「産業・経済」 2017年3月のニュース一覧

2017年3月31日(金) 09:07 [産業・経済]

「事業共創」に全力/商工会議所議員総会

17年度計画を承認/小規模経営支援など柱


17年度の事業計画と収支予算を決めた通常議員総会=30日、宮古島商工会議所

17年度の事業計画と収支予算を決めた通常議員総会=30日、宮古島商工会議所

 宮古島商工会議所(下地義治会頭)は30日、第84回通常議員総会を開き、2017年度の事業計画案と収支予算案を全会一致で承認した。事業計画には、官と民の橋渡し役としての取り組みを明記。「事業共創コーディネーターとしての役割を果たす」とした。具体的には小規模事業経営支援や雇用対策の充実・整備を推し進めていく。新年度予算は5565万円。

(全文を表示…)

2017年3月31日(金) 09:03 [産業・経済]

飛行機好きの聖地に/下地島空港利活用

事業主FSOが概要説明


下地島空港でのパイロット訓練の概要などを説明するFSOの玉那覇社長(左から2人目)=30日、市役所平良庁舎

下地島空港でのパイロット訓練の概要などを説明するFSOの玉那覇社長(左から2人目)=30日、市役所平良庁舎

 下地島空港の利活用で事業採択を受けたFSO(北谷町)の玉那覇尚也社長が30日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、同空港でのパイロット訓練概要を説明した。訓練はシミュレーションがメインだが、実機訓練も行う。向こう1年で準備を整え、2018年4月に開業する。当初は数人から数十人規模の訓練生を受け入れる方針だ。玉那覇社長は「飛行機好きの聖地にしたい」と話し、自身が描くさまざまな構想の具現化に意欲を示した。

(全文を表示…)

2017年3月30日(木) 09:07 [産業・経済]

キビ生産量 41万㌧超見込む/各工場16-17年産

2度目の上方修正/品質良く、伊良部で19・6度記録


今月27日搬入のキビが19・6度の高糖度を記録した宮糖伊良部工場(資料写真)

今月27日搬入のキビが19・6度の高糖度を記録した宮糖伊良部工場(資料写真)

 宮古地区の製糖工場は、2016-17年産サトウキビの生産量をそれぞれ上方修正した。上方修正は2度目で、4工場合わせた見込み量は41万8600㌧となり、前期の34万5071㌧に比べて約7万3500㌧増加する見通しだ。品質も基準糖度帯(13・1~14・3度)をほぼ達成。宮糖伊良部工場では19・6度の高糖度が記録されるなど、宮古地区全体では1989-90年産の50万㌧に次ぐ大豊作が期待されている。

(全文を表示…)

2017年3月29日(水) 09:05 [産業・経済]

養殖車エビ生産が不調/宮古島漁協経管委

今年度赤字200万円


参加者らは今後の養殖車エビの対応について意見を交わした=28日、宮古島漁協

参加者らは今後の養殖車エビの対応について意見を交わした=28日、宮古島漁協

 2016年度宮古島漁業協同組合経営改善管理委員会(委員長・下地敏彦市長)及び第2回幹事会(幹事長・砂川一弘市農林水産部長)が28日、同漁協で開かれた。今年度は同漁協(渡真利一夫組合長)が自営する高野車海老養殖場が生産不調で大幅な減産となったことから、同年度収支決算見込みでは200万円の赤字、累積赤字では2122万円に膨らむ見通し。

(全文を表示…)

2017年3月26日(日) 09:06 [産業・経済]

県漁業産出額195億円/4年連続増

マグロ類な ど増える


 【那覇支社】沖縄総合事務局は21日、2015年の県漁業産出額は前年比4・1%増の195億円だったと発表した。養殖業の産出額は17・0%減の68億円だったが、養殖以外(海面漁業)は127億円と20・5%増えた。漁業産出額は4年連続の増加となり、1973年以降のピーク266億円(91年)と比較して73%まで回復した。

(全文を表示…)

2017年3月26日(日) 09:05 [産業・経済]

1日2往復に増便/宮古・羽田線

JTA 夏休み期間限定


 日本トランスオーシャン航空(JTA)は23日、現在1日1往復で運航している宮古・羽田間を、期間限定で1日2往復に増便すると発表した。夏休み期間の宮古発着路線の利便性の向上を図るもので、期間は7月16日、18日、19日、23日、25日、26日の計6日間。機種はボーイング737-800型機で座席数は165席。

(全文を表示…)

2017年3月25日(土) 09:06 [産業・経済]

マクラム通り 19年度に工事着工/ヤコブ保~サンエーカママヒルズ

総事業費は53億円/延長655㍍、幅員16㍍に拡幅


2019年度から拡幅工事が始まるマクラム通り=24日、平良下里通り入り口のヤコブ保育園交差点

2019年度から拡幅工事が始まるマクラム通り=24日、平良下里通り入り口のヤコブ保育園交差点

 平良下里通り入り口のヤコブ保育園交差点から、サンエーカママヒルズまでの県道243号線(通称・マクラム通り)の拡幅工事(下里工区)が、2019年度に着工、21年度に完了する予定であることが分かった。総事業費は用地や物件補償費などを含め約53億円。24日の市議会(棚原芳樹議長)3月定例会一般質問で、下地康教建設部長が事業主体の県宮古土木事務所から聴取したスケジュールとして報告した。平良敏夫氏への答弁。

(全文を表示…)

2017年3月25日(土) 09:01 [産業・経済]

産業支援ファンド事業で成果報告/オルタナティブファーム宮古

これまでの成果を報告するオルタナティブファーム宮古の松本克也代表=23日午後、那覇市の沖縄産業支援センター

これまでの成果を報告するオルタナティブファーム宮古の松本克也代表=23日午後、那覇市の沖縄産業支援センター

 【那覇支社】県産業振興公社は日、沖縄の特徴を生かした産業を支援する「OKINAWA型産業応援ファンド事業」の成果報告会を那覇市で開催した。2016年度に支援を受けた企業のうち10社が出席し、県産山芋を使った商品や、無農薬サトウキビを活用した菓子を開発したことなどを報告した。

(全文を表示…)

2017年3月24日(金) 09:06 [産業・経済]

マンゴー栽培 スマホで管理/城辺長北ファーム

沖縄セルラーなど3社と琉大/安定供給狙い実証試験


日照不足をLEDで補助する実証試験が行われている=23日、城辺長間の長北ファーム

日照不足をLEDで補助する実証試験が行われている=23日、城辺長間の長北ファーム

 「IoT」を活用するマンゴー栽培の実証試験が城辺長間の長北ファームで始まっている。沖縄セルラーとKDDI、スカイディスク、琉大が共同で実施。日照不足をLEDで補い、二酸化炭素で生育を促進。さらにはハウス内の温度上昇などをスマートフォンで確認できるシステムの導入が柱だ。ハウス内の管理を徹底して宮古島産マンゴーの安定供給を図る。

(全文を表示…)

2017年3月24日(金) 09:03 [産業・経済]

840万人の目標達成へ/県入域観光客

2月は過去最高の64万人


 【那覇支社】県の文化観光スポーツ部は22日、2月の入域観光客数は63万7900人で過去最高だったと発表した。昨年4月からの年度累計では799万700人となり、県が今年度の目標とする840万人の達成がほぼ確実となった。外国客の入域は3カ月ぶりに前年を下回った。

(全文を表示…)

2017年3月23日(木) 09:05 [産業・経済]

橋詰め広場、17年度着工/伊良部大橋

用地売買契約が完了/市「地域振興施設」建設へ


伊良部大橋橋詰め広場の用地全ての売買契約が完了し、17年度から造成工事が着手することになった予定地(正面)=22日

伊良部大橋橋詰め広場の用地全ての売買契約が完了し、17年度から造成工事が着手することになった予定地(正面)=22日

 伊良部大橋の伊良部側たもとの空間を整備する橋詰め広場計画で、同地域内の用地の売買契約が全て完了し、2017年度上半期(今年4~9月)には、県が造成工事に着手することが分かった。18年度には本格的な整備工事に入る。市も同広場に農水産物販売所やレストランを配置する「地域振興施設」の建設を予定している。売買契約が完了した用地は市・私有地合わせて約8000平方㍍。

(全文を表示…)

2017年3月22日(水) 09:04 [産業・経済]

宮古島市住宅地 変動率県内ワースト1

前年比0・5%の下落幅/17年地価公示
商業地は変動なし


 【那覇支社】沖縄総合事務局は21日、沖縄県分の2017年地価公示結果を公表した。宮古島市では商業地で2地点、住宅地には6地点の標準地番が設定されていて、平均価格の変動率は住宅地がマイナス0・5%と前年より下落幅は縮小したが、調査市町村の中でワースト1となる下げ幅を記録した。商業地は前年と変動がなかった。

(全文を表示…)

2017年3月21日(火) 09:07 [産業・経済]

クルーズ船入港を歓迎/宮古島市

今年初 127回寄港へ/一層の観光振興に期待


グスタフソン・ハカン船長(右から3人目)らに記念品が贈られた=20日、下崎ふ頭

グスタフソン・ハカン船長(右から3人目)らに記念品が贈られた=20日、下崎ふ頭

 2017年初のクルーズ船が20日、平良港下崎ふ頭に入港した。急伸するクルーズ船観光のシーズンに突入。今年は12隻延べ127回の寄港(2月末現在)が予定されており、一層の観光振興が期待される。第1号はフィリピンから台湾を経由して到着した「カレドニアンスカイ」号。外国人観光客87人を乗せて接岸した。ふ頭では宮古島市が乗客、乗員を歓迎した。

(全文を表示…)

2017年3月21日(火) 09:05 [産業・経済]

販売額は46億5700万円/16年度肉用牛競り

前年度比7億2000万円増/子牛平均は初の70万円超


 JAおきなわ宮古地区畜産振興センターは20日までに、宮古地区(宮古、多良間)家畜市場の2016年度肉用牛販売実績をまとめた。販売金額は過去最高の46億5784万円。前年度の実績を7億2418万円上回った。子牛1頭平均価格は75万8052円(前年度比11万1377円高)と初の70万円超を達成。平均キロ単価も2906円と高かった。全国的な子牛不足が高値取引の要因で、新年度4月以降も高値販売が見込まれる市場動向だ。

(全文を表示…)

2017年3月19日(日) 09:07 [産業・経済]

ゴーヤー出荷がピーク/16年度産

反収良く豊作型/インゲンも好調に推移


搬入のピークに差し掛かり山積み状態のゴーヤー。関東、関西、九州各方面向けに出荷されている=18日、JAおきなわ宮古地区農産物集出荷場

搬入のピークに差し掛かり山積み状態のゴーヤー。関東、関西、九州各方面向けに出荷されている=18日、JAおきなわ宮古地区農産物集出荷場

 2016年度産のゴーヤーが出荷のピークを迎えている。JAおきなわ宮古地区農産物集出荷場では1日平均6~7㌧を搬入。前期に比べると反収も良い。農家戸数、収穫面積共に減少しているが、販売計画の900㌧を上回る勢いだ。単価は平年並みの水準に伸びている。インゲンの出荷も好調に推移している。

(全文を表示…)

2017年3月19日(日) 09:06 [産業・経済]

B787型機が初就航/ANA

最新鋭機 満席で東京から


初就航したB787型機。満席の状態で着陸した=18日、宮古空港

初就航したB787型機。満席の状態で着陸した=18日、宮古空港

 全日本空輸(ANA)が18日、羽田-宮古線に米ボーイング社の787-8型機を初めて就航させた。座席数は335席。初日は満席で着陸した。今後は来月24日、5月4~6日、6月中旬~下旬の週末、7月14日から8月31日までの多客期に運航する予定だ。

(全文を表示…)

2017年3月19日(日) 09:04 [産業・経済]

桜坂市場きょうオープン/島の駅みやこ 国際通りに

那覇市の国際通りにオープンする「島の駅みやこ桜坂市場」の店内=18日

那覇市の国際通りにオープンする「島の駅みやこ桜坂市場」の店内=18日

 【那覇支社】パラダイスプラン(宮古島市、西里長治社長)は19日、那覇市の国際通りに「島の駅みやこ桜坂市場」をオープンする。18日には、報道機関向けの内覧会が開かれた。 

(全文を表示…)

2017年3月18日(土) 09:06 [産業・経済]

きび生産量40万㌧台へ/16―17年産

市が見込み量示す/市議会一般質問


40万㌧を上回る生産量が期待される今期サトウキビ(資料写真)

40万㌧を上回る生産量が期待される今期サトウキビ(資料写真)

 市議会(棚原芳樹議長)3月定例会は17日、一般質問の初日が行われた。5人の市議が市の各種諸課題について当局の見解をただした。サトウキビの今期(16―17年産)見込みの質問に砂川一弘農林水産部長は「沖縄製糖宮古工場、宮古製糖城辺工場、同伊良部工場の合計で38万944㌧を見込んでいる」と報告した。すでに搬入量の修正を終えた宮糖多良間工場の2万3495㌧の見込み量を加えると、全体で40万㌧を超えることがわかった。下地明氏の質問に答えた。

(全文を表示…)

2017年3月10日(金) 09:06 [産業・経済]

来年秋にLCC就航へ/下地島空港利活用

「宮古観光に貢献したい」/三菱地所関係者が市長表敬


谷澤取締役(奥左から2番目)が今後のスケジュールなどを下地市長と長濱政治副市長に報告した=9日、市役所平良庁舎

谷澤取締役(奥左から2番目)が今後のスケジュールなどを下地市長と長濱政治副市長に報告した=9日、市役所平良庁舎

 下地島空港の周辺用地活用について、県と基本合意書を交わした三菱地所の関係者が9日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、今後のスケジュールを説明しながら宮古圏域観光への貢献に強い意気込みを示した。今後については、6月に着工を予定し、来年秋にはLCC(格安航空会社)や国際線を就航させて運航開始を目指していることが説明された。

(全文を表示…)

2017年3月9日(木) 09:08 [産業・経済]

県、2社と合意書締結/下地島空港利活用

三菱地所とFSO/国際線旅客ターミナルなど整備



翁長知事(中央)と基本合意書を交わした杉山社長(左)と玉那覇社長(右)=8日、県庁

翁長知事(中央)と基本合意書を交わした杉山社長(左)と玉那覇社長(右)=8日、県庁

 【那覇支社】県は8日、下地島空港と周辺用地の利活用について、「国際線等旅客施設整備・運営及びプライベート機受入事業」を展開する三菱地所(東京)と、「下地島空港を活用した革新的航空パイロット養成事業」を推進するFSO(エフエスオー、北谷町)の2社と、事業実施に向けた基本合意書を交わした。

(全文を表示…)

2017年3月2日(木) 09:06 [産業・経済]

高需要で機材大型化/ANA

羽田線767型に切り替え


ANA機材として初めて宮古空港に着陸したボーイング767-300型機=1日、宮古空港

ANA機材として初めて宮古空港に着陸したボーイング767-300型機=1日、宮古空港

 高まる観光需要を受け、全日本空輸(ANA)が羽田-宮古線の機材を大型化する。4月以降、通常期はボーイング社のB767-300型機、多客期にはB787-8型機を就航させる。3月中も期間限定で両機材を投入する予定だ。ANAが両機材を宮古路線に就航させるのは初めて。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2017年3月
    « 2月   4月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2