「社会・全般」 2017年6月のニュース一覧

2017年6月29日(木) 09:05 [社会・全般]

退職金特会の繰越不足解消/商工会議所通常議員総会

16年度予算など審議


議案について説明を聞く議員ら=28日、宮古島商工会議所会議室

議案について説明を聞く議員ら=28日、宮古島商工会議所会議室

 宮古島商工会議所(下地義治会頭)の第85回通常議員総会が28日、商工会議所会議室で開かれ、2016年度事業報告と決算報告案などの審議が行われた。一般会計と五つの特別会計を合わせた年度収支差額は822万7484円、実質次年度繰越収支差額は961万1820円となった。退職金特別会計の実質次年度繰越収支差額は前年度まで積立不足でマイナスとなっていたが一般会計からの補てんなどにより今回、初めてプラスに転じた。

(全文を表示…)

2017年6月28日(水) 09:05 [社会・全般]

シャコ貝でなくサンゴ/保良マイバー浜の化石

研究者が鑑定結果を発表


ハマサンゴ化石(小元さんの映像を撮影)

ハマサンゴ化石(小元さんの映像を撮影)

 市教育委員会(宮国博教育長)は27日、市役所城辺庁舎で講師に理学博士の小元久仁夫さんを招いて報告会を開いた。小元さんは、これまでに城辺保良の東平安名崎付け根南岸部のマイバー浜のビーチロックに半埋没している岩塊(がんかい)について研究を続けた。その学術研究の成果を「マイバーバマの大シャコガイに関する鑑定結果と較正年代の意義について」と題して発表。その中で「岩塊の外縁部から採取した試料を依頼鑑定させた結果、岩塊はオオシャコガイでなく、ハマサンゴ化石であることが分かった」と明らかにした。

(全文を表示…)

2017年6月28日(水) 09:05 [社会・全般]

陸自配備は緊張高める/東アジア共同体研究所講演会

鳩山由紀夫氏ら講演


鳩山氏と高野氏の話に聞き入る来場者たち=26日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

鳩山氏と高野氏の話に聞き入る来場者たち=26日、JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 東アジア共同体研究所講演会in宮古島(主催・同実行委員会ほか)が26日、JAおきなわ宮古地区本部大ホールで開かれた。元首相で同研究所理事長の鳩山由紀夫氏が「東アジア共同体構想」、同理事の高野孟氏は「中国脅威論の嘘(うそ)を暴く」をテーマに講演した。鳩山氏は「武力で平和は作れない」と主張。「中国脅威論」に疑問を呈し、宮古島への陸上自衛隊ミサイル部隊配備は緊張を高めるとの考えを示した。

(全文を表示…)

2017年6月28日(水) 09:02 [社会・全般]

「時事漫評」原画展始まる/那覇市のタイムスビル

砂川友弘さんの風刺画200点


那覇市のタイムスビルで始まった砂川友弘さんの「『時事漫評』原画展」=27日

那覇市のタイムスビルで始まった砂川友弘さんの「『時事漫評』原画展」=27日

 【那覇支社】宮古島市在住で沖縄タイムスの風刺画「時事漫評」を1991年から執筆する砂川友弘さんの「『時事漫評』原画展」が27日、那覇市のタイムスビルで始まった。7月1日までの予定で、入場は無料。展示時間は午前10時~午後5時。

(全文を表示…)

2017年6月27日(火) 09:05 [社会・全般]

農産物の盗難を防げ/就農青年クラブ

マンゴー中心に夜間パト


農産物盗難の未然防止パトロール出発式で「ガンバロー三唱」する参加者=26日、県宮古合同庁舎

農産物盗難の未然防止パトロール出発式で「ガンバロー三唱」する参加者=26日、県宮古合同庁舎

 農産物の盗難を未然に防ごうと、宮古地区就農青年クラブ連絡協議会(砂川寛希会長)は26日、警察と協力して、農産物の夜間パトロールを実施した。マンゴー収穫がピークの7月下旬ごろまで各班に分かれて定期的に行う。初日は同協議会や警察、防犯協会などのメンバーが参加し「ガンバロー三唱」で気勢を上げた。

(全文を表示…)

2017年6月27日(火) 09:03 [社会・全般]

春の叙勲・褒章たたえる

沖縄宮古郷友連合会が祝賀会


沖縄宮古郷友連合会の叙勲・褒章祝賀会で乾杯する郷友ら=25日、那覇市西のパシフィックホテル沖縄

沖縄宮古郷友連合会の叙勲・褒章祝賀会で乾杯する郷友ら=25日、那覇市西のパシフィックホテル沖縄

 【那覇支社】沖縄宮古郷友連合会(福里栄記会長)は25日、春の叙勲と褒章を受けた在沖郷友10人の功績をたたえ、祝賀会と懇親会を那覇市内のホテルで催した。出席した約150人の会員らは、栄えある叙勲・褒章を祝った。

(全文を表示…)

2017年6月27日(火) 09:02 [社会・全般]

求人の早期提出協力を

商工会議所に要請/県立学校長会など


下地会頭(左から3人目)に要請書を手渡す本村校長(同4人目)=26日、宮古島商工会議所

下地会頭(左から3人目)に要請書を手渡す本村校長(同4人目)=26日、宮古島商工会議所

 宮古地区県立学校長会の会長を務める宮古総合実業高校の本村博之校長と各高校の校長、宮古公共職業安定所(ハローワーク宮古)の知念宏和所長、長濱政治副市長が26日、宮古島商工会議所を訪れ、下地義治会頭に対し新規高校卒業者求人票の早期提出、採用枠の確保や拡大、採用内定の早期化などを要請した。

(全文を表示…)

2017年6月26日(月) 09:02 [社会・全般]

ストレスと上手に付き合う/市自殺対策強化事業

仲本氏が認知行動療法を講演


講演を熱心に聞く参加者ら=25日、JTAドーム宮古島

講演を熱心に聞く参加者ら=25日、JTAドーム宮古島

 2017年度地域自殺対策強化事業として25日、「ストレスと上手に付き合おう~予防と回復のコツを学ぶ!~」(主催・宮古島市福祉部障がい福祉課)と題した講演会がJTAドーム宮古島で行われた。講師に前沖縄県立総合精神保健福祉センター長で、田崎病院の仲本晴男院長を迎え、約100人の参加者が、認知行動療法による、心の反応とストレスへの対処などを学んだ。


 仲本院長は「うつは心の習慣病で、認知行動療法を活用すると、心の習慣を改善できる」と説明し「行動の低下とうつ感情の悪化は密接な関係があるので、家にこもるとうつ状態は長引く。心配や悩む時間は10~30分以内に限定して、次の行動に移ることで、ネガティブ(否定的、後ろ向き)な考え方を修正できる」と述べた。さらに「楽しい行動とうつ感情の改善も密接な関係があり、楽しい活動を増やすと、回復が早くなる」と話した。


 仲本院長の講演に先立ち、宮古島市福祉部障がい福祉課の下地正通保健師が市の自殺の現状と同課の取り組みについて紹介した。


 2014年の自殺の状況は全国で2万5218人、県内は283人。宮古は12人で、人口10万人に対しては21・82%と、全国、県の自殺率を上回っていた。同課は自殺防止に向け▽うつ病▽アルコール▽思春期-の三つの分野で対策を実施し、16年の自殺者数が6人となったことなどを報告した。


 講演会に先立ち市福祉部の下地律子部長は「ストレス社会といわれる今日、この講演が、今後の生活で必ず役立つ、有意義なものとなることを願っている」とあいさつした。


 認知行動療法 認知は「現実の受け取り方」や「ものの見方」などで、その認知に働きかけて、心のストレスを軽くしていく治療法。

2017年6月24日(土) 09:07 [社会・全般]

戦争繰り返さない/恒久平和を誓う

600人出席、戦没者追悼式/市、市教委主催


沖縄戦で犠牲となった人たちを悼み、恒久平和を誓った市全戦没者追悼式及び平和祈念式=23日、マティダ市民劇場

沖縄戦で犠牲となった人たちを悼み、恒久平和を誓った市全戦没者追悼式及び平和祈念式=23日、マティダ市民劇場

 2017年度宮古島市全戦没者追悼式及び平和祈念式が23日、マティダ市民劇場で行われた。遺族や来賓、児童、生徒ら約600人が出席。追悼の言葉や作文朗読、合唱、黙祷などを通して戦争で犠牲になった人たちの冥福を祈るとともに「二度と悲惨な戦争を繰り返さない」との誓いを新たにした。

(全文を表示…)

2017年6月24日(土) 09:06 [社会・全般]

平和の詩で不戦誓う/宮高3年 上原愛音さん

沖縄全戦没者追悼式で朗読


 【那覇支社】2017年沖縄全戦没者追悼式(県主催)は23日、糸満市摩文仁の平和祈念公園で行われ、宮古高校3年の上原愛音(ねね)さん(17)が平和の詩として自作の「誓い~私達のおばあに寄せて」を朗読し、これまで感じてきたことに思いを込めて発表した。

(全文を表示…)

2017年6月24日(土) 09:03 [社会・全般]

知事と首相、平和の決意新た/沖縄全戦没者追悼式


 【那覇支社】戦後72年目の「慰霊の日」を迎えた23日、糸満市摩文仁の平和祈念公園で県主催の沖縄全戦没者追悼式が行われた。式典には安倍晋三首相や翁長雄志知事、遺族ら約4900人が出席し、戦争の犠牲者を慰霊するとともに平和への決意を新たにした。一方、平和宣言の中で翁長知事が政府を批判するなど、基地負担の軽減を巡る県と政府の主張に隔たりがあることが改めて浮き彫りになった。

(全文を表示…)

2017年6月24日(土) 09:02 [社会・全般]

「平和の礎」に哀悼の祈り/糸満市摩文仁

池間前里出身の佐渡山さん


戦死した兄に祈りを捧げるため「平和の礎」を訪れた佐渡山勝子さん(右端)(池間前里出身)=23日、糸満市の平和祈念公園

戦死した兄に祈りを捧げるため「平和の礎」を訪れた佐渡山勝子さん(右端)(池間前里出身)=23日、糸満市の平和祈念公園

 【那覇支社】戦後72年目の「慰霊の日」を迎えた糸満市摩文仁の平和祈念公園「平和の礎」では、多数の郷友らも戦没者に哀悼の祈りを捧げた。池間前里出身で豊見城市渡嘉敷に住む佐渡山勝子さん(83)は、姪の2人と数年ぶりに亡き長兄の新崎玄勇さんに会いに来ていた。

(全文を表示…)

2017年6月23日(金) 09:05 [社会・全般]

きょう「慰霊の日」/市主催

マティダで追悼式


 きょう6月23日は「慰霊の日」。市は午前11時45分からマティダ市民劇場で市全戦没者追悼式を開き、犠牲者のみ霊を慰める。

(全文を表示…)

2017年6月22日(木) 09:02 [社会・全般]

代表に新里さん再任/宮古上布保持団体

総会で17年度予算など承認


総会であいさつする新里代表(奥中央)=21日、市平良庁舎

総会であいさつする新里代表(奥中央)=21日、市平良庁舎

 2017年度宮古上布保持団体の総会が21日、市平良庁舎で行われた。任期満了に伴う、役員改選が行われ、新里玲子代表が再任された。役員の任期は2年間。16年度事業報告、収支報告と17年度事業計画、収支予算が全会一致で承認された。

(全文を表示…)

2017年6月20日(火) 09:03 [社会・全般]

差別や偏見明らかに/ハンセン病と人権ネット

国賠訴訟弁護団が講話


徳田共同代表の講話に聞き入る参加者たち=18日、宮古南静園総合棟講堂

徳田共同代表の講話に聞き入る参加者たち=18日、宮古南静園総合棟講堂

 ハンセン病と人権市民ネットワーク宮古(知念正勝、亀濱玲子共同代表)の2017年定期総会が18日、宮古南静園総合棟講堂で開かれた。17年度の活動計画案や予算案などが審議され、いずれも原案通り承認された。総会終了後には、ハンセン病国家賠償請求訴訟弁護団共同代表の徳田靖之氏による講演も行われた。

(全文を表示…)

2017年6月18日(日) 09:07 [社会・全般]

名古屋-宮古線が初就航/ANA

10月までの期間運航/セレモニーで新路線祝う


テープカットで新規就航を祝う宮川支社長(中央)と下地市長(左から3人目)ら関係者たち=17日、宮古空港

テープカットで新規就航を祝う宮川支社長(中央)と下地市長(左から3人目)ら関係者たち=17日、宮古空港

 全日空(ANA)は17日、名古屋の中部国際空港(セントレア)と宮古空港を結ぶ直行便を新規に就航させた。10月28日までの期間限定で、座席数166席のボーイング737型機が1日1往復2便、運航する。宮古空港では就航記念セレモニーが開かれ、関係者がテープカットを行い新しい本土直行便の誕生を祝った。

(全文を表示…)

2017年6月18日(日) 09:06 [社会・全般]

「30回以上噛むこと大事」/宮古地区デンタルフェア

歯学博士の岡崎氏講演/県歯科医師会主催


講演を快く引き受けた岡崎さん(中央)に感謝状が贈られた

講演を快く引き受けた岡崎さん(中央)に感謝状が贈られた

 県歯科医師会(比嘉良喬会長)主催の第33回宮古地区デンタルフェアの講演会が17日、市内のホテルで開かれた。講師に歯学博士で国立モンゴル医学科学大学客員教授の岡崎好秀さんが招かれ「お口の中は不思議がいっぱい~歯科医師から見た『食育』~」と題して講演した。岡崎さんは、クイズ形式でユーモアたっぷりで分かりやすく語り「歯はものをかむために生えている。一口30回以上かむことが大事である」と力説した。親子連れが熱心に聞き入っていた。

(全文を表示…)

2017年6月18日(日) 09:03 [社会・全般]

IoT活用で産業振興を/沖縄総合通信事務所

講師招き取り組み紹介


IoT活用の産業振興などの講演を熱心に聞く参加者=16日、平良港ターミナルビル

IoT活用の産業振興などの講演を熱心に聞く参加者=16日、平良港ターミナルビル

 2017年度情報通信月間講演会が「宮古×IoTの展開と可能性」(主催・総務省沖縄総合通信事務所)と題して16日、平良港ターミナルビルで行われ、約40人参加者は、IoTに活用した産業振興などを学んだ。

(全文を表示…)

2017年6月17日(土) 09:05 [社会・全般]

少女にみだらな行為/宮古島署巡査長

青少年育成条例違反容疑/簡裁で罰金刑、依願退職


 【那覇支社】県警は16日、当時17歳の少女に対し、18歳未満と知りながらみだらな行為をしたとして、宮古島署の巡査長(26)を県青少年保護育成条例違反の容疑で5月30日に那覇地方検察庁に書類送検したと発表した。巡査長は16日に那覇簡易裁判所で30万円の罰金刑が言い渡され、県警は停職1カ月の懲戒処分にした。巡査長は同日、罰金を納付し依願退職した。

(全文を表示…)

2017年6月17日(土) 09:02 [社会・全般]

5社が工事現場優良賞/建設業労働災害防止大会

第43回建設業労働災害防止大会で優良賞を受賞した(右から)翔南建設の砂川工事主任、丸良建設の平良代表、下地県支部長、先嶋建設の新城さん、共和産業の下地総務営業次長=16日、那覇市内のホテル

第43回建設業労働災害防止大会で優良賞を受賞した(右から)翔南建設の砂川工事主任、丸良建設の平良代表、下地県支部長、先嶋建設の新城さん、共和産業の下地総務営業次長=16日、那覇市内のホテル

 【那覇支社】第43回建設業労働災害防止大会(主催・建設業労働災害防止協会県支部)が16日午後、那覇市内のホテルで開催され、労働災害防止活動に功績のあった会社や個人の表彰が行われた。

(全文を表示…)

2017年6月16日(金) 09:03 [社会・全般]

県民の思い伝えたい/全沖縄戦没者追悼式

「平和の詩」朗読の上原(宮高3年)さん


「平和の詩」に選ばれた喜びを語った上原さん=15日、宮古高校

「平和の詩」に選ばれた喜びを語った上原さん=15日、宮古高校

 沖縄全戦没者追悼式で「平和の詩」の朗読を行う宮古高校(平良智枝子校長)3年の上原愛音さんが15日、同校で会見を行い、作品が選ばれた喜びと追悼式に臨む心境を語った。

(全文を表示…)

2017年6月15日(木) 09:06 [社会・全般]

運転免許証 一気に54人が返納

メリット制度締結10社に/宮古島署で安全運転卒業式


参加者らは晴れ晴れとした表情で記念撮影した=14日、宮古島署

参加者らは晴れ晴れとした表情で記念撮影した=14日、宮古島署

 宮古島署(大城辰男所長)と宮古島地区交通安全協会(新里孝行会長)は14日、「免許証返納メリット制度覚書締結式」および「安全運転卒業式」を開いた。同覚書では2社が締結し、65歳以上の高齢者ドライバーで運転免許証を自主返納した54人が来店した場合に全商品を1割引きできるメリットをアピールした。返納者本人とその家族が一緒の時も同様に割引きされる。卒業証書を手にした参加者らは、晴れ晴れとした表情を見せていた。この日の2社を合わせて10の事業所・団体が締結したことになる。

(全文を表示…)

2017年6月15日(木) 09:05 [社会・全般]

上里氏を副会長に選任/県労働基準協会が総会

那覇市で開催された2017年度の沖縄県労働基準協会通常総会=13日

那覇市で開催された2017年度の沖縄県労働基準協会通常総会=13日

 【那覇支社】沖縄県労働基準協会は13日、2017年度の通常総会を那覇市で開催した。関係者ら約130人が出席し、理事20人と監事2人の改選案を採択し、理事の中から会長と副会長5人を選出した。宮古支部からは、吉田産業の上里明通社長が副会長と理事に選ばれたほか、ミヤコンの渡真利勝専務取締役副社長が理事として新たに就任した。宮古港運の砂川恵映社長も理事に再任された。理事の任期は2年。

(全文を表示…)

2017年6月14日(水) 09:05 [社会・全般]

市農業委員会など表彰/県農業者年金優良加入推進

個人の部で下地さんも


特別研修会で表彰された野崎会長(中央)と下地さん(右)、渡久山さん(左)=12日、那覇市の沖縄産業支援センター

特別研修会で表彰された野崎会長(中央)と下地さん(右)、渡久山さん(左)=12日、那覇市の沖縄産業支援センター

 【那覇支社】2017年度の県農業者年金加入推進特別研修会(主催・県農業会議、県農業協同組合、農業者年金基金)が12日、那覇市の沖縄産業支援センターで開催され、宮古島市など県内農業委員会の加入推進部長や女性農業委員、JAおきなわ女性・青壮年部ら約150人が参加した。

(全文を表示…)

2017年6月14日(水) 09:04 [社会・全般]

「地下水審は開催しない」/千代田への陸自配備問題

下地会長が見解示す


 市地下水審議会(下地義治会長)の委員で学識経験者の3人が連名で、2月に千代田カントリークラブへの陸上自衛隊配備計画を対象とした同審議会の開催を求めた要請に対して、今月5日に下地会長が「開催しない」とする回答を行っていたことがわかった。さらに、今月12日で現在の審議会メンバー8人は任期満了となり、市側ではこの学識経験者3人に代わる新たな審議員を含め調整中としている。

(全文を表示…)

2017年6月13日(火) 09:07 [スポーツ, 社会・全般]

大吾凱旋「故郷」に錦

市内パレードに3000人/西里通り


凱旋祝賀パレードで市民や観光客から祝福を受ける比嘉大吾(中央右)と具志堅用高会長(同左)=11日、西里通り

凱旋祝賀パレードで市民や観光客から祝福を受ける比嘉大吾(中央右)と具志堅用高会長(同左)=11日、西里通り

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者で宮古工業高卒の比嘉大吾(21)=白井・具志堅スポーツジム=が11日、「第二の故郷」宮古島市に凱旋した。パレード会場の西里通りには約3000人(主催者発表)が訪れ、比嘉の快挙を祝して世界王座奪取の喜びを分かち合った。市民報告会や祝賀会も催され、いずれの会場も「大吾」一色だった。

(全文を表示…)

2017年6月13日(火) 09:06 [教育・文化, 社会・全般]

得意分野で頑張れ/比嘉大吾選手

母校の後輩にエール/技術磨いた宮工を訪問


後輩たちに熱いエールを送る比嘉大吾

後輩たちに熱いエールを送る比嘉大吾

 第二の故郷・宮古島に凱旋中の世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者での比嘉大吾(21)=白井・具志堅スポーツジム=は12日、ボクシングの技術を磨いた母校・宮古工業高校を訪問し、恩師や後輩たちから熱烈な歓迎を受けた。チャンピオンベルトを掲げて会場の体育館に入場すると恩師や後輩らから大きな歓声が起こった。

(全文を表示…)

2017年6月10日(土) 09:03 [社会・全般]

初入港で歓迎式典/スカイシー・G・エラ号

乗客約1400人が来島


ミス宮古島(中央2人)からモナス副船長(写真右)らに歓迎の花束が贈呈された=9日、平良港ターミナルビル前

ミス宮古島(中央2人)からモナス副船長(写真右)らに歓迎の花束が贈呈された=9日、平良港ターミナルビル前

 大型クルーズ船のスカイシー・ゴールデン・エラ号(約7万2000㌧)が9日、平良港に初入港した。乗客1444人を乗せた同船は、平良港沖に停泊。テンダーボートと呼ばれる補助船で乗客、乗員を陸まで運んだ。同船の初入港で、宮古島市は同日午前、平良港ターミナルビル前で歓迎式典を開き、ミス宮古島の2人からK・モナス副船長とホテルマネジャーに歓迎の花束を贈呈した。

(全文を表示…)

2017年6月9日(金) 09:05 [社会・全般]

虐待防止で連携確認/関係機関が初の合同訓練

児相職員や市の担当者、宮古島署員がそれぞれの役になって演技し、児童虐待への迅速な対応を確認した合同訓練=8日、東川根自治会館

児相職員や市の担当者、宮古島署員がそれぞれの役になって演技し、児童虐待への迅速な対応を確認した合同訓練=8日、東川根自治会館

 児童虐待事案に迅速かつ的確に対応することを目的に、関係機関の担当者による「児童虐待事案合同対処訓練」が8日、東川根自治会館で行われた。県中央児童相談所宮古分室の職員、宮古島警察署員、市の担当者がロールプレイング(役割演技)訓練で親から虐待を受けている子供を効果的に一時保護する方法について学ぶとともに、さらなる連携の強化を確認した。

(全文を表示…)

2017年6月9日(金) 09:03 [社会・全般]

力士と園児がふれあい

時津風部屋 合宿で来島


体の大きな力士と触れ合う園児たち=8日、こくふくこ保育園

体の大きな力士と触れ合う園児たち=8日、こくふくこ保育園

 大相撲の時津風部屋(東京)に在籍する力士13人が宮古島合宿のため8日午前に来島した。稽古開始を前に力士たちはこくふくこ保育園、狩俣小学校、平良中学校を訪問し宮古の子供たちと交流した。子供たちは力士の体の大きさに驚きの声を上げながら握手などをして触れ合った。

(全文を表示…)

1 / 212
  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2017年6月
    « 5月   7月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2