊穣(ほうじょう)と島の繁栄などを祈る大祭「祈年祭」が開催された。神社関係者や市民が参加し玉串奉納などを行ったほか、琉球舞踊穂花会の亀浜律子さんが「とうがにあやぐ」を奉納した。

(全文を表示…)

2017年2月17日(金) 09:07 [地域・暮らし]

確定申告がスタート/宮古島税務署

宮古島まもる君、まる子ちゃん/ネット活用呼び掛け


謝花署長(右)が宮古島まもる君とまる子ちゃんに「e-Tax特別推進官」の辞令を交付した=16日、宮古島税務署

謝花署長(右)が宮古島まもる君とまる子ちゃんに「e-Tax特別推進官」の辞令を交付した=16日、宮古島税務署

 2016年分の所得税および復興特別所得税・贈与税の確定申告が16日から始まった。申告期間は3月15日まで。初日から宮古島税務署(謝花喜也署長)の2階には、多くの市民が訪れて同署の署員からe-Tax(イータックス、国税電子申告・納税システム)申告についての説明を受けながら、ネットで気軽に申告できるシステムを体感していた。

(全文を表示…)

2017年2月17日(金) 09:05 [地域・暮らし]

2頭の獅子が厄払い/城辺比嘉

旧二十日正月祭



2頭の獅子を先頭に公民館を回り厄払いをした=16日、城辺比嘉

2頭の獅子を先頭に公民館を回り厄払いをした=16日、城辺比嘉

 城辺比嘉自治会(砂川雅一郎会長)の「旧二十日正月祭」が旧暦1月20日に当たる16日、比嘉集落で行われた。2頭の獅子が新、改築された家や、農機具を購入した人の家を回って厄を払った。地域住民は公民館に集まってクイチャーを踊り、向こう1年の豊作と無病息災を祈願した。

(全文を表示…)

2017年2月17日(金) 09:04 [地域・暮らし, 社会・全般]

受診率が大幅上昇/15年度市乳がん検診

前年度比11・2ポイントアップ/報道の影響で意識向上



乳ガン検診(超音波)過去5年間受診者集計

乳ガン検診(超音波)過去5年間受診者集計

 宮古島市が毎年度実施している20~59歳までの女性を対象に行っている乳がん検診(超音波)の2015年度の受診率が大幅にアップし、対前年度比で11・2ポイント伸びた。その理由について市健康増進課では「15年度の集団検診スタート時に有名芸能人の乳がん発表と闘病に向けたニュースがあったことが大きい」と分析している。

(全文を表示…)

2017年2月17日(金) 09:02 [地域・暮らし]

初めての雪に大喜び/佐良浜小

海自が青森から輸送



雪を手に喜ぶ子供たち=16日、佐良浜小学校

雪を手に喜ぶ子供たち=16日、佐良浜小学校

 那覇の海上自衛隊第5航空群は16日、青森県に所在する海上自衛隊第2航空群から輸送機で運んできた雪160㌔を佐良浜小学校(前泊清校長)にプレゼントした。児童111人は、手に雪を乗せたり、雪を強く握ったりして感触を味わい「雪だ。冷たい」と歓声を上げていた。

(全文を表示…)

2017年2月14日(火) 09:03 [地域・暮らし]

親族で先祖供養/旧十六日祭

家族の健康など願う


祖先に手を合わせ親族の健康などを願う石川さん一家=12日、袖山墓地公園

祖先に手を合わせ親族の健康などを願う石川さん一家=12日、袖山墓地公園

 旧暦の1月16日に当たった12日、先祖を供養する伝統行事「旧十六日祭(ジュウルクニツ)」が市内各地の墓地で行われた。墓前に集まった家族や親戚らは先祖に手を合わせ、家族の近況を報告するとともに向こう1年間の健康などを祈願した。

(全文を表示…)

2017年2月9日(木) 09:02 [地域・暮らし]

「みそカツ」出足好調/ファミマ全店

考案した生徒がPR作戦


みゃ~くぬみそカツサンドをPRする生徒たち=8日、ファミリーマート宮古なかまつ店

みゃ~くぬみそカツサンドをPRする生徒たち=8日、ファミリーマート宮古なかまつ店

 宮古総合実業高校の生徒が考案したレシピを基に商品化された「みゃ~くぬみそカツサンド」が市内ファミリーマート全店で販売されている。販売初日の7日はほぼ完売し、幸先良いスタートを切った。27日までの限定販売。8日は生徒自らPRイベントに参加し、自慢の「みそカツ」を積極的にアピールした。

(全文を表示…)

2017年2月8日(水) 09:02 [地域・暮らし]

トゥイ会で旧交温める/多良間

酉年生まれ合同祝賀会


会場が一つになり、多良間小学校の校歌遊戯を楽しんだ=3日、村コミュニティー施設

会場が一つになり、多良間小学校の校歌遊戯を楽しんだ=3日、村コミュニティー施設

 【多良間】今年の干支「酉年」生まれの多良間出身者が一同に集い、生まれ年祝賀会が3日、村コミュニティー施設で行われた。最高年齢は85歳から下は13歳までが一同に集まり、今年一年の健康と12年後の再会を誓い、楽しい一時を過ごした。(年齢はいずれも数え年)

(全文を表示…)

2017年2月7日(火) 09:02 [地域・暮らし]

宮総実生のレシピ商品化/「うまいもん甲子園」準V

ファミマできょうから発売


自分たちのレシピが商品化され、販売開始となることを報告する(左から)棚原さん、川田さん、上原さん=6日、宮古毎日新聞社

自分たちのレシピが商品化され、販売開始となることを報告する(左から)棚原さん、川田さん、上原さん=6日、宮古毎日新聞社

 高校生の料理コンテスト「第5回ご当地!絶品うまいもん甲子園」で準優勝を獲得した宮古総合実業高校のレシピが沖縄ファミリーマートで商品化され、きょう7日から県内の全店で発売を開始する。レシピを考案した生徒3人が6日、宮古毎日新聞社を訪れ、商品化と発売開始を報告した。

(全文を表示…)

2017年2月4日(土) 09:06 [地域・暮らし, 社会・全般]

鬼退治で交通安全/鏡原幼の園児

「飲酒運転させないよ」


豆をまいて鬼退治をする園児。「飲酒運転はだめ!」=3日、宮古島警察署

豆をまいて鬼退治をする園児。「飲酒運転はだめ!」=3日、宮古島警察署

 「節分」の3日、宮古島警察署で交通安全祈願の豆まきがあった。鏡原幼稚園の園児57人が豆をまいて鬼を退治。「飲酒運転はさせません」と誓った。

(全文を表示…)

2017年2月3日(金) 09:06 [地域・暮らし, 社会・全般]

「早期発見と治療を」/乳がん勉強会

要検査は必ず受診/積極的な検診も呼び掛け


乳がんについて、早期発見と早期治療の大切さが呼び掛けられた勉強会=2日、下地保健福祉センター

乳がんについて、早期発見と早期治療の大切さが呼び掛けられた勉強会=2日、下地保健福祉センター

 那覇西クリニックの玉城研太朗診療部長を講師に招いた「研太朗先生の乳がん(おっぱい)の勉強会」(主催・市健康増進課)が2日、下地保健福祉センターで行われた。玉城医師は、早期発見と早期治療の大切さを訴えながら、要精密検査となった際には怖がらずにしっかり受診することの大切さを強調した。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2017年2月
    « 1月   3月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2