「社会・全般」 2017年4月のニュース一覧

2017年4月30日(日) 09:02 [社会・全般]

長時間労働の撲滅を

メーデー宮古地区祭典で気勢


長時間労働の撲滅などの行動に向け、気勢を上げる参加者ら=29日、平良の荷川取漁港ふれあい公園

長時間労働の撲滅などの行動に向け、気勢を上げる参加者ら=29日、平良の荷川取漁港ふれあい公園

 5月1日の「メーデー」を控え、第88回メーデー宮古地区祭典(主催・同実行委員会)が29日、平良の荷川取漁港ふれあい公園で開かれた。19単組の組合員らが結集し、「メーデー宣言」と「長時間労働の撲滅とワーク・ライフ・バランスの実現、とりわけ『過労死ゼロ』に向けた職場における様々な活動」などに取り組む「特別決議」を採択。全員でガンバロウ三唱を行い、気勢を上げた。祭典は「式典の部」と「祭典の部」に分けて開催されたた。メインスローガンは「長時間労働撲滅、ディーセント・ワークの実現」「今こそ 底上げ、底支え、格差是正の実現を」の2本柱。

(全文を表示…)

2017年4月29日(土) 09:05 [社会・全般]

きょうからゴールデンウイーク/児童福祉週間で各施設割引

 今年のゴールデンウイーク(GW)は、29日の「昭和の日」からスタートする。平日の5月1、2日の2日間を休むことができれば、9連休となる。子供の健やかな成長を願う「児童福祉週間」も5月5日から始まる(宮古福祉事務所管内は4月26日から)。週間中は市内の各施設が利用料金を割引などのサービスを実施する。

(全文を表示…)

2017年4月29日(土) 09:03 [社会・全般]

有効求人倍率は1・39倍/3月の雇用情勢

11カ月連続で1倍超


 宮古公共職業安定所(ハローワーク宮古、知念宏和所長)は28日、管内3月の雇用情勢を発表した。それによると有効求人倍率は1・39倍で、昨年5月以降11カ月連続で1倍を超えた。前年同月比では0・24ポイントの増加となり、前年同月実績を20カ月連続で上回った。県全体の有効求人倍率は1・01倍、全国は1・45倍だった。

(全文を表示…)

2017年4月28日(金) 09:07 [社会・全般]

宮古観光の拠点に/前浜海浜広場

「エ・ス・カサ」がオープン
指定管理者の「いちば」/ウィンディをリニューアル


白を基調とした外観にリニューアルされたマイパマ・エ・ス・カサ

白を基調とした外観にリニューアルされたマイパマ・エ・ス・カサ

 市ふれあいの前浜海浜広場の指定管理者に昨年10月、市から指定を受けた「いちば」(與那覇翔太郎社長)は27日、リニューアル工事を行ってきた「ウィンディまいばま」を新たに「MIPAMA ES SU CASA(マイパマ・エ・ス・カサ」としてグランドオープン。関係者を招いてのオープニングセレモニーを行い、新たな門出を祝った。

(全文を表示…)

2017年4月28日(金) 09:03 [政治・行政, 社会・全般]

真相究明は司法の場へ/観光プロモ事業

市民説明会に70人参加


参加した多くの市民から司法の場で疑惑の解明を図ることが求められた説明会=26日、市中央公民館

参加した多くの市民から司法の場で疑惑の解明を図ることが求められた説明会=26日、市中央公民館

 宮古島市が2014年度に一括交付金を活用して実施した「観光プロモーション事業」問題についての市民説明会が26日夕、市中央公民館で行われた。会場には約70人の市民が詰め掛け、この説明会を開催した無会派市議が進める告発の動きに多くの参加者が賛同の声を上げた。今後、来月中の告発に向けて急ピッチで作業を進めるとしている。

(全文を表示…)

2017年4月27日(木) 09:07 [政治・行政, 社会・全般]

イノシシ駆除、初日不発/宮古島市、猟友会

悪天候で視界不良/複数頭の生息確認


イノシシの駆除に繰り出す猟友会のメンバー。40人態勢で駆除に当たった=26日、城辺長北

イノシシの駆除に繰り出す猟友会のメンバー。40人態勢で駆除に当たった=26日、城辺長北

 宮古島市は26日、有害鳥獣駆除を実施した。城辺長間~浦底地区の北海岸を中心にイノシシの猟銃駆除に当たったが、終日の風雨で視界が悪く、初日は不発に終わった。ただ、イノシシとみられる個体を複数頭目視しており、一帯に生息していることを確認した。猟銃駆除は27日も行う。

(全文を表示…)

2017年4月27日(木) 09:06 [政治・行政, 社会・全般]

伊良部小中一貫校「計画通り進める」

見直し請願書に回答/教育長「地域の理解得ている」


宮國教育長からの回答を受け、再度アンケートなどの必要性を訴える岸本医師(右)=26日、市役所平良庁舎

宮國教育長からの回答を受け、再度アンケートなどの必要性を訴える岸本医師(右)=26日、市役所平良庁舎

 伊良部地区にある四つの小、中学校を統合し2019年4月の開校を目指して作業が進められている小中一貫校「結の橋学園」について、その計画の見直しなどを求める市民からの請願書(公開質問書)に対する回答が26日、市役所城辺庁舎で行われた。宮國博教育長は改めて計画を見直すことなく進めていくとの見解を示した。

(全文を表示…)

2017年4月27日(木) 09:03 [社会・全般]

新会長に平良氏/県商工会議所青年部連合会総会

4年ぶりに宮古で開催


4年ぶりに開催された総会では新年度予算など5議案を承認した=26日、市内のホテル

4年ぶりに開催された総会では新年度予算など5議案を承認した=26日、市内のホテル

 県商工会議所青年部連合会の第34回定時総会が26日、市内のホテルで開かれた。沖縄本島から多数の会員らが参加し、2016年度収支決算など5議案を承認した。役員改選では平良恵一郎氏(宮古島、有限会社丸西)を新任した。毎年持ち回りで開催され、宮古島では4年ぶり。

(全文を表示…)

2017年4月26日(水) 09:06 [社会・全般]

健やかな成長願い/平良庁舎

児童福祉週間前に こいのぼり掲揚


433人の園児たちが元気にこいのぼりを掲揚した=25日、市役所平良庁舎玄関前

433人の園児たちが元気にこいのぼりを掲揚した=25日、市役所平良庁舎玄関前

 5月5日から始まる児童福祉週間を前に、市役所平良庁舎で25日、島の子供たちの健やかな成長を願う毎年恒例の「こいのぼり掲揚式」が行われた。

(全文を表示…)

2017年4月26日(水) 09:04 [政治・行政, 社会・全般]

停職6カ月の処分/酒気運転の警察官

本人は罰金納付し依願退職


 宮古島署は25日、酒気を帯びた状態で車を運転し、道路交通法違反容疑で検挙された宮古島署の男性巡査部長(39)を、同日付で停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。巡査部長は30万円の罰金を納付し、同日付で依願退職した。

(全文を表示…)

2017年4月26日(水) 09:03 [政治・行政, 社会・全般]

給食に期限切れゼリー

市内2校に合計80個


 今月21日に市内の小中学校給食で提供された「シークヮーサーゼリー」の一部が、賞味期限切れだったことが25日までに分かった。

(全文を表示…)

2017年4月26日(水) 09:02 [社会・全般]

災害時の伝達方法を再確認

気象台と関係機関 防災気象情報説明会


13機関から約20人が参加して行われた防災気象情報等に関する説明会=25日、宮古島地方気象台

13機関から約20人が参加して行われた防災気象情報等に関する説明会=25日、宮古島地方気象台

 宮古島地方気象台(松田博之台長)は25日、同気象台で県や市、警察、消防、マスコミなどの関係機関に防災気象情報等に関する説明会を開いた。情報を提供する気象台と、防災施策をする関係機関が緊密な連携を図り、災害時には市民に最新情報を迅速に伝達する方法などについて再確認した。


 説明会は毎年行われており、今年は13機関から約20人が参加した。


 開会のあいさつで、棚原聡次長は「東日本大震災や熊本地震、糸魚川市での大規模火災など記憶に残る災害が相次いでいる」と指摘。2003年9月に、宮古島地方を襲った台風14号による甚大な被害を挙げ「あれから14年が過ぎている。天災は忘れたころにやってくるといわれる。これから宮古は台風の被害が懸念される季節になる。防災に関して、関係機関のさまざまな疑問や要望に応えていきたい」と話した。


 説明会では「新たなステージに対応した防災気象情報」「高潮高波に関する情報」などを、防災気象官や予報官らがスライドを使って分かりやすく説明した。


 このうち「防災気象情報について」と題し説明した仲村渠恒政予報官は「暴風域から離れた所でも暴風となることもある。暴風域の警戒を呼び掛けるのではなく、いつから暴風になるのかということを重点に呼び掛けてほしい」と話した。


 また、「波浪注意報が発表されていなくても、海岸付近では急な高波や強い流れに注意が必要。波の高い非常に危険な状況の中で、海水浴をしている人が見られる」と指摘。防災関係者に、各種広報手段を使って水難事故の未然防止を図ってほしいと呼び掛けた。


 山城浩地震津波防災官は、宮古島には池間島から城辺にかけての「中部断層帯」(全長約28㌔)と、伊良部から島の西側を通り来間までの「西部断層帯」(全長約17㌔)の二つの断層帯があると説明。「地震はあす起きるか、数千年先に起きるか予測できない。日ごろから地震に対する備えを市民に周知してほしい」と話した。

2017年4月24日(月) 09:02 [社会・全般]

たらぴんグッズ贈る/村出身の古謝明孝さん

こどもの日にちなみ


たらぴんグッズの贈呈を受け、うれしそうにぬいぐるみを抱く園児ら=20日、村役場

たらぴんグッズの贈呈を受け、うれしそうにぬいぐるみを抱く園児ら=20日、村役場

 【多良間】多良間村出身の古謝明孝さん(仲筋)が20日、多良間村教育委員会(池城三千雄教育長)を通して、多良間村イメージキャラクター「たらぴん」グッズ(ぬいぐるみ61個、たらぴん置物148個、シャープペン148本、たらぴんファイル52枚、合格絵馬52枚)を多良間島の子供に贈った。

(全文を表示…)

2017年4月23日(日) 09:06 [社会・全般]

保育士試験に74人

離島経済負担軽減 先島で初めて実施


前期保育士試験が行われた会場。宮古島市では初めて実施された=22日、県宮古合同庁舎

前期保育士試験が行われた会場。宮古島市では初めて実施された=22日、県宮古合同庁舎

 2017年度前期保育士試験(筆記)が22日、県宮古合同庁舎で始まった。離島住民の経済的負担の軽減を狙いに宮古、八重山で初めて実施。宮古地区では74人が挑んだ。23日まで計9科目の試験を受ける。

(全文を表示…)

2017年4月23日(日) 09:02 [地域・暮らし, 社会・全般]

公園の砂場を安全整備/民生委員

「こどもの日」前に遊び場点検


砂場の砂を掘り返して戻す参加者ら=22日、平良の盛加越公園

砂場の砂を掘り返して戻す参加者ら=22日、平良の盛加越公園

 5月5日の「こどもの日」を前に 平良第一民生委員児童委員協議会(上原正行会長)は22日、平良の盛加越公園内の子ども遊び場「砂場」で砂を掘り返して戻す作業を実施した。会員ら約20人が参加し、くわやスコップなどを使って掘り返し、柔らかくしてから戻し、子どもたちが安全に遊べるように整地した。

(全文を表示…)

2017年4月21日(金) 09:02 [社会・全般]

健やかな成長を願う

こいのぼり掲揚式/宮古病院


こいのぼりをバックに記念撮影する参加者ら=20日、宮古病院

こいのぼりをバックに記念撮影する参加者ら=20日、宮古病院

 「こどもの日(5月5日)」と「児童福祉週間(5月5~11日)」を前に宮古病院(本永英治院長)は20日、同病院3階庭園でこいのぼり掲揚式を開催した。快晴の下、本永院長と職員らが入院中・外来通院中の子供とその保護者らを気持ち良く迎えた。参加者らは、子供たちの健やかな成長を願いこいのぼりを空高く泳がせた。

(全文を表示…)

2017年4月19日(水) 09:03 [社会・全般]

宮古島の魅力を体感/ミス沖縄が下地市長表敬

下地市長を表敬した(写真左から)嘉数さん、町田さんと島袋さん=18日、市平良庁舎

下地市長を表敬した(写真左から)嘉数さん、町田さんと島袋さん=18日、市平良庁舎

 ミス沖縄2017ら4人が18日、宮古島研修のため来島し、市平良庁舎で下地敏彦市長と宮古島観光協会の豊見山健児会長を表敬した。ミス沖縄の3人は、沖縄全体の良さを体感し、その魅力を島内外に発信するため、離島を訪れ研修を積んでいる。

(全文を表示…)

2017年4月18日(火) 09:04 [社会・全般]

宮古島調理師会が発足/設立総会

初代会長に奥平幸司さん


各種諸課題について横の連携を密にして対応していくことを確認した設立総会=17日、市内ホテル

各種諸課題について横の連携を密にして対応していくことを確認した設立総会=17日、市内ホテル

 宮古島調理師会の設立総会が17日、市内ホテルで開催され、会の定款や役員体制などを承認するとともに、今後の事業計画やスケジュールなどを確認した。初代会長には郷屋の奥平幸司さんが就任した。

(全文を表示…)

2017年4月18日(火) 09:02 [社会・全般]

新部長に豊見山貴仁さん/伊良部商工会青年部が総会

総会の冒頭で商工会議所青年部の歌を合唱する部員ら=15日、伊良部商工会会議室(旧伊良部町議会議場)

総会の冒頭で商工会議所青年部の歌を合唱する部員ら=15日、伊良部商工会会議室(旧伊良部町議会議場)

 宮古島市伊良部商工会青年部は15日、2017年度総会を伊良部商工会会議室で開き、同年度事業計画や予算案などを原案通り承認した。任期満了に伴う役員改選では豊見山貴仁さん(豊見山石油)が部長に選任された。前部長の佐久川直仁さんは監査委員に就いた。任期はそれぞれ2年。

(全文を表示…)

2017年4月16日(日) 09:03 [社会・全般]

保育の充実を決意/こくふくこ保育園

新園舎の落成祝う


落成式の式辞で感謝を述べる下地克子理事長=15日、こくふくこ保育園

落成式の式辞で感謝を述べる下地克子理事長=15日、こくふくこ保育園

 このほど開園した社会福祉法人マーズ「こくふくこ保育園」の落成式と祝賀会が15日、園内であり、多くの関係者が参加して新しい園舎の落成を祝った。下地克子理事長は「ノーマライゼーションの心を持つ子供たちを育てていきたい」と保育の充実を誓った。

(全文を表示…)

2017年4月15日(土) 09:04 [社会・全般]

ベストビーチに前浜/ダイブ&トラベル大賞

ダイビングエリアは3位


受賞報告をする下地市長(右)。中央は垣花観光商工局長、左は宮古島美ら海連絡協議会の狩俣さん=14日、市役所平良庁舎

受賞報告をする下地市長(右)。中央は垣花観光商工局長、左は宮古島美ら海連絡協議会の狩俣さん=14日、市役所平良庁舎

 「マリンダイビング」を発行する水中造形センター主催の「ダイブ&トラベル大賞2017」で、下地与那覇の前浜ビーチが、国内初のベストビーチ世界第1位に選ばれた。国内ダイビングエリア部門では3位にランクインした。下地敏彦市長らが14日に発表。「多くの観光客とダイバーが前浜を評価してくれた。この宮古島の砂浜と海の美しさを自信を持ってアピールしていきたい」と喜んだ。

(全文を表示…)

2017年4月15日(土) 09:03 [社会・全般]

会長に奥平尚次氏/商工会議所青年部総会

新年度予算など承認


新年度予算などを承認した定例総会=14日、市内のホテル

新年度予算などを承認した定例総会=14日、市内のホテル

 宮古島商工会議所青年部の第38回定例総会が14日、市内のホテルで開かれた。昨年の臨時総会で第39代会長予定者として選んだ奥平尚次氏に対し、下地義治会頭が任命証を授与し、奥平氏が副会長の安里智行氏と野津芳仁氏に選任証を授与した。2016年度の事業報告・収支決算や年度の事業計画・収支予算、役員名簿、新年度スローガン「挑戦~発見・発展・財産~」の議案を審議し、全会一致で原案通り承認した。


 年度収支決算では、67万円を次期繰り越し。17年度収支予算は収入支出ともに507万円。


 奥平会長は所信表明で「これから1年間自分の掲げた目標を失わぬよう、より一層努力する。宮古島YEG会員一丸となって新たなかたちに挑戦する。今までより一歩先へ進めるよう、多くの情報を発信し、多くの仲間と出会い、仲間と共に未来を切り開いていこう」と強調した。


 議案審議を終えた後、比嘉朋尚直前会長から奥平会長に会長ピンバッジが引き継がれた。


 17年度の役員は次の通り。任期は1年。(敬称略)


 会長=奥平尚次▽直前会長=比嘉朋尚▽副会長=安里智行、野津芳仁▽専務理事=狩俣智克▽総務広報委員長=佐久川力也▽同副委員長=川平康浩、濱元美和、上里啓貴▽事業運営委員長=川満正人▽同副委員長=仲間寛則、垣花厳志、松本晃洋▽監事=平良恵一郎、新里政作

2017年4月15日(土) 09:02 [社会・全般]

17年度予算案など承認/市文化協会定期総会

議案について事務局から説明を聞く会員たち=14日、市内のホール

議案について事務局から説明を聞く会員たち=14日、市内のホール

 宮古島市文化協会(大城裕子会長)2017年度第12回定期総会が14日、市内のホールで開かれた。歳入歳出総額730万円の17年度予算案など六つの議案審議を行いいずれも原案通り承認した。

(全文を表示…)

2017年4月15日(土) 09:01 [社会・全般]

互いの親交深める/藤枝と宮古の交流を進める会

藤枝メンバーが来島


両市の末永い交流を誓い乾杯する参加者たち=13日夜、市内の飲食店

両市の末永い交流を誓い乾杯する参加者たち=13日夜、市内の飲食店

 友好都市を締結している宮古島市と静岡県藤枝市が民間主導で交流を図ることを目的に発足した「藤枝と宮古島の交流を進める会」の藤枝支部メンバー約30人が13日、3泊4日の日程で宮古島を訪問。初日の夜は宮古島支部のメンバーらと市内の飲食店で交流会を開き親交を深めた。

(全文を表示…)

2017年4月14日(金) 09:07 [社会・全般]

市街地域開発政策を提言/JC地区協議会・宮古JC

アーケード遊歩道整備など/大型クルーズ寄港受け策定


下地市長(前列左)に取りまとめた政策を手渡す末広会長(同右)=13日、市役所平良庁舎

下地市長(前列左)に取りまとめた政策を手渡す末広会長(同右)=13日、市役所平良庁舎

 日本青年会議所沖縄地区協議会(末広尚希会長)と宮古青年会議所(新里政作理事長)の役員らが13日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、大型クルーズ船寄港に伴う周辺市街地域開発と活性化について取りまとめた政策を提言した。政策では港や中心市街地などでのアーケード付き遊歩道やレンタルサイクルステーションの整備などを提案している。

(全文を表示…)

2017年4月14日(金) 09:06 [社会・全般]

農地仲介面積35・7㌶/中間管理事業

有効利用で着実な成果


農地中間管理事業の実績を報告する崎原専務理事(左)=13日、市役所平良庁舎

農地中間管理事業の実績を報告する崎原専務理事(左)=13日、市役所平良庁舎

 農地の貸し借りを仲介する県農業振興公社の農地中間管理事業で、宮古島市内の借り受けおよび貸付面積が35・7㌶に達していることが分かった。県内自治体では石垣市に次いで2番目に大きい面積となる。実施3年目を迎えている農地中間管理事業の浸透を裏付けた。13日午後、同公社の崎原盛光専務理事が下地敏彦市長に報告した。

(全文を表示…)

2017年4月14日(金) 09:03 [社会・全般]

運転免許証自主返納制度 新たに4企業が調印/宮古島署、安協

メリット制度の覚書を締結した企業の代表と関係者ら=13日、宮古島署

メリット制度の覚書を締結した企業の代表と関係者ら=13日、宮古島署

 高齢者運転免許証返納メリット制度の3回目の締結式が13日、宮古島署(大城辰男署長)で行われた。宮古給油所、東和(ロータス東和)、のむら(レストランのむら、ファミリーレストランばっしらいん)と野津商事(東京靴流通センター)の4企業が、宮古島署と宮古島地区交通安全協会(新里孝行会長)と覚書を締結した。今回の締結でメリット制度締結は合わせて八つの企業、団体となった。

(全文を表示…)

2017年4月12日(水) 09:06 [社会・全般]

障がい者の社会参加を支援/ビザライ

グループホーム・イースⅡ落成


テープカットを行う勝連代表(左から3人目)、下地市長(同4人目)と関係者ら=11日、障がい者グループホーム・イースⅡ

テープカットを行う勝連代表(左から3人目)、下地市長(同4人目)と関係者ら=11日、障がい者グループホーム・イースⅡ

 株式会社ビザライ(勝連聖史代表)が平良東仲宗根で建設を進めていた障がい者グループホーム・イースⅡが完成し、11日、落成式が行われた。勝連代表をはじめ下地敏彦市長、施工業者の関係者らが参加し盛大に祝った。入居者は15日から引っ越しが始まり、自立・社会参加に向けて新しい生活をスタートさせる。

(全文を表示…)

2017年4月12日(水) 09:03 [地域・暮らし, 社会・全般]

子どもの安全地域で守る

朝のあいさつ運動実施/地区防犯協、宮古島署


地域の防犯ボランティアらに迎えられ登校する児童=11日、東小学校

地域の防犯ボランティアらに迎えられ登校する児童=11日、東小学校

 宮古島地区防犯協会(前川尚誼会長)と宮古島署(大城辰男署長)は11日、東小学校正門前で「朝のあいさつ運動」を、児童生徒の見守り活動の一環として実施した。

(全文を表示…)

2017年4月12日(水) 09:02 [地域・暮らし, 社会・全般]

野菜食べて健康に/JA青壮年部上野支部

上野小、中にトウガンなど500㌔


JA青壮年部上野支部から贈られた野菜を手に大喜びの児童たち=11日、上野小

JA青壮年部上野支部から贈られた野菜を手に大喜びの児童たち=11日、上野小

 JA青壮年部上野支部(平良繁和支部長)は11日、上野小、中にトウガンなどの野菜約500㌔を贈呈した。野菜をしっかり食べて、心身ともに健康になってほしいとの思いを込めたもので、児童、生徒たちの学校給食の食材として使用される。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2017年4月
    « 3月   5月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2