2017年5月26日のニュース一覧

2017年5月26日(金) 09:07 [政治・行政, 社会・全般]

市総合庁舎 4カ所の候補地選定/第2回建設委

消防本部隣接地など有力/次回、総合評価で順位決定へ


抽出、選定された4カ所を委員が現場視察を行い、周辺環境などを確認した=25日、市消防本部隣りの候補地

抽出、選定された4カ所を委員が現場視察を行い、周辺環境などを確認した=25日、市消防本部隣りの候補地

 市総合庁舎の建設候補地を検討する市庁舎等建設委員会(下地義治委員長)の第2回委員会が25日、市役所平良庁舎で開かれた。第1回委員会を踏まえて事務局が抽出し、選定した候補地4カ所が委員に示されたほか、この日は選定された4カ所の現地視察も行われた。今後は、次回委員会で各委員による総合評価で4カ所の順位付けを行い、その結果が下地敏彦市長に答申され、これを受けて下地市長が7月上旬にも候補地を決定するとしている。

(全文を表示…)

2017年5月26日(金) 09:06 [産業・経済]

宮古地区 生産量43万5000㌧/16-17年産サトウキビ

89-90年期に次ぐ大豊作/宮糖伊良部の搬入終了


 宮古製糖伊良部工場は25日、2016-17年産サトウキビの搬入を終えた。累計で7万5953㌧を搬入し、平均糖度は15・76度と高品質だった。同工場の搬入終了で、宮古地区全体の搬入(生産)量が確定。4工場合わせて43万5563㌧となり、前期の生産量を9万㌧上回った。50万㌧を生産した1989-90年期に次ぐ大豊作となった。

(全文を表示…)

2017年5月26日(金) 09:05 [政治・行政]

補助要件を緩和/選手派遣費

市教委で改正案可決


選手派遣補助金交付要綱の条件変更について可決した定例会=25日、市役所城辺庁舎

選手派遣補助金交付要綱の条件変更について可決した定例会=25日、市役所城辺庁舎

 市教育委員会(宮國博教育長)の第2回定例会が25日、市役所城辺庁舎で開かれ、市立学校選手派遣補助金交付要綱の一部を改正する訓令などについて審議した。同要綱については、これまで島外派遣などの補助金交付の条件となっていた「上位入賞3団体または3人として上位大会に派遣される場合」とする条件を撤廃し、「上位大会に出場資格を獲得したチームおよび個人が派遣される場合」に変更された。

(全文を表示…)

2017年5月26日(金) 09:04 [社会・全般]

決算、役員選任案を承認/宮古法人会定時総会

退任の羽地副会長に感謝状


野津会長(手前左)から感謝状を受け取る羽地副会長=24日、宮古島商工会議所会議室

野津会長(手前左)から感謝状を受け取る羽地副会長=24日、宮古島商工会議所会議室

 沖縄宮古法人会(野津武彦会長)の第6回定時総会が24日、宮古島商工会議所会議室で開かれた。2016年度決算と、羽地昇子副会長らの退任などに伴う役員選任案を全会一致で承認した。羽地副会長には功労者表彰として感謝状が贈られた。


 議案審議に先立ちあいさつに立った野津会長は「法人会が今後とも地域に密着した活動を行っていくためには、組織の強化と財源の確保が重要であることから、役員や福利厚生制度受託会社と緊密な連携の下、取り組んでいく考えなのでますますの支援をお願いしたい」と呼び掛けた。


 その後、16年度の事業報告、17年度の事業計画と収支予算が報告されたほか、決議事項である16年度決算と羽地副会長、上里道明監事の退任に伴い新たに3人を理事候補とするなどの役員選任案を審議し、いずれも原案通り承認した。


 羽地副会長には長年の法人会活動に対する功労を評し感謝状が贈られたほか、福利厚生制度優秀推進員表彰として大同生命保険沖縄支社の宮城寛次推進員と金城直子推進員に16年度「大型総合保障制度」優秀推進員表彰、AIU損害保険沖縄支店代理店であるイノベーションの下地雅也代表に16年度「ビジネスガード」優秀推進員表彰が贈られた。


 定時総会終了後、臨時理事会が開かれ17・18年度の新役員体制が審議され、理事の友利寛忠氏を副会長に、友利ヒロ子氏を監事に就任させるなどの新役員案を承認した。


 新役員体制は次の通り。


 【会長】野津武彦(野津商事会長)【副会長】友利寛忠=新(先嶋建設副社長)▽湧川弘範(宮古測量設計コンサルタント社長)【理事】伊沢忠憲(伊沢商会社長)▽上地克江(富士製菓製パン取締役)▽上原勇幸(Shupoul社長)▽下地信輔(246社長)▽下地隆之(まるちく社長)▽下地武義(共和産業社長)▽下地正芳=新(宮古協同商事社長)▽下地勝(菊之露酒造社長)▽砂川恵映(宮古港運社長)▽砂川幸男(砂川鉄工ヤンマー社長)▽平良勝之(メイマックス会長)▽玉城篤=新(宮古テレビ社長)▽根路銘康文(宮古ビル管理社長)▽宮里敏彦=新(大和電工社長)▽与那城敏(大米建設専務)【監事】佐平八十男(佐平建設社長)▽友利ヒロ子=新(三友商事社長)

2017年5月26日(金) 09:03 [社会・全般]

11個人5団体を表彰/宮古島地区補導員協議会

青少年健全育成に貢献


表彰を受けた皆さんと関係者ら=25日、宮古島署

表彰を受けた皆さんと関係者ら=25日、宮古島署

 宮古島地区少年補導員協議会(池村英三会長)の2017年度総会と青少年健全育成活動功労者および団体の表彰式が25日、宮古島署(大城辰男署長)で行われた。少年の非行防止と健全育成活動を推進、貢献したとして、11個人と5団体に池村会長、大城署長連名の表彰、感謝状が授与された。

(全文を表示…)

2017年5月26日(金) 09:02 [社会・全般]

泡盛振興で検討会/内閣府が那覇市で

経営基盤を強化へ


泡盛振興のため開催された検討会=24日午後、那覇市

泡盛振興のため開催された検討会=24日午後、那覇市

 【那覇支社】内閣府は24日、泡盛の振興策に関する検討会(座長・小泉武夫東京農大名誉教授)を那覇市で開催した。同じ沖縄の伝統文化である空手の愛好家に泡盛を売り込むアイデアや、若い女性でも楽しめる飲み方の開発、酒造所の経営基盤を強化するための計画を作成する案などが提示された。内閣府は来月中旬までに中間的な取りまとめ案を作成する方針。

(全文を表示…)

2017年5月26日(金) 09:01 [私見公論]

【私見公論】「急増するアジアクルーズ需要と平良港」/林 輝幸

 昨年10月から15年ぶりに宮古島の平良港湾事務所に勤務することになりました。久しぶりの宮古島は、市町村が合併し、伊良部大橋が開通するなど大きく様変わりしていました。特に驚いたのは、15年前は確か10回程度の寄港があり、その後は年数回程度の寄港しかなかったと記憶していたクルーズ船の寄港が昨年は86回にも増えていたことです。さらに今年は3月末時点の予約で130回の寄港が予定されています。私は平良港の整備を担当していることから平良港の整備と年々伸びゆくクルーズ需要やその経済効果について、本紙面を借りてお知らせしたいと考えています。

(全文を表示…)

2017年5月26日(金) 09:01 [はばたけあすの顔]

【はばたけあすの顔】学校大好きな子に育って/久松小学校1年1組

男子17人、女子14人


久松小学校1年1組

久松小学校1年1組

 「やる気いっぱいの1組 やさしさいっぱいの1組 元気いっぱいの1組」-。久松小学校(亀川典子校長)1年1組の児童たちは毎朝、この学級級目標を唱和する。目標から毎日パワーをもらう子供たちの表情は、とても明るくて元気が良い。

(全文を表示…)

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2017年5月
    « 4月   6月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2